桂歌丸のニュース

桂歌丸さんが…トレンドに名前あると「心臓に悪い」とネットで不安の声

秒刊SUNDAY / 2015年10月19日13時26分

とくにお体を壊された年配の方は心臓に悪いようで、今回も桂歌丸という文字がトレンド入りしたことによりネットでは「何か良くないことが起きたのではないか」と不安になる方も。歌丸「皆さんね、ツイッターのトレンドにあるワードが載っていたと言って下さい。私が『どう思いました?』と問うので、更に続けていただきたい。はい円楽さん」 円楽「トレンドに『桂歌丸さん』とありまし [全文を読む]

【まさか…】大山のぶ代・桂歌丸、SNSトレンドにあると「不安になる」芸能人の名前が話題に

秒刊SUNDAY / 2017年02月04日11時21分

大山のぶ代がトレンド入りしてて何かと思った— ????かにかめ????あずき@かまあず (@kamakuraazusa) 2017年2月4日 大山のぶ代がトレンドに→「まさか亡くなってしまったのか?」と思い検索→全然違う話題→「大山のぶ代がトレンドに入ってて悪い予感したけど安心した」とみんながつぶやく→大山のぶ代がトレンド1位キープこの流れ面白すぎる— つ [全文を読む]

『笑点』勇退の桂歌丸が愛した街・横浜橋通商店街で歌丸探し!

しらべぇ / 2016年05月22日18時00分

放映50年の人気ご長寿番組『笑点』に初回から出演し、近年では司会者を務めていた桂歌丸師匠が、同番組を勇退。多くの笑点ファン、桂歌丸ファンにとって、忘れられない日となっただろう。歌丸師匠は横浜市南区真金町の出身。横浜市市民功労賞、横浜文化賞など受賞。2010年からは大衆芸能専門館である「横浜にぎわい座」の館長に就任するなど、横浜を拠点として精力的に活動してき [全文を読む]

落語家・桂歌丸が肺炎で入院 デマも飛び交い一時ネット騒然

しらべぇ / 2017年04月17日05時00分

落語芸術協会は16日、所属する落語家の桂歌丸(80)が肺炎で横浜市内の病院に入院したことを明らかにした。出演していた東京・国立演芸場の『4月中席』は、16日から20日まで休演となる。■心配するユーザーが多数2016年まで10年間、人気番組『笑点』(日本テレビ系)の司会を務めた歌丸師匠。昨今は入院や体調不良も報じられるだけに、心配したユーザーも多く見られた。 [全文を読む]

落語家・桂歌丸が肺炎で入院 デマも飛び交い一時ネット騒然

しらべぇ / 2017年04月17日05時00分

落語芸術協会は16日、所属する落語家の桂歌丸(80)が肺炎で横浜市内の病院に入院したことを明らかにした。出演していた東京・国立演芸場の『4月中席』は、16日から20日まで休演となる。■心配するユーザーが多数2016年まで10年間、人気番組『笑点』(日本テレビ系)の司会を務めた歌丸師匠。昨今は入院や体調不良も報じられるだけに、心配したユーザーも多く見られた。 [全文を読む]

緊急入院の桂歌丸 酸素ボンベ片手に高座にあがる姿に賞賛の嵐

しらべぇ / 2017年01月05日20時00分

長年、国民的人気番組『笑点』の司会を務め2016年に勇退、落語家として65周年を迎えた桂歌丸(80)。年明け、肺炎により緊急入院した歌丸に密着したドキュメンタリー番組『桂歌丸80歳 落語暮らし』が日本テレビ系列で放送。落語家として高座に懸ける真摯な姿勢にファンが賞賛を贈っている。(画像は「横浜にぎわい座 公式サイト」からのスクリーンショット)■歌丸の姿に衝 [全文を読む]

桂歌丸、引退への胸中を古舘伊知郎に激白

Smartザテレビジョン / 2017年03月15日05時00分

落語家・桂歌丸が最後のゲストとして登場し、古舘との初対談の中で自身の引退について言及していることが明らかになった。 80歳にして高座に上がり続ける歌丸の真の姿に迫るべく、古舘は密着取材を敢行。古舘は3月中旬に神奈川・横浜市で行われた「桂歌丸落語会」の舞台裏に潜入した。 高座の前に初対談を行われ、歌丸は「これまで辞めようと思ったことはこれっぽっちもない」と話 [全文を読む]

横浜にぎわい座館長・桂歌丸が会長をつとめる写真同好会「お笑いぱっちり倶楽部会員写真展」今年も開催します!

PR TIMES / 2017年02月03日16時47分

横浜にぎわい座館長・桂歌丸を会長に、落語家・芸人らで構成された写真同好会「お笑いぱっちり倶楽部」 写真を通じて<遊び・洒落・技術向上>のバランスを保ちながら楽しもうというメンバーたちの、個性あふれる珍作・迷作が楽しめる写真展は3月2日から! それに先立ち本日2月3日からは、昨年度「歌丸賞」を受賞した、社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」の浜田太一によ [全文を読む]

リーズナブルな海鮮グルメがいっぱい!桂歌丸師匠の愛した横浜橋商店街

TABIZINE / 2016年09月21日21時00分

最近、「笑点」を勇退した桂歌丸師匠が愛した商店街「横浜橋商店街」の中にあるお店です。桂歌丸師匠は南区真金町出身なんですって。市営地下鉄の阪東橋駅からは徒歩10分ほどと、ちょっと歩きます。今までの商店街とは、ちょっと違うような。そうだ、済州の中央商店街に似ている気がします。キムチ屋さん多いです!! 魚屋さんも多くて、お店の前に太刀魚を並べているところも済州 [全文を読む]

桂歌丸 再入院で復帰なるか…過去に妻が“体の不安”も告白

WEB女性自身 / 2016年07月27日20時00分

27日、落語家の桂歌丸(79)が持病の腸閉塞治療のため再入院したことが分かった。同日、落語芸術協会が本人の直筆署名入りのFAXで発表した。 正式な病名は上腸間膜動脈症候群(十二指腸狭窄症)で、治療方法は今後、検査を実施して決定するという。入院期間も検査結果を受けて決まる予定で、29日に群馬県で予定されていた芸歴65周年落語会は中止となり、当分の間はテレビや [全文を読む]

フォーカス