古畑任三郎のニュース

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

その2つとは、『古畑任三郎』と『踊る大捜査線』である。■『刑事コロンボ』の登場 話を一旦、70年代に巻き戻す。 1973年、NHKで異色の刑事ドラマが始まった。米NBC制作の『刑事コロンボ』である。 ピーター・フォーク演じるコロンボ警部(吹替え:小池朝雄)は、よれよれのコートにボサボサ頭。愛車はオンボロのプジョーで、口癖は「ウチのかみさんがねえ」――見る [全文を読む]

好きな刑事ドラマ選手権!1位はイチローも出演のあのドラマ

しらべぇ / 2016年09月15日21時00分

結果、堂々の1位に輝いたのは三谷幸喜脚本、田村正和主演の『古畑任三郎』。以下『踊る大捜査線』、『相棒』、『あぶない刑事』、『太陽にほえろ』と続く。一方で「その他」も3割存在。ピックアップしたもの以外でも『はぐれ刑事純情派』、『はみだし刑事情熱系』、『噂の刑事トミーとマツ』など愛されたものがたくさんあり、日本の刑事ドラマの幅広さを示している。■世代別でみると [全文を読む]

『真田丸』が一瞬『リーガル・ハイ』に!? 『古畑任三郎』も登場の自由過ぎる大河ドラマ

messy / 2016年06月08日14時00分

「ほかにも5月22日に放送された第20回『前兆』では、三谷の代表作であるドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)を連想させるような推理劇が展開されていましたね。その回では竹内結子が演じる秀吉の側室、茶々が懐妊するのですが、聚楽第でそれをからかうような壁への落書きが発見されます。そこで真田信繁は推理に乗り出す…という筋書きで、『突然の古畑任三郎(笑)』『古畑回、 [全文を読む]

やっぱりアクション?それとも痛快さ?!人間ドラマも魅力!“刑事モノドラマ” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月09日09時55分

コメディ?リアル?サラリーマン刑事の等身大の生活『踊る大捜査線』劇場型謎解きの臨場感『古畑任三郎』 90年代を代表する刑事ドラマといえば、リアリティを追求した『踊る大捜査線』(1997年)と、一話完結で「謎を解くこと」に焦点を当て、むしろ古き良きテイストに回帰したともいえる『古畑任三郎』(1994年~2006年)です。 よりリアルに警察組織を描いた「踊る [全文を読む]

SMAP、視聴率32%超のドラマが続編 コメント到着

モデルプレス / 2013年09月27日05時00分

内容は、視聴率32.3%を記録した大ヒットドラマ「古畑任三郎 VS SMAP」(1999年1月3日放送)の続編。三谷幸喜が新たに脚本を書き下ろし、演出も担当する。5人全員で生放送ドラマに出演するのは初めて。また揃ってドラマに出演すること自体、「古畑任三郎 VS SMAP」以来で14年ぶりとなる。中居正広は「14年ぶりに『古畑任三郎 VS SMAP』のその後 [全文を読む]

今こそ見たい!SMAP「5人共演」のレア作品

日刊大衆 / 2016年12月03日11時00分

1999年に放送された『古畑任三郎』シリーズ(フジテレビ系)のスペシャルドラマ『古畑任三郎 VS SMAP』は、ドラマ史に残る大ヒットを記録した。同ドラマでは、SMAP5人が本人役で登場。コンサートが行われる会場を舞台に、殺人事件の犯人であるSMAPメンバーと、犯人を追い詰めていく古畑との対決が描かれた。古畑を演じる大御所俳優の田村正和(73)と人気脚本 [全文を読む]

日本ドラマの名刑事たち。結局のところ、もっとも優秀な刑事は誰なのか?

日本タレント名鑑 / 2016年03月08日11時25分

知性派 古畑&右京◆古畑任三郎警部補(古畑任三郎) 発想力:5 行動力:3 運動神経:2 知力・記憶力:5 コミュニケーション力:4 総合:19 ◆杉下右京警部(相棒) 発想力:5 行動力:4 運動神経:3 知力・記憶力:5 コミュニケーション力:2 総合:19 知的といえば『古畑任三郎』から古畑警部補、そして『相棒』の杉下右京警部あたりがパッと頭に浮か [全文を読む]

古畑任三郎にHERO、ヒットメーカーを育てたフジテレビのあの時代

週プレNEWS / 2015年04月09日06時00分

そこで今回、初期から携わってきた『HERO』の鈴木雅之、『警部補 古畑任三郎』の河野圭太、『鈴子の恋』の木下高男の3人が25年の歴史を振り返る! ■トレンディドラマの対抗勢力としてスタート ―そもそも『世にも…』はどのような経緯で始まったドラマなのでしょうか? 鈴木 創設メンバーといえるのは、僕と小椋久雄さん(代表作に『ニュースの女』)、落合正幸(同『呪 [全文を読む]

非難殺到の『古畑任三郎 VS SMAP』続編、三谷幸喜がフジへの不満と真相を暴露

サイゾーウーマン / 2013年10月12日13時00分

9月30日、フジテレビ開局55周年特別番組『SMAP GO!GO!』内で放送された『古畑任三郎 VS SMAP その後』。その舞台裏を、演出・脚本を担当した三谷幸喜が、10日付の朝日新聞夕刊の連載「三谷幸喜のありふれた生活」で明かしている。1999年に放送された作品の14年ぶりの続編となったが、古畑こと田村正和の復活に期待したファンからは、不満の声が噴出し [全文を読む]

古畑は2位!? もう一度見たい「SMAPドラマ」第1位は?

日刊大衆 / 2017年04月23日06時05分

続いて第2位は、大人気刑事ドラマシリーズ『古畑任三郎』のスペシャルとして1999年に放送された『古畑任三郎 vs SMAP』(フジテレビ系)。SMAP全員が本人役として登場し、仲間を守るために共謀して男を殺害、それを古畑が追いつめていくというストーリーでした。昨年の解散を受け、5人そろって同じドラマに出ているという点が支持された理由かもしれません。 そし [全文を読む]

フォーカス