木村隆志のニュース

仕事のグチをこぼす相手すらいない40代男性は珍しくない

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月25日16時06分

30~40代の独身男性から悩み相談を受けてきた人間関係コンサルタントの木村隆志氏が勧める、会社での孤独を解消する方法とは?> 未婚・晩婚は、日本社会を物語るキーワードとなった。結婚するか否かは個々人の選択であるにもかかわらず、日本の人口減少とも関わることから、社会問題と化している。高い生涯未婚率がニュースとなり、いまや自治体が婚活を支援する時代だ。 これま [全文を読む]

独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間違い

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月24日08時45分

30~40代の独身男性から悩み相談を受けてきた人間関係コンサルタントの木村隆志氏によれば、結婚したいなら「普通の人がいい」などと言わず、短所のどれかを引き受けることだ> 未婚・晩婚は、日本社会を物語るキーワードとなった。結婚するか否かは個々人の選択であるにもかかわらず、日本の人口減少とも関わることから、社会問題と化している。高い生涯未婚率がニュースとなり、 [全文を読む]

SNS炎上、アイドル熱愛発覚、ペットロス......生きがいを失う男たち

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月23日11時33分

30~40代の独身男性から悩み相談を受けてきた人間関係コンサルタントの木村隆志氏によれば、趣味を持つのはよいが、突然趣味を失って過大なショックを受けないよう"分散化"が必要だという> 未婚・晩婚は、日本社会を物語るキーワードとなった。結婚するか否かは個々人の選択であるにもかかわらず、日本の人口減少とも関わることから、社会問題と化している。高い生涯未婚率がニ [全文を読む]

40代独身男性はスーツをどのように着ればダサくないか

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月22日17時38分

30~40代の独身男性から悩み相談を受けてきた人間関係コンサルタントの木村隆志氏によれば、鉄板だったはずのスーツ姿ですら、オッサン姿の象徴として見られる危険性が出てくる> 未婚・晩婚は、日本社会を物語るキーワードとなった。結婚するか否かは個々人の選択であるにもかかわらず、日本の人口減少とも関わることから、社会問題と化している。高い生涯未婚率がニュースとなり [全文を読む]

40代未婚、不意に夢や子どもをあきらめる瞬間が訪れたら?

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月21日16時00分

30~40代の独身男性から悩み相談を受けてきた人間関係コンサルタントの木村隆志氏は、残り40年を充実した人生にするために、夢や希望を言いふらすべきだと言う> 未婚・晩婚は、日本社会を物語るキーワードとなった。結婚するか否かは個々人の選択であるにもかかわらず、日本の人口減少とも関わることから、社会問題と化している。高い生涯未婚率がニュースとなり、いまや自治体 [全文を読む]

春ドラマ ホントの評判をドラマ解説者&視聴者の声で分析!「ボク、運命の人です。」編

Smartザテレビジョン / 2017年05月01日13時33分

ついにスタートした春ドラマ! 異色の推理ドラマ、正統派ラブコメディー、本格派アクションなど、話題作の盛り上がりどころをドラマ解説者・木村隆志、ドラマ評論家・田幸和歌子、視聴者の声(TwitterなどのSNSや編集部独自調査から集計)のナマ声からリサーチ!息の合った亀梨&山下の突き抜けた演技が話題の「ボク、運命の人です。」(毎週土曜夜10.00-10.54、 [全文を読む]

春ドラマ ホントの評判をドラマ解説者&視聴者の声で分析!「CRISIS―」編

Smartザテレビジョン / 2017年05月01日09時00分

ついにスタートした春ドラマ! 異色の推理ドラマ、正統派ラブコメディー、本格派アクションなど、話題作の盛り上がりどころをドラマ解説者・木村隆志、ドラマ評論家・田幸和歌子、視聴者の声(TwitterなどのSNSや編集部独自調査から集計)のナマ声からリサーチ!空前絶後のアクションが満載の「CRISIS―」(毎週火曜夜9.00-9.54、フジ系で放送)を分析■ 「 [全文を読む]

春ドラマ ホントの評判をドラマ解説者&視聴者の声で分析!「貴族探偵」編

Smartザテレビジョン / 2017年05月01日09時00分

ついにスタートした春ドラマ! 異色の推理ドラマ、正統派ラブコメディー、本格派アクションなど、話題作の盛り上がりどころをドラマ解説者・木村隆志、ドラマ評論家・田幸和歌子、視聴者の声(TwitterなどのSNSや編集部独自調査から集計)のナマ声からリサーチ!豪華出演者陣の卓越した会話劇が最大の魅力の「貴族探偵」(毎週月曜夜9.00-9.54、フジ系で放送)を分 [全文を読む]

ボランティア、お稽古……40代からの「友達づくり入門」

プレジデントオンライン / 2017年01月09日11時15分

そんな不安を抱き、5年間で500人の友達をつくった経験のあるコラムニスト・木村隆志さんに、40代から友達をつくるコツを聞いてみた。 「最初に取り組みたいのは、デジタルツールのリストに頼らず、思いつくまま友達の名前を書き出すこと。友達数の現在地点を把握することで、少なければモチベーションが上がります」 日常の姿勢としては、友達を探している情報をオープンにする [全文を読む]

深夜ドラマ『死幣』 毎週1人若手主演俳優が殺される異色作

NEWSポストセブン / 2016年07月30日07時00分

テレビ解説者の木村隆志さんが見どころについて解説する。 * * * 主演がSKE48の松井珠理奈さんで、ジャンルはホラーだけに、「アイドルを怖がらせるだけのよくあるドラマじゃないの?」と思った人もいるかもしれませんが、フタを開けてみたら斬新なコンセプトの意欲作でした。 主なあらすじは、「お金が欲しくてたまらない人のもとに突然届けられる呪いのお金=死弊。福沢 [全文を読む]

なぜあの人は常にウザいのか?「俺・私」前面、しつこくバーッと話して避けられる…

Business Journal / 2016年02月25日06時00分

無言もしくは一言で「感じの良い人だ」と思わせるノウハウを紹介した『話しかけなくていい!会話術』(CCCメディアハウス)の著者で、多くの芸能人のインタビューを手がける木村隆志氏に、「感じの良さ」の極意を聞いた。●“会話の精神年齢”が下がっている人たち--今の若い世代はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でコミュニケーションを取る機会が多いので、 [全文を読む]

ナオミとカナコ 90年代アイドル広末&内田を起用の意味とは

NEWSポストセブン / 2016年02月08日16時00分

2人の起用には実は大きな意味があると、テレビ解説者の木村隆志さんは指摘する。以下、木村さんの解説だ。 * * * 90年代は現在のようなグループアイドルではなく、女優がアイドルシーンをけん引していました。まず90年代序盤にブレイクしたのは、宮沢りえさん、観月ありささん、牧瀬里穂さんの“3M”。「アイドル女優としてドラマ主演しつつ主題歌を歌う」という形を定着 [全文を読む]

『あさが来た』友近 芸人として培った観察眼が演技に直結

NEWSポストセブン / 2016年01月17日07時00分

友近の演技力についてテレビ解説者の木村隆志さんが分析する。 * * * このところ朝ドラでは、女性芸人の出演が定番化していましたが、友近さんは別格。うめが務める今井家の升毅さんと寺島しのぶさん、加野屋の近藤正臣さんと風吹ジュンさんなどの実力派俳優がそろう中、演技面で浮いてしまうことはありません。今や「脇役の1人」というより、「ヒロイン・あさとの名コンビ」と [全文を読む]

2016年注目の若手女優 杉咲花、川栄李奈らの演技に期待集まる

NEWSポストセブン / 2016年01月02日07時00分

朝ドラ出演女優から逸材アイドルまで、テレビ解説者の木村隆志さんが女優として活躍が期待される4人をピックアップ。彼女たちの魅力や演技力について解説する。 * * * 主演女優だけでなく、助演女優もブレイクするなど、今や芸能界最大の女優登竜門は朝ドラ。春から放送される『とと姉ちゃん』(NHK)のヒロインは高畑充希さんですが、彼女はすでに実績十分だけに、姉妹役や [全文を読む]

若き名匠の深夜ドラマに絶賛の声 テレビ解説者が魅力を語る

NEWSポストセブン / 2015年11月22日07時00分

毎クール、すべてのドラマをチェックしているテレビ解説者の木村隆志さんは「今期No.1の傑作」と絶賛する。その魅力について木村さんが解説する。 * * * 私自身、さまざまな媒体で今期の最注目作に挙げていましたが、ドラマのレビューサイトやTwitterなどでも絶賛の声が相次いでいます。当作は、両親を早くに亡くした主人公・太郎が、祖母の駄菓子屋『さくらや』を守 [全文を読む]

『HERO』 久利生公平が通販好きという設定は木村拓哉考案

NEWSポストセブン / 2014年08月11日07時00分

この『HERO』の魅力について、テレビ・ドラマ評論家の木村隆志氏はこう解説する。 「『HERO』が新しいのは、月9の主人公に検事を持ってきたところ。しかも、検事が絶対に着なそうな服装で捜査をしたり、通販オタクだったりという“真逆の設定”が面白かった。そして前作ではダウンジャケット、今作ではポロシャツやTシャツに変化した久利生のファッションを見て楽しむ面白 [全文を読む]

ブレイクもTV出演増えぬ乃木坂46 優等生キャラ故のジレンマ

NEWSポストセブン / 2017年06月11日07時00分

コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 乃木坂46の勢いが止まりません。現在、アイドル誌はもちろん、エンタメ総合誌、テレビ誌、漫画誌など雑誌業界のメインとなり、AKB48グループやジャニーズなどをサブに回すこともあるほどの人気です。 CMでも『バイトル』『明治ロカボーノ』『はるやま』『マウスコンピューター』などに出演。さらに6月1 [全文を読む]

『イッテQ!』越えも! 大反響の深夜バラエティ『陸海空』で芸人より面白い“ナスD”って何者?

週プレNEWS / 2017年06月08日06時00分

テレビ解説者の木村隆志氏もこう絶賛する。 「視聴者目線で制作された旅番組です。変に笑いを取りにいかず、旅が本来持つ知的好奇心をくすぐる点に好感が持てます。今は深夜枠の実験的な番組にすぎませんが、この人気ぶりだと、1年後にゴールデンタイムに昇格してもおかしくありません」 この『陸海空』の人気を支えているのが、「芸人より面白い」と評判の番組スタッフ、“ナスD [全文を読む]

バラエティー、ドラマも 新日レスラーがTVを席巻中の背景

NEWSポストセブン / 2017年06月04日07時00分

そのワケとは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * このところ新日本プロレス所属のプロレスラーがさまざまなジャンルの番組に出演しています。 今春スタートのバラエティー『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系)には、棚橋弘至選手、矢野通選手、タイガーマスク選手、永田裕志選手、田口隆祐選手らが出演。特定のプロレス団 [全文を読む]

シーズン2も話題の「ドキュメンタル」。バラエティは自由度の高いネット配信が主流に?

週プレNEWS / 2017年06月02日06時00分

地上波テレビでもバラエティは楽しめるが、いったい『ドキュメンタル』の何が視聴者の心をとらえたのか? 「地上波では考えられない“自由さ”“予定調和のなさ”“マニアックさ”が受けた」 と語るのはテレビ解説者の木村隆志氏だ。 「松本人志さんが企画したこの番組の売りは“演出なし”“編集なし”の撮りっぱなし番組です。台本がなく、笑いを足したり、すべったネタをカット [全文を読む]

フォーカス