桂歌丸のニュース

【まさか…】大山のぶ代・桂歌丸、SNSトレンドにあると「不安になる」芸能人の名前が話題に

秒刊SUNDAY / 2017年02月04日11時21分

大山のぶ代がトレンド入りしてて何かと思った— ????かにかめ????あずき@かまあず (@kamakuraazusa) 2017年2月4日 大山のぶ代がトレンドに→「まさか亡くなってしまったのか?」と思い検索→全然違う話題→「大山のぶ代がトレンドに入ってて悪い予感したけど安心した」とみんながつぶやく→大山のぶ代がトレンド1位キープこの流れ面白すぎる— つ [全文を読む]

落語家・桂歌丸が肺炎で入院 デマも飛び交い一時ネット騒然

しらべぇ / 2017年04月17日05時00分

落語芸術協会は16日、所属する落語家の桂歌丸(80)が肺炎で横浜市内の病院に入院したことを明らかにした。出演していた東京・国立演芸場の『4月中席』は、16日から20日まで休演となる。■心配するユーザーが多数2016年まで10年間、人気番組『笑点』(日本テレビ系)の司会を務めた歌丸師匠。昨今は入院や体調不良も報じられるだけに、心配したユーザーも多く見られた。 [全文を読む]

『笑点』勇退の桂歌丸が愛した街・横浜橋通商店街で歌丸探し!

しらべぇ / 2016年05月22日18時00分

放映50年の人気ご長寿番組『笑点』に初回から出演し、近年では司会者を務めていた桂歌丸師匠が、同番組を勇退。多くの笑点ファン、桂歌丸ファンにとって、忘れられない日となっただろう。歌丸師匠は横浜市南区真金町の出身。横浜市市民功労賞、横浜文化賞など受賞。2010年からは大衆芸能専門館である「横浜にぎわい座」の館長に就任するなど、横浜を拠点として精力的に活動してき [全文を読む]

笑点の新司会者は春風亭昇太!ファンは複雑な心境か

しらべぇ / 2016年05月23日05時30分

■歌丸の司会者就任でメンバー入り春風亭昇太は2006年5月の桂歌丸司会者就任に伴い、大喜利メンバー入り。師匠の5代目春風亭柳昇の弟子として新作落語などで力を発揮していたことなどが認められての抜擢となった。メンバー入り当初は持ちネタがなく苦しんでいたが、独身や滑舌の悪さをネタにして徐々にうちとけ、現在はなくてはならない存在に。回答者として出演し続けてきたこと [全文を読む]

360度全方位から「笑点」をこれでもか大フォーカス『笑点五〇年史 1966-2016』発売決定のお知らせ

PR TIMES / 2016年07月06日13時21分

往年のファンには懐かしく、新しいファンには50年の歩みを一挙に把握できる、まさに『笑点』ファン待望の一冊です! [画像: http://prtimes.jp/i/11710/224/resize/d11710-224-271960-1.jpg ] 《目次》 ○前口上 桂歌丸師匠からのご挨拶 ○巻頭グラビア 「笑点」に行こう! ○笑点メンバーインタビュー [全文を読む]

桂歌丸が文部科学省から表彰!一方で新しい『笑点』の評価は…

しらべぇ / 2016年05月31日19時00分

(画像はYoutubeのスクリーンショット)50年にわたって出演した『笑点』(日本テレビ)を降板した桂歌丸が31日、馳浩文部科学大臣から「卓越した話芸で落語の発展と普及に多大なる影響を与えた」として表彰された。歌丸は「私の生涯で一番すごい思い出」などとコメントしたうえで、自身の今後については「落語一本で進む」と話し、噺家としてのさらなる活動に意欲を示した。 [全文を読む]

名前も料金も一新! 「横浜にぎわい寄席」はシニアもこどももより楽しめる寄席公演に!

PR TIMES / 2016年03月24日09時52分

桂歌丸館長直伝! 「横浜にぎわい寄席(新名称)」の楽しみ方。4月から横浜にぎわい座主催の寄席企画が、新名称、低料金でもっと気軽に楽しめるようになりました。[画像1: http://prtimes.jp/i/14302/80/resize/d14302-80-656417-0.jpg ]館長は生粋の浜っこ、桂歌丸師匠横浜に演芸場を作ることを強く訴えたのが、現 [全文を読む]

桂歌丸 毎日見舞い6時間…退院支えた妻「阿吽の呼吸の病室」

WEB女性自身 / 2017年05月16日00時00分

5月15日に伝えられた桂歌丸師匠(80)の退院発表。13日に無事退院したといい、当面は自宅療養を続けるとのこと。師匠は「また各落語会でお会いできますことを私も心待ちにしております」とコメントを寄せている。 そんな師匠の「5月公演全て休演」というショッキングなニュースが報じられたのは、5月7日のことだった。4月16日に入院した当初は「4月中席は休演。30日前 [全文を読む]

桂歌丸 妻語る復帰への執念「病室でも落語本」と引退宣言否定

WEB女性自身 / 2017年05月16日00時00分

退院して元気になったらきっと食べると思うので、つくってあげたいですね」 そう本誌の取材に語っていたのは、桂歌丸師匠(80)の妻・冨士子さん(85)だ。5月15日に発表された歌丸師匠の退院発表。13日に無事退院したといい、当面は自宅療養を続けるという。 だがその直前の7日には「5月公演全て休演」というショッキングなニュースも報じられていた。4月16日に入院し [全文を読む]

桂歌丸が引退宣言!? 若手噺家にどうしても伝えたかった古典落語への思い、そして戦争反対の姿勢

リテラ / 2017年04月16日17時00分

桂歌丸が古舘伊知郎に「引退しようか悩んでいる」 昨年5月に『笑点』(日本テレビ)を勇退した後も、前々から「落語家を辞めるわけではありません。まだまだ覚えたい噺も数多くあります」と宣言していた通り、高座に上がり続けている桂歌丸。そんな彼だが、3月18日放送『平成28年度の主役が大集結! 古舘伊知郎ショー~THE・マッチメイカー~』での古館伊知郎との対談のな [全文を読む]

桂歌丸、引退への胸中を古舘伊知郎に激白

Smartザテレビジョン / 2017年03月15日05時00分

落語家・桂歌丸が最後のゲストとして登場し、古舘との初対談の中で自身の引退について言及していることが明らかになった。 80歳にして高座に上がり続ける歌丸の真の姿に迫るべく、古舘は密着取材を敢行。古舘は3月中旬に神奈川・横浜市で行われた「桂歌丸落語会」の舞台裏に潜入した。 高座の前に初対談を行われ、歌丸は「これまで辞めようと思ったことはこれっぽっちもない」と話 [全文を読む]

桂歌丸 落語界の未来を託したい3人の名前を明かす

NEWSポストセブン / 2017年02月14日07時00分

桂歌丸の鼻から伸びたチューブはステージ後方にある酸素吸入器へと繋がれている。声にハリはあるがこの機材を用意しなければ、高座に上がれないこともまた事実だ。この復帰の直前、歌丸は本誌・週刊ポストに「引退も考えている」と打ち明けた。まだまだ元気なようだが、確実に迫る「死」について考えてしまう日もあるという。おそるおそる「準備はしているのか?」と尋ねると、笑みを浮 [全文を読む]

酸素吸入器つけ高座に上がる桂歌丸から飛び出した引退宣言

NEWSポストセブン / 2017年02月12日16時00分

「舞台袖から高座に上がるまで、歩こうものなら40分もかかっちまいますよ」──落語家・桂歌丸(80)は開口一番、会場の爆笑をさらった。背筋は伸び、声は前座の若手よりもハリがある。つい最近まで肺炎で入院していたとは微塵も感じさせない。しかし、鼻から延びたチューブはステージ後方にある酸素吸入器へと繋がれている。このものものしい機材を用意しなければ、高座に上がれな [全文を読む]

横浜にぎわい座館長・桂歌丸が会長をつとめる写真同好会「お笑いぱっちり倶楽部会員写真展」今年も開催します!

PR TIMES / 2017年02月03日16時47分

横浜にぎわい座館長・桂歌丸を会長に、落語家・芸人らで構成された写真同好会「お笑いぱっちり倶楽部」 写真を通じて<遊び・洒落・技術向上>のバランスを保ちながら楽しもうというメンバーたちの、個性あふれる珍作・迷作が楽しめる写真展は3月2日から! それに先立ち本日2月3日からは、昨年度「歌丸賞」を受賞した、社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」の浜田太一によ [全文を読む]

円楽が狙う「笑点“腹黒”支配プラン」

日刊大衆 / 2017年01月15日16時00分

桂歌丸の勇退後も高視聴率を続ける国民的お笑い番組で、“腹黒”師匠の存在感がさらに増している。その理由とは? 5代目司会者・桂歌丸(80)の番組引退、春風亭昇太(57)の新司会者就任、林家三平(46)の大喜利メンバー入りなどで若返りが進み、さらには林家たい平の24時間マラソン挑戦、六代目三遊亭円楽(66)の不倫騒動と、番組外でも世間を大いに賑わせた、2016 [全文を読む]

緊急入院の桂歌丸 酸素ボンベ片手に高座にあがる姿に賞賛の嵐

しらべぇ / 2017年01月05日20時00分

長年、国民的人気番組『笑点』の司会を務め2016年に勇退、落語家として65周年を迎えた桂歌丸(80)。年明け、肺炎により緊急入院した歌丸に密着したドキュメンタリー番組『桂歌丸80歳 落語暮らし』が日本テレビ系列で放送。落語家として高座に懸ける真摯な姿勢にファンが賞賛を贈っている。(画像は「横浜にぎわい座 公式サイト」からのスクリーンショット)■歌丸の姿に衝 [全文を読む]

桂歌丸も入院…「マイコプラズマ肺炎」を見抜く危険信号とは?

WEB女性自身 / 2017年01月03日06時00分

落語家・桂歌丸師匠(80)の緊急入院が報じられたのは、12月15日のことだった。 「30代のころから患っている肺気腫が悪化したのです。歌丸師匠は 10年2月に肺炎のために入院しています。今回は医師から『このままでは肺炎になる』と、入院を勧められたそうですね」(スポーツ紙記者) 歌丸師匠は、2カ月前の10月末には横浜市内で勉強会に出席し、肺の病気の危険性につ [全文を読む]

『桂文枝 半世紀落語会』開催決定! 桂三枝時代からの50年をふりかえる

ガジェット通信 / 2016年12月19日19時00分

しかもゲストは落語芸術協会会長で『笑点』(日本テレビ)で長年活躍した桂歌丸さん。 東西の両横綱がそろったこの豪華さは落語ファンならずとも大いに気になるところだ。 詳細は以下の通り。 「桂文枝 半世紀落語会」~三枝から文枝への軌跡~ 【日時】 2017年3月4日(土) 18:40開場 19:00開演 【場所】 なんばグランド花月 大阪府大阪市中央区難波千日 [全文を読む]

桂歌丸から「チー坊」と可愛がられるイケメン噺家

NEWSポストセブン / 2016年11月13日07時00分

27才ながら、芸歴11年の柳亭小痴楽。あの桂歌丸から「チー坊」の愛称で呼ばれるなど、大師匠たちからの期待も大きい。 しかし、「イケメン噺家」と評されることに「あまり興味はない」と冷静に答える。「顔の良し悪しはあくまでお客さんの趣味の世界。ぼくが気にしているのは、落語をいかにおもしろく伝えるかだけですから」。 【Profile】 りゅうてい・こちらく/198 [全文を読む]

日本酒も美味しい!横浜駅近くで立地がいい九州居酒屋へ行ってきた

TABIZINE / 2016年09月28日19時00分

■関連記事 リーズナブルな海鮮グルメがいっぱい!桂歌丸師匠の愛した横浜橋商店街 http://tabizine.jp/2016/09/21/98089/ ボリュームたっぷりでリピート決定!横浜中華街で出会った「蓮香園」 http://tabizine.jp/2016/09/18/98224/ 冷やしトマト 完熟の冷え冷えトマト。酸味押さえめでおいしく味わ [全文を読む]

フォーカス