豊臣秀頼のニュース

【エンタがビタミン♪】中川大志が“真田丸ロス” 堺雅人や竹内結子と別れを惜しみ「父上の陣羽織をこっそり」

TechinsightJapan / 2016年12月21日11時25分

本作で豊臣秀頼役を務めた中川大志も、演者のみならずファンとして「真田丸ロス」を訴えている。彼はブログでその思いを明かすと、クランクアップで真田幸村役の堺雅人と並ぶ姿などを公開して撮影を振り返った。 小日向文世の熱演が話題となった豊臣秀吉と竹内結子演じる側室・茶々(淀殿)の第2子として生まれた豊臣秀頼(幼名・拾)役を務めたのが中川大志である。最終回を見た彼は [全文を読む]

「真田丸」中川大志が秀頼の伝説が残る鹿児島へ!

Smartザテレビジョン / 2016年10月29日22時43分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で豊臣秀頼を演じている中川大志が、秀頼が落ち延びたという伝説のある鹿児島を訪れた。 豊臣宗家が滅びた大坂夏の陣以降、主に畿内では「花のようなる秀頼様を、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり、加護島(鹿児島)へ」と俗謡が広まった。 大坂方に肩入れする人々が願いを込めたものだが、「真田丸」に熱中するファンの間でも“今作 [全文を読む]

菅原道真公を祀る学問の神!5分で知る北野天満宮の見どころ

Walkerplus / 2016年09月23日14時14分

菅原道真公を祀る本殿は、1607(慶長12)年に豊臣秀頼公が造営したもので国宝に指定され、その八棟造と称される桃山建築はまさに絢爛豪華。また、毎月25日は縁日で境内がにぎわうほか、宝物殿も特別公開される。 ■ 文化財 <御社殿(国宝)>本殿、石の間、拝殿、楽の間で合わせて社殿として国宝に。 <東門(重要文化財)>豊臣秀頼が1607(慶長12)年に造営。 < [全文を読む]

ネタバレ注意!歯は抜け落ち、白髪だらけ…NHK大河ドラマ『真田丸』の今後の展開は?

tocana / 2016年02月11日19時00分

48歳、流刑されてから14年後、豊臣秀頼の密命を受け長男とともに九度山を脱獄。大阪城に入城(豊臣秀頼vs徳川家康、始まる)。大阪冬の陣、48歳(真田丸を築く)。大坂夏の陣、49歳(敗戦し戦死)。…ざっとこんな感じである。 現在、大河ドラマ『真田丸』で信繁を演じている堺雅人は15、6歳。兄役の大泉洋はひとつ上。父役の草刈正雄は35、6歳の設定となるようだ。 [全文を読む]

新感覚操作型タワーディフェンスゲーム『戦国ディフェンス』アップデートを実施!【第二章】江戸時代20ステージを追加【トランスコスモス株式会社】

DreamNews / 2015年04月10日14時30分

豊臣秀頼、徳川秀忠、徳川光秀の3武将が新たなボスとして登場します。手ごわい相手が待ち受ける江戸ステージ、ぜひお楽しみください。 ----------アップデート内容----------・【第二章】 江戸時代20ステージを追加。 全120ステージにボリュームアップ・【新ボス】 豊臣秀頼、徳川秀忠、徳川光秀の3武将※必ず良好な通信環境でアップデートしてください [全文を読む]

イメージキャラクターに若手実力派俳優・中川大志さんを起用

PR TIMES / 2017年05月17日10時00分

昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』の豊臣秀頼役での凛々しい演技が大きな話題となっている現在最注目の若手実力派俳優。 映画 「RelLIFE リライフ」 W主演(2017年4月公開) 映画 「きょうのキラ君」 主演 (2017年2月公開)企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

漆黒の豊臣天守が目の前に出現…そして炎上!超リアルなARアプリ、リリース開始

@Press / 2017年05月10日11時00分

豊臣秀頼、真田信繁(幸村)、徳川家康、伊達政宗が大阪城にARで出現!一緒に記念撮影ができます。 ●夏の陣に臨む秀頼・信繁(幸村)・家康・政宗の心情をボイスで楽しめます。 また、4武将のまさかの史実・伝説を箇条書きでシンプルに紹介。 これらは現地に行かなくても楽しめます。 ●自分の目の前に大坂城豊臣天守が実物大でARで出現!(全国どこででも屋外で楽しめま [全文を読む]

知念侑李がジャズピアノに挑戦! 実写版「坂道のアポロン」で主演決定

Smartザテレビジョン / 2017年04月28日05時00分

中川といえば、子役から着実にキャリアを積み重ねながら甘いルックスで10代の間で大ブレーク、大河ドラマ「真田丸」(2016年、NHK総合)の豊臣秀頼役で幅広い年齢層へと認知を高め、映画「四月は君の嘘」や「きょうのキラ君」など話題作へ出演し、現在は主演映画「ReLIFE」が公開中だ。 [全文を読む]

【書評】秀頼に徳川主導を認めさせながらの豊臣との共存共栄

NEWSポストセブン / 2017年04月19日16時00分

徳川家康は、豊臣秀頼との二重公儀体制を受け入れる用意があった。著者は、西国における豊臣家の存在を認めた上で、別個に新たな政治体制を設けたと主張する。加藤清正、福島正則、浅野幸長といった豊臣恩顧の武将たちは、関ヶ原合戦の時には家康の軍事指揮権に従ったが、秀頼への忠誠を保持したまま家康の統率を受け入れたにすぎない。 関ヶ原での大野戦の主役は、福島はじめ外様の [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

“注目の若手イケメン”から成長 「秀頼」役で幅広い層に支持を広げた中川大志まず『真田丸』終盤のストーリーで強い印象を残したのは豊臣秀頼役を演じた中川大志さん。秀吉の息子として生まれ、20代になり利発に育ったという秀頼に、端正な顔立ちの中川さんはぴったりのイメージでした。 中川さんは、小学生の時にスカウトされて芸能界入り。一躍注目され始めたのは、高視聴率で [全文を読む]

「透明感ハンパない」永野芽郁、アルペン新CMに絶賛の声! 業界内で来年の大ブレイク確実視

メンズサイゾー / 2016年12月18日12時00分

さらに今年7月に深夜ドラマ『こえ恋』(テレビ東京系)で初主演を果たし、放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』でも豊臣秀頼の正室・千姫役で出演。瞬く間にネクストブレイク候補の筆頭に名乗りを上げた美少女だ。 CMでも存在感を発揮しており、格安SIMサービス「UQ mobile」の今秋からスタートしたCMでは深田恭子(34)や多部未華子(27)との三姉妹役に抜擢。こ [全文を読む]

『新装版 真田幸村』江坂彰、白石一郎、百瀬明治、土門周平、南原幹雄、滝口康彦、新井英生著

プレジデントオンライン / 2016年12月11日11時15分

と同時に、父から伝授された兵法を研鑚し、来るべきときに備えて心胆を練っていたことでしょう」 そこに訪れたのが、豊臣秀頼からの使者だった。幸村は与えられた千載一遇の出番に奮い立ったはずだ。幽閉先で朽ち果てようとしていた人生ぎりぎりの段階で能力発揮の機会を与えてくれた恩義に報い、最後の決戦に完全燃焼したのである。 (岡村繁雄=文 尾関裕士=撮影) [全文を読む]

歴史考察の鍵を握る英雄たちの「身長」 犬公方は小人だった?

しらべぇ / 2016年12月03日21時00分

■犬公方は小人症!?しかし、その秀吉の嫡男である豊臣秀頼の身長は196cmもあった。これは巨人症の可能性も考えられるが、母の淀殿は160cm台、母方の祖父浅井長政は信之や利家と同じ180cm組のひとり。病気ではなく、遺伝でそうなった可能性も否定できない。一方で、徳川将軍家の15人は若くして亡くなった徳川家継を除くと、ほぼ150cm台〜160cmちょうどまで [全文を読む]

【真田丸】後藤又兵衛の壮絶な最期を記録した新史料が見つかる

しらべぇ / 2016年11月20日10時00分

京都府内で見つかった新史料によれば、満身創痍の又兵衛は豊臣秀頼から授かった脇差「行光」で自身の首を家来に刎ねさせたとある。だがその家来は、混沌とした状況のため又兵衛の首を持っていくことはできなかった。そこで彼は代わりに又兵衛の旗指物を持ち出し、それを秀頼に差し出したという。■軍旗が持つ意味合い今でもそうだが、旗指物すなわち軍旗は軍人にとって命よりも大切なも [全文を読む]

本格豆腐ランチを満喫!北野天満宮周辺を3時間半で巡るおすすめ観光コース

Walkerplus / 2016年11月17日18時29分

菅原道真公を祀る本殿は、1607年に豊臣秀頼公が造営したもので国宝に指定され、その八棟造と称される桃山建築はまさに絢爛豪華。また、毎月25日は縁日で境内がにぎわい、宝物殿も特別公開される。秋の史跡・御土居のもみじ苑、春の梅苑の時期は特に多くの参拝者が訪れる。 【↓次のスポットへは徒歩10分】 ■ <3(所要時間30分)>桜の名所としても有名な格式ある古社 [全文を読む]

ヒロミ長男 テレビで放送された緊迫の「ダメ出し連発」現場

WEB女性自身 / 2016年11月14日13時00分

戦国の世に翻弄されながらも強く生きる姿を描いた物語で、小園はそのあずみに恋をする豊臣秀頼役を演じている。 11日付の『日刊スポーツ』では、同舞台の公開リハーサルを行った際に舞台演出家の岡村俊一氏(54)から『ヘタクソ』とダメ出しをされたことを報じられた小園。本番当日は2時間半前に会場入りしたという。また番組の直撃インタビューに対しても、こう答えた。 「きの [全文を読む]

「真田丸」最終決戦!“大坂の陣”主要キャラ&勢力を解説

Smartザテレビジョン / 2016年11月12日15時16分

豊臣秀頼(中川大志)/秀吉の嫡男。聡明な若者で家康に警戒心を抱かせる。経験不足で判断力に欠けるが、幸村の影響で成長する。・大蔵卿局(峯村リエ)/茶々と秀頼の乳母で、治長の母親。牢人衆に不信感を持ち、幸村たちの戦略に反対する。・織田有楽斎(井上順)/織田信長の弟で茶々の叔父。茶々と秀頼の身の安全を最優先する非戦派。心の内では牢人衆を見下す。■ 豊臣方/牢人 [全文を読む]

川栄李奈「あずみ」公開稽古 凄みある殺陣、息呑む迫力

dwango.jp news / 2016年10月31日15時16分

また、ヒロミと松本伊代の長男で、昨年俳優デビューを果たした小園凌央が豊臣秀頼役に、個性派俳優としてドラマなどで活躍の”ほっしゃん”あらため星田英利、また有森也実も友情出演するなど豪華なキャスト陣でも話題となっている。 ”あずみ登場”のシーンから、宿敵美女丸との攻防など、気迫のこもった稽古に、川栄の表情も真剣そのもの。途中殺陣の段取りを忘れ、「すいません!ご [全文を読む]

癖が強すぎる“大坂五人衆”集結! そして『真田丸』が一瞬で『真田丸どうでしょう』に!? 『真田丸』第42話「味方」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月26日18時00分

豊臣秀頼(中川大志)は幸村に総大将になってもらいたいと願っていたが、又兵衛や勝永らは激しく異議を唱えたため、幸村は10万の兵を2万ずつにわけ、幸村、又兵衛、勝永、長宗我部、明石全登(小林顕作)の5人がそれぞれ大将となることを提案するのだった……といったストーリーが展開された。 第42話の見どころはなんと言っても“大坂五人衆”。哀川又兵衛を筆頭に、濃いメンバ [全文を読む]

哀川翔、岡本健一演じる新キャラクター続々登場! 運命の人(?)・茶々との再会もあった『真田丸』第41話「入城」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月19日18時00分

豊臣秀頼(中川大志)に味方することを決意した真田信繁改め幸村(堺雅人)。しかし、牢人たちが大坂城に集まっていることや真田家を警戒する家康(内野聖陽)は、九度山の見張りを増やすように命じる。幸村は、九度山村の村長・長兵衛(木之元亮)と協力し、脱出に成功。一方、信之(大泉洋)には家康からの出陣命令が届く。後継者選びに悩む信之は2人の息子の初陣とすることを決定 [全文を読む]

フォーカス