菊池雄星のニュース

【プロ野球】負のスパイラル?西武が喫した近年の”大型連敗”を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年07月08日16時05分

ちなみに、この時の連敗ストッパーは菊池雄星。楽天戦から始まった悪夢の時間を、楽天戦で止めてみせた。 ■5連敗こそないものの…… 2014年シーズンは4連敗を4回していた。 最初に昨季の13連敗を持ち出すと、今はもう何が起きても軽く思えてしまう。いっそ「伊原春樹監督、休養しなくてもよかったのに」とさえ思ってしまうから不思議だ。 ただし掘り下げていくと、20 [全文を読む]

スカウトの眼力はホンモノか? 過去20年間のプロ野球ドラフト1位競合選手を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日11時30分

【2007年・高】佐藤由規(仙台育英高・投手) ○ヤクルト ×楽天、巨人、中日、横浜 【2007年・大社】大場翔太(東洋大・投手) ○ソフトバンク ×日本ハム、オリックス、巨人、阪神、横浜 【2007年・大社】長谷部康平(愛知工業大・投手) ○楽天 ×西武、ロッテ、広島、中日 【2009年】菊池雄星(花巻東高・投手) ○西武 ×日本ハム、楽天、ヤクルト、 [全文を読む]

【プロ野球】ジャクソン(広島)とマテオ(阪神)は916票差!オールスター中間発表・激戦区はここだ!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月27日16時05分

■【パ・リーグ】先発投手 1位:千賀滉大(ソフトバンク) 21,392票 2位:金子千尋(オリックス) 16,448票 3位:菊池雄星(西武) 15,703票 パ・リーグ投手部門では波乱の様相。ここまで絶好調の菊池雄星(西武)が抜け出すと予想していたが、現時点の1位は千賀滉大(ソフトバンク)になった。しかし、千賀は5月16日のオリックス戦で初回に背中の痛 [全文を読む]

菊池雄星、エースとして乗り越えるべき壁

ベースボールキング / 2017年05月23日11時30分

◆ 白球つれづれ2017 ~第12回・菊池雄星~ 西武の菊池雄星が見違えるほどの快投を見せている。22日現在、防御率は1.24でリーグトップ。19日のソフトバンク戦では投手戦の末に1-2で惜敗したものの、先発した8試合すべてで先発投手の価値基準となるクオリティ・スタート(QS、6回を自責点3以内)をクリア。抜群の安定感でチームのAクラス進撃を支えている。◆ [全文を読む]

【プロ野球】優勝も不祥事も屈辱の「胴上げジンクス」も。いろいろあった“埼玉西武”ライオンズ10年史

デイリーニュースオンライン / 2017年05月22日16時05分

また、秋のドラフト会議では6球団競合の末、花巻東高校の菊池雄星を獲得。翌シーズンに向けての明るい話題を残した形となった。 【タイトル獲得者】涌井秀章:最多勝(16勝)/中村剛也:本塁打(48本塁打):打点(122打点)/中島裕之:最多安打(173安打):最高出塁率(.398)/片岡易之:盗塁(51盗塁) ■2010年【順位】2位 【監督】渡辺久信(3年目) [全文を読む]

日ハムGM「大谷は現時点で投手より打者としての完成度高い」

NEWSポストセブン / 2012年10月30日16時00分

* * * 花巻東監督の佐々木洋は「しばらくは雄星(菊池雄星・現埼玉西武ライオンズ)のように怪物と呼ばれるような選手とは出会わないでしょう」と話していたが、すぐに同等以上の才能が入学し驚いていた。 入学時、佐々木と大谷が交わした目標は160キロのストレートだった。その後、目標は上方修正された。 「雄星を超えようと思っていたら雄星以上にはなれない。160キ [全文を読む]

西武・菊池、交流戦7連勝を目指す!9日の試合前直前情報

ベースボールキング / 2017年06月09日17時50分

前カードの巨人戦に3連勝するなど、現在6連勝と勢いに乗る西武は、一昨年から交流戦6連勝中の菊池雄星が先発する。土肥義弘投手コーチは菊池について「前回のヤクルト戦は、スライダーが途中から良くなった。試合中に修正したり、その日に使えるボールを引き出せるようになったのが今年の特徴ですね」と話した。 前カードパ・リーグ首位の楽天に勝ち越したDeNA。ラミレス監督 [全文を読む]

【6月2日プロ野球全試合結果】オリックスが5連勝、中日・小笠原慎之介が今季初勝利、ロッテ・延長12回にダフィーが決勝打

サイクルスタイル / 2017年06月02日23時29分

■西武、菊池雄星が今季6勝目…ヤクルトは打線が振るわず西武は6月2日、神宮球場でヤクルトと対戦。先発の菊池雄星投手が6回2失点の好投を見せ、3-2で勝利した。西武は初回、2死二塁の好機を作ると、浅村栄斗内野手が適時二塁打を放って幸先よく1点を先制。その後ヤクルトに1-2と逆転されて迎えた7回表、相手バッテリーのミスで同点とすると、続く好機に金子侑司外野手の [全文を読む]

楽天vs西武は背番号「16」左腕対決!“連勝街道”を突き進むのは…26日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月26日15時21分

先発はエース左腕・菊池雄星。今季はここまで8試合に登板し、4勝2敗。防御率はリーグトップの1.24と安定した投球を続けている。 5月5日の楽天戦では、7回を投げて2安打1失点9奪三振とチーム打率リーグトップの楽天打線をねじ伏せた。今カードでも圧巻の投球で5勝目をつかむことができるか。 今季の両軍の対戦成績はここまで3勝3敗。現在連勝中の両軍、“連勝街道” [全文を読む]

3連敗のオリックス、今季全勝の西武戦で連敗ストップなるか!? 12日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月12日16時02分

対する西武はエース・菊池雄星が敵地のマウンドに上がる。菊池はここまで6試合に登板し、3勝1敗。防御率はリーグトップの1.23と抜群の安定感を見せている。 今カード3連勝で勝率は5割復帰で3位にも浮上できる。今季未勝利の相手だが、エースを立てるカード頭をモノにして勢いに乗りたいところだ。 【12日の試合予定】 日本ハム(浦野博司)- ロッテ(涌井秀章) < [全文を読む]

デーブ大久保が暴行事件の真相初告白!菊池雄星と涙の和解

しらべぇ / 2017年04月14日11時00分

2010年プロ野球ファンに衝撃を与えた、当時西武ライオンズ2軍打撃コーチのデーブ大久保(大久保博元・50)による菊池雄星への暴行事件。13日放送の日本テレビ系『ナカイの窓』に出演した大久保は、事件の真相とその後の顛末について初告白。野球ファンからはさまざまな意見が出ている。(画像はDBA公式YouTubeからのスクリーンショット)■デーブ大久保の野球人生1 [全文を読む]

ミスターレオの記録に華を…新エースが“天敵”に挑む 7日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年04月07日16時15分

注目は西武の先発・菊池雄星。プロ7年目、これまで積み上げた白星は44個あるが、パ・リーグの中で唯一勝利を挙げたことがないのがソフトバンク戦なのだ。 エース・岸孝之が抜けた今シーズン、自身2度目の開幕戦では7回1失点の好投でチームに勝利をもたらした。新エースとして認められるためには、同リーグのライバルはやっつけておきたいところ。プロ入りから8連敗中という“ [全文を読む]

多士済々の開幕投手…セは”外国人対決”、パは”代役”の活躍に注目 30日の予告先発

ベースボールキング / 2017年03月30日17時00分

相手の西武は2年連続となる菊池雄星。昨季は6回1失点と試合を作り、チームに勝利をもたらした。 ロッテとソフトバンクはそれぞれ涌井秀章と和田毅の両ベテラン投手が登板。2015年最多勝投手と2016年最多勝投手による見応えのある投手戦に期待がかかかる。 発表された31日の予告先発投手と試合予定は以下のとおり。 【パ・リーグ】 西武(菊池雄星)- 日本ハム(有原 [全文を読む]

西武の最近10年の開幕投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月24日10時00分

西武の最近10年の開幕投手を振り返ると、現在ロッテでプレーする涌井秀章が5度、今季から楽天に移籍した岸孝之が2度、西口文也、牧田和久、菊池雄星が1度となっている。 この10年で西武最多の5度、開幕のマウンドを託された涌井は、08年から5年連続で大役を担った。初の開幕投手となった08年は敗戦投手になったが、09年から3年連続で白星を手にした。 13年からは岸 [全文を読む]

【プロ野球】菊池雄星はメジャーで通用するのか!? 日本人左腕メジャーリーガーの成績を総ざらい!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月12日16時05分

「いつ行くのか」が話題になっているが、そんななか突然(?)、菊池雄星(西武)のメジャー移籍話がスポーツ新聞の一面を飾った。 最近は花巻東の後輩である大谷の陰に隠れているが、菊池自身も2009年のドラフト会議前にはメジャーリーグへの憧れを口にし、メジャーの8球団と面談した過去を持つ。それだけに結果を出せるようになった今、あらためてメジャーリーグで投げたい気持 [全文を読む]

【プロ野球】例の風評はウソ、ホント? 高卒ドラ1左腕はやっぱり“地雷”なのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月03日17時05分

★は現役選手、◎は独立リーグなどで現役) 【1996年】 前川勝彦(PL学園→近鉄) ≪通算≫149試合:31勝45敗/1ホールド ≪引退≫2011年 【1996年】 伊藤彰(山梨学院大付→ヤクルト)1軍登板なし ≪通算≫1軍登板なし ≪引退≫2000年 【1997年】川口知哉(平安→オリックス) ≪通算≫9試合:0勝1敗 ≪引退≫2004年 【1999年 [全文を読む]

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(12)明豊・今宮健太が叶わなかった「打倒・菊池雄星」

アサ芸プラス / 2016年08月16日17時59分

それが花巻東(岩手)の剛腕サウスポー・菊池雄星(現・西武)である。 最初の対決は09年春選抜の2回戦。好勝負が期待されたが、打者・今宮は4打数1安打2三振。投手・今宮もピンチの場面でリリーフするも、先制の2点タイムリーを許すなど、0-4の完敗を喫してしまう。 その夏、菊池へのリベンジに燃える明豊は県大会を圧勝し、甲子園に帰ってきた。興南(沖縄)と西条(愛媛 [全文を読む]

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(2)菊池雄星は肋骨を折りながら154キロ

アサ芸プラス / 2016年08月07日17時58分

今では「大谷翔平の(花巻東の)先輩」といったほうが、世間での通りがいい菊池雄星(現・西武)だが、甲子園での注目度は大谷よりも数段上だった。 07年の夏、1年生ながら甲子園で初登板。新潟明訓との戦いで、スコアレスで迎えた5回表からのリリーフ登板で被安打5、4奪三振で1失点。しかしこの1点が決勝点となり、初戦で敗退した。しかしこの日、最速145キロをマークした [全文を読む]

西武・菊池雄星を落とした女子アナ・深津瑠美って、どんな人?

日刊サイゾー / 2016年07月08日23時30分

プロ野球・埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手(25)が、フリーアナウンサー・深津瑠美(30)と、6月24日に電撃入籍していたことが明らかになった。 7月5日、「週刊文春」WEBが報じたことを受け、翌6日朝、深津が自身のブログで認めた。なお、深津アナは今後も仕事を続ける。 同日、会見した菊池によると、約2年前から、NHK BS1『ワールドスポーツMLB』でキャ [全文を読む]

2014ドラフト決定、豊作年とは無関係? 歴代“重複指名”ランキング

週プレNEWS / 2014年10月25日06時00分

6球団になると、79年の岡田彰布、85年の清原和博と大物が並び、近年では07年の大場翔太、超高校級の逸材といわれた09年の菊池雄星、10年の大石達也がいる。5球団が集中した5人中4人は高校生だ。 表にはないが、4球団の指名重複においても、田中将大(駒大苫小牧高)、ハンカチ王子の斎藤佑樹(早稲田大)、寺原隼人(日南学園高)、中田翔、藤浪晋太郎の大阪桐蔭高コン [全文を読む]

フォーカス