武内絵美のニュース

テレ朝・武内絵美アナ 復帰後1年の働きが大絶賛されている

NEWSポストセブン / 2013年12月13日07時00分

一昨年に出産、昨年12月に職場復帰した武内絵美アナ(37)である。かつては『報道ステーション』のスポーツキャスターを務めていたが、現在はレポーターとして事件などの現場取材を担当する。 不慣れな業務で苦戦しているかと思いきや、復帰後1年間の働きは大絶賛されている。『報ステ』関係者がいう。 「特に評価を上げたのが、元歌手の藤圭子の自殺現場からのレポートだった。 [全文を読む]

なかなかの逸材 テレ朝・竹内由恵アナの魅力を分析

NEWSポストセブン / 2016年12月25日07時00分

同局で正月のスポーツ特番をレギュラーで担当しているとんねるずの石橋貴明が、彼女のことを「ヤングたけうち」、先輩の武内絵美アナのことを「オールドたけうち」と呼んでからは、名前がさらに定着したものだ。 その「オールドたけうち」こと武内絵美アナは現在、国会内や党本部などでの直撃インタビューに定評がある。「何といっても、美貌で群を抜いている。武内から呼び止められ [全文を読む]

学研×テレビ朝日――子育てお役立ちアプリが登場! 『学研×ゴーエクスパンダ かいてけせる ひらがな・かず』

PR TIMES / 2013年03月26日11時15分

●ナレーションは、武内絵美アナウンサー ナレーションは、テレビ朝日の武内絵美アナウンサーが担当しています。きれいな発音で学ぶことができます。 AppStoreにて配信、ダウンロード無料(追加コンテンツは、有料) AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/id612745933 公式サイト:http://www.tv [全文を読む]

テレ朝・田中萌アナ 社内不倫も会長から寵愛受け無事復帰

NEWSポストセブン / 2017年01月08日16時00分

武内絵美(40)を中心とする報道畑の女子アナが集まる“武内会”に所属する宇賀に比べて、竹内には“後ろ盾”もいない。下平さやか(43)率いる“下平会”に入る手もあるが、新入社員時代に下平にこっぴどく叱られたトラウマがあるため、なかなか門を叩くことができない」(同前) 週刊ポスト2017年1月13・20日号 [全文を読む]

“女っ気”乏しいテレ朝『報ステ』新体制はお先真っ暗? 目玉は「ミス富士山グランプリ」のド新人だけ!?

日刊サイゾー / 2016年04月10日12時00分

現場を飛び回るフィールドリポーターは、武内絵美アナ(月~金曜)、板倉朋希アナ(同)、平石直之アナ(水~金曜)の3人。 結局、新体制で常時スタジオ出演する女子アナは、小川アナと新人の森川アナの2人だけ。これでは、男性視聴者が番組を見なくなる可能性も十分。折しもNHK総合では、リニューアルして午後10時開始に移動した『クローズアップ現代+』が同4日よりスター [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】古舘伊知郎 『報ステ』ラストコメントに水道橋博士「今後の展開が楽しみ」

TechinsightJapan / 2016年04月01日14時30分

スタジオの奥で見守る武内絵美アナウンサーやスポーツキャスターの稲葉篤紀、松岡修造、朝日新聞論説委員・三浦俊章さんの姿も見られた。 番組の終わりにおよそ8分間、古舘伊知郎が届けた熱い言葉には様々な思いが込められていた。視聴者から寄せられる感想や意見について「お褒めの言葉に喜び、徹底的な罵倒に傷ついたこともありました」「私も“電波”という公器を使ってしゃべらせ [全文を読む]

[11月22日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2015年11月22日06時00分

Others aiko(シンガー・ソングライター、1975) 武内 絵美(アナウンサー、1976) 遠野 なぎこ(女優、1979) 小森 純(タレント、1985) 佐藤 由加理(元SDN48:タレント、1988) 有村 智恵(ゴルフ、1987) [全文を読む]

TV有名人の傑作すぎる「放送事故」(3)沢尻エリカが芸人に罵倒されて…

アサ芸プラス / 2015年03月31日17時59分

とりわけ、武内絵美アナが不味い料理に眉間のシワを寄せて酷評するのが見せ場だった。「2003年にバリバリ清純派だった時代の沢尻エリカが出演していました。しかも、ゲストの山崎邦正にさんざん『不味い』と罵倒されまくって泣き始めたんです。あの頃は神がかって可愛かったですね」(芸能記者) 2010年放送の「がっちりアカデミー!!」(TBS系)。優木まおみが出演した回 [全文を読む]

結婚データ分析で見えた!今狙うならこの女子アナ

WEB女性自身 / 2014年10月16日08時00分

武内絵美(テレ朝)や竹内香苗(TBS)という好感度の高い女子アナも、一般男性と結ばれている。女子アナは社長や有名人とばかり結婚しているわけではなく、意外と手の届く範囲にいるのだ。 もうひとつ、結婚発表時に「趣味が合った」というコメントが多く見受けられる。遠藤玲子(フジ)は「野球好きな私のマニアックな野球トークにも喜んで付き合ってくれる寛大な人」と言っている [全文を読む]

スポーツキャスターたちがファンサービスをしなくなった理由

週プレNEWS / 2014年06月08日06時00分

テレビ朝日の武内絵美アナはどんなに急いでいても足を止めて快くサインや写真撮影に応じてくれたし、元フジテレビの平井理央アナもイヤな顔をしつつも色紙を出せばサインを書いてくれた。 けど、今の女子アナたちはけんもほろろ。特に『すぽると!』(フジ)のキャスターを務める宮澤智アナと、『サタデー/サンデースポーツ』(NHK)の杉浦友紀アナなんかは呼び止めても目さえ合わ [全文を読む]

女子アナたちのファンサービス。カトパンは神対応、それとも塩対応?

週プレNEWS / 2013年10月20日14時00分

「僕らの間で“女神”とあがめられているのは、テレビ朝日の武内絵美アナ。野球場の前で、プロ野球の取材に来る女子アナを出待ちしているんですが、武内アナは声をかけると必ず足を止めて対応してくれる。サインも写真撮影も快諾してくれますよ。そんな彼女に次いで好感度が高いのは、日本テレビの徳島えりかアナかな。近寄り難いオーラが全身から漂っていますが、声をかけると意外と [全文を読む]

女子アナファン大絶賛! 日テレ・徳島えりかアナが愛される理由

週プレNEWS / 2012年11月25日16時00分

「『報道ステーション』のスポーツキャスターだったテレ朝の武内絵美さんは女神でしたね。どんな状況でも気さくに応対してくれて、簡単な雑談をすることもできた。人気でいえば、『すぽると!』キャスターだった平井理央アナ(元フジ)がナンバーワン。彼女が球場に姿を見せるやファンが殺到し、瞬く間に黒山の人だかりができていましたから(笑)」 ところがである。最近はサインに [全文を読む]

テレ東・紺野あさ美が五輪アナに起用されなかった理由とは?

NEWSポストセブン / 2012年08月25日07時00分

惜しいといえば、“オールドたけうち”(とんねるずの石橋貴明が命名)こと武内絵美アナ(産休中)の後を継いで『報道ステーション』でスポーツを担当したり、朝日新聞のコラムも引き継いでいる宇賀なつみアナも「なんで私じゃないの?」と思っているのでは? “ヤングたけうち”(命名者、同じく)の竹内由恵アナは、『ミュージックステーション』の歴代女子アナに比べると評判がイ [全文を読む]

歴代女子アナ「最強の玉の輿」ランキング(4)

アサ芸プラス / 2012年04月27日10時55分

* ベスト20のランキングには1人も入っていないテレ朝だが、一昨年、大木優紀が会社役員、武内絵美が一般男性と結婚。そして昨年は上宮菜々子、今年2月には八木麻紗子が同僚アナの野上慎平とそれぞれゴールインを決めた。ちなみに同僚アナと結ばれるケースが多いのも同局の特徴で、過去には、高橋真紀子、村上祐子もそうだ。 他局と比べて“地味婚”が多いようにも思えるが、女 [全文を読む]

「リークは相手の女」東山紀之、グラドル密会スクープの真相

サイゾーウーマン / 2012年04月19日08時00分

ピーターはブログで東山が同級生と訪れたこと、さらに東山の元交際相手でテレビ朝日の武内絵美アナウンサーが、夫と子どもと参加したことまでつづっている。前カノとパーティーで同席、翌日にはグラドルと密会なんて、ジャニーズタレントとしては大胆。事務所や木村も、ヒガシのヤンチャに関してもある程度は承知の上なのでしょうが……」(芸能ライター) 東山は同誌の取材に、事務所 [全文を読む]

芸能界ピンチヒッター裏・物語(5)

アサ芸プラス / 2012年04月02日11時00分

同番組のスポーツコーナーは、河野明子アナ(33)が中日ドラゴンズの井端弘和(36)との寿退社、後任の武内絵美アナ(35)も前年11月に入籍した夫との間の子供を妊娠したことを理由に降板。現在、担当している宇賀なつみアナ(25)が結婚&妊娠を発表するのも時間の問題か!? 人気アナを多く抱えるフジの“代打屋”と言われているのが、石本沙織アナ(31)だ。 05年 [全文を読む]

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(1)女子アナ編 小林麻耶→青木裕子「仕事をナメてる」

アサ芸プラス / 2012年03月13日10時55分

外面のいい麻耶と、あけすけな青木は性格も正反対だし」(前出・TBS関係者) 一方のテレビ朝日では、現在、産休中の武内絵美アナ(35)が、お局化していたという。 「『少年隊』の東山紀之や市川海老蔵とも噂になったり、かつては華麗な男遍歴を誇っていた武内アナも婚期を逃し、男日照りで出入りの放送作家にまで合コンを頼むほど焦っていた。熱愛報道のあった後輩の大木優紀ア [全文を読む]

フォーカス