姜尚中のニュース

一色清・姜尚中の二人をモデレーターに、各分野の第一人者たちが危機的な状況を分析! 『東アジアの危機 「本と新聞の大学」講義録』(集英社新書)、7月17日(木)発売!

DreamNews / 2014年07月17日10時00分

姜尚中) 【目次】はじめに 姜尚中第一回 東北アジアと日本の将来を考える 姜尚中第二回 アジアの軍備管理・軍縮と日本 藤原帰一第三回 世界における歴史認識と日本 保阪正康第四回 世界経済と日本 金子勝第五回「中国環境脅威論?」隣人と向き合う 吉岡桂子第六回 メディア激変は民主主義の味方か敵か 一色清おわりに 一色清『東アジアの危機 「本と新聞の大学」講義 [全文を読む]

日常生活への物足りなさや未来への不安などを抱える10代のキミへ―姜尚中による人生の案内書『君に伝えたいこと』発売記念サイン会開催

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月09日09時00分

日常生活への物足りなさや未来への不安などを抱える10代に向けて、東京大学名誉教授・姜尚中(かん・さんじゅん)がやさしく語りかける人生の案内書『君に伝えたいこと』が、2015年12月16日(水)に発売された。 なんとなく肌で感じる、世の中の雰囲気。ニュースで報道される国内や国外の事件。家族や自分に近い大人たちの動向などを、10代の子どもたちは覗き見る…。同書 [全文を読む]

吉永小百合が「戦争反対を言えない空気」に危機感を表明し「憲法9条は絶対に変えさせない」と戦闘宣言

リテラ / 2016年08月15日08時00分

現在発売中の「女性自身」(光文社)8月23・30日合併号に、吉永と政治思想学者・姜尚中氏の対談が掲載されている。タイトルは「みんな、声をあげて! 命が押し潰される前に」。冒頭、吉永は自身のこんな体験を語っている。「私は若いころ、母に『なぜ戦争は起こったの? 反対はできなかったの?』と質問したことがあるのです。 そしたら母は、ひと言『言えなかったのよ.... [全文を読む]

没後100年の今もなぜ漱石の言葉は人の心を揺さぶるのか? 現代人の抱える問題にも切り込む148の名言集

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月03日09時00分

その答えを一緒に探してくれるのが、『漱石のことば(集英社新書)』(姜尚中/集英社)。本書は大学教授であり、著作『悩む力』がベストセラーになった姜尚中が、漱石の遺した作品、手紙の中から、心に留まった言葉を選り抜き、それに関して自身の考えを寄せている「名言集」だ。 著者、姜尚中は述べる。青春時代、自分は孤独だったと。暗い洞窟の中をとぼとぼと歩き続けた一生だっ [全文を読む]

各メディアで活躍する気鋭の論客・金惠京(キム・ヘギョン)が、美しい言葉と論理構成で日韓関係を読み解く評論集『柔らかな海峡 日本・韓国 和解への道』、集英社インターナショナルより11/26(木)発売!

DreamNews / 2015年11月20日16時00分

朝日新聞「WEBRONZA」の好評連載と、東京大学名誉教授の姜尚中氏との対談を収録。日本×韓国×金惠京=「未来志向の日韓関係をつくるための23本の補助線」が描かれている。韓国人の国際法学者、金惠京(キム・ヘギョン)は、十代のころ、non-noを読みたい一心で日本語の勉強を始め、音楽、雑誌、映画など日本文化に触れることで日本への思いを募らせ、高校卒業後日本に [全文を読む]

100万部突破の『悩む力』シリーズ、最新論考。集英社新書『悪の力』(著:姜尚中)が9月17日(木)発売!!

DreamNews / 2015年09月17日10時00分

これがすべての震源地なのか?夏目漱石や「聖書」をはじめ、古今東西の古典に人間性回復のヒントをもとめた、悩める現代人の必読書!『教団X』中村文則氏推薦! ――「読み終えて感動と共に深く大きく頷いた」■集英社新書『悪の力』[著者] 姜尚中(カン・サンジュン)[発売日] 2015年9月17日(木)[定価] 本体700円+税[ISBN] 978-4-08-7208 [全文を読む]

安藤忠雄・池上彰・スプツニ子!・姜尚中・倉本聰・長沼毅 が登壇!『FMフェスティバル2013 未来授業~明日の日本人たちへ』

PR TIMES / 2013年08月29日11時36分

さらにTOKYO FMでは、プレスペシャルとして、未来授業の第1回・第2回に登場した姜尚中の特別授業を10月13日(日)19:00~19:55に放送致します。グローバル化の中で、若者たちが自らの立ち位置、足元を見つめなおし、自らがイノベーションを起こすように触発する、知性・感性・野性を刺激する特別授業をお届けします。《今年の授業テーマは・・・「ニッポンの転 [全文を読む]

姜尚中が竹島問題を斬る!TOKYO FM『クロノス』トップオピニオンシリーズ~姜さん、この国はもうダメですか?

PR TIMES / 2012年08月17日13時16分

TOKYO FMの番組『クロノス』(月~金6:00~8:30)では、好評のトップオピニオンシリーズ第4弾として、政治学者・姜尚中をゲストに迎え、いま日本が抱えている重要課題に鋭く斬り込む特別インタビューをお届け致します。 テーマは『竹島・尖閣・北方領土問題』『脱原発と政治』『デフレ時代の生き方』。8月20日(月)から24日(金)の5日間に渡って放送致します [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】くまモンも表彰式に登場 映画『うつくしいひと』が“九州魅力発掘大賞”特別賞

TechinsightJapan / 2017年05月31日13時33分

5月30日、JR九州が都内で行った表彰式には行定勲監督や出演者の姜尚中氏とともにくまモンの姿もあった。 くまモンが式を終えて『くまモン【公式】(55_kumamon)ツイッター』で「映画の舞台にもなっている熊本の魅力を発掘しにあそびにきてはいよー! 」と呼びかけているように、本作は熊本城、夏目漱石旧居、江津湖、菊池渓谷、阿蘇の草千里、通潤橋といった熊本の名 [全文を読む]

大学の公開講座が人気、DVの傷を仏像に癒された人も

NEWSポストセブン / 2017年04月03日07時00分

「4年ほど前に1度、友達に誘われて姜尚中さんの講義に行きました。『あのインテリのイケメンを見に行こう』ってミーハー心で(笑い)。イケメンぶりはもちろん、話もすごく面白くて、いちばん前でかぶりつきでした。姜尚中さんの講義が素晴らしかったことはもちろんですが、40代過ぎてから大学のキャンパスにいるという状況に高揚していた自分もいて、すぐに他の講義も受けてみたい [全文を読む]

“悩む力”を“生きる力”に。CD講話集『姜尚中講話集 明日への希望』が新発売。

PR TIMES / 2016年12月02日11時28分

株式会社ユーキャンは、2016年12月より、政治学者・東京大学名誉教授の姜尚中さんの語りおろしCD全集『姜尚中講話集 明日への希望』の販売を開始しました。 [画像: http://prtimes.jp/i/7628/304/resize/d7628-304-227326-0.jpg ] 株式会社ユーキャン(東京都新宿区 代表取締役社長:品川 泰一、以下:ユ [全文を読む]

吉永小百合と姜尚中が緊急対談「新しい戦前」回避するために

WEB女性自身 / 2016年08月15日06時00分

――吉永小百合さん(71)と姜尚中さん(65)はラジオの番組などで折に触れて意見の交換を重ねてきた。そんなふたりが緊急対談。いまこの対談を通して、訴えたいこととは。 吉永小百合(以下、吉永) 初めてお話したのは07年。私のラジオ番組に来ていただきました。そのとき私、姜先生に、こう質問しました。「『憲法9条を守ってほしい』と友人に言ったら『よその国が攻めてき [全文を読む]

姜尚中の「容姿の悩み」「愛憎と憎しみ」に関する直球メッセージが沁みる!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月19日06時30分

落ち着いた知的な語り口調で、『朝まで生テレビ』をはじめ、メディア露出も多い姜尚中氏。自らの生い立ちにも関わる在日問題や、日本とアジア(特に韓国)との関係についての発言がまず頭に浮かぶ、「硬派な政治学者」のイメージが強いが、その最新作『君に伝えたいこと 15歳の人生レッスン』(自由国民社)は副題にもあるように、なんと、中学から高校への過渡期にある、いわゆるヤ [全文を読む]

姜尚中が見た“現代の悪”の正体「生まれて初めて悪人は実際に存在すると確信する経験をした」

週プレNEWS / 2015年10月13日06時00分

60代を半ばにして初めて「悪人というものは実際に存在するのだと確信する経験をした」と語る、姜尚中(カンサンジュン)氏が人々の心に巣くい、まるで病原菌のように蝕(むしば)んでゆく「悪の力」と正面から向き合った著作が『悪の力』だ。 身近な事件から宗教、古典文学に至るまで、様々な形で現れ、描かれてきた「悪」の姿を参照しながら「悪」の向こう側にある現代人の心の「 [全文を読む]

姜尚中「ネットのネガティブ感情に前向きさあると考えたい」

NEWSポストセブン / 2015年09月17日07時00分

【著者に訊け】姜尚中さん/『悪の力』/集英社新書/756円 【内容】川崎市中1男子生徒殺害事件、群馬大病院事件、名古屋大女子学生による殺人・放火事件…。現代社会に跋扈する悪と、それに対する一般市民の過剰な反応は何を源泉としているのか。冒頭には──『悪』の存在を教えてくれた『A』に──という意味深なエピグラフが記されている。「読む人によっていろんな解釈があり [全文を読む]

今、神戸・芦屋があつい! 噂の“GOLDジェンヌ”とは!?

PR TIMES / 2015年05月07日16時11分

神戸・芦屋の【GOLDジェンヌが輝いている理由】 海と山に囲まれて、いつでも自然に癒される! 好きなことが仕事になっている 素敵な先輩から本物を学べる 暮らしのそばに、必ず花がある 上質なインテリアと器に囲まれている 味+人柄で広がる豊かな外食文化 愛してやまないパンと手土産に囲まれている 信頼できるお洒落アドバイスのプロがいる [画像3: http:/ [全文を読む]

衝撃! 安倍昭恵が夫とは真逆の学者・姜尚中と仲良く...原発や日韓問題でも意気投合

リテラ / 2015年04月07日18時00分

姜尚中といえば、そのリベラルなスタンスと「在日」の出自で、安倍首相の支持者であるネトサポ、ネトウヨたちから「反日スパイ」「チョーセンに帰れ」などと、差別的な攻撃を受けている政治学者。そんな姜と安倍首相の妻、ファーストレディの昭恵夫人が仲良くトークして、意気投合していたとしたら......。 反原発の姿勢を明確にするなど、夫とは一線を画する昭恵夫人とはいえ、 [全文を読む]

ヴォーリズが60年を過ごした街、近江八幡でヴォーリズ建築を巡る記念企画展を10月4日~11月3日開催!~没後50年記念企画展『ヴォーリズ・メモリアルin近江八幡』~

@Press / 2014年09月02日11時30分

また、開催期間中、姜尚中氏や人気作家の玉岡かおる女史の講演会や、ヴォーリズゆかりの大学による演奏会などがほぼ毎日開かれ、入場券(パスポートに交換)をもっていれば、期間中何度でも入場できます。ヴォーリズ建築100年記念として、2008年にはヴォーリズ展が全国で開催されました。今回はヴォーリズ没後50年記念企画展です。次の機会は2030年の生誕150年までメモ [全文を読む]

『朝生』初出演の百田尚樹があらゆるテーマで無知さらけ出し大恥! 改憲派学者からも「本当に右なのか」と

リテラ / 2017年06月03日19時00分

かつては大島渚や野坂昭如など骨太の文化人から、姜尚中や宮台真司らスター学者、政治家や運動家ときには麻原彰晃のような渦中の人物までが登場し、タバコを燻らせ、口角泡を飛ばし合ったものだ。 そんな『朝生』の5月26日深夜放送回に、ついに、あの御仁が初出演を果たした。ご存知、作家の百田尚樹センセイだ。 この日の『朝生』は安倍政権の憲法改正、共謀罪、天皇生前退位特例 [全文を読む]

トップリーダーたちに学ぶ? 現代を生き抜くために必要な「嘘をつき通す力」

週プレNEWS / 2017年04月01日06時00分

『悩む力』『続・悩む力』『心の力』『悪の力』…と数々のベストセラーを重ねてきた、あの姜尚中センセーが新刊『嘘の力』を出すのも、もはや時間の問題だろう(※嘘です)。 もちろん、昔から政治家や大手メディアが常に「正直」で、常に「真実を語っている」なんて本気で信じている「ノンキでオメデタイ人」は多くなかったかもしれないが、少なくともかつては「嘘はコソコソつくもの [全文を読む]

フォーカス