落合博満のニュース

DeNA中畑監督と落合博満氏の間に確執が生まれた1本の電話

NEWSポストセブン / 2012年09月23日16時00分

過去に落合博満氏(中日)、梨田昌孝氏(近鉄、日本ハム)、田尾安志氏(楽天)、真弓明信氏(阪神)、中畑清氏(横浜DeNA)という監督を輩出している「昭和28年会」。同会は毎年欠かさずイベントを行なっているが、近年、落合氏は参加していない。この背景には、2004年のアテネ五輪の際に生まれた落合氏と中畑氏との確執があるようだ。9月2日、群馬県伊勢崎市で行なわれた [全文を読む]

落合博満が「球界の大物たち」を猛毒口撃(1)コミッショナーは短気な人

アサ芸プラス / 2012年09月18日10時59分

しかし、マイクの前に立った前中日監督・落合博満氏(58)の顔は、左の口角が引っ張られたように少し上がっている。すでに報じられているが、落合氏は8月16日の早朝に「顔面まひ」が発症して救急車で病院に搬送されたのだ。 命に別状があるような重症ではなかったようだが、いまだにしゃべると空気が少し漏れてしまうような状態である。それでも落合氏は聴衆の前に立ち、2時間 [全文を読む]

落合博満が「球界の大物たち」を猛毒口撃(2)「飛び降りたら楽になる」

アサ芸プラス / 2012年09月19日10時59分

【関連記事】 落合博満が「球界の大物たち」を猛毒口撃(1)コミッショナーは短気な人 落合博満が「球界の大物たち」を猛毒口撃(3)巨人監督就任説は消えない 落合博満が「猛毒講演会」で球界メッタ斬り(1) 落合博満が「猛毒講演会」で球界メッタ斬り(2) 落合博満が「猛毒講演会」で球界メッタ斬り(3) [全文を読む]

落合博満氏の辛口野球評論を聞ける可能性を野球関係者予測

NEWSポストセブン / 2012年02月15日07時00分

今年のプロ野球キャンプには姿を見せていない落合博満前中日監督だが、1月には和歌山県太地町にある『落合博満記念館』で受付をしていたところを目撃されている。はたして今後の落合氏は、どういう動きを見せるのだろうか? 「日刊スポーツと契約を結んでいますが、テレビのコメンテーターなどはやらないそうです。新聞は字数の問題さえあるとはいえ、自分の考えをしっかり伝えられる [全文を読む]

【プロ野球】三冠王の息子は都市伝説、火消しの娘はアイドル、猛牛軍団の血を継ぐ女優。元プロ野球選手の子どもたち

デイリーニュースオンライン / 2017年02月17日17時05分

それは落合博満(元中日監督)と福嗣の親子だ。 父・博満の実績は今さら説明不要だろう。史上唯一、3度の三冠王を獲得。監督としても中日を日本一に導くなど、「野球の神に愛され過ぎた」球界のレジェンドだ。そして、息子・福嗣も父に負けず劣らぬレジェンドと筆者は見ている。 稀代の三冠王の息子として幼少期よりテレビに出演することが多く、数々の「福嗣伝説」を作ってきた。テ [全文を読む]

フクシくんが声優デビュー…各界で活躍するプロ野球選手ジュニアたち

デイリーニュースオンライン / 2015年07月14日11時00分

あのフクシくんがついに本格的に開花!? 「プロ野球選手の息子」として、1990年代からトップロードを走り続けているのが、三冠王・落合博満氏(元ロッテほか)の愛息・落合福嗣さんである。 福嗣さんのこれまでの肩書きは〈日本のタレント、コラムニスト、評論家、コメンテーター、エッセイスト、歌手、声優〉と幅広い。中学生や高校生にとっては一体何者? となりそうだが、 [全文を読む]

中日井端 落合氏から併殺打を称賛され福嗣君とも交流深めた

NEWSポストセブン / 2013年03月27日16時00分

この活躍を誰よりも喜んでいるのは、落合博満前中日監督ではないだろうか。 落合氏と井端といえば、監督就任1年目の2004年5月11日、ヤクルトに敗れて最下位に転落した試合後の発言が思い起こされる。 「今日の収穫は、井端のサードゴロ(併殺打)」 通常であれば非難される対象の併殺打を収穫と捉えた落合氏の真意は、どこにあったのだろうか。スポーツ紙記者が解説する。 [全文を読む]

落合氏がWBC監督に野村克也氏を推す背景に野球界特有の論理

NEWSポストセブン / 2012年09月20日16時00分

日本代表監督の候補として、現段階で広島元監督の山本浩二氏や、現役ではソフトバンクの秋山幸二監督らの名前などが挙がっているが、そのなかで、一時、本命に挙げられていた落合博満氏は、楽天元監督の野村克也氏を第1候補として推している。落合氏は、9月2日に群馬県・伊勢崎市で開かれた講演会でその理由をこう述べている。 「私なりに、全日本の監督はこの人がなるべきだろうと [全文を読む]

落合博満がWBC監督を絶対に引き受けない理由

週プレNEWS / 2012年09月18日06時00分

9月4日の出場決定以降、候補として名前が挙がっているのは巨人・原辰徳、ソフトバンク・秋山幸二の両現役監督、過去に日本代表のコーチ経験がある山田久志氏、伊東勤氏、山本浩二氏、そして名将として名高い野村克也氏、落合博満氏だ。 2006年の第1回大会では、王貞治監督が圧倒的なカリスマ性でチーム率い、世界一を勝ち取った。一転して2009年の第2回大会では、原辰徳 [全文を読む]

落合博満が「裏金・ダメ選手&首脳陣」をぶっちゃけた!(3)MVP選手に猛烈ダメ出し

アサ芸プラス / 2017年03月19日09時56分

プレゼント用のサインバットを手にした落合氏は、「野球少年も来てくれたみたいだから、ふだんオレは子供には教えないんだけど今日は特別にバッティングのコツを教えてやるよ」 と言うや、着ていたジャケットを脱ぎ、打撃解説を始めたのだが──。「ある時期から日本の指導者はヒッチ(バットをユラユラと上下動させる)やコック(バットのヘッドが背中に入ること)をしてはいけないと [全文を読む]

落合博満が「裏金・ダメ選手&首脳陣」をぶっちゃけた!(2)スキャンダルを消したから…

アサ芸プラス / 2017年03月18日17時56分

このぶっちゃけ発言に、会場はざわつく。何しろ、球団から「裏金交渉」を提案されたことを暗にほのめかす内容だったからだ。「GMに就任してからは、最高標準額の1億円を守ったよ。他の球団のことは知らないよ。でも、オレの実家は煎餅屋、小商人の家庭で育ったから、身の丈に合った予算でチーム編成をしたかった」 落合氏はさらにこう続けたのだが、中日以外の球団では1億円以上を [全文を読む]

落合博満が「裏金・ダメ選手&首脳陣」をぶっちゃけた!(1)3年間のGM生活は苦痛だった

アサ芸プラス / 2017年03月18日09時56分

3月5日、落合博満氏(63)は名古屋国際ホテルでトーク&ディナーショーを開催。GM退任後、初の舞台である。約400人の聴衆を前に、こう切り出した。「最近は何もしてない。寝てばかりいる。晩飯を食って焼酎を2、3杯飲みながらBSフジの『プライムニュース』を見て、2、3時間ほどうたた寝をして、明け方の2時、3時に寝て、昼の12時、1時に起きている。秋田県の人間 [全文を読む]

【プロ野球】人間性は違えども…。今もっとも旬な“お騒がせ男”トランプ大統領を彷彿させる名監督はこの2人!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月12日16時05分

(※監督、球団は当時のもの) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■強い中日を作るために辣腕をふるった落合博満監督 トランプ大統領が取り組む政策のうち至上命題となっているのが、米国の貿易赤字の解消だ。大統領就任早々、TPPからの離脱を即決、保護貿易主義にひた走る。 これまでの世界的な潮流はグローバリズムだったが、あえて“アメ [全文を読む]

【書評】オレ流・落合を完全サポート。森繁和に学ぶ二番手の品格

まぐまぐニュース! / 2017年02月08日15時00分

「名選手は名監督にあらず」というプロ野球界の常識を覆し、中日ドラゴンズ監督に就任するやいきなりリーグ優勝を果たした落合博満氏。そんな落合氏をナンバー2として支え続けたのが、今季から同球団の監督を務める森繁和氏です。無料メルマガ『ビジネス発想源』ではそんな森氏が「ナンバー2の持つべき意識」を綴った一冊が紹介されています。 トップとナンバー2 最近読んだ本の内 [全文を読む]

落合博満「オリックス全権監督」の逆襲が始まった!(3)名誉と評価回復に絶好の機会

アサ芸プラス / 2017年01月16日05時56分

チーム内外は激震しているが、一方で、落合氏自身はすでに、「逆襲」の機会を狙ってシフトチェンジしたとも言われる。中日の一部関係者は「表面上すんなりと退任をした態度が不気味。『次』が決まっているのではないか。どんな反撃を用意しているのか」と今後の動きに疑心暗鬼、戦々恐々としているのだ。「ズバリ、逆襲を仕掛けるとすれば、他球団で監督として中日にしっぺ返しをするこ [全文を読む]

落合博満「オリックス全権監督」の逆襲が始まった!(2)次期監督リストに中日OBが復活

アサ芸プラス / 2017年01月15日17時56分

『落合氏の影』が完全に消えるわけではありませんが、球団関係者は森監督が今後、どんな態度を見せるのか、落合氏との関係性をどうするのか、を注視しています」(中日グループ関係者) [全文を読む]

落合博満「オリックス全権監督」の逆襲が始まった!(1)身の危険を感じて退任を申し入れ

アサ芸プラス / 2017年01月15日09時56分

昨年12月20日、週刊アサヒ芸能で既報どおり(16年12月15日号)、契約満了による落合博満GM(63)の1月末での退団が発表されたのだ。3年前のGM就任の際に落合氏は、球界人事のほとんどが11月には固まることを見越して、1月末までの任期を要望。しかも途中解任の場合は、年俸の3倍の違約金を払わねばならないという狡猾な契約を結び、簡単にクビを切られないように [全文を読む]

原辰徳、落合博満になぜか子役時代の坂上忍まで…! プロ野球選手名盤レコード大賞【前編】

週プレNEWS / 2016年12月30日06時00分

えっ、それでサムシングってこと!? ●最優秀デュエット賞 『そんなふたりのラブソング』落合博満・落合信子 現役時代、フグ屋で隣の客(音楽業界人)にひれ酒の飲み方を聞かれたのがきっかけでレコードデビューを果たした落合博満。ベスト盤を出すほどあまたある落合ソングのなかでも出色は、信子夫人とのこのデュエットソング。落合が「男一匹・嵐に向かう~」と歌えば、信子夫人 [全文を読む]

中日落合GMの退任が決定!他球団のファン「うちの監督になって復讐を」

しらべぇ / 2016年12月22日19時00分

(AlbertoChagas/iStock/Thinkstock)中日ドラゴンズの落合博満ゼネラルマネージャーが1月を以って契約満了のため退団することが判明。ドラフトなどの選手補強が失敗続きであることに一部から批判があったほか、チームも3年連続Bクラスに終わったことから、事実上の「解任」であるとの見方が有力だ。ファンからは、様々な意見が。退任する落合GMが [全文を読む]

【プロ野球】小山正明・山内一弘、田淵幸一・真弓明信、落合博満・牛島和彦…。歴史的WIN・WINトレード3選

デイリーニュースオンライン / 2016年12月19日17時05分

■<3>【1986年オフ】ロッテ・落合博満 ←→ 中日・牛島和彦ほか 前代未聞の「1対4のトレード」が発表されたのは、もう少しでクリスマス・イブを迎えようかという1986年12月23日の午後10時過ぎ。トレードの主役は、その年、史上最多となる3度目の三冠王を獲得したロッテの落合博満だ。 チーム成績も観客動員も伸び悩むなか、圧倒的な個人成績を残す落合の年俸 [全文を読む]

フォーカス