桂歌丸のニュース

【まさか…】大山のぶ代・桂歌丸、SNSトレンドにあると「不安になる」芸能人の名前が話題に

秒刊SUNDAY / 2017年02月04日11時21分

大山のぶ代がトレンド入りしてて何かと思った— ????かにかめ????あずき@かまあず (@kamakuraazusa) 2017年2月4日 大山のぶ代がトレンドに→「まさか亡くなってしまったのか?」と思い検索→全然違う話題→「大山のぶ代がトレンドに入ってて悪い予感したけど安心した」とみんながつぶやく→大山のぶ代がトレンド1位キープこの流れ面白すぎる— つ [全文を読む]

落語家・桂歌丸が肺炎で入院 デマも飛び交い一時ネット騒然

しらべぇ / 2017年04月17日05時00分

落語芸術協会は16日、所属する落語家の桂歌丸(80)が肺炎で横浜市内の病院に入院したことを明らかにした。出演していた東京・国立演芸場の『4月中席』は、16日から20日まで休演となる。■心配するユーザーが多数2016年まで10年間、人気番組『笑点』(日本テレビ系)の司会を務めた歌丸師匠。昨今は入院や体調不良も報じられるだけに、心配したユーザーも多く見られた。 [全文を読む]

『笑点』勇退の桂歌丸が愛した街・横浜橋通商店街で歌丸探し!

しらべぇ / 2016年05月22日18時00分

放映50年の人気ご長寿番組『笑点』に初回から出演し、近年では司会者を務めていた桂歌丸師匠が、同番組を勇退。多くの笑点ファン、桂歌丸ファンにとって、忘れられない日となっただろう。歌丸師匠は横浜市南区真金町の出身。横浜市市民功労賞、横浜文化賞など受賞。2010年からは大衆芸能専門館である「横浜にぎわい座」の館長に就任するなど、横浜を拠点として精力的に活動してき [全文を読む]

笑点の新司会者は春風亭昇太!ファンは複雑な心境か

しらべぇ / 2016年05月23日05時30分

■歌丸の司会者就任でメンバー入り春風亭昇太は2006年5月の桂歌丸司会者就任に伴い、大喜利メンバー入り。師匠の5代目春風亭柳昇の弟子として新作落語などで力を発揮していたことなどが認められての抜擢となった。メンバー入り当初は持ちネタがなく苦しんでいたが、独身や滑舌の悪さをネタにして徐々にうちとけ、現在はなくてはならない存在に。回答者として出演し続けてきたこと [全文を読む]

木久ちゃん圏外…歌丸師匠は!? 「女子が付き合いたい笑点メンバー」

Menjoy / 2016年05月12日19時20分

『笑点』といえば、司会を務める桂歌丸師匠が5月22日(日)の放送を最後に大喜利を引退されるとのことで話題ですよね。 あなたなら笑点メンバーのなかで(もちろん歌丸師匠含む)どの殿方と付き合ってみたいですか!? 『Menjoy!』が女性500名を対象に独自アンケートを実施しましたので、早速ベスト5の結果をチェックしていきましょう! ■第5位:山田隆夫・・・5 [全文を読む]

歌丸『笑点』引退!気になる新司会者&新メンバー最有力のイケメンとは

VenusTap / 2016年05月09日12時40分

79歳の落語家・桂歌丸が4月30日、人気演芸番組『笑点』(日本テレビ系)の特番『笑点50周年記念スペシャル』(5月15日放送予定)の収録で、番組からの引退を表明しました。『笑点』と言えば、メンバーに選ばれたら落語家は地方営業のギャラが跳ね上がると言われ、毎度空いた1枚の座布団に座るのは誰なのかが取りざたされている人気番組。そこで今回は、歌丸勇退後の気になる [全文を読む]

360度全方位から「笑点」をこれでもか大フォーカス『笑点五〇年史 1966-2016』発売決定のお知らせ

PR TIMES / 2016年07月06日13時21分

往年のファンには懐かしく、新しいファンには50年の歩みを一挙に把握できる、まさに『笑点』ファン待望の一冊です! [画像: http://prtimes.jp/i/11710/224/resize/d11710-224-271960-1.jpg ] 《目次》 ○前口上 桂歌丸師匠からのご挨拶 ○巻頭グラビア 「笑点」に行こう! ○笑点メンバーインタビュー [全文を読む]

桂歌丸が文部科学省から表彰!一方で新しい『笑点』の評価は…

しらべぇ / 2016年05月31日19時00分

(画像はYoutubeのスクリーンショット)50年にわたって出演した『笑点』(日本テレビ)を降板した桂歌丸が31日、馳浩文部科学大臣から「卓越した話芸で落語の発展と普及に多大なる影響を与えた」として表彰された。歌丸は「私の生涯で一番すごい思い出」などとコメントしたうえで、自身の今後については「落語一本で進む」と話し、噺家としてのさらなる活動に意欲を示した。 [全文を読む]

名前も料金も一新! 「横浜にぎわい寄席」はシニアもこどももより楽しめる寄席公演に!

PR TIMES / 2016年03月24日09時52分

桂歌丸館長直伝! 「横浜にぎわい寄席(新名称)」の楽しみ方。4月から横浜にぎわい座主催の寄席企画が、新名称、低料金でもっと気軽に楽しめるようになりました。[画像1: http://prtimes.jp/i/14302/80/resize/d14302-80-656417-0.jpg ]館長は生粋の浜っこ、桂歌丸師匠横浜に演芸場を作ることを強く訴えたのが、現 [全文を読む]

桂歌丸 毎日見舞い6時間…退院支えた妻「阿吽の呼吸の病室」

WEB女性自身 / 2017年05月16日00時00分

5月15日に伝えられた桂歌丸師匠(80)の退院発表。13日に無事退院したといい、当面は自宅療養を続けるとのこと。師匠は「また各落語会でお会いできますことを私も心待ちにしております」とコメントを寄せている。 そんな師匠の「5月公演全て休演」というショッキングなニュースが報じられたのは、5月7日のことだった。4月16日に入院した当初は「4月中席は休演。30日前 [全文を読む]

フォーカス