朴正煕のニュース

韓国人が選ぶ、国の発展に最も寄与した大統領は?=韓国ネット「生きていたらどんなに良かったか」「偶像化されているような気がする」

Record China / 2016年12月26日21時40分

2016年12月23日、韓国・イーデイリーによると、歴代大統領の国家発展への寄与度調査で、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領が朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領を抜いて1位となった。 韓国の世論調査機関リアルメーターが、歴代大統領の国家発展への貢献に対して、国民の認識を調査した結果、盧武鉉元大統領が国家の発展に最も大きく寄与したという回答が35.5%となり1位と [全文を読む]

韓国裁判所、朴大統領父親の“日本への忠誠血書”の捏造説を棄却=韓国ネット「やっぱり親日」「だからさっさと慰安婦問題を片付けようと…」

Record China / 2017年02月02日06時10分

2017年1月31日、韓国・ニューシスによると、韓国の最高裁判所が「朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領が日本に忠誠を誓って書いた血書は捏造(ねつぞう)されたもの」との主張を棄却する判決を下した。 韓国の民族問題研究所は31日、「カン・ヨンソク弁護士、チョン・ミホン元KBSアナウンサー、日刊ベスト(韓国の右派的インターネットコミュニティー)会員のカン氏を相手に [全文を読む]

朴槿恵大統領が躍起になる“歴史教科書国定化”真の狙いは「父親の名誉回復」!?

日刊サイゾー / 2015年10月17日15時00分

植民地近代化論が正当性を持てば、韓国の親日派にとって絶対的な免罪符になるため、李承晩や朴正煕らが再評価されることにつながる。つまるところ、朴槿恵大統領は歴史教科書を作り直すことで、「父親の名誉回復」を行おうとしているという指摘だ。 ちなみに、朴正煕政権が1974年に発行した国定教科書は、“朴正煕による、朴正煕のための教科書”などと呼ばれていた。その教科書で [全文を読む]

ソウルの中心に朴大統領父親の銅像を建てる?韓国ネットが大反発=「なぜよりによって今?」「慰安婦像を建てるべき」

Record China / 2016年11月04日16時00分

2016年11月3日、韓国・MBNによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が友人の民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏に大統領府の機密文書を渡していた問題が波紋を広げる中、ソウルの光化門広場に朴大統領の父親である朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の銅像を建てる計画が進められることが分かり、ネットユーザーらが強く反発している。 「朴正煕元大統領生誕100周 [全文を読む]

韓国の内紛は日本にとっても対岸の火事ではなくなってきた…

NEWSポストセブン / 2017年04月06日16時00分

その後、選挙で新政権が誕生したが、翌1961年には朴正煕氏率いる軍部勢力が、社会の無秩序と混乱を口実にクーデターを起こして政権を奪取した。「5.16クーデター」と呼ばれるもので、朴正煕氏は軍政を実施した後、正式に大統領の座に就いた。 朴正煕大統領はその後、16年間にもわたって権勢を振るうが、1979年に暗殺されたことで再び混乱が起きる。当時、大統領権限代 [全文を読む]

朴槿恵大統領と「女帝」と元夫 「青瓦台の三角関係」

NEWSポストセブン / 2016年11月08日07時00分

朴氏と崔順実(チェスンシル)氏(60)の“親友関係”の端緒は朴氏の父・朴正煕(パクチョンヒ)政権時代にさかのぼる。 最初に朴氏に取り入ったのは、崔氏の父で「韓国のラスプーチン」と呼ばれた宗教家の崔太敏(チェテミン)氏だった。 1974年に母の陸英修(朴正煕の妻。韓国は夫婦別姓)が暗殺されて悲嘆にくれる朴氏に、太敏氏は「陸女史が枕元に立ち、『娘に私の思いを [全文を読む]

韓国の慰安婦像反対派が「対抗像」の設置試みるも失敗、「韓国と日本は友達だ」のプラカードも奪われる=韓国ネットからは辛らつな声

Record China / 2017年04月22日18時00分

2017年4月21日、韓国・聯合ニュースなどによると、慰安婦像撤去を主張する団体が、釜山(プサン)東区(ドンク)日本総領事館前の慰安婦像の横に、李承晩(イ・スンマン)・朴正煕(パク・チョンヒ)両元大統領の胸像を設置しようとしたが、市民や区庁職員の反対で失敗に終わった。 釜山東区に住む男性(36)らによる団体「真実国民団体」の会員5人が21日午後3時頃、釜山 [全文を読む]

朴大統領がついに反撃に出る?45日ぶりに外出した先は…=韓国ネット「朴大統領はもう国民の心から消えた」「早く攻撃モードに切り替えて」

Record China / 2017年01月25日01時40分

45日ぶりの外出、朴正煕(パク・チョンヒ、朴大統領の父親)の墓参り、そして証拠写真…」で始まる文章を投稿した。同記者は続けて、「朴槿恵政権は命を懸けて政権をつかんだという。そのため、中には『血を見ずに奪われるわけにはいかない』と言う人もいる」と明らかにした。また、「先週末に朴槿恵支持者らの観光バスがソウル広場周辺を占領した。彼らは朴槿恵に反対する人は共産主 [全文を読む]

韓国、朴大統領のセックススキャンダル報道氾濫…税金でバイアグラ購入、官邸で密会

Business Journal / 2017年01月11日06時00分

70年代から右翼系キリスト教団体などを運営しつつ、朴正煕政権下(63~79年)で軍幹部らの人事や公共事業の口利きを行っていた。74年に朴正煕元大統領の夫人・陸英修氏が暗殺されると、その娘で当時22歳だった朴槿恵氏と接触。「お母さんが夢に出てきた」などと取り入って、精神的指導役となる。同時に大統領令嬢である朴槿恵氏との関係を最大限利用し、蓄財に勤しんだ。朴正 [全文を読む]

韓国デモ 「40年前から変われなかった」という怒りが爆発

NEWSポストセブン / 2016年12月08日07時00分

「韓国では40年前に朴大統領の父・朴正煕大統領が軍事独裁政権を率いていた頃から民主化闘争が始まり、激しい闘争を経て民主化を獲得したことで、近代国家になったと考えられてきた。 そのときから韓国は、家族的な情に政治が翻弄されやすい国民性と、政治から情を排除しなければならないという近代国家の建て前の狭間で苦しみ続けてきた。韓国のほとんどの歴代大統領が家族の問題 [全文を読む]

数え切れないほどの裏切りと絶望、韓国・朴槿恵大統領のこれまでを振り返る―中国メディア

Record China / 2016年11月04日05時40分

朴槿恵氏の父親である朴正煕(パク・チョンヒ)大統領(当時)は、中央情報部長だった金載圭氏の報告を受け、金氏に調査を命じた。だが最終的には朴槿恵氏の支持と証拠不足により、崔太敏氏が司法制裁を受けることはなかった。朴槿恵氏の介入により金載圭氏は朴正煕大統領の信頼を失った。晩餐会で、叱責された金氏は大統領を殺害した。「あまりに大きな衝撃を受けると、人は涙すら出な [全文を読む]

核武装論高まる韓国 すでに核兵器製造可能な技術力保有

NEWSポストセブン / 2016年01月17日16時00分

朴正煕・大統領時代の1970年頃から10年間、韓国は秘かに核開発を続けていました。最終的に、核の拡散を認めない米国の圧力で開発を断念しましたが、1982年頃にはすでにプルトニウム抽出技術を確立していたと見られています」 その後、朴正煕は暗殺され、韓国は核拡散防止条約(NPT)に加盟した。悲願だった核開発を断念せざるを得なかった朴正煕の苦渋の決断を側で見 [全文を読む]

韓国の教科書国定化強行に日本のネトウヨ層が大喜びしそうな理由

週プレNEWS / 2015年11月13日11時00分

「朴大統領は父である故朴正煕(パクチヨンヒ)大統領を美化したいのです」 えっ、どういうこと? 「今の検定制の歴史教科書は北朝鮮に対して融和的な記述が目立つなど、左傾化しすぎているという不満を朴槿恵大統領は抱いているのです。 そうした検定教科書のほとんどはまた、現大統領の父である故朴正煕大統領について、独裁的で反民主主義的だったと批判しています。娘の朴槿恵 [全文を読む]

「朴槿惠は気の狂った女!」「韓国は間違いだらけ」韓国教育現場で“歴史洗脳”授業が横行中!?

日刊サイゾー / 2015年09月13日16時00分

朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領などは、「共産主義者」「親日派」「卑怯者」「近代化を遅らせた張本人」など完全に悪者扱いで、2013年には韓国放送通信審議委員会から公正・客観性違反と名誉毀損を理由に厳しい懲戒も受けている動画だ。 歴史教師ならともかく、数学教師の意向でそんな問題のドキュメンタリーを見せられたという生徒は「内容にショックを受けたのはもちろんだけ [全文を読む]

朴槿恵氏 10代の頃『an-an』『non-no』愛読していたとの証言

NEWSポストセブン / 2015年07月10日07時00分

この年の8月に李明博(イ・ミョンバク)前大統領が竹島を訪れて以来、日本人の反韓気運が高まって、明らかに客足が減っていましたから」(韓国民団幹部) 朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の娘なら、きっと日本と上手くやってくれるだろう。当時、日韓両国でこうした期待が少なからず存在していた。 朴正煕氏といえば、1965年の日韓国交正常化の立役者だ。その際、日本から得た [全文を読む]

教科書の国定化で朴槿恵が陥る深刻なジレンマ

ニューズウィーク日本版 / 2014年09月12日12時52分

韓国では74年に当時の朴正煕(パク・チョンヒ)政権が導入して以降、長らく国定の歴史教科書が使われてきた。 しかし、歴史学会や国民から批判を受けて、リベラル系の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権が07年に廃止を決定。その後は検定制度が導入され、複数の民間企業が教科書を作成して学校側が選ぶ仕組みに変わった。 だが、保守派の李明博(イ・ミョンバク)前政権時代に国定教科書 [全文を読む]

朴正煕政権で投獄された文在寅大統領は朴一族の天敵

NEWSポストセブン / 2017年05月11日16時00分

名門・慶煕大学に進学後は、朴槿恵前大統領(65才)の父親である朴正煕政権に対する民主化闘争に明け暮れ、反政府デモを主導して逮捕・投獄されている。 「デモ中に催涙ガスを浴びて失神したこともあるほど、激しい権力闘争を繰り広げてきました。ちなみに失神した際に彼を看病した女性が、今の夫人です。卒業後は人権派弁護士として活動し、政治の師と仰ぐ盧武鉉政権では大統領秘 [全文を読む]

【韓国内乱】最後は逮捕で去っていく”朴槿恵大統領”とは何だったのか?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月08日12時00分

よく指摘されるが、父の朴正煕は大統領時代に日韓の国交を回復したことで、<親日派>と見られることが多い。ゆえに朴槿恵氏は支持を得るために必要以上に反日となった、と。 ……いい迷惑な話だ。また評価は分かれるが朴槿恵氏が任期中に締結した従軍慰安婦を巡る日韓合意が守られていない一因も、彼女の失権にある。反動からか、韓国の次期大統領候補は強硬な反日派ばかりというのも [全文を読む]

韓国、慰安婦問題解決の日韓合意を破棄か…韓国と中国、冷戦状態突入

Business Journal / 2017年03月23日06時00分

朴元大統領は、建国の父である朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の娘だ。歴代の大統領、その親族が財閥企業から不正資金を受領してきたなか、朴正煕元大統領はスキャンダルとは無縁の、清廉なリーダーだと見られてきた。父親の姿を娘に重ね合わせ、多くの有権者が「この人なら社会をよくしてくれる」と期待したはずだ。その期待が裏切られただけに、韓国社会における政治不信は強い。 [全文を読む]

あり得ないだろうが、可能性は否定できない?トランプ米大統領の弾劾と韓国・軍事クーデター

Record China / 2017年02月11日09時20分

韓国では1960年4月、李承晩政権が学生デモで倒され、政治混乱を招いた際、朴正煕少将(その後、大統領。朴槿恵大統領の父)らがクーデターを起こし、実権を掌握した。朴正煕大統領が79年に暗殺され、政治空白が生じた時は、全斗煥国軍保安司令官や盧泰愚第9師団長(2人とも大統領に就任)らが決起して戒厳令を敷き、「ソウルの春」(民主化)を押しつぶした。 その後、93 [全文を読む]

フォーカス