菅野完のニュース

ベストセラー『日本会議の研究』出版差し止めも著者「実質勝訴」

しらべぇ / 2017年01月07日06時00分

著者である菅野完氏がこの団体の問題に切り込むまで、多くの人にとって聞きなれなかったはずの「日本会議」だが、この1冊を皮切りに数多くの「日本会議本」が書店に並んでいる。■東京地裁が「出版差し止め」の仮処分ところが、書籍に登場する男性が出版元の扶桑社に出版差し止めを申し立てた仮処分で、東京地裁は6日、差し止めを命じる決定を行なった。一方で、著者の菅野氏は「8割 [全文を読む]

ベストセラー『日本会議の研究』著者に聞く その怖さと強さの秘密

しらべぇ / 2016年07月06日06時00分

著者である菅野完氏(42)は、2013年に著書『保守の本分』を上梓し、自ら保守派・右翼を自認する。一方で、かつてはヘイトスピーチへのカウンター勢力「しばき隊」としても活動を行なっていた。「日本最大の右翼団体」とはいえ、会員数は3万8千人ほどの組織が、なぜ政権や議員たちに強い影響力を持っているのか。しらべぇ取材班は、菅野氏に話を聞いた。■日本会議は「肉まん」 [全文を読む]

森友問題は終わっていない! 菅野完が国有地不正取引に財務省関与の新証拠、安倍首相は自民議員の質問に圧力

リテラ / 2017年04月18日22時58分

菅野完氏が公開、近畿財務局が森友学園に出していた指南文書 安倍政権による北朝鮮問題煽動のせいで、テレビはじめマスコミではほとんど報道されなくなった森友学園問題だが、疑惑はなにひとつ解消されていない。それどころか、ここにきて、国有地取引をめぐる財務省の関与を決定づける新たな事実が発覚した。 この問題の追及を牽引している著述家・菅野完氏が、昨日「ハーバービジ [全文を読む]

急転「首相から100万」暴露へ。森友学園騒動を巡る黒幕は誰だ?

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日05時00分

15日に予定されていた記者会見を延期し、フリージャーナリストの菅野完氏の自宅でインタビューに応じ、さらに16日「小学校設立に関して安倍首相から100万円をもらった」との爆弾発言を口にした籠池元森友学園理事長。ますます混迷を極める「森友学園問題」ですが、あれだけ開校に意欲を見せていた籠池氏の突然の小学校認可申請取り下げに関しても、様々な憶測が飛び交う事態に。 [全文を読む]

元参議院のドンが暴露する、日本会議の実体! 安倍政権に多大な影響を与える“霊的な力”とは

週プレNEWS / 2017年01月10日06時00分

それまで謎に包まれていたこの組織に光を当てたのが、昨年5月に発売され、たちまちベストセラーとなった『日本会議の研究』(扶桑社新書)の著者、菅野完(すがの・たもつ)氏。 年明けの1月6日には著作内に登場する男性が名誉毀損で訴えた申し立ての仮処分が東京地裁から下され、出版停止の判決に波紋を呼んでいるが、今回、その続編ともいうべき対話集『日本会議をめぐる四つの [全文を読む]

ネット著名人は知名度不足?荻上チキ、津田大介らの揺れる”下半身事情”|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月16日12時05分

『日本会議の研究』で話題になった作家の菅野完さんは、『週刊金曜日』に思い切り性的暴行未遂の話を被害者証言つきで掲載されてしまうという破廉恥事案が発生しています。 『日本会議の研究』の著者として知られる菅野完 しかも、日本会議について特集をしていた『週刊金曜日』をその菅野さんがTwitterなどで取り上げたりしていて、なんだろうと思うわけであります。もちろん [全文を読む]

参院選で改憲を狙う「日本会議」会員数はなんと3万8000人!

WEB女性自身 / 2016年07月02日06時00分

(安倍首相と麻生副総理が特別顧問)「おいテメー、二度とかけるな、ぶっ殺してやると言ったのに、この野郎」 『日本会議の研究』(扶桑社新書)の著者・菅野完(たもつ)氏の留守電に残されたメッセージだ。相手は「日本会議の正会員」を名乗る男。事実なら、著書の出版を快く思わない日本会議による「脅迫」の可能性では と菅野氏は考えた。 「電話は全部で9回かかってきました。 [全文を読む]

櫻井よしこ、竹田恒泰が森友学園からもらった金は? 籠池前理事長が極右文化人の「高額講演料」を暴露!

リテラ / 2017年06月10日13時00分

森友学園問題追及を牽引した著述家・菅野完氏が「週刊朝日」(朝日新聞出版)6月16日号に寄稿。そのなかで、森友学園を礼賛してきた極右文化人たちの塚本幼稚園での講演料が、籠池泰典前理事長の口から暴露されているのだ。 それによれば、たとえば櫻井よしこ氏の場合、森友学園での講演料は実に1回80万円だったという。秘書からは「通常は100万円ですが、幼稚園だから、少 [全文を読む]

「森友学園問題」を掘り下げた、地元市議の努力を忘れてはいけない

文春オンライン / 2017年04月13日17時00分

もともと私がこの問題に関心を抱いたのは、ジャーナリスト菅野完(たもつ)氏の『日本会議の研究』でこの学園に触れた件(くだり)があったからだった。安倍首相や稲田防衛大臣を始め、過半数の閣僚が関わる「日本会議」。学園で行われる教育勅語の斉唱や軍国主義的教育、そして中国や朝鮮半島出身の人に対するあからさまな敵意。いまや時の人となった菅野氏だが、日本会議の存在にか [全文を読む]

素人代表としてのTVコメンテーター 外国人には奇妙に映る

NEWSポストセブン / 2017年04月12日16時00分

ところが、「森友学園」問題では、取材は菅野完氏のようなフリージャーナリストに頼るばかり。 スタジオではコメンテーターたちがわいわいと騒いでは、「国有地払い下げ」への関与が疑われる政治家、国有地を売却した近畿財務局や、小学校設置を認可した大阪府などにはあまり向かずに、籠池泰典・前理事長を批判したり茶化したりするような発言ばかりが目立った。 そうなってしまう背 [全文を読む]

<急展開、森友問題>新理事長・籠池町浪氏が安倍総理へ反逆の声明文

メディアゴン / 2017年04月04日07時30分

そんな中、話題の菅野完氏が町浪氏に直接電話で取材しました。それもネット公開で。町浪氏は明快に「そんな事実は見たこともないし、まったく知りません。諄子副園長の思い込みです」と断言しました。関係者全員が否定です、勝負ありでしょう。(2) についてはTBSラジオで荻上チキ氏が当該作業員にインタビューし、ご本人が「辻元氏には会ったこともない」と明確に否定しました。 [全文を読む]

安倍政権を揺さぶる「籠池爆弾」の行く末

日刊大衆 / 2017年04月04日06時35分

もちろん、寄付が事実であっても、認可手続きへの首相の関与があった証拠にはなりませんが、こうした関係性によって用地の払い下げや認可の交渉がスムーズになった側面があるとすれば、大きな問題となります」(全国紙政治部記者) その後、籠池氏を取材したフリージャーナリストの菅野完氏が、「物証」だとして、寄付した当時のものだという振替払込用紙の写真を公開。真偽のほども含 [全文を読む]

森友問題で渦中の菅野氏が浦和で講演

クオリティ埼玉 / 2017年04月02日11時34分

講師は森友学園問題でにわかに時の人となった菅野完(すがのたもつ)氏、42歳。昨年に刊行されてベストセラーになった「日本会議の研究」(扶桑社)の著者ということで演題は「日本会議の動向について」だが、主催者の市民団体は講演依頼時に今の状況をまったく予想していなかったはずだ。前売りチケットは完売で、会場は満員だった。 菅野氏は演壇に上がるや、「怪しげなジャーナリ [全文を読む]

渦中の辻元清美に訊く「デマと保守」

文春オンライン / 2017年04月01日07時00分

私だって思い違いをすることはありますよ」 メールを書いた籠池諄子さんは29日、ノンフィクションライターの菅野完さんがツイキャスで流した単独インタビューでこう答えている。 「事実を確認したわけではないです」 諄子さんはあっさり誤りを認めた。評論家の荻上チキさんも同日、TBSラジオの番組で疑惑の「作業員」に直撃したが、その人物は辻元から送り込まれたという疑いを [全文を読む]

辻元清美の“スパイ“とされた作業員が関係を否定し安倍支持者であることを告白! 産経と安倍はデマ拡散の責任を取れ

リテラ / 2017年03月30日18時57分

だが、籠池夫人は昨日、菅野完氏の取材に応じ、菅野氏はその模様をツイキャスに公開。籠池夫人によると、塚本幼稚園に勤める次女が「そう言った」だけであり、「事実を確認したわけではない」「私は見ていない」と語った。その次女も本日、菅野氏の取材に対し「見ていない」「思い込みだった」と話した。つまり、何の証拠もない話だったのだ。 さらに、昨日22時より放送された『荻上 [全文を読む]

<森友問題>誰も言わない谷査恵子FAXミステリー

メディアゴン / 2017年03月29日07時40分

これ以降、日替わりで新ネタが掘り出され、稲田朋美防衛相や安倍昭恵夫人さらに鴻池祥肇氏、菅野完氏という印象の強いキャラクターが次々と登場することで世間の注目が高まり、生ワイド番組はますます多くの時間を森友問題に割くことになります。この間、政府・自民党の鎮火作戦はことごとく失敗、とうとう無理やり証人喚問を提案して籠池氏を呼びつけ、人格否定作戦を敢行しましたが、 [全文を読む]

菅野完氏、TV局から「籠池氏もっとイジって」と要求された

NEWSポストセブン / 2017年03月24日11時00分

ワイドショーの「森友劇場」を支えたその人物は、『日本会議の研究』の著書で知られる菅野完(すがのたもつ)氏である。 「僕は2月からこの問題を取材していますが、仕事をしている時間の4分の3はマスコミ対応なんです。大手メディアの姿勢には疑問も多々ありました」 菅野氏はそう前置きして語る。 「僕はフリーランスとしてやっているのに、大手マスコミからは取材で得たもの [全文を読む]

証人喚問でも食い違う主張。森友学園「茶番劇」の発端は何なのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月24日05時00分

かつて所属していた日本会議からも嫌がらせメールが届き、孤立無援となった籠池ファミリーは、天敵だったはずの「日本会議の研究」著者、菅野完氏を頼るほかなくなった。昨日の敵は今日の友。人生、わからないものである。 このメルマガが届く23日、籠池氏は証人喚問に呼び出されている。幼稚園児に「安倍首相ガンバレ」とまで言わせて権力者の機嫌をとろうとした自らの愚かさを反 [全文を読む]

マスコミが財務省・迫田前理財局長を追及しないのは国税庁長官だから! 税務調査を使った報道への圧力

リテラ / 2017年03月23日07時11分

籠池理事長を単独取材した菅野完氏は緊急会見で、迫田前理財局長の写真を掲げながら、私人の籠池氏の自宅や自分の自宅に詰めかけながら、公人である迫田前理財局長の官舎には押しかけないマスコミの姿勢を糾弾していたが、まさにそのとおりだろう。 いったいこの及び腰の理由はなんなのか? 全国紙社会部デスクが解説する。「それは、迫田氏が理財局長の後、いまは国税庁長官に就いて [全文を読む]

<批判は思想の違い?>安倍昭恵夫人のズレた感性と軽率さ

メディアゴン / 2017年03月22日07時49分

話題のノンフィクション作家・菅野完さんが言う「全自動忖度機」が関係各所で働いたとすれば、少なからぬ責任が安倍首相ご夫妻にはあるはずです。こと、ここに及んでも、昭恵夫人が謝罪はおろか事情を説明することもなく、ひたすら黙りを決め込んでいるのはなぜなのでしょうか。その理由のひとつをうかがわせる報道が、冒頭で触れた3月9日の「羽鳥慎一・モーニングショー」だけ? が [全文を読む]

フォーカス