歌川国貞のニュース

江戸っ子が愛した浮世絵師・歌川国貞が魅せる“これぞ江戸の粋”【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2016年04月28日19時00分

■『歌川国貞 これぞ江戸の粋』日野原健司 江戸時代後期に活躍した浮世絵師、歌川国貞。初代歌川豊国に入門し、22歳で浮世絵界にデビューするとすぐに頭角を現す。特に美人画、役者絵という浮世絵版画における最も主要なジャンルにおいて確固たる地位を築き、79歳で亡くなるまで常に第一線で活躍し続けた。江戸時代における国貞の人気は葛飾北斎や歌川広重、そして兄弟弟子であ [全文を読む]

背筋が凍る! 江戸っ子に人気だった浮世絵が恐ろしすぎる…

anan NEWS / 2016年08月09日08時00分

歌川国貞(三代豊国)「見立三十六歌撰之内 藤原敏行朝臣 累の亡魂」(太田記念美術館蔵) ◇主人公、伊右衛門の夢に美しい娘姿で現れたお岩。よく見ると髪が抜け落ち骨も露わな幽霊の姿が。『東海道四谷怪談』を下敷きに、四代目市川小団次が演じた場面。 ◇「血みどろ絵」の第一人者・月岡芳年が戊辰戦争の際、実際に取材したとも。戦国武将・冷泉隆豊が謀反を問われ切腹する際、 [全文を読む]

江戸時代のポップカルチャー、国芳と国貞の浮世絵展

Walkerplus / 2016年06月17日20時10分

今回のイベントでは、ボストン美術館の中でも人気が高い、歌川国芳(くによし)と歌川国貞(くにさだ)の約1万4000枚の作品から、選りすぐりの170件(約350枚)を展示する。 歌川国芳と歌川国貞は、役者絵の巨匠である初代歌川豊国の門下。同時代を生きた兄弟弟子だが、大胆かつ豪快な構図で、武者絵や戯画を得意とした国芳に対して、粋で緻密な表現で役者絵や美人画のス [全文を読む]

江戸時代の人気浮世絵師『歌川国芳』と『歌川国貞』の作品が、ついに郵便局限定グッズに登場!

PR TIMES / 2016年06月13日16時19分

2016年6月17日(金)から全国約2,000の郵便局窓口で、「郵便局限定グッズ 浮世絵シリーズ」の販売を開始!今話題の浮世絵師、『歌川国芳』『歌川国貞』の作品が、郵便局限定のオリジナルグッズになって登場!続絵の作風を活かしたクリアファイルとポストカードのセットや、通帳ケースを数量限定で販売します。[画像1: http://prtimes.jp/i/121 [全文を読む]

海外でひそかに注目集める「ニッポンの第三の性」とは? 消滅した自由な性愛文化に脚光

NewSphere / 2017年05月16日17時00分

江戸の恋愛・性愛事情は、男女関係をイメージする方が多いかもしれないが、歌川国貞や、柳川重信といった浮世絵師たちは、男性同士の性愛や恋愛模様を描いた作品を残している。今、浮世絵を通じ、海外でひそかな注目を集めているのが「若衆」という美しい少年の存在である。 ◆ニューヨークで「若衆」の存在を描いた浮世絵展が開催中 現在、米ニューヨークの「ジャパン・ソサエティ [全文を読む]

【『江戸料理大全』刊行記念イベント】八百善10代目の語りと江戸料理を楽しむ会を開催。

PR TIMES / 2017年03月21日12時20分

歌川広重や歌川国貞の絵にも登場し、うわさを聞いた大名や将軍がたびたび訪れるような人気店でした。 「江戸料理」そのものが消えかけていると思われがちですが、今も鎌倉で「八百善」は営業しており、2017年には創業300年を迎えます。 その八百善の秘伝の献立を厳選して掲載した料理書『江戸料理大全』刊行を記念して、江戸料理で構成した昼懐石を楽しむイベントを開催致しま [全文を読む]

将軍も焦がれ、鬼平も食べた江戸グルメの料理書。江戸時代の武士や町人が接待に愛用していた名料亭の300年の歴史と献立130品を公開!

PR TIMES / 2017年01月19日20時44分

歌川広重や歌川国貞の絵にも登場し、うわさを聞いた大名や将軍がたびたび訪れるような人気店でした。当時からのれんをあげていた「江戸料理」の老舗がほとんどなくなってしまった現代においては、「江戸料理」そのものが消えかけていると思われがちですが、今でも鎌倉で「八百善」は営業しており、2017年には創業300年を迎えます。 本書は、現当主10代目栗山善四郎に伝えられ [全文を読む]

お城EXPO、姫路城を含む“国宝5城”の展示が決定!

Walkerplus / 2016年12月02日21時21分

「真柴久吉公播州姫路城郭築之図(橋本貞秀)」「摂州一の谷源平合戦の図(歌川国貞)」「太平記葛井寺合戦(歌川芳虎)」など、会場でしか見ることのできない貴重な作品の数々を鑑賞することができる。 さらに、日本の名城を情景と共に復元したジオラマ模型を展示する「お城のジオラマ模型展」では、五稜郭や福山城といった全国各地40城余りを紹介。江戸時代以前に建設されて現代に [全文を読む]

京都・柳谷観音で秋の紅葉イベント[11月19日~12月4日] 柳谷観音 紅葉ウイーク&柳谷アートフェア2016開催

@Press / 2016年11月07日13時00分

歌川国貞の「當世十花撰 紫陽花」(安政元年)や「役者絵」(安政2年)の浮世絵、幸野楳嶺の「花鳥画譜 紫陽花と軍鶏」(明治16年頃)などを展示します。(5) チャリティーアート販売 アート作品や関連商品を販売し、利益の一部を熊本地震の義援金として寄付します。販売価格は300円からを予定しています。【日下俊英住職コメント】 「当山は京都市内よりも山間部にあるた [全文を読む]

信長はホトトギス、秀吉はサル、もちろん家康はタヌキ……戦国をおもしろく遊ぶ個性派アニメ『戦国鳥獣戯画』インタビュー!

おたぽる / 2016年10月21日13時30分

葛飾北斎、伊藤若冲、歌川国芳、歌川国貞、それに鳥獣戯画など、今の若い人たちは、美術館に行列して観に行っていますし、何だかんだで目にしているでしょうし、海外の人からすると結構ポップなものとして受け止められている。これは、取り入れたいと感じたんです。―― そこへ、“戦国”をミックスさせるアイデアも面白いです。広瀬 ずっと脈々とある歴史ブームといいますか、今も大 [全文を読む]

フォーカス