林真理子のニュース

2018年大河ドラマ「西郷どん!」に期待の声続々!「女2人の視点で描く西郷どんはどんな風になるんだろう!?」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月17日15時00分

林真理子が西郷隆盛の生涯を描いた『西郷(せご)どん!』が、2018年1月からNHK大河ドラマとして放送されることが決定した。人気ドラマを多数手がける中園ミホが脚本を手掛けることも明らかになり、「わーーー! 西郷どんドラマ化!? しかも脚本中園ミホ!? 今からすごい楽しみっ」「西郷どん、今凄いハマってるからニュース聞いたとき鳥肌立った…嬉しい!!」と期待の声 [全文を読む]

立川談志師匠に学ぶ教え方のエッセンスとは――Web・IT人材育成にひそむ3つの思いこみ

CodeZine / 2016年04月19日16時00分

IT/Web業界の人材育成に携わる林真理子さんのトークでは、若手育成を阻む気持ちに対して三つのポイントから切り込みました。本稿ではそのトーク内容をご紹介します。 イマジカデジタルスケープ 林真理子さん 発表資料:今どきの若手育成にひそむ3つの思いこみ ■40歳は「もう問題提起している年齢じゃないな」 私の名前は林真理子と言いまして、作家の林真理子さんと同姓 [全文を読む]

成功する者はみんな「ハッタリ」を言う。有名起業家に学ぶ知恵と戦略

まぐまぐニュース! / 2015年11月19日04時00分

次ページ>>理想のマネージャー像は「能力」があり「野心」がないこと 「起業」の知恵 作家の林真理子さんには「野心のすすめ」という本があります。野心とは「分を越える(ように見える)大きな望み・たくらみ」とあり、林真理子さんは最初コピーライターとして名を成しましたが、さらに野心を持ったがため夢である「直木賞」を受賞するに至りました。屈辱感をバネにした野心でチ [全文を読む]

女子サッカー選手 澤 穂希さんのオリジナルエッセイのホームページ掲載開始について~第一話は「良性発作性頭位めまい症」から復帰するまでの想いを告白~

PR TIMES / 2012年06月21日15時16分

これまでに作家の林真理子さんやジャズ シンガーの綾戸智恵さんなど著名な方のエッセイを掲載しており、5万名を超える多くの お客様にご登録いただくなど、ご好評いただいております。 ○「NISSAY eBook Library ClubStar’s」掲載中のコンテンツ ・澤穂希さん「夢はみるものではなく、かなえるもの」【新設】 澤穂希さんによる「サッカー」や「 [全文を読む]

女子サッカー選手 澤穂希さんのオリジナルエッセイのホームページ掲載開始について

@Press / 2012年06月21日14時00分

これまでに作家の林真理子さんやジャズシンガーの綾戸智恵さんなど著名な方のエッセイを掲載しており、5万名を超える多くのお客様にご登録いただくなど、ご好評いただいております。 ○「NISSAY eBook Library ClubStar's」掲載中のコンテンツ ・澤穂希さん「夢はみるものではなく、かなえるもの」【新設】 澤穂希さんによる「サッカー」や「夢」を [全文を読む]

女の葛藤は30年経っても変わらない これぞ80年代読本!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月01日12時20分

『「結婚」まで よりぬき80s』(林真理子/文藝春秋)の読後感の、この微妙な淡い気持ちはなんでしょう?!林真理子という作家に改めて感嘆した、ということなのかもしれません。 【画像あり】『「結婚」まで よりぬき80s』中面をチェック 本書は80年代まさにバブル真っ盛り時期に、著者が雑誌に連載した「今夜も思い出し笑い」「愛すればこそ」「言わなきゃいいのに…」な [全文を読む]

絶好調『花子とアン』主演・吉高を“喰ってる”仲間由紀恵 存在感の裏に、脚本家と林真理子の友情があった!?

日刊サイゾー / 2014年05月14日09時00分

第5・6週は蓮子がほぼヒロイン状態になるという異例の扱いで、白蓮の生涯を林真理子が小説にした『白蓮れんれん』(集英社文庫)は現在、品切れの書店が続出する事態になっている。 だが、ドラマの原案である『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』(新潮文庫)では、白蓮との友情は描かれてはいるものの、これほど2人の関係はクローズアップされてはいない。むしろ、脚本を担当する中 [全文を読む]

男子に聞いた「彼女が通っていると自慢できる女子大」ベスト3【首都圏編】

Menjoy / 2013年12月12日08時00分

以上、“彼女が通っていたら自慢できる女子大【首都圏編】”ランキング、いかがでしたか? 林真理子さんの『下流の宴』という小説の中に、“トッピング女”と言う言葉が出てきます。地方出身だったり、公立の学校に通っていた庶民の女性が、大学だけ”男受け”のする、東京の名門女子大に通うことを揶揄するワードですが、そんな言葉ができてしまうほど、お嬢様系女子大は、ブランド [全文を読む]

“聖子本でステマ”も! 林真理子の『野心のすすめ』がすごい!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月02日07時20分

4月に発売され、20万部を発行するほどのベストセラーとなっている作家・林真理子初の新書『野心のすすめ』(講談社)。「有名になりたい」「作家になりたい」「結婚したい」「子どもが欲しい」というあらゆる願望を叶えてきた林が、昨今“野心が足りない”と揶揄される若者たちへ「“高望み”で人生は変わる」と訴える人生論だ。 関連情報を含む記事はこちら いじめられた中学時代 [全文を読む]

林真理子が介護問題を語り、若者へ”お説教”!「誰にでも来る老後だから…」その内容は?

PR TIMES / 2017年04月20日12時40分

『未来授業』 4月24日(月)~27日(木)19:52~20:00放送 『未来授業SUNDAY CLASS』 4月30日(日)5:30~6:00放送 ※総集編 日本が世界に誇る「知のフロントランナー」を講師に迎えて、未来を生き抜く智恵を探るプログラム「未来授業」では、4月24日(月)~27日(木)、30日(日)の放送回に作家の林真理子を迎えます。自身初の介 [全文を読む]

林真理子が「介護」という大問題に挑む 最新刊『我らがパラダイス』3月17日(金)発売

@Press / 2017年03月15日10時30分

毎日新聞出版株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒川昭良、以下 毎日新聞出版)は、林真理子の最新刊『我らがパラダイス』を2017年3月17日(金)に発売します。書籍紹介ページhttp://mainichibooks.com/books/novel-critic/post-393.html■ポイント1.ドラマ化された話題作『下流の宴』以来、7年ぶ [全文を読む]

毎日新聞社×小田急電鉄 共同企画!林真理子氏 講演会を4月21日(金)に開催

PR TIMES / 2017年03月01日09時38分

7 申込締切 2017年4月13日(木) 8 お問合せ 小田急まなたび受付ダイヤル ☎0570-550-698「ダイヤル2」 (土日祝を除く 9:00~18:00) ※ 『小田急まなたび』とは、OPクレジットカード会員さまを対象に、大人のための「学び」と「旅」をお届けする小田急電鉄のオリジナル企画です 企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

【週刊朝日が創刊95周年!】今年95歳になる瀬戸内寂聴さんとコラボ。

PR TIMES / 2017年02月21日19時19分

今年95歳になる瀬戸内寂聴さんを表紙にいただき、林真理子さんとも対談も実現。週刊朝日の特報で現代史を学び直す特集や95年間の流行語辞典など特別企画が盛りだくさんです。 日本に現存する総合週刊誌の中で最も長い歴史と伝統をもつ「週刊朝日」が創刊95周年を迎えました。3月3日号(通巻5423号)が、記念特別号として賑々しく発売中です。今年95歳になる瀬戸内寂聴さ [全文を読む]

泉ピン子がなぜ五輪聖火リレー検討委員に?“仲良し“森喜朗がゴリ押し、森のパーティで小池百合子と対決宣言も

リテラ / 2017年02月02日11時28分

「東京五輪聖火リレー検討委に泉ピン子さん」 日刊スポーツの記事によれば、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会でおこなわれる聖火リレーのルート選定の基本方針をまとめる「聖火リレー検討委員会」のメンバーに、泉ピン子や林真理子が起用されることが決まった、というのだ。 泉ピン子にしても林真理子にしても、スポーツのイメージは皆無に等しく、せいぜい"リ [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

秋元康サンや林真理子サンなど、見城サンの幅広い人脈から呼ばれるゲストが、下手な地上波の番組より豪華(笑)。6位(1票)■『フリースタイルダンジョン』(AbemaTV)「ヒップホップの“ドープ”な世界を身近なものにした。」あの人気の深夜番組が、いつの間にかAbemaTVでも見られるようになっていたとは、僕も知りませんでした。なんとウィークデイに、1日2回の再 [全文を読む]

頭から尻尾までまるごと味わえる「本場四川のエビチリソース」

ぐるなび / 2016年12月26日16時10分

12月23日放送の「ぴったんこカン・カンスペシャル」(TBS系、午後19時56分~)では、林真理子さんと美女達が行く東京のグルメを特集した中で、TBSアナウンサーの安住紳一郎さん、林真理子さん、中井美穂さん、中園ミホさんが「飄香・麻布十番本店」(東京都港区)を訪れた。 地下鉄・麻布十番駅から徒歩2分ほどにある同店は、四川料理が味わえる中華料理店だ。番組では [全文を読む]

栗山千明主演「不機嫌な果実」、続編の新キャスト発表に反響

モデルプレス / 2016年12月03日05時30分

林真理子作品への出演に喜んだMEGUMIは、「女性は笑いながら、男性はドキドキしながらご覧下さい」とアピールした。 ◆ファンの反応は? SP放送のキャストが発表されると、 「山本くんのイケメン農業男子、楽しみすぎる」 「MEGUMIさんの役気になるぅ~」 「奈央ちゃんが小悪魔なんて…見るしかない」 と期待が寄せられている。(modelpress編集部) [全文を読む]

栗山千明主演「不機嫌な果実」SP、山本裕典ら新キャスト発表 泥沼不倫をかき乱す

モデルプレス / 2016年12月02日08時00分

林真理子作品への出演に喜んだMEGUMIは、「女性は笑いながら、男性はドキドキしながらご覧下さい」とアピールした。(modelpress編集部) ■スペシャルドラマ「不機嫌な果実」あらすじ 燃えるような禁断の愛を育んだ音楽評論家・工藤通彦(市原隼人)と再婚して3年。工藤麻也子(栗山千明)は派遣社員として働きながら、収入の少ない夫を支えていた。ところが、通 [全文を読む]

能年玲奈の前所属事務所が「ブラック企業大賞はジャニーズ」とツイートし炎上! 一方、能年は林真理子に本音を

リテラ / 2016年11月23日20時00分

能年玲奈改めのんが主演声優を務めた映画『この世界の片隅に』が高い評判を呼んでいるが、その一方で、その能年の前の所属事務所で、独立した能年にさんざん嫌がらせをしてきたレプロエンタテインメントがツイッターを通じて炎上騒動を起こした。 といっても、能年がらみではない。同社は「レプロ採用担当」という、主にレプロに入社を希望する志望者へ向けて情報発信をするツイッター [全文を読む]

林真理子と中園ミホが猛プッシュ?鈴木亮平「西郷どん」主演決定の裏事情

アサジョ / 2016年11月10日09時59分

そこで、同作の原作者である林真理子さんと脚本を担当する中園ミホさんが猛プッシュしたのが鈴木さんだった。林さんと中園さんは鈴木さんのファンを公言しています。代案を提示できなかったNHKサイドは、2人の意見を採用するしかなかったんです」 思わぬ形で大役を射止めた鈴木だが、2人の女性の期待に応えることができるのか。関連記事:鈴木亮平の「大河主役」を決定づけた!? [全文を読む]

フォーカス