金大中のニュース

韓国新政権、北朝鮮を実質支援で核兵器開発完了も…日韓合意破棄で絶望的関係突入か

Business Journal / 2017年05月11日06時00分

韓国の大統領に左派の文在寅氏が選ばれたことで、対北朝鮮政策は金大中・廬武鉉政権で採用された「太陽政策」が再び登場することになりそうだ。また、対日関係も、朴槿恵政権時代の慰安婦合意は破棄され、日本との再交渉を目指すなど、対日政策は全面的に見直され、日韓関係改善は絶望的だ。 まず、文氏の対北政策を端的に示すエピソードを紹介しよう。 中央日報(日本語電子版)は、 [全文を読む]

予想外! 北朝鮮のミサイル発射は? 対中国? 対韓国? 対国際社会?

Global News Asia / 2017年05月15日18時32分

しかし、選ばれた早々にミサイル発射では逆効果になるのではないかと思うのだが、歴史を少しさかのぼれば、同じように北朝鮮に融和的な政策をとった金大中(キム・デジュン)時代にも、北朝鮮はミサイルを発射している。 故金大中氏が大統領に就任したのは、1998年2月25日で、その半年後の8月31日にテポドン1号を発射しているのだ。当時日本は小渕政権だった。 金大中大統 [全文を読む]

韓国民主化求めた37年前の「光州事件」、文在寅政権誕生で再び脚光、「ろうそく革命で精神復活」と大統領

Record China / 2017年05月27日21時00分

80年5月17日には全土に戒厳令を布告し、野党指導者の金泳三、金大中両氏(その後、いずれも大統領)らを逮捕した。 翌18日に金大中氏の出身地だった韓国南西部・全羅南道の光州市で戒厳令などに抗議する学生と軍の部隊が衝突。その後、事態はエスカレートし、市民も加わってバスやタクシーを倒してバリケードを築き、角材や鉄パイプ、火炎瓶などで応戦した。21日に群集に対す [全文を読む]

距離が大事。「反日大統領」が誕生した韓国との賢い付き合いかた

まぐまぐニュース! / 2017年05月14日12時00分

09年8月、廬武鉉の前に大統領だった金大中が亡くなります。文さんは、金大中にも可愛がられていた。その金さんが亡くなる前、文さんに「政権交代をはたしてほしい」とお願いした。それで、文さんは、「政治家になる」ことを決意したそうです。 文さんは2012年、民主党から大統領選に出馬。皆さんご存知のように、朴槿恵さんに敗れました。しかし、今回の選挙では、見事勝利しま [全文を読む]

対北朝鮮宥和政策の幻想捨てよ 東アジア重大な危機

Japan In-depth / 2016年09月14日18時00分

朝鮮日報は対北朝鮮宥和政策を推進した金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権を次のように批判した。「06年10月9日に北朝鮮が最初の核実験をするまで、金大中政権や盧武鉉政権は北朝鮮の核に対する意志や能力をずっと過小評価してきた。盧武鉉元大統領は最初の核実験の1カ月前、北朝鮮が核実験をする可能性について「根拠なく仮定の話ばかりしている」と表現した [全文を読む]

<Wコラム>韓流ファンのための「日韓・近現代史」~日韓パートナーシップ宣言

Wow!Korea / 2016年05月07日12時01分

1973年8月に「金大中(キム・デジュン)事件」が日本で起きました。大統領選挙で朴正熙をあと一歩で破るところまで追い詰めた金大中が、東京のホテルで白昼堂々と拉致されたのです。この事件は政敵を葬るために朴正熙が指示を出したものでした。しかし、アメリカの干渉もあり、朴正熙は金大中の命までは奪いませんでした。■朴正熙が暗殺される金大中事件の翌年には朴正熙自身が [全文を読む]

ご存知ですか? 6月10日は韓国で「6月民主抗争」が始まった日です

文春オンライン / 2017年06月10日07時00分

だが、29日には、民正党の代表委員の盧泰愚(ノ・テウ)が「特別宣言」を行ない、大統領直接選挙制への合意改憲の実現のほか、長らく弾圧されてきた野党政治家の金大中(キム・デジュン)の赦免・復権および政治犯の釈放、言論の自由化などを約束した(6・29民主化宣言)。民正党が態度を一転させた理由のひとつには、翌年にソウルオリンピック開催を控え、国論が分裂し、国際社 [全文を読む]

韓国民団「財閥改革のハードルは韓国人若者の大企業指向」「北朝鮮問題の最大の被害者」

Business Journal / 2017年06月02日06時00分

ただ、年配の方たちは朴正煕(パク・チョンヒ)時代に愛着があり、革新政権の金大中(キム・デジュン)や盧武鉉(ノ・ムヒョン)の側には距離感があります。一方、ニューカマーの中には革新政権の誕生を歓迎する人もいます。民団は、時の政権に対して可能な限りあらゆる対応を行い、言うべきことは言います。それは、保守・革新を問わずです。 また、民団は金大中や盧武鉉時代にもう [全文を読む]

「ミサイル3連発」でも北にすり寄る韓国政府…国内から「生ぬるい」と批判

デイリーNKジャパン / 2017年05月31日06時44分

今回、文在寅政権は金大中、盧武鉉政権下での融和政策10年と、李明博、朴槿恵の強硬政策10年の長短所を見極め、懐の深い接近を行っていると好意的に見ることもできる。若い金正恩党委員長はミサイルを撃ち続ける以外の手がなく、逆に焦っているようにも感じられる。 だが、韓国には情報が無い。過去10年の断絶により、南北の接触自体が減ったことで、北朝鮮国内で何が起きてい [全文を読む]

韓国大統領・文在寅氏に待ち受ける困難な舵取り THAAD・慰安婦合意見直し、6ヶ国協議

NewSphere / 2017年05月11日17時00分

太陽政策は、1998年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領から2008年に退任した当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領までの政権で取られた、北朝鮮に対して積極的に関与していく政策で、文氏はこの当時、盧武鉉大統領の秘書室長を勤めるなどしていた。CNNは、太陽政策がとられていたこの時期は、北朝鮮の核実験やミサイル実験が減少していたが、最終的には太陽政策は北朝 [全文を読む]

韓国大統領選を日本はどう報じたのか? 新聞各紙の論調を徹底比較

まぐまぐニュース! / 2017年05月11日05時00分

また、盧武鉉政権の失敗は、保守系メディアを味方にできなかったことであり、金大中政権は反対に、敵対した人物を取り込んだり、敵対勢力が好む政策を断行したりしたのだという。そして、文氏には金大中氏を見倣うよう勧めている。さらに、「対日関係では与野党間に大きな違いはない」のであり、対日関係が「保守政権は良く」なり、「リベラル政権は不安定」とは言い切れないのだそうだ [全文を読む]

サピオと産経が嫌いな左派政権誕生で黒田勝弘氏は韓国追放?

NEWSポストセブン / 2017年04月06日11時00分

今回、周期にしたがって左派・革新政権が誕生すれば、金大中・盧武鉉政権(1998─2008年)以来、10年ぶりということになる。 ここで仮に、支持率トップを独走する「共に民主党」の文在寅政権が誕生するとして、その左派・革新体質を展望するには金大中・盧武鉉政権を振り返ることが手っ取り早い。文在寅氏は盧武鉉の長年の部下で秘書室長だった。いわば“ミニ盧武鉉”である [全文を読む]

韓国は今度こそ浄化できないと本当にヤバい 次期大統領を待つのは通貨危機以来の難局だ

東洋経済オンライン / 2017年04月02日19時00分

■「金大中大統領」の再現となるか? 韓国は過去の政治的、経済的な混乱を生き抜いてきた。1960~70年代に、政治家と財閥との腐敗した関係を作り出したのは朴氏の父親だった。結果として金融機関などの体質が弱くなったことから、1997年の通貨危機によるダメージが増幅される結果となった。 国のトップによる失政を受けて有権者が新たな方向性を望むのは、当時も今も変わ [全文を読む]

韓国政治の節目、過去にもデモが大きな役割、朴大統領追い詰めた「ろうそく革命」と韓国紙

Record China / 2016年12月02日23時40分

前年10月の朴正煕大統領暗殺事件後、全斗煥保安司令官(後の大統領)ら軍部は全国に高まった民主化運動を抑え込むため、5月17日、全土に戒厳令を敷き、野党指導者の金泳三、金大中両氏(いずれも後に大統領)らを逮捕・軟禁した。 金大中氏の出身地・全羅南道の光州市では戒厳令に抗議する学生や市民と軍が衝突。学生らは街頭にバリケードを築き、角材、鉄パイプ、火炎瓶などで武 [全文を読む]

北朝鮮が建国記念日に合わせ核実験強行か、北部で地震探知=韓国ネット「韓国も核武装を!」「防衛ミサイルは核爆弾を防いでくれるんだろうか?」

Record China / 2016年09月09日12時50分

南も北も、どっちがよりおかしくなってるか競っても得るものは何もない」 「北朝鮮が核を造ったら金大中(キム・デジュン韓国元大統領)が責任を取ると言ってたよな。金大中は墓の中でちゃんと見てるか?どう責任を取るんだ?」(翻訳・編集/吉金) [全文を読む]

韓国に「第2の国辱」を招いた金泳三を、国家葬に美化した思惑

まぐまぐニュース! / 2015年11月25日19時30分

大統領退任後に天寿を全うできたのは、いまのところ金大中と、国内外で人気がもっとも低かった金泳三くらいしかいません。金泳三は、退任後に台湾の李登輝総統に会いたいと申し込みましたが、きっぱりと断られました。 今回、朴槿恵政権は金泳三氏を国として最高レベルの国家葬にすることを決定しました。ちなみにこれまで国葬になったのは朴正熙、金大中の2人しかいません。盧武鉉 [全文を読む]

“日本肯定”は韓国最大のタブー…首相候補に集中砲火の理由を海外紙分析

NewSphere / 2014年06月13日18時15分

2009年には、南北関係を改善し、自由主義路線を促進したとして尊敬されている、金大中元首相と盧武鉉元首相を批判したコラムを執筆している。 文氏は12日、過去の発言について後悔の念を示したものの、意図が誤解されているとして、辞退はしないと述べた。 同氏によると、2011年の教会での発言は「宗教人として」、2009年のコラムは「フリーライターとして」のもので [全文を読む]

韓国軍のベトナム戦争での蛮行が米世論に糾弾される可能性も

NEWSポストセブン / 2014年05月05日07時00分

1998年ベトナムを訪問した金大中大統領(当時)が「不本意ながら、ベトナム国民には苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と謝罪した際、当時野党ハンナラ党副総裁だった朴槿恵氏は「金大中大統領の歴史認識を憂慮せざるをえない。参戦勇士の名誉を著しく傷つける」と非難した。 そうした経緯から、挺対協の告発が朴政権の了承を得た上での新戦略とは考えにくい。元慰安婦支援団体 [全文を読む]

リアル・マイケルジャクソン [Vol.62]_1999年_MJ&フレンズ序章編 ~おっかけOL3人組とマイケルの交流実話~

インフォシーク / 2013年11月15日17時30分

この計画には、ジミー・カーター元米大統領、金大中韓国大統領、ネルソン・マンデラ南アフリカ大統領など、そうそうたる各国の要人が関わっていた。当初、南北朝鮮問題の象徴とされる「板門店」でのコンサートが計画されていたが、紆余曲折の末、最終的にはソウル市内での開催となった。(もし板門店でのコンサートが実現していたら、大変な歴史的偉業であったのは間違いない!)マイケ [全文を読む]

韓国大統領候補・安哲秀氏 正義、和合など美しい言葉で人気

NEWSポストセブン / 2012年10月23日07時00分

韓国の現代政治史では1987年、野党陣営が金泳三、金大中の候補一本化ができず政権獲得に失敗している。与党陣営でも1997年、李会昌・李仁済の分裂で敗北した。与野党とも一本化しなければ負けるというわけだ。 しかし、一本化できなくても、たとえば1992年のように、野党陣営の金大中の当選が確実視されたため、与党陣営が危機感を抱き、金泳三・鄭周永に分散していた票 [全文を読む]

フォーカス