大塚勝久のニュース

<実況ツイート>大塚家具株主総会、娘の久美子社長「勝利」 株主から「ケンカ批判」

弁護士ドットコムニュース / 2015年03月27日13時19分

大塚勝久会長と大塚久美子社長の「父と娘のバトル」が大きな注目を集めたが、株主総会の結果は久美子社長の「勝利」となった。弁護士ドットコムニュースでは、ツイッターアカウントで株主総会の様子を実況中継した。その一部をまとめた。以下、弁護士ドットコムニュースのツイート(時系列順)●勝久氏「クーデターで社長の座を奪われた」【大塚家具】経営方針をめぐって、創業者の会長 [全文を読む]

決着目前の大塚家具父娘戦争、どちらの戦略が「正解」なのか?双方に危惧される課題とは

Business Journal / 2015年03月27日06時00分

大塚家具の創業者、大塚勝久会長とその娘、久美子社長がお互いの退任を求めるなど経営権をめぐる争いが続いていますが、その委任状争奪戦に決着がつく株主総会が27日に迫り、注目を集めています。しかし、この問題が「父・会長vs.娘・社長の大げんか」という視点で取り上げられていることを大変残念に思っています。なぜなら、経営を考える上で、これほど素晴らしい事例はないから [全文を読む]

【お家騒動】「大塚家具」だけじゃない有名企業の親子バトル

デイリーニュースオンライン / 2015年03月07日09時50分

2月、創業者の父・大塚勝久会長が娘の大塚久美子社長に対してダメ出しし、次の株主総会での社長復帰をアピール。久美子社長も真っ向から反論し、お互いが相手を「経営に不要な人材」と断じて、それぞれが新役員メンバーを提案する事態となった。背景には前述の会員制スタイルで伸ばしてきた売上が、2008年の700億円をピークに下降。2010年以降は550億円程度で移行して [全文を読む]

拡大する中古市場 経済にとってプラス?

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年05月31日06時00分

創業者の大塚勝久氏が会社を去り、娘の久美子氏が社長に就任した。久美子氏は低価格帯の家具にも間口を広げる新戦略を打ち出したものの、これがうまくいかず赤字に転落。起死回生策として打ち出したのが、中古家具の拡充である。 17年4月に旗艦店である「新宿ショールーム」に中古専門店を開店するとともに、中古マンション販売を手掛けるスター・マイカと提携し、高級中古家具付き [全文を読む]

大塚家具、ロッテ…… 骨肉の内紛はなぜ起こる?

経済界 / 2017年04月24日15時16分

父と娘が社長の椅子をめぐって熾烈な戦いを演じてきたことで大きな話題となった大塚家具は、大塚勝久氏が1969年3月、埼玉県の春日部市で創業し、急成長させた会社だ。 ところがリーマンショックがあった2008年以降、業績が急激に悪化。 長女の大塚久美子氏が社長に就任し、コスト削減など、減収が続く中で11年度にようやく黒字を計上することができた。しかし売り上げは [全文を読む]

大塚家具、久美子社長の「経営失敗」で過去最悪の赤字…「購入する客」激減、社長退任要求も

Business Journal / 2017年03月25日17時00分

一昨年の同社総会では大塚勝久会長(当時)とその実娘・大塚久美子社長が対決して、「親娘の経営権争い」として大いに世間の注目を浴びた。今回、足元の業績悪化を受けて、現経営陣への非難、糾弾的な株主総会となるという観測も一部にあったが、実際の総会では意外なほど久美子社長への支持が強かった。 以下、総会の実況中継的な報告である。●未曾有の業績悪化 10時に定刻開始 [全文を読む]

大塚家具の久美子社長が窮地 父の経営復帰を求める声も

NEWSポストセブン / 2017年03月21日07時00分

創業者の父・大塚勝久氏から経営権を奪取して以降、久美子社長は「おわび」を兼ねた大規模な安売りセールや、勝久氏時代の「会員制・高級家具」路線脱却を掲げ、中価格帯の品揃えを増やして誰でも気軽に入れる“カジュアル店”へと舵を切った。 また、不要な家具を下取りしてクリーニングや修理を施した後に販売する「リユース家具」事業にも力を入れてきた。 しかし、久美子社長に [全文を読む]

カリスマ投資家がカンブリア宮殿で語る「ブレイク企業」発掘の法則

まぐまぐニュース! / 2017年03月15日01時28分

藤野は、創業者である大塚勝久社長(当時)に魅せられ、投資を検討していたのだが、就任した青島幸男知事が、そのエリアで予定していた世界都市博を中止にしてしまう。 藤野の投資計画に誰もが異議を唱えた。開発がストップすれば、間違いなく台場はゴーストタウンになる。そんな場所のショールームに客なんて来るはずはない……。 藤野は迷い、開通したばかりのゆりかもめに乗って何 [全文を読む]

混迷続く大塚家具に考えられる3つのシナリオ

経済界 / 2017年02月20日10時00分

大塚家具の創業者である大塚勝久氏と、長女の久美子氏の対立が表面化したのは14年のこと。会員制で高級品を扱う勝彦氏のやり方と、もっと間口を広げ、入りやすく買いやすい店舗を目指した久美子氏の、経営方針をめぐる戦いだった。勝彦会長が久美子社長を解任したことで確執は表面化したが、その後久美子氏が社長に返り咲くなどの曲折を経て、15年3月の株主総会で勝久氏が取締役 [全文を読む]

大塚家具、経営苦境へ…深刻な客離れでブランド毀損、久美子社長の戦略迷走か

Business Journal / 2017年02月10日06時00分

2015年に大塚家具の創業者で当時会長だった大塚勝久氏と、その長女で二代目社長である久美子氏との間で経営方針をめぐる対立が起こり、世間を騒がしたことは記憶に新しい。 最終的に久美子氏が経営権を勝ち取り、勝久氏を大塚家具から追い出したかたちで決着したが、以降の業績はかんばしくはない。大塚家具が発表した2016年1~9月期の単独決算によると、最終損失は40億円 [全文を読む]

フォーカス