永六輔のニュース

大橋巨泉さん死去の報道でファン悲しみ「テレビが終わった」との声多数

しらべぇ / 2016年07月20日10時00分

■Twitterで見られるファンからの悲しみの声#大橋巨泉 #永六輔 昭和のテレビを作ってきた人達が相次いで、、、— 守護戦士Lv.10(鎧:怪しい着ぐるみ) (@shin_zooo) July 20, 2016大橋巨泉さん、亡くなられたか...。クイズダービーみてたよ。— 神楽 (@kaa_gura) July 20, 2016大橋巨泉と言えば、クイズダ [全文を読む]

昭和は遠くなりにけり。永六輔にあって、大橋巨泉になかったもの

まぐまぐニュース! / 2016年09月20日21時00分

7月7日に83歳で亡くなった永六輔さんは、幅広い交友関係をお持ちだったことでも有名です。今回の『佐高信の筆刀両断』では、著者で評論家の佐高信さんが、赤坂BLITZで開かれた「永六輔お別れの会」で意気投合した世界的な舞踏家・田中泯さんとのエピソードを交えながら、永六輔さんの偉大さを振り返ります。さらに、永さんと同時期に活躍し、親交も深かった大橋巨泉さんについ [全文を読む]

さだまさしが明かす「今でも旅の歌が書けない」という理由

NEWSポストセブン / 2016年11月15日16時00分

「それは今年7月に亡くなった永六輔さんです。永さんは『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』『こんにちは赤ちゃん』など、数々の歴史的名曲の作詞を手掛けていますが、さださんは『僕の歌曲のひな形のような作品をたくさん作られた人』と、その影響を認めています」 さだは永六輔さんとの対談などをまとめた新著『笑って、泣いて、考えて。永六輔の尽きない話』の中で、 [全文を読む]

浅草が主戦場のナイツ「最初は浅草も東洋館もイヤイヤだった」

NEWSポストセブン / 2017年01月31日07時00分

塙:永六輔という人を知ってますか?土屋:今さらかよ。亡くなったのは滅茶苦茶ニュースになったし、われわれ散々お世話になったでしょ!塙:今日は永……(指を折って数え始める)。土屋:何で6まで数えてんだよ。さっき言えてただろ。塙:すごい話をさせてもらいますが、永さんは1933年、戦後のどさくさにまぎれて生まれてきまして。土屋:浅草だろ。どさくさってプロフィールな [全文を読む]

『永六輔の伝言 僕が愛した「芸と反骨」』(矢崎泰久・編/集英社新書)が8月17日に発売!

DreamNews / 2016年08月16日15時00分

戦後放送文化のトップランナーとして新しい時代の価値を次々に生み出した故・永六輔氏。その道程で出会い、 学び、繋ぎ、見送ってきた渥美清、三木鶏郎、野坂昭如、小沢昭一、中村八大……ら、多くの表現者たち。 一途で熱い彼らの生き様と反骨の心意気を、半世紀にわたり永さんに伴走してきた盟友・矢崎泰久が、 本人に成り変わって活写。社会の同調圧力が高まる不透明な時代に、知 [全文を読む]

2013年6月15日、坂本九「上を向いて歩こう」がアメリカで1位になって50年の記念日にコンピレーションCDを発売

PR TIMES / 2013年06月15日10時27分

永六輔作詞・中村八大作曲、そして坂本九が歌う「上を向いて歩こう」が「SUKIYAKI」というタイトルで、アメリカで最も権威ある音楽ヒットチャートであるビルボードの1位に輝いたのが1963年6月15日。日本語で歌われビルボードのトップに輝いた曲は、未だにこの「SUKIYAKI」だけという唯一無二の楽曲です。 この歴史的快挙から50周年を迎える今年、今でも世界 [全文を読む]

「出会い系利用してる」野坂昭如、イベントでの破天荒発言の数々が素晴らしい

tocana / 2015年12月17日07時00分

メンバーは、永六輔さんが司会役で、毎回ゲストを招き、野坂さんと話すというスタイルですね。どちらかといえば永さんが戦争や平和の話とかをしたがっていた印象があります」(Tさん) 「野坂塾」は永六輔のラジオ『土曜ワイドTOKYO 永六輔その新世界』(TBSラジオ)内でも参加が呼びかけられていた。年齢層が高いのは仕方があるまい。永さんのラジオでは、死の直前まで野坂 [全文を読む]

「黄昏のビギン」はいかにしてスタンダード・ソングとなったか 名プロデューサーの快著を読む

リアルサウンド / 2014年08月09日19時21分

作詞は永六輔、作曲は中村八大。そもそもは、デビュー曲「黒い花びら」で第1回レコード大賞を受賞した水原弘の、2枚目のシングルB面として1959年10月に発表されたものだが、B面ということもあり、ほとんど反響もないまま埋もれていた。 ところが、30余年を経た90年代以降、にわかに幾人もの歌手によってカバーされ始め、そして今や戦後歌謡曲屈指の名曲という評価をた [全文を読む]

永六輔とは何者だったのか? 一周忌を前に孫が足跡辿る

NEWSポストセブン / 2017年06月03日07時00分

数々の国民的名作を遺し、昨年7月に逝去した永六輔さん(享年83)。一周忌を控え、様々な追悼イベントやテレビ番組が予定されている。ところが、「永六輔って何者!?」と疑問を唱え、その足跡を追い続けている若者がいる。永さんの孫で、東京大学在学中の永拓実さん(20歳)だ。拓実さんが語る。「祖父は著書だけでも200冊以上の作品を残しましたが、僕たち家族には、直接、何 [全文を読む]

【書評】たけしと走り続けた高田文夫が描く大衆芸能史

NEWSポストセブン / 2017年05月12日07時00分

登場する人物はビートたけし、山口百恵、永六輔、村田英雄、志ん朝、談志、爆笑問題をはじめ数百人になるだろう。人気放送作家塚田茂の弟子として、ひたすら台本を書いた十年、ビートたけしと「オールナイトニッポン」で“毒舌悪ガキ”として走りつづけ、「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」は現在もニッポン放送の人気番組である。この人は目がいい。人間や時代の根本をあっさりと見ぬき [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

もう一人が、同番組の構成作家を務めた永六輔サンである。 秋元サンは『光子の窓』の終了後、同じ日曜夕方の枠で、ディレクターとして『シャボン玉ホリデー』を開始する。時に1961年。ご存知、ザ・ピーナッツやハナ肇とクレージーキャッツらナベプロ(渡辺プロダクション)所属の歌手たちを一躍スターダムに押し上げたヴァラエティ・ショーの金字塔である。最高視聴率32.4%。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】はなわの実話ソング『お義父さん』 さだまさし思わせる名曲に再生回数5万超の反響

TechinsightJapan / 2017年03月08日19時21分

彼は“遺伝史”として若い頃に知り合った永六輔さんの存在を挙げ、「歌には決まりがないのだから、落語のような歌を作ればいい」と言葉をもらいヒントになったと語った。「笑って終わりは俺の領分じゃない 最後にほろっとするような歌だと皆喜んでくれる」と考えたさだまさしは、オチで笑わせるのではなくオチでほろりとさせるような曲を作ろうとする。やがて誕生したのが『雨やどり』 [全文を読む]

24年半の軌跡、永六輔と戦争を語る巨星たち

Smartザテレビジョン / 2017年02月28日13時33分

2016年7月に83歳で亡くなった永六輔が、TBSラジオで1991年4月から2015年9月まで24年半にわたりパーソナリティーを務めた生放送番組「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」。放送終了後にそのエッセンスをCDの形にしようと、第1弾「泣いて笑って旅物語篇」に続き、第2弾「出会えば花咲く交遊録篇」がリリースされた。そして2017年2月、永六輔[全文を読む]

さだまさし 永六輔のバトンを繋いでいくのが自分の使命

NEWSポストセブン / 2016年12月18日16時00分

「でもこれは、永六輔さんに教わったことなんですけどね」 さだまさしと永六輔さん――2人の関係は、さだがまだデビューする前、40年以上も前に遡る。「最初の頃、どこでどう間違えたのか、永さんはぼくのことを落語家をめざしていると思っていたらしくて(苦笑)。でもほんと、人としての生き方から、知識や知見、ものづくりのノウハウまで、いろんなことを教えていただき、それが [全文を読む]

永六輔さん×大橋巨泉さん、娘が明かした「父の姿、別れ…」

WEB女性自身 / 2016年12月15日12時00分

私も安心したというか、『パパ、やっと楽になれたね』と思いました」 日本の放送界の 盟友 として親交も深かった故・永六輔さん(享年83)と、故・大橋巨泉さん(享年82)はくしくも同じ 16年7月に永眠した。故・永六輔さんは2005年にパーキンソン病を患い闘病生活を続けたが、7月7日に逝去。そして、故・大橋巨泉さんは 05年に胃がんを発症。その後、中咽頭、リン [全文を読む]

永六輔さん、日本の急速な右傾化に強烈な危機感を抱いていた

NEWSポストセブン / 2016年12月13日16時00分

肺炎のため死去したラジオパーソナリティーの永六輔さんもそのひとり(享年83才)。 夜空に願いをかける歌詞を好んだ永六輔さん。その命日は、七夕の日だった。 東京・浅草の寺の息子として生まれ、テレビ草創期に放送作家としてデビューした。NHKの人気番組『夢であいましょう』の台本を担当し、ラジオパーソナリティーやエッセイストなどマルチな才能で多方面で活躍した。 作 [全文を読む]

さだまさし 「これから一生かけて永六輔さんの背中を追う」

NEWSポストセブン / 2016年11月30日07時00分

「これはね、永六輔さんの影響もあるんです。僕は若い時分、永さんに随分かわいがっていただいたんですが、ある時、こんな言葉を教わりました。〈まさし、人間は二度死ぬよ。まず死んだ時。それから忘れられた時だ〉 何が辛いって、人は忘れられることがいちばんこたえます。今回、南富良野町を直接訪れたのも、『日本全国、皆さんのことを忘れていない人がたくさんいますよ』と伝える [全文を読む]

PUSHIM、4年ぶりのカバーアルバムよりショートMV8本を制作

okmusic UP's / 2016年11月16日15時00分

■「バナナ・ボート(DAY-O)」MV(ショートver.)https://www.youtube.com/watch?v=3m00jYW_gxc■アルバム『THE ノスタルジックス』2016年11月16日 (水) 発売 TKCA-74430/¥3,000+税 <収録曲> 1. バナナ・ボート (DAY-O) / (浜村美智子 / 1957年) 作詞・作曲: [全文を読む]

TBSラジオの人気パーソナリティーに会いに行こう!

Smartザテレビジョン / 2016年10月26日21時31分

当日は、イベントブースも出店され、TBSラジオのさまざまなグッズや、先日亡くなった永六輔のラジオ番組を収録した第2弾CD「永六輔その新世界特選ベスト 出会えば花咲く交遊録篇」の先行販売も行なわれる。第1弾のCDが大好評だったこともあり、こちらもぜひ注目したい。 ことしも赤坂の「街」との強力タッグは継続中で、赤坂サカス広場に加え、TBSの目の前にある国際赤 [全文を読む]

永六輔と盟友たちとの珠玉のエピソードをCD化

Smartザテレビジョン / 2016年10月14日21時09分

2016年7月に83歳で亡くなった永六輔が、TBSラジオで1991年4月から2015年9月まで24年半にわたりパーソナリティーを務めた生放送番組「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」。放送回数1,275回という膨大な放送音源から、永六輔と仲間たちとの交遊に注目し厳選収録されたCD「永六輔その新世界特選ベスト 出会えば花咲く交遊録篇」が11月7日(月 [全文を読む]

フォーカス