則本昂大のニュース

則本昂大、日本記録更新の8試合連続2ケタ奪三振 10個目は筒香から見逃しK

ベースボールキング / 2017年06月08日20時28分

◆ 3打席連続安打の筒香から意地の三振奪取! 楽天の則本昂大が8日、DeNAとの交流戦(Koboパーク宮城)で、自らが持つ2ケタ奪三振の連続試合記録を「8」に更新した。 前回1日の巨人戦で12奪三振を奪い、日本記録となる7試合連続2ケタ奪三振を達成した則本。この試合は初回、2番梶谷から空振りで1つ目の三振を奪うと、2回は二死一、二塁とされたが、9番佐野を空 [全文を読む]

記録更新狙う則本と今季初登板・三嶋の同学年対決!ヤクは新人・中尾が初先発 8日の予告先発

ベースボールキング / 2017年06月07日18時00分

前回登板の1日巨人戦で、日本新記録となる7試合連続二ケタ奪三振を達成した則本昂大は、記録更新をかけて本拠地でのDeNA戦に臨む。 ここまでは9試合に登板し、両リーグトップの7勝(1敗)、防御率2.86。4月26日のロッテ戦から6連勝中で、5月のMVPも獲得するなど、躍動している。 則本は4月19日の西武戦から7試合連続で二ケタ奪三振をマークし、野茂英雄氏 [全文を読む]

5月の月間MVPが決定!楽天・則本が2度目の受賞、中日は打者部門で2カ月連続

ベースボールキング / 2017年06月07日13時15分

【パ・投手】則本昂大(楽天) ☆2度目 【パ・打者】レアード(日本ハム)☆2度目 【セ・投手】菅野智之(巨人) ☆3度目 【セ・打者】ビシエド(中日) ☆2度目 ▼ パ・リーグ投手部門 ・則本昂大(楽天) 成績:4試(32回) 4勝0敗 奪三振46 防2.25 ☆5月度4試合に登板し、リーグ最多タイの4勝をマーク。 ☆46奪三振はリーグ単独トップ、防御率 [全文を読む]

楽天・則本昂大が成し遂げた“野茂超え”

ベースボールキング / 2017年06月02日12時00分

先発マウンドに登った則本昂大には、ある記録がかかっていた。『7試合連続2ケタ奪三振』。この日10個以上の三振を奪えば、連続2ケタ奪三振のプロ野球新記録が誕生する。 昼間の雨の影響で試合開始が30分遅れたなか、立ち上がりは三者凡退のスタート。2回は村田修一と石川慎吾に連打を浴び、長野久義には四球を浴びて満塁のピンチを迎えたものの、9番の小林誠司をこの日最初の [全文を読む]

楽天・則本、7戦連続二ケタKで日本新記録樹立!「声援で力が湧き出た」

ベースボールキング / 2017年06月01日22時35分

楽天の則本昂大が1日の巨人戦で12奪三振を奪い、7試合連続二ケタ奪三振の日本プロ野球新記録を樹立した。 前回登板の5月25日オリックス戦で野茂英雄氏と並ぶ、6試合連続二ケタ奪三振を記録していた則本。この日の試合は、8回に巨人・坂本から10個目の三振を奪い、偉業を達成した。 試合後、則本は多くのファンが待つスタンド付近に駆け寄り、チームの勝利と、自身の記録達 [全文を読む]

DeNA2年目・熊原が今季初先発、楽天・則本はスライド登板 25日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月24日18時00分

また、24日のオリックス-楽天戦(ほっともっと神戸)が降雨中止になったため、則本昂大がスライド登板。オリックスはディクソンが先発する。 【パ・リーグ】 西武(十亀剣)-日本ハム(中村勝) <大宮 18時00分> オリックス(ディクソン)-楽天(則本昂大) <ほっともっと神戸 18時00分> ソフトバンク(中田賢一)-ロッテ(佐々木千隼) <ヤフオクドーム [全文を読む]

楽天・則本、6戦連続2ケタ奪三振なるか!? 24日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月24日12時51分

◆ 前回は初回5失点も好調な打線がすかさず逆転! オリックス戦に先発する楽天の則本昂大が、野茂英雄(元近鉄)が持つ6試合連続2ケタ奪三振のプロ野球記録に挑む。 則本は今季3戦目となった4月19日の西武戦で、今季初の2ケタ10奪三振をマーク。この試合は8回4失点(自責点3)で自身に勝敗は付かなかったが、次戦以降も安定して2ケタ奪三振をマークし、現在4連勝中と [全文を読む]

【プロ野球】球界一のラッキー男は援護率6.95の則本昂大(楽天)。“援護率”ベスト&ワーストランキング!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月20日16時05分

■パ・リーグ:援護率トップ3とワースト3 ■援護率トップ3 1位:則本昂大(楽天) 6試合:4勝1敗/防御率2.72(8位)/援護率6.95 2位:千賀滉大(ソフトバンク) 7試合:5勝1敗/防御率3.16(9位)/援護率6.20 3位:美馬学(楽天) 7試合:4勝1敗/防御率2.51(6位)/援護率6.18 ■援護率ワースト3 1位:唐川侑己(ロッテ) [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・投手編》今年の最多登板、最多投球回数は? 裏タイトル獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月14日17時05分

【最多投球回数】 則本昂大(楽天):投球回195 涌井秀章(ロッテ):投球回188.2 武田翔太(ソフトバンク):投球回183 楽天・則本昂大が3年連続の最多投球回数。先発の鉄腕は則本で決まりだ。涌井秀章(ロッテ)も2年連続で2位をキープ。この2人の投げあいは必見。7月24日の直接対決ではどちらもマウンドを降りず、両者9回完投。3対2の僅差で涌井が勝利を [全文を読む]

【プロ野球】与死球王や最多登板は誰?裏タイトルからみる”スタッツ王”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月19日18時05分

■最多投球回数 【セ・リーグ】 菅野智之(巨人) 96回 メッセンジャー(阪神) 88回 【パ・リーグ】 則本昂大(楽天) 93回 涌井秀章(ロッテ) 87回 良質なイニングイーターを洗い出せる最多投球回数。昨年は大野雄大(中日)が207.1回、則本昂大(楽天)が194.2回を投げ、投球回数キングに輝いた。特に大野は、表タイトルは受賞なし。投球回数に1年 [全文を読む]

【プロ野球】パの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月04日16時05分

チャンスにも強いし、一応、日本ハムの後輩ですから(笑)」(西崎) 【投手タイトル編】 <里崎予想> 最多勝&防御率&奪三振:大谷翔平(日本ハム) <駒田予想> 最多勝&防御率&奪三振:大谷翔平(日本ハム) <西崎予想> 最多勝&防御率:大谷翔平(日本ハム) 奪三振:則本昂大(楽天) <山崎予想> 最多勝&防御率&奪三振:大谷翔平(日本ハム) <今中予想> [全文を読む]

楽天の守護神・松井裕樹、シーズン最多セーブ記録更新に挑む

ベースボールキング / 2017年06月11日10時30分

茂木栄五郎とペゲーロの超攻撃型1・2番コンビや、エース・則本昂大の連続2桁奪三振記録更新などが話題となるなか、開幕から2か月以上にわたって、チームを支えてきた中心選手の一人が守護神の松井裕樹である。 松井にとって今季がプロ4年目。クローザーとしては3年目を迎えた21歳の若き左腕だ。入団2年目の2015年に当時の大久保博元監督にクローザーとして起用されると [全文を読む]

圧倒的数字で“大エース”への進化を加速させる菊池雄星

ベースボールキング / 2017年06月09日14時00分

さらに、被打率(.163)は則本昂大(楽天/.175)を1分以上離してトップの数字だ。昨季リーグトップだった千賀滉大(ソフトバンク)の被打率が.207だったことからも、いかに今季の菊池の数字が群を抜いているかは明白だろう。 これらの数字は、ローテーション投手に求められる“安定感”を手に入れ、かつ「ヒットを許さない」という投手最大の課題を高い次元でクリアし [全文を読む]

プロ野球記録を作っても…容易ではない“平成の奪三振王”への道

ベースボールキング / 2017年06月09日11時45分

◆ プロ野球記録を更新 楽天の則本昂大が偉業を成し遂げた。 6月1日の巨人戦で、自身7試合連続の2ケタ奪三振を記録。野茂英雄超えのプロ野球新記録を樹立したかと思えば、8日のDeNA戦でも当然のように9回完投で12個の三振を奪い、記録を8試合連続に更新。単純に比較することはできないが、ペドロ・マルティネスとクリス・セールが記録したメジャー記録にも数字上では肩 [全文を読む]

巨人&ヤクルトは新人左腕が先発、連敗阻止でヒーローだ! 8日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年06月08日14時44分

【8日の試合予定】 日本ハム(浦野博司)- 広島(岡田明丈) <札幌ドーム 18時00分> ・最近5試合の成績 日(パ5位):○●●●● ※4連敗中… 広(セ1位):●○○○○ ※4連勝中! 楽天(則本昂大)- DeNA(三嶋一輝) <Koboパーク宮城 18時00分> ・最近5試合の成績 楽(パ1位):●○●●● ※3連敗中… De(セ3位):●●○○ [全文を読む]

楽天・則本、日本新の7試合連続2ケタ奪三振 野茂超え10個目は坂本から!

ベースボールキング / 2017年06月01日21時10分

◆ 8回は3者連続で12奪三振到達! 楽天の則本昂大投手が1日、巨人との交流戦で、日本新記録となる7試合連続2ケタ奪三振を成し遂げた。 則本は5月25日のオリックス以来、中6日で先発登板。立ち上がりは粘る巨人打線の前になかなか三振を奪えなかったが、2回に二死満塁のピンチを背負ったあと、9番小林からこの試合1つ目の空振り三振を奪った。 ここからギアが入った則 [全文を読む]

新記録目指す楽天則本、DeNA筒香は5戦連続無安打中…1日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年06月01日14時48分

【1日の試合予定】 日本ハム(中村勝)- DeNA(井納翔一) <札幌ドーム 18時00分> ・最近5試合の成績 日(パ5位):○●●●○ De(セ3位):○●○○● 楽天(則本昂大)- 巨人(池田駿) <Koboパーク宮城 18時00分> ・最近5試合の成績 楽(パ1位):●○○○○ ※4連勝中! 巨(セ4位):●●●●● ※6連敗中… 西武(十亀剣) [全文を読む]

楽天・則本、日本新7戦連続2ケタKなるか…巨人はD4池田がプロ初先発 1日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月31日18時00分

【交流戦】 日本ハム(中村勝)-DeNA(井納翔一) <札幌ドーム 18時00分> 楽天(則本昂大)-巨人(池田駿) <Koboパーク 18時00分> 西武(十亀剣)-広島(岡田明丈) <メットライフ 18時00分> ロッテ(唐川侑己)-阪神(メッセンジャー) <ZOZOマリン 18時15分> オリックス(ディクソン)-ヤクルト(由規) <京セラドーム [全文を読む]

首位を走る楽天 初代監督も絶賛する強さ

ベースボールキング / 2017年05月31日11時00分

リリーフ陣の安定感に加え、リーグトップのチーム打率.283、リーグ2位の226得点を挙げる強力打線が序盤から援護することもあり、エース・則本昂大がリーグトップタイの6勝を記録し、美馬学と辛島航も次いで5勝を挙げる。西武からFAで加入した岸孝之も4勝をマーク。この3人は勝ち星も多いが、則本、美馬、岸が1敗、辛島が2敗と負け数も少ない。 初代監督の田尾氏が「強 [全文を読む]

北の大地で見せた進化 大田泰示の確かな成長

ベースボールキング / 2017年05月29日11時45分

これまでも則本昂大(楽天)や涌井秀章(ロッテ)ら、リーグを代表する投手から本塁打を放つ“大物食い”ぶりを見せており、『エースキラー』と呼ぶには時期尚早かもしれないが、スケールの大きさを感じさせる。 ◆ 決勝弾の“前の打席”に見た成長の跡 しかし、そんな大田に確かな成長を感じたのは、本塁打の前の第1打席だ。 2回一死一塁の場面。当然、相手バッテリーとしてはゲ [全文を読む]

フォーカス