宮本茂のニュース

宮本茂に忘れられた僕等は今すぐ、宮本茂を忘れよう。「1997」のファイナルファンタジーと、ダブルミリオンの黒歴史。

ガジェット通信 / 2013年07月26日18時00分

宮本茂に忘れられた僕等は今すぐ、宮本茂を忘れよう。「1997」のファイナルファンタジーと、ダブルミリオンの黒歴史。 宮本茂の発言をまともに取り合う、という行為自体が間違いである。まともに取り合うべきではないし、そもそも読むべきではない。発言者としての宮本茂は全く読むに値しない人物である。それを理由に宮本茂を叩くというのも間違いだ。宮本茂が読むに値しない [全文を読む]

マリオの生みの親、任天堂・宮本茂の制作秘話「マリオやカメを方眼紙に描いて作ってたんです!」

週プレNEWS / 2013年07月22日16時00分

『ドンキーコング』や『マリオ』『ゼルダ』シリーズなど、数々の国民的ゲームやスターキャラを生んだ任天堂の宮本茂氏。 今年でファミコン誕生30周年を記念して、宮本氏の昔も今も変わらないゲーム作りへの思い、そして最新作WiiU『ピクミン3』について、アツく語ってもらった。 *** ―最新作のお話の前に、ファミコントークを! そもそも宮本さんはファミコン本体の開発 [全文を読む]

『ピクミン3 ダイレクト』に松本人志登場! 松本「ピクミン4はいつ出るんですか?」

ガジェット通信 / 2013年06月26日20時29分

過去に松本人志さんとピクミンの生みの親である宮本茂さんの対談がNHKで放送されたが、それに似た形で実現した。 松本人志さんは、ゲームのファンでもあり『ピクミン』シリーズのファンと自ら語っている。過去にフジテレビで好きな物に『ピクミン』を挙げ出演者に熱弁し説明。他の出演者は「ピクミンってゲームなの?」と言う者も居たくらいだったが、松本人志はそんなにわかな返し [全文を読む]

米人気番組で宮本茂さんが人気ラップグループ、ザ・ルーツと『スーパーマリオ』の曲を演奏!

AOLニュース / 2016年12月13日18時00分

間もなくスマートフォン版スーパーマリオこと「スーパーマリオ ラン」がリリースされ再び話題が盛り上がりつつあるマリオ界隈だが、その生みの親、宮本茂さんが、アメリカの人気番組「トゥナイト・ショー」に出演、なんとあの人気ラップグループ、ザ・ルーツとスーパーマリオの曲を演奏した。 https://youtu.be/V17tXBePgfo<関連動画はこちら> アコー [全文を読む]

米人気司会者、任天堂宮本茂に「なぜマリオには口ひげが?」と突撃インタビュー

ハリウッドニュース / 2013年06月27日11時35分

コナンは、「マリオ」や「ゼルダ」シリーズの生みの親として知られる任天堂の宮本茂氏にもインタビューを敢行。宮本氏を「マリオを作った素晴らしいクリエイターです。ミヤモト、あなたは神です!」と紹介すると、続けて「なんでマリオのキャラクターは口ひげが生えているんですか?」と素朴な質問を投げかけた。宮本氏は「鼻が目立って顔らしく見えるから、ひげをつけたんですよ」と笑 [全文を読む]

任天堂の世界がユニバーサルのテーマパークに登場

ガジェット通信 / 2016年12月02日22時00分

マリオのクリエーターである任天堂の宮本茂と、ユニバーサルのウッドベリによる公式発表は下を参照。冒頭の写真は宮本茂[全文を読む]

iPhone7発表会にマリオの生みの親登場!Apple WatchでポケモンGOも可

しらべぇ / 2016年09月08日11時30分

会場には任天堂の宮本茂氏が登場し、マリオシリーズとのコラボ、新型iPhoneのFelica対応等も伝えられ、見逃せない内容となっている。■Appleとマリオが夢のタッグ結成App Storeは1400億ダウンロードを達成。ダウンロード数は去年に比べて2倍。しかしApp Storeにはまだ足りないものがあるという。画面に大きくマリオが映しだされ、マリオの生み [全文を読む]

なぜ米国で「ポケモン」が特別な存在なのか? 現地NYからの分析

まぐまぐニュース! / 2016年07月20日04時45分

ちなみに、マリオなどのキャラクターをデザインしたのは、現在、任天堂の代表取締役でクリエイティブフェロー、ゲームプロデューサーでもある宮本茂さん。 ニューヨークにある任天堂の直営店、「任天堂ニューヨーク」(Nintendo New York、以前はNintendo Worldと呼ばれていた)の2階にある博物館的な展示スペースには、宮本茂さんを紹介する特設コ [全文を読む]

岩田聡氏と任天堂――日本の異能の思いを継ぐ

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月14日18時00分

なぜ、そんな決断が出来たのか?ファミコンを世に送り出した山内溥氏や、「枯れた技術の水平思考」で知られる横井軍平氏、「マリオの生みの親」宮本茂氏らから受け継がれる任天堂の遺伝子がそこにあったことが、『任天堂 “驚き”を生む方程式』(井上理/日本経済新聞出版社)を読むとよく分かる。 先代の山内氏は、HAL研究所で「星のカーヴィ」などユニークなソフトを生み出す [全文を読む]

任天堂の“一人勝ち”? スマブラ新作やゲーム連動フィギュア…海外ファン評価

NewSphere / 2014年06月11日18時15分

【レジェンド宮本茂氏の最新プロジェクト】 タイム誌は、マリオやドンキーコングなど、任天堂を象徴するキャラクターの生みの親である宮本茂氏の最新作を、同氏のインタビューを交えて紹介している。 現在宮本氏が取り組んでいるプロジェクトとして公開された3つのうちのひとつが、『スターフォックス』最新作(Wii U)だ。特筆すべき機能は、Wii Uのゲームパッドとコン [全文を読む]

フォーカス