左とん平のニュース

左とん平 謹慎中に小林桂樹からキツいひと言を受けた思い出

NEWSポストセブン / 2015年06月01日07時00分

このたび、めでたく喜寿を迎えた名優・左とん平(78才)が、今は亡き小林桂樹さん(享年86)との交遊録を初めて明かした。 * * * 4月16日、都内のホテルで行われた「左とん平喜寿お祝いパーティー」には、200人あまりの著名人が集まり盛大に開かれた。 この日の会場には、常にあたたかい空気が流れていた。長年共に苦楽を歩んできた仲間たちが発起人となり、時にきつ [全文を読む]

加藤茶「嫁のオモチャ状態」、綾菜「バレンタインは不二家のケーキ」うわさの夫妻の1カ月

サイゾーウーマン / 2015年03月01日09時00分

■「肉のことしか書けないの」茶にウォッチャー激怒 茶が“お兄さん的存在”と語る俳優・左とん平。『喜劇 売らいでか!―亭主売ります―』でも共演し、ブログにもたびたび名前が登場しているが、4日、茶が左の舞台を見に行ったことをブログで報告した。しかし、「食事の前に、左とん平さんの舞台を観に行ったよ」という一文だけで、あとは「いかにおいしい肉を食べたか」をつづって [全文を読む]

左とん平 脇役は腹八分がちょうどいい

NEWSポストセブン / 2016年06月12日16時00分

脇役として活躍することが多い俳優の左とん平は、最近では悪役も演じるようになっている。左が面白い悪役や、脇役として心がけていることについて語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 左とん平は1983年の今村昌平監督による映画『楢山節考』に出演、冬の雪山に籠っての長期間に及ぶ撮 [全文を読む]

左とん平 段階を踏まないと喜劇に深みがないんだよな

NEWSポストセブン / 2016年06月01日07時00分

喜劇出身で、幅広く活躍する俳優・左とん平は、若い頃から多くの喜劇人たちと共演し、影響を受けてきた。左が喜劇人仲間や大先輩たちとの共演の思い出を語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 左とん平は1970年、久世光彦演出・森光子主演のテレビドラマ『時間ですよ』(TBS)にレギ [全文を読む]

左とん平 「存在感ある役者になりたいよ」

NEWSポストセブン / 2016年05月23日16時00分

役者として長いキャリアを持つ左とん平は、これまで多くの役者たちと共演してきた。左が語った中村吉右衛門、朝丘雪路、天知茂、山村聰と共演した当時の思い出について語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 左とん平は1969年、中村吉右衛門主演のテレビ時代劇『右門捕物帖』(日本テレ [全文を読む]

左とん平 いくらセリフ上手くたって味のない役者はダメ

NEWSポストセブン / 2016年05月22日07時00分

喜劇役者としてはもちろん、音楽的再評価によって音楽好きな若者からも知られる存在となっている左とん平。左が語った若手時代の思い出と、芝居について語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 左とん平は1957年に作曲家・三木鶏郎の劇団に入団する。その後、新宿コマ劇場の舞台に立つよ [全文を読む]

左とんぺい 加藤茶や張本勲らが勢揃いし爆笑の喜寿祝い開催

NEWSポストセブン / 2015年05月31日07時00分

壇上に立ったのは、この日の主役で、昨年喜寿を迎えた左とん平(78才)。 「私、芸能界に20才のときに入ったんですけど、以来57年間ちゃんとご飯を食べられて、家も建てられました。これから、あと何年現役でできるかわかりませんが、あと3年後には80才。次は傘寿の会でお会いしましょう(笑い)」 井上順が司会を務め、小柳ルミ子が『今さらジロー』を、あおい輝彦が『二 [全文を読む]

ラグビー・松尾雄治 フェイントは左とん平の芝居の間が参考

NEWSポストセブン / 2015年05月29日07時00分

このたび、めでたく喜寿を迎えた名優・左とん平(77才)が、友人、後輩たちとの交遊録を初めて明かした。 * * * これまで先輩役者の背中を見て育ってきたとん平は、現在では多くの後輩にとっての「師」として、後進の手本となっている。とん平と何度も共演しているコロッケは喜寿の会でこんなあいさつをした。 「人として、役者としてモノマネをしたい人にやっと出会いました [全文を読む]

テレ東SPドラマ「誤差」追加キャストに松下由樹らが決定

Smartザテレビジョン / 2017年04月21日15時00分

さらに、左とん平、酒井美紀、齋藤めぐみなど、ドラマの中で常に印象的な存在感を示す俳優陣が一堂に会する。 同作品は、新潮文庫所収の傑作短編集「駅路」の一遍で、テレビドラマ化は半世紀ぶり。 メインキャストは、山梨県警の刑事・山岡役に村上弘明、山岡とコンビを組む後輩刑事役に剛力彩芽、さらに“死体の声に耳を傾ける”法医学教授・立花役として陣内孝則の3人で、温泉宿 [全文を読む]

『オケ老人!』左、小松、石倉、笹野が佐藤愛子氏の新刊を語る

NEWSポストセブン / 2016年11月15日07時00分

同映画に出演する左とん平(79才)、小松政夫(74才)、石倉三郎(69才)、笹野高史(68才)が、佐藤愛子さん(93才)の大ベストセラー『九十歳。何がめでたい』について語った。 石倉:この本、おもしろいよね。まさに今おれらが言っていたようなことが書いてある。佐藤愛子さんが書くから売れるんであってね、おれが書いたらバッシングなんだけどね(苦笑)。そういうもの [全文を読む]

「最近のお年寄りは元気」に笹野高史「気を使わないでいい」

NEWSポストセブン / 2016年11月13日07時00分

左とん平(79才)、小松政夫(74才)、石倉三郎(69才)、笹野高史(68才)の平均72.5才の大ベテランがアマチュア・オーケストラとして奔走するストーリーだ。そんなオーケストラに入団するのが高校教師の千鶴を演じる杏(30才)。老人の中で、千鶴が音楽の楽しさを実感していくが…。 「年寄りっておもしろいだろ? 何が起こるかわからないからね」――劇中、そんなせ [全文を読む]

坂口健太郎の天然ぶりに、『オケ老人!』監督が「びっくりしました」

Movie Walker / 2016年11月12日10時35分

杏が映画初主演を務めた『オケ老人!』の公開記念舞台挨拶が11月12日にTOHOシネマズ新宿で開催され、杏、黒島結菜、坂口健太郎、笹野高史、左とん平、小松政夫、茅島成美、萩原利久、細川徹監督が登壇。細川監督から、天然エピソードを暴露された坂口が照れ笑いを見せた。 本作は、平均年齢、おそらく世界最高齢のアマチュア・オーケストラの笑いと涙に包まれる奮闘と青春を描 [全文を読む]

杏「素敵に年を重ねたい」 初主演映画でほっこりした理由

anan NEWS / 2016年11月12日08時00分

共演に、黒島結菜、坂口健太郎、左とん平、小松政夫、藤田弓子、石倉三郎、光石研、飛永翼(ラバーガール)、笹野高史ほか。また、朝日新聞デジタルサイトでの連載をまとめた著書『杏の気分ほろほろ』(朝日新聞出版)が発売中。ニット¥54,000 スカート¥74,000 靴 参考商品(以上アンテプリマ/アンテプリマジャパンTEL:0120・03・6962) ※『anan [全文を読む]

『オケ老人』4人 行儀の良い杏に目尻が下がりっぱなし

NEWSポストセブン / 2016年11月12日07時00分

左とん平(79才)、小松政夫(74才)、石倉三郎(69才)、笹野高史(68才)の平均72.5才の大ベテランがアマチュア・オーケストラとして奔走するストーリーだ。そんなオーケストラに入団するのが高校教師の千鶴を演じる杏(30才)。どんな展開が待ち受けているのだろうか。 年を取ると、忘れることはいともたやすいのに、新しいことを覚えていくことはなんとも難しい。せ [全文を読む]

坂口健太郎「寄り道が好き」人生の歩み方に見る“柔らかな”魅力

Movie Walker / 2016年11月11日11時00分

“老人”メンバーに扮するのは、笹野高史や左とん平、小松政夫ら超ベテランの俳優陣。坂口は「いい意味ではちゃめちゃでした」と彼らとの共演を思い出してにっこり。「みなさんすごく自由なんです。こっちで盛り上がっていても、そっちでも盛り上がっているみたいな現場で(笑)。にぎやかさがあって、見ていてもとても楽しかったです。みなさんずっとしゃべっていて、誰一人として黙ら [全文を読む]

とん平、小松、石倉、笹野が『オケ老人!』の裏話を大放談

NEWSポストセブン / 2016年11月11日07時00分

公開に先駆けて行われた杏(30才)主演の映画『オケ老人!』完成披露試写会の舞台挨拶に立った、左とん平(79才)、小松政夫(74才)、石倉三郎(69才)、笹野高史(68才)。平均年齢72.5才の大ベテラン4人は、演奏経験がなかったものの、劇中、左はクラリネット、小松はチェロ、石倉がティンパニ、笹野がコンマスとバイオリンを披露していることも話題となっている。 [全文を読む]

杏&坂口健太郎、パワフルなベテラン俳優陣にタジタジ「こんなチームでした!」

Movie Walker / 2016年10月26日18時57分

杏が映画初主演を務めた『オケ老人!』(11月11日公開)のプレミア試写会が10月26日に浜離宮朝日ホールで開催され、杏、黒島結菜、坂口健太郎、笹野高史、左とん平、小松政夫、石倉三郎、藤田弓子、茅島成美、細川徹監督、原作者の荒木源が登壇。自由奔放な言動を繰り出すベテラン俳優陣たちに、杏と坂口がタジタジとなりながらも、楽しそうな笑顔を見せた。 本作は、平均年齢 [全文を読む]

ファッション誌 GINZAの公式サイト『ginzamag.com』が4月18日スタート!

@Press / 2016年04月18日15時00分

(ex.坂上忍、野沢直子、五木ひろし、トレンディエンジェル、左とん平) ◯NEW OPEN 「GINZAのレストランページは信頼している」というファンも多い、レストランページ。まずは2015年から現在までの約20軒を紹介。 ◯ニッポン美人化計画 人気メイクアップアーティストUDAさんが、一般女性をモデルにその人にあったメイクを施す変身企画。 【会社概要】 [全文を読む]

コロッケ ものまねは3割を本人に似せ残り7割は高レベルの芸

NEWSポストセブン / 2015年12月01日16時00分

それを教えてくれた恩師が左とん平師匠です。たくさんの恩師と呼べる方がいますが、僕にとっての一番は師匠ですね。 あれは10年ほど前の舞台でした。とん平師匠が演じた「年をとった宮本武蔵」という役を観させてもらいました。その武蔵は年配の設定だが、かなりの殺気を纏(まと)っている。「ムッ」と一方を睨みつけ、刀に手をかけ、じっ……と動かない。迫力満点で、いつ抜くの [全文を読む]

高橋克典主演のBS時代劇に宮田俊哉、小島梨里杏ら

Smartザテレビジョン / 2015年10月17日08時50分

共演は左とん平、小島梨里杏、宮田俊哉、青山倫子、加藤雅也、笹野高史、中村嘉葎雄ほか。原作は山本周五郎「人情裏長屋」。 [全文を読む]

フォーカス