武田真一のニュース

NHK武田真一アナ 紅白司会では有働メモ活用、家事は分業制

NEWSポストセブン / 2017年04月10日07時00分

しのぎを削る夜10時の時間帯に、この4月から『クローズアップ現代+』(NHK総合、月~木曜午後10時~)のキャスターを務めることになった“NHKの貴公子”こと武田真一アナ(49才)。 昨年末に初めて抜擢された紅白歌合戦の総合司会にあたっては、一昨年まで大役を務めていた1年後輩の有働由美子アナウンサー(48才)のサポートを受けた。「A4の紙3枚にわたる、とて [全文を読む]

武田アナが凍りついた田原総一朗のツッコミ NHKクロ現「高齢者セックス特集」

J-CASTニュース / 2017年05月19日18時19分

NHKのエース、武田真一アナを凍りつかせた「放送禁止用語的」ヒトコトとは。生放送中「本番以外のサービスって何するの?」「......まずは、様変わりするシニアの性行動の実態に迫りましょう」MCの1人、鎌取千秋アナのナレーションとともに、番組は前置きの後、NHKらしからぬ場面が始まった。東京都内のマンションの1室にある「派遣風俗店」の受付。こんなナレーション [全文を読む]

X JAPAN「We are X!」のシャウト響く 「紅」でゴジラ止める<紅白本番>

モデルプレス / 2016年12月31日23時09分

会場外から中継していた武田真一アナウンサーも「やりました!ゴジラが凍結、完全に沈黙しました!」と作戦成功を報告し、コーナーが終了した。◆東京五輪に向けて“夢”を応援 今年のテーマは「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、「紅白歌合戦」では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリ [全文を読む]

嵐、有村架純ら登場、土屋太鳳が舞い踊り、E-girls・欅坂46のステージも「紅白」リハーダル<2日目まとめ/写真特集>

モデルプレス / 2016年12月29日14時19分

◆嵐・相葉雅紀&有村架純、紅白司会の心境は? 白組司会をつとめる嵐の相葉、紅組司会をつとめる女優の有村架純、総合司会をつとめる武田真一NHKアナウンサーが3人で報道陣の取材に応じた。相葉は嵐として5年連続で司会を務めているが、単独では初となる。 リハーサルの手応えを聞かれると「また全然違いますね。大変なところは櫻井(翔)が1番やっていたので、5回やってて [全文を読む]

迷走!市場移転 小池知事は都議選までに判断下せるか?

J-CASTテレビウォッチ / 2017年05月30日16時40分

都議会議員選挙まで1カ月余りの時点にきても「出口の見えない状況」(武田真一キャスター)が続く。都庁内部の証言と小池知事へのインタビューから混迷の実態を探った。豊洲新市場に施設や機材を設置した業者には、資金負担がのしかかる。築地市場協会の伊藤裕康会長は「早く決めてほしい。じっと待つしかないが、どうすればいいか、途方に暮れる」と話す。自身が豊洲に設置した冷凍庫 [全文を読む]

村田諒太、30日のNHK「クローズアップ現代+」に緊急出演

スポーツ報知 / 2017年05月29日20時00分

武田真一キャスターが聞く。 [全文を読む]

何を話すのか…村田諒太 30日「クロ現」に緊急出演

スポニチアネックス / 2017年05月29日18時21分

武田真一キャスターが聞く。 [全文を読む]

クロ現武田アナ&ごごナマ阿渉アナ NHK上位管理職に昇格

スポニチアネックス / 2017年05月27日07時03分

「クローズアップ現代+」キャスターの武田真一アナウンサーや「ごごナマ」司会の阿部渉アナらが、経営の一端も担う上位管理職のエグゼクティブアナウンサーに昇格し、「ニュースウオッチ9」キャスターの有馬嘉男記者も報道局の副部長から記者主幹になる。 女性も積極的に登用し、42人が管理職に昇進する。また地域の放送・サービス充実のため新たに立ち上げる「地域改革プロジェク [全文を読む]

NHK武田、阿部アナウンサー、最高位のエグゼクティブに昇格!

スポーツ報知 / 2017年05月26日21時07分

報道番組「クローズアップ現代+」に出演する武田真一アナウンサー(49)、情報番組「ごごナマ」に出演する阿部渉アナウンサー(49)がシニア・アナウンサーからエグゼクティブ・アナウンサーに昇格。同局で最高位のアナウンサーとなった。6月9日付で発令される。 同局人事局によると、エグゼクティブ―は、アナウンサーとして従来の業務をしながら、経営的な視点で協会全体のこ [全文を読む]

福島のお米が売れな~い!安全なのに流通業者が「ノー」銘柄米も牛・豚飼料

J-CASTテレビウォッチ / 2017年05月26日11時45分

消費者は安全と認識してるのに・・・ 武田真一キャスター「安全とわかっていながら、なぜこうなるのでしょうかね」 東京大大学院の関谷直也・特任教授はこう指摘した。「消費者の中で(福島産米を)拒否しているのは2割程度しかいないに、流通業者の中に『多くの人たちがまだ不安に思っているのでは』という認識のズレがあるんです。風評にこだわっているのは流通段階です。検査が [全文を読む]

フォーカス