林真理子のニュース

林真理子が介護問題を語り、若者へ”お説教”!「誰にでも来る老後だから…」その内容は?

PR TIMES / 2017年04月20日12時40分

『未来授業』 4月24日(月)~27日(木)19:52~20:00放送 『未来授業SUNDAY CLASS』 4月30日(日)5:30~6:00放送 ※総集編 日本が世界に誇る「知のフロントランナー」を講師に迎えて、未来を生き抜く智恵を探るプログラム「未来授業」では、4月24日(月)~27日(木)、30日(日)の放送回に作家の林真理子を迎えます。自身初の介 [全文を読む]

10月28日 林真理子『賢女の極意』イビチャ・オシム『オシム語録』 セブンイレブンの電子書店“セブンネット”で独占先行配信決定!

@Press / 2016年10月28日09時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は10月28日、作家・林真理子さんの金言集『賢女の極意』、元サッカー日本代表監督イビチャ・オシム氏による『オシム語録』の電子書籍版を発売いたします(紙版も同時発売)。二冊とも、セブンネットのみの独占先行配信となります(他電子書店発売は11月下旬予定)。 週刊文春で人気を誇る林真理子さんのエ [全文を読む]

『週刊文春』連載コラムが物議を醸した「お母さん、お願い」も全文収録! 炎上を恐れない林真理子のスタンスとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月21日11時20分

林真理子という作家は不思議な作家だ。言うまでもなく、直木賞をはじめ数々の文学賞の受賞経験があり、さらに、それら文学賞の審査員まで務めている偉い作家の先生である。にもかかわらず、彼女のエッセイを読むと、あまりにも我々一般の読者と変わらない立ち位置で書かれていて、読んでいてとても親近感をいだいてしまうのだ。 尽きないミーハー精神で、世の中に起こったさまざまな出 [全文を読む]

百田尚樹守るの当然!『殉愛』問題で「WiLL」花田編集長が林真理子批判

リテラ / 2014年12月16日12時00分

そう考えると、「週刊文春」(12月11日号/文藝春秋)連載で林真理子氏が週刊誌のことを「ジャーナリズムなんて名乗らない方がいい」「誰が朝日新聞のことを叩けるのであろうか」と痛烈に批判した"まっとうさ"が際だつばかりだ。 ところが、そんな林氏のコラムにいちゃもんを付ける出版人が登場した。元「週刊文春」の名物編集長で、今は百田センセイが頻繁に登場する極右雑誌「 [全文を読む]

絶好調『花子とアン』主演・吉高を“喰ってる”仲間由紀恵 存在感の裏に、脚本家と林真理子の友情があった!?

日刊サイゾー / 2014年05月14日09時00分

第5・6週は蓮子がほぼヒロイン状態になるという異例の扱いで、白蓮の生涯を林真理子が小説にした『白蓮れんれん』(集英社文庫)は現在、品切れの書店が続出する事態になっている。 だが、ドラマの原案である『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』(新潮文庫)では、白蓮との友情は描かれてはいるものの、これほど2人の関係はクローズアップされてはいない。むしろ、脚本を担当する中 [全文を読む]

“聖子本でステマ”も! 林真理子の『野心のすすめ』がすごい!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月02日07時20分

4月に発売され、20万部を発行するほどのベストセラーとなっている作家・林真理子初の新書『野心のすすめ』(講談社)。「有名になりたい」「作家になりたい」「結婚したい」「子どもが欲しい」というあらゆる願望を叶えてきた林が、昨今“野心が足りない”と揶揄される若者たちへ「“高望み”で人生は変わる」と訴える人生論だ。 関連情報を含む記事はこちら いじめられた中学時代 [全文を読む]

林真理子「家計にも夫の不倫にも悩まない専業主婦は万に一つ」

NEWSポストセブン / 2013年06月01日16時00分

<自分がみすぼらしい中高年になるとは想像もできない若い人たちが多すぎるのではないでしょうか> 林真理子さん(59才)初となる人生論『野心のすすめ』(講談社現代新書)にある一節だ。 本の中で林さんは、それは若い人たちが“野心を抱かなくなったから”だと見る。常に高みを目指し、今ある自分より少しでも上に行こうと思うこと、そして将来の夢の実現を目指して、努力し続け [全文を読む]

林真理子が「介護」という大問題に挑む 最新刊『我らがパラダイス』3月17日(金)発売

@Press / 2017年03月15日10時30分

毎日新聞出版株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒川昭良、以下 毎日新聞出版)は、林真理子の最新刊『我らがパラダイス』を2017年3月17日(金)に発売します。書籍紹介ページhttp://mainichibooks.com/books/novel-critic/post-393.html■ポイント1.ドラマ化された話題作『下流の宴』以来、7年ぶ [全文を読む]

林真理子と中園ミホが猛プッシュ?鈴木亮平「西郷どん」主演決定の裏事情

アサジョ / 2016年11月10日09時59分

そこで、同作の原作者である林真理子さんと脚本を担当する中園ミホさんが猛プッシュしたのが鈴木さんだった。林さんと中園さんは鈴木さんのファンを公言しています。代案を提示できなかったNHKサイドは、2人の意見を採用するしかなかったんです」 思わぬ形で大役を射止めた鈴木だが、2人の女性の期待に応えることができるのか。関連記事:鈴木亮平の「大河主役」を決定づけた!? [全文を読む]

何でこんな男にハマっちゃったの? 『源氏物語』が林真理子の新解釈でよみがえる!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月20日11時00分

『源氏物語』が記録に現れてから千年を迎えた2008年、林真理子が同作を独特の視点と語りで再構成した新作を世に送り出した。「顔も知らない相手になぜ夢中になれたのか」「どうしてレイプまがいのことが許されたのか」「コトに及ぶ時に女房たちが側にいても平気だったのか…」。そんな、きっと多くの読者が考えながら踏み込まずにきた疑問に、著者はとことん向き合って原文解釈を試 [全文を読む]

フォーカス