藤田一也のニュース

首位・楽天、“センターライン強化”も好調の要因!?

ベースボールキング / 2017年05月06日18時00分

【昨季センターラインの最多スタメン出場者】 捕手:嶋 基宏(73試合) 二塁:藤田一也(108試合) 遊撃:茂木栄五郎(114試合) 中堅:島内宏明(56試合) 【今季センターラインの最多スタメン出場者】 捕手:嶋 基宏(19試合) 二塁:藤田一也(17試合) 遊撃:茂木栄五郎(24試合) 中堅:島内宏明(26試合) ※5月6日終了時点で楽天は26試合消 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

【三塁打王】 茂木栄五郎(楽天)/西野真弘(オリックス):7三塁打 藤田一也(楽天)/今宮健太(ソフトバンク)/松田宣浩(ソフトバンク)/角中勝也(ロッテ):5三塁打 三塁打部門ではルーキーの茂木栄五郎(楽天)と2年目の西野真弘(オリックス)が1位。フレッシュな走力を見せつけた。 【最多四球】 柳田悠岐(ソフトバンク):100四球 中村晃(ソフトバンク) [全文を読む]

【プロ野球】満塁男ここにあり!楽天・藤田一也の”フルベース活躍劇”

デイリーニュースオンライン / 2016年08月10日16時05分

現在は歴代1位・16本の満塁本塁打を記録する西武・中村剛也がよく知られるが、ここでは楽天の藤田一也を紹介したい。2012年途中にDeNAから移籍。クリムゾンレッドに袖を通してからの「フルベース活躍劇」が、まさに神ってるのだ。 今シーズンは76試合で285打席に立ち、打率.245、30打点(8月8日現在)。左肋骨の亀裂骨折もあり、例年と比べて調子を落として [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■楽天 ≪開幕オーダー≫ 1 右 岡島豪郎 2 一 銀次 3 中 松井稼頭央 4 左 ウィーラー 5 三 今江敏晃 6 遊 茂木栄五郎 7 指 ゴームズ 8 二 藤田一也 9 捕 嶋基宏 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 右 岡島豪郎 ◎ 2 二 藤田一也 ○ 3 左 ペレス 4 指 ウィーラー ◎ 5 一 銀次 ○ 6 三 今江敏晃 ○ 7 中 島内宏明 8 [全文を読む]

“攻撃的な野球”でパを盛り上げる楽天

ベースボールキング / 2017年04月26日11時15分

続けて「仙台に帰ったら守備重視で、セカンドに藤田を起用することになると思う」と、則本が先発する26日の試合では藤田一也を二塁で起用することを示唆した。 その藤田も打撃の状態が悪いわけではない。攻撃的な野球を展開しつつ、状況に応じて堅実的なオーダーを組むこともできる楽天。この勢いは簡単には止まりそうにない。 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

【プロ野球】打率4割超の浅村栄斗にコンバートの鈴木大地。「今、見ておきたい!」パ・リーグ二塁手たち

デイリーニュースオンライン / 2017年04月20日16時05分

最近6試合は藤田一也に譲っているが、「二塁・銀次」が定着すれば12球団トップのチーム打率を誇る打線がさらにパワーアップするはず。 梨田昌孝監督には強力打線構築に向かって「二塁・銀次」をこれからもトライしてもらいたい。 ■世代交代も進行中? また、日本ハムでは、チーム状況で指名打者や一塁を任されている田中賢介の代役として、ルーキーの石井一成(早稲田大、ドラ [全文を読む]

【プロ野球】いてまえ打線が杜の都で復活! 楽天・梨田昌孝監督の超攻撃采配を表す「興味津々の数字」

デイリーニュースオンライン / 2017年04月19日17時05分

絶対に得点して反撃の起点にしたい場面で、打席にはバントの達人・藤田一也。 しかし、梨田監督はここでも打たせていく。結果はゲッツー。2死三塁となった後、三塁走者を呼び込む嶋のバントヒットが決まったため、1点を返すことに成功したが、嶋の機転がなければ、絶好機を無得点で終える可能性もあった。 このように「結果オーライ」となることもあるが、梨田監督の超攻撃的采配が [全文を読む]

【プロ野球】楽天打線が面白い! 助っ人三連星など攻撃型フォーメーションで一気浮上も!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月11日17時05分

二塁では名手・藤田一也も控えているが昨季はやや守備範囲の衰えが見えたこともあり、楽天ファンの間では守備の不安よりも打線強化への期待の声が大きいようだ。それでも藤田の守備力はいまだリーグ上位レベル。オプションは増える一方だ。 また、投手陣は岸孝之がインフルエンザで出遅れ、安樂智大がケガで離脱したにも関わらず、小刻みな継投で粘り勝ちを収めている。2人が帰還す [全文を読む]

【プロ野球】崖っぷちから羽ばたけ! ファンが“それでも期待する”西田哲朗(楽天)の今シーズン

デイリーニュースオンライン / 2017年01月25日16時05分

内野レギュラー陣は今江年晶、藤田一也が30代半ば。適度に休養を挟みながらの起用になるはずだ。そのときこそ、西田の活躍が必要になる。 チームでも1、2を争う人気者。昨年のバレンタインではチーム最多のチョコをゲットした。それだけに、復活を期待するファンの声は根強い。 今はまさに「崖っぷち」に立っているが、ファンの声に応えるべく、カクテル光線のなか、ふたたび羽 [全文を読む]

【プロ野球】ふたたび東北に夢と感動を。梨田監督の胴上げを実現する楽天の「年男5人衆」

デイリーニュースオンライン / 2017年01月04日16時05分

正二塁手・藤田一也は今季中に35歳を迎える。三好の出番は昨年以上に増えるはずだ。後継者の地歩をガッチリ固めたい。 吉持亮汰(内野手) 2015年ドラフト2位(大阪商業大)/2年目 【通算成績】21試合:37打席/打率.161/0本塁打 ケガなどもあったためルーキーイヤーの昨季は21試合の出場にとどまったが、プロ初安打は同じ広陵高の先輩・吉川光夫(巨人)から [全文を読む]

【プロ野球】菊池涼介(広島)、秋山翔吾(西武)…。今季12球団の2番打者を比較! 攻撃的2番打者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月23日17時05分

(成績は2番スタメン出場時のもの) 広島東洋カープ 菊池涼介140試合:打率.315(572打数180安打)/13本塁打/56打点/23犠打/OPS.790 田中広輔1試合:打率.000(3打数0安打)/0本塁打/0打点/0犠打/OPS.250 読売ジャイアンツ 橋本到35試合:打率.206(126打数26安打)/2本塁打/10打点/17犠打/OPS.5 [全文を読む]

【プロ野球】守備のタイトル、ゴールデン・グラブ賞発表! パ・リーグの激戦ポジションは!? 史上初の快挙も!!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月18日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■3人が票を分け合ったパ・二塁手部門 パ・リーグの二塁手部門は三つ巴の争いとなり、接戦を制して受賞したのは87票を獲得した藤田一也(楽天=写真)だった。2位が田中賢介 (日本ハム)で68票、3位には浅村栄斗(西武)で60票と続いた。 各部門のトップが100票に届かなかったのはこの二塁手部門 [全文を読む]

【プロ野球】山口俊がFA宣言! ベイスターズがたどった「主力選手流出」の歴史を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年11月09日16時05分

■今もいてくれたら、と思ってしまう選手たち 藤田一也は2012年のシーズン中に、楽天との間に成立した内村賢介とのトレードによりDeNAを去った。藤田は、巨人から横浜にやってきた名手・仁志敏久氏に「日本一守備がうまい選手」と言わしめたほどの守備力を誇っていた。藤田の代わりにDeNAに移った内村は、今季終了後に戦力外を通告された。 横浜の正捕手だった相川亮二 [全文を読む]

【プロ野球】藤平尚真(横浜高)の一本釣りに成功した楽天。球団史上最多14人を指名したドラフト結果を振り返る!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月26日16時05分

攻守ともに卓越した職人技術で初優勝に貢献した正二塁手・藤田一也も、来季は35歳シーズンを迎える。この2年間はケガも多く、バックアップ要員が必要な状況だ。 新人ながらも完全に正遊撃手の座をもぎ取った茂木栄五郎の存在は頼もしいが、ケガなどの不測の事態が起きたときの準備も欠かせない。 第一次戦力外通告期間で岩崎達郎、後藤光尊を構想外にしたこともあり、そのように [全文を読む]

CSと日本シリーズを“ジンクスだけ”で超予想。カープは第7戦で日本一を決める!

週プレNEWS / 2016年10月06日11時00分

10年ロッテは吉見(よしみ)祐治、11年ソフトバンクは内川聖一、12年巨人は村田修一、13年楽天は藤田一也…といった具合に、横浜から補強したチームが連続で日本一を達成しているのだ。 14年、15年はソフトバンクが2連覇しているが、その立役者は間違いなく横浜出身の内川だ。彼は2年続けてポストシーズンで大暴れした(14年は日本シリーズMVP、15年はファイナル [全文を読む]

【プロ野球】2年目のジンクス?西武・高橋光成が迎えた試練のとき

デイリーニュースオンライン / 2016年07月21日16時05分

しかし直後の6回表、高橋光は先頭の岡島豪郎に四球、藤田一也に安打を許し、無死一、二塁のピンチを迎えてしまう。 高橋光は「魔の6回」をまたもや堪えきれず、ペレスにタイムリーを浴びる。森の悪送球も重なり、2対2の同点に。悪い流れのまま、サード・金子侑司がウィーラーの打球をファンブルしたところで高橋光は降板。敗戦投手となった高橋光は、5連敗を喫してしまった。 ま [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメン再確認でみるパ・リーグ6球団のチーム事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日17時05分

■開幕時から大きくメンバーが入れ替わった下位2球団 東北楽天ゴールデンイーグルス 1 右 岡島豪郎 2 一 銀次 3 中 松井稼頭央 4 左 ウィーラー 5 三 今江敏晃 6 遊 茂木栄五郎 7 指 ゴームズ 8 二 藤田一也 9 捕 嶋基宏 先発 則本昂大 スランプの選手やケガ人が多い。ゴームズは早々に帰国。松井稼、今江のPL学園コンビは不振で2軍暮ら [全文を読む]

【プロ野球】パ球団のレギュラーが決まらないポジションを徹底解剖

デイリーニュースオンライン / 2016年04月19日16時04分

■楽天 ≪センター≫ 聖澤諒 先発6 福田将儀 先発4 松井稼頭央 先発4 (オコエ瑠偉 先発1) (岡島豪郎 先発1) ≪ライト≫ 島内宏明 先発1 ウィーラー 先発1 (岡島豪郎 先発14) ≪レフト≫ ウィーラー 先発14 枡田慎太郎 先発1 中川大志 先発1 負傷の藤田一也のセカンドには後藤光尊が収まったが、ここにきて、岡島豪郎が負傷。シーズン当 [全文を読む]

【プロ野球】今年は守備に注目!昨季のゴールデン・グラブ賞で次点だった男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年03月14日16時10分

浅村、田中賢介(日本ハム・27票)、藤田一也(楽天・18票)とこちらも三つ巴になりそうだ。 <三塁手> バルディリス(DeNA・46票) レアード(日本ハム・11票) セ・川端(ヤクルト)、パ・松田(ソフトバンク)が君臨する三塁手部門。レアードのダイナミックなプレーと強肩は受賞には至らずとも一見の価値がある。17失策を犯し、安定感を欠いたが、そのあたりが改 [全文を読む]

マニアックものまね芸人 野球が好きすぎ愛媛でプロ野球選手に

NEWSポストセブン / 2016年01月22日16時00分

「40才を前に、もう一度夢を目指してみたくて…ダメなら来年再チャレンジと思ってたんですが、受かっちゃいました(笑い)! トライアウト合格後には楽天の藤田一也選手(33才)がグローブをプレゼントしてくれたり、巨人の高橋由伸監督(40才)からも“おめでとう!”とメールをもらったり…ありがたいですね~。試合は週末なので、平日は芸人活動を続ける予定。マウンドで観 [全文を読む]

フォーカス