菅野完のニュース

森友問題でスポットライト 謎の著述家・菅野完

デイリー新潮 / 2017年03月31日05時58分

菅野完(42)という謎の著述家の「私の履歴書」とは。 *** いまでは、右からも左からも煙たがられる存在となった籠池理事長にとって、頼りになるのはこの男だけかもしれない。なぜ、スポークスマン役を引き受けることになったのか。 「別に、もともと籠池理事長と親しかったわけやないです」 と、菅野氏が打ち明ける。 「3月10日に記者会見が開かれたとき、僕が質問すると [全文を読む]

菅野完氏、TV局から「籠池氏もっとイジって」と要求された

NEWSポストセブン / 2017年03月24日11時00分

ワイドショーの「森友劇場」を支えたその人物は、『日本会議の研究』の著書で知られる菅野完(すがのたもつ)氏である。 「僕は2月からこの問題を取材していますが、仕事をしている時間の4分の3はマスコミ対応なんです。大手メディアの姿勢には疑問も多々ありました」 菅野氏はそう前置きして語る。 「僕はフリーランスとしてやっているのに、大手マスコミからは取材で得たもの [全文を読む]

籠池の代わりに菅野完が会見、マスコミが中継を打ち切った爆弾発言の中身! 財務省の工作、稲田の父親、在特会...

リテラ / 2017年03月15日20時30分

本日、日本外国特派員協会による記者会見をキャンセルした籠池泰典理事長だったが、著述家である菅野完氏に会うために上京。自宅の前に詰めかけた報道陣に対し、本日14時半すぎ、菅野氏が理事長に代わって会見のキャンセル理由などを語ったが、そのなかには疑惑の鍵を握る重大な内容が含まれていた。まず、菅野氏は「理事長は僕にだけ話したいと言っている」とし、籠池理事長の記者会 [全文を読む]

渦中の「森友学園」運営の「塚本幼稚園」。保護者が語る衝撃の実態――『日本会議の研究』著者・菅野完氏緊急リポート

日刊SPA! / 2017年02月21日16時12分

『日本会議の研究』著者である菅野完氏の元にも報道各社から取材申し込みが多数あったという。それも当然だ。同書では、学校法人森友学園と同法人が運営する「塚本幼稚園」に触れていたからだ。そうした経緯もあって、著者の菅野氏は急遽大阪に飛び、取材を重ねたところ、衝撃的な事実に遭遇したという。「いや、今回は我が不明を恥じます。これまで私は間違っていた。認識が甘かった [全文を読む]

ベストセラー『日本会議の研究』出版差し止めも著者「実質勝訴」

しらべぇ / 2017年01月07日06時00分

著者である菅野完氏がこの団体の問題に切り込むまで、多くの人にとって聞きなれなかったはずの「日本会議」だが、この1冊を皮切りに数多くの「日本会議本」が書店に並んでいる。■東京地裁が「出版差し止め」の仮処分ところが、書籍に登場する男性が出版元の扶桑社に出版差し止めを申し立てた仮処分で、東京地裁は6日、差し止めを命じる決定を行なった。一方で、著者の菅野氏は「8割 [全文を読む]

ベストセラー『日本会議の研究』著者に聞く その怖さと強さの秘密

しらべぇ / 2016年07月06日06時00分

著者である菅野完氏(42)は、2013年に著書『保守の本分』を上梓し、自ら保守派・右翼を自認する。一方で、かつてはヘイトスピーチへのカウンター勢力「しばき隊」としても活動を行なっていた。「日本最大の右翼団体」とはいえ、会員数は3万8千人ほどの組織が、なぜ政権や議員たちに強い影響力を持っているのか。しらべぇ取材班は、菅野氏に話を聞いた。■日本会議は「肉まん」 [全文を読む]

森友学園問題 主要人物「発言」を点検する

文春オンライン / 2017年03月18日07時00分

おニャンコちゃん ©文藝春秋 ◆ 菅野完 著述家 「恐らく籠池さんが持ってはるもんが全部出てきたら、内閣が二つ分ぐらい飛ぶと思うんです。安倍晋三みたいなん、どうでもええって話になると思う」 FNNニュース 3月15日 森友劇場第二幕を切って落としたのは間違いなくこの人。ベストセラー『日本会議の研究』(扶桑社新書)の著者、菅野完氏だ。籠池氏へのコンタクトに [全文を読む]

急転「首相から100万」暴露へ。森友学園騒動を巡る黒幕は誰だ?

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日05時00分

15日に予定されていた記者会見を延期し、フリージャーナリストの菅野完氏の自宅でインタビューに応じ、さらに16日「小学校設立に関して安倍首相から100万円をもらった」との爆弾発言を口にした籠池元森友学園理事長。ますます混迷を極める「森友学園問題」ですが、あれだけ開校に意欲を見せていた籠池氏の突然の小学校認可申請取り下げに関しても、様々な憶測が飛び交う事態に。 [全文を読む]

【スクープ!】安倍昭恵夫人、塚本幼稚園から報酬を受け取っていた可能性

HARBOR BUSINESS Online / 2017年02月28日16時15分

<文/菅野完(Twitter ID:@noiehoie)> ※菅野完氏の連載、「草の根保守の蠢動」が待望の書籍化。連載時原稿に加筆し、『日本会議の研究』として扶桑社新書より発売中。また、週刊SPA!にて巻頭コラム「なんでこんなにアホなのか?」好評連載中 [全文を読む]

元参議院のドンが暴露する、日本会議の実体! 安倍政権に多大な影響を与える“霊的な力”とは

週プレNEWS / 2017年01月10日06時00分

それまで謎に包まれていたこの組織に光を当てたのが、昨年5月に発売され、たちまちベストセラーとなった『日本会議の研究』(扶桑社新書)の著者、菅野完(すがの・たもつ)氏。 年明けの1月6日には著作内に登場する男性が名誉毀損で訴えた申し立ての仮処分が東京地裁から下され、出版停止の判決に波紋を呼んでいるが、今回、その続編ともいうべき対話集『日本会議をめぐる四つの [全文を読む]

フォーカス