武田真一のニュース

武田アナが凍りついた田原総一朗のツッコミ NHKクロ現「高齢者セックス特集」

2 / 2017年05月19日18時19分

NHKのエース、武田真一アナを凍りつかせた「放送禁止用語的」ヒトコトとは。生放送中「本番以外のサービスって何するの?」「......まずは、様変わりするシニアの性行動の実態に迫りましょう」MCの1人、鎌取千秋アナのナレーションとともに、番組は前置きの後、NHKらしからぬ場面が始まった。東京都内のマンションの1室にある「派遣風俗店」の受付。こんなナレーション [全文を読む]

親の財産を我が子の教育につぎ込む中国人...超少子高齢化社会がもたらした「骨肉の争い」

2 / 2017年04月18日16時01分

武田真一キャスター「2人目は産まない、子が親の家を奪うといったさまざまな問題が起きています」原因といわれるのが教育コストの上昇だ。都市部で子どもが大学を卒業するまでに4000万円かかる。その教育費を親の財産に頼る子世代が増えているという。上海市の法律相談所は嫁姑問題の相談が年1000件を超す。訪れた老母は「ここに来たのが嫁に知られると怖い」弁護士の李東方さ [全文を読む]

NHK武田真一アナ 紅白司会では有働メモ活用、家事は分業制

2 / 2017年04月10日07時00分

しのぎを削る夜10時の時間帯に、この4月から『クローズアップ現代+』(NHK総合、月~木曜午後10時~)のキャスターを務めることになった“NHKの貴公子”こと武田真一アナ(49才)。 昨年末に初めて抜擢された紅白歌合戦の総合司会にあたっては、一昨年まで大役を務めていた1年後輩の有働由美子アナウンサー(48才)のサポートを受けた。「A4の紙3枚にわたる、とて [全文を読む]

NHK武田真一アナ バンド経験やスーツは2着など意外な素顔

2 / 2017年04月09日07時00分

しのぎを削る夜10時の時間帯に、NHKが今春新たに抜てきしたのが“NHKの貴公子”こと武田真一アナ(49才)だ。好きな男性アナウンサーのランキングでは堂々の第3位(2016年)。真面目さと抜群の安定感で女性から熱視線を浴びる彼は、一体どんな人なのか? パリッとしたスーツに身を包み、表情を変えず淡々と、涼しげにニュースを読み上げる。そんな姿がおなじみの武田真 [全文を読む]

X JAPAN「We are X!」のシャウト響く 「紅」でゴジラ止める<紅白本番>

2 / 2016年12月31日23時09分

会場外から中継していた武田真一アナウンサーも「やりました!ゴジラが凍結、完全に沈黙しました!」と作戦成功を報告し、コーナーが終了した。◆東京五輪に向けて“夢”を応援 今年のテーマは「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、「紅白歌合戦」では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリ [全文を読む]

嵐、有村架純ら登場、土屋太鳳が舞い踊り、E-girls・欅坂46のステージも「紅白」リハーダル<2日目まとめ/写真特集>

2 / 2016年12月29日14時19分

◆嵐・相葉雅紀&有村架純、紅白司会の心境は? 白組司会をつとめる嵐の相葉、紅組司会をつとめる女優の有村架純、総合司会をつとめる武田真一NHKアナウンサーが3人で報道陣の取材に応じた。相葉は嵐として5年連続で司会を務めているが、単独では初となる。 リハーサルの手応えを聞かれると「また全然違いますね。大変なところは櫻井(翔)が1番やっていたので、5回やってて [全文を読む]

ブームの陰で「アニメ地獄」制作現場は低賃金、長時間労働、使い捨て・・・

1 / 2017年06月09日12時07分

そういう職場をつくっていかないと人が集まらなくなり、アニメ業界の存続が危うくなります」 司会の武田真一は「ブラック労働と言われないよう、新しい仕組みを創造する時です」と訴えたが、NHKの制作下請けはどうなっているのだろう。 ※クローズアップ現代+(2017年6月7日放送「2兆円↑アニメ産業 加速する"ブラック労働"」) [全文を読む]

延命措置しないケース増える医療現場 本人の意思尊重

1 / 2017年06月06日16時28分

「先延ばしはやめて、われわれはできる範囲で責任をまっとうしたい」武田真一キャスター「もし自分だったらどういうことが言えるかわからないですが、背景には何が?」延命中止のガイドライン広がる東大大学院の会田薫子特任教授は「ご本人の気持ちを尊重する時代になった」という。 [全文を読む]

社員をつなぎ止めろ!企業あの手この手・・・給料より休日・休憩優先

1 / 2017年06月03日12時00分

武田真一キャスター「本来は上司が観察していてわかるものだったんですがねえ」 安藤准教授「昔は会社が長期にわたって人を育てましたが、今はそこまでできないんです。社員も自分でキャリアを築かないといけないんです」 かつては会社と社員は運命共同体だったが、いまは対等な契約関係になろうとしている。魅力的な職場や仕事を提供できなければ、人材が逃げるのは当然だ。それが [全文を読む]

田中哲司「妻・仲間由紀恵の居ぬ間に3年目の浮気」著名ヘアスタイリストと密会

1 / 2017年06月02日17時34分

男のほうは安住紳一郎、桝太一、羽鳥慎一、武田真一、富川悠太。嫌いなベスト3は、女子は加藤綾子、田中みな実、水卜麻美。男は宮根誠司、上重聡、古館伊知郎。女子の場合、好きと嫌いが紙一重のようだ。 ジャニーズ事務所の「KAT-TUN」の元メンバーだった田中聖(31)が大麻取締法違反で逮捕されたが、週刊文春はジャニーズ事務所にはこれまでもこれからも不良たちがたくさ [全文を読む]

フォーカス