尾崎豊のニュース

<社会に傷つくということ>バーで尾崎豊ばかり歌う元マネージャーの「弾き語り青年」がいた

メディアゴン / 2015年01月09日01時00分

尾崎豊(1965〜1992)が奇妙な死を遂げた何ヶ月か後のことだ。その時にも、“奇妙な”出会いがあった。あるバーでのことだ。筆者が何人かの知人たちと酒を飲んでいると、ギターの弾き語りで尾崎豊の歌ばかり歌う人がいた。歌い方もちょっと異常な感じがした。好奇心をもったので店を出る時にちょっと話しかけてみると「尾崎豊の元マネージャーだ」という。いかにも無骨な感じの [全文を読む]

尾崎豊デビュー30周年記念日にあたる12月1日に、WOWOWで大特集!

PR TIMES / 2013年11月22日16時03分

その男の名は、尾崎豊。1983年12月1日、シングル「15の夜」、アルバム『十七歳の地図』でレコードデビューを果した尾崎豊。WOWOWでは、デビュー30周年記念日に当たる今年12月1日に三つの番組を編成。計3時間以上に渡って尾崎豊を特集する。かつて「OZAKI世代」と呼ばれた大人たち、そしてその子供たちへ。世代を超えて尾崎豊の「活動の軌跡」と「作品の普遍性 [全文を読む]

【写真多数】「尾崎豊って本当に知ってる?」25年を経てなお“語られなった尾崎”が新しい

ガジェット通信 / 2017年04月24日21時00分

あなたは、尾崎豊を知っていますか? 4月25日は、伝説のロッカー・尾崎豊が26歳の若さで夭折した日。今年で25年が経過しました。 編集部周りの若手に「尾崎豊って知ってる?」って聞いてみたところ、こんな答えでした。 ・名前は知っている ・伝説的な人らしいってことは知っている ・路上で謎の死を遂げた人 ・ホットロードの映画で聴いた『Oh my little g [全文を読む]

<尾崎豊>デビュー30周年記念日に、活動の軌跡と作品の普遍性を検証する、三つの番組がWOWOWで放送決定!

PR TIMES / 2013年10月25日11時53分

三つの番組で、尾崎豊の活動の軌跡と作品の普遍性を検証する。尾崎豊がシングル「15の夜」、アルバム『十七歳の地図』でレコードデビューして今年でちょうど30年。彼が26歳の若さで突然亡くなってから、すでに20年以上経つ。今なお新しい世代のファンが増え続けているのは、彼が遺した作品の「普遍性」を物語っている。その色褪せることの無い「普遍性」を、デビュー30周年記 [全文を読む]

尾崎豊、初の劇場映画化!“伝説のライブ”未公開映像がスクリーンで蘇る

リッスンジャパン / 2012年10月10日12時00分

尾崎豊の未公開映像含む“伝説のライブ”をまとめた映画『復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20』が12月1日より2週間限定公開されることが決定した。尾崎豊 - アーティスト情報1991年5月20日、2年半以上のブランクを経てステージに立った尾崎豊。これが生涯最後のツアーであり後に“伝説のライブ”と呼ばれるようになった「BIRTH TO [全文を読む]

尾崎豊の息子・尾崎裕哉「僕はガラスを割らない。全力で磨く」

NEWSポストセブン / 2016年09月25日07時00分

8月23日に自叙伝『二世』(新潮社)を上梓した、伝説のシンガー・尾崎豊(享年26)の一人息子である尾崎裕哉(27才)。父の死から2年後の1994年夏、5才だった裕哉は、日本の喧噪を離れ、母親とアメリカ・ボストンへ移住する。 父のことを知りたい――小学6年生になると父の楽曲の虜になった。2005年、15才で帰国。アメリカンスクールに通学しながらも、「日本語で [全文を読む]

同学年親友の吉川晃司と岡村靖幸が夜遊び!綾小路翔が報告「尾崎豊さんの場所に俺」

AOLニュース / 2014年10月27日12時33分

同学年の吉川と岡村といえば、もうひとり同学年の尾崎豊(満26歳没)を含めた3人で若き日に夜な夜な六本木に遊びに出かけていたエピソードで有名だ。 3人の酒席での逸話は枚挙にいとまがなく、岡村と尾崎が1987年のコンサートで2度にわたって共演したり、尾崎の死去に際して吉川が友人代表としてお悔みの言葉を述べたりと、まさに親友として付き合っていたといえるだろう。 [全文を読む]

尾崎豊初の劇場映画化作品、入場者に数量限定 特製「メモリアルチケット」プレゼント

リッスンジャパン / 2012年11月24日09時00分

12月1日より2週間限定公開される尾崎豊の未公開映像含む“伝説のライブ”をまとめた映画『復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20』の入場者特典として、特製「メモリアルチケット」(数量限定)のプレゼントが決定した。尾崎豊 - アーティスト情報デザインは、尾崎豊のアートワークを一手に担ってきた田島照久氏によるもので、1991年当時のツアー [全文を読む]

尾崎裕哉「間違いなく父親の声を自分は受け継いでいる」待望の『始まりの街』配信リリースを発表!

Entame Plex / 2016年09月04日22時17分

「間違いなく父親の声を自分は受け継いでいる」と自身でも語るように、 情感豊かで起伏のあるボーカルは父・尾崎豊を彷彿とさせ、聴く人の心を震わせ、全ての人がその歌声に惹き込まれてしまうだろう。これは尾崎豊を知らない世代までをも魅了する、尾崎裕哉が世の中へ与える衝撃の音源となる。 また、本日4日22:50より、NHK BS プレミアムでは、ドキュメンタリー「父 [全文を読む]

尾崎豊デビュー30周年記念「OZAKI 20 リバイバル」で芸能界屈指の尾崎ファン達が熱唱

okmusic UP's / 2013年11月28日14時30分

11月27日、尾崎豊のベストアルバム『ALL TIME BEST』のリリースを記念して、新宿FACEにて特別展示会“OZAKI 20 リバイバル"が開催された。 【その他の画像】尾崎豊同企画は昨年より全国各地で行われた“OZAKI20"のリバイバルとして、2日間限定で行うもの。これまでの展示物にプラスして尾崎豊のステージや取材で使用した衣装、私服なども一部 [全文を読む]

フォーカス