金日成のニュース

北朝鮮「核実験」と「ミサイル乱射」は金正恩の弱さの証明

文春オンライン / 2017年05月07日11時00分

金日成への回帰」は金正日が計画した 二〇一六年五月、朝鮮労働党は三十六年ぶりに党大会を開催した。つまり金正日時代には一度も党大会は開かれなかったのである。この第七回党大会で、金正恩は、労働党委員長、党中央委員会委員、政治局常務委員兼政治局委員、秘書局第一秘書、軍事委員会委員長に選ばれた。これは党大会という制度的手続きによって、金正恩が党の最高指導者に選 [全文を読む]

北朝鮮の若者「金日成主席ではなく、資本主義こそが我が首領様」

デイリーNKジャパン / 2017年04月10日06時09分

4月15日は金日成主席の105回目の生誕記念日(太陽節)だ。北朝鮮では「民族最大の名節」として様々なイベントが行われる。そして、この日は単なるお祝いにとどまらず、政治的にも非常に重要な意味を持つ。 金正恩党委員長は、北朝鮮の人々が金日成主席に対して持つ「懐かしみ」を利用して、自らを白頭の血統の正式な継承者としての立場をより強固なものにしようとしている。とこ [全文を読む]

「金正恩とISが手を組んだ」? 今、情報筋から流れる“すごく怖い情報”とは…

週プレNEWS / 2016年06月16日06時00分

佐藤 今回の党大会で一番注目すべきは、北朝鮮が「金日成(キムイルソン)主義」から「金日成・金正日(キムジョンイル)主義」に変わったことです。どういうことか? 北朝鮮という国は今まで、建国の祖・金日成が決めたことを絶対に変えてはいけないという「遺訓政治」で動いていたんです。だから2代目・金正日も、この範囲の中でしか政策を作ってこなかった。 しかし、実際問題 [全文を読む]

金日成になったソル・ギョング シンクロ率は関係ない

Wow!Korea / 2014年10月13日12時37分

俳優ソル・ギョングの“金日成”への変身が関心を集めている。単純なシンクロ率が問題ではない。役のためにいつも以上に悩んだというソル・ギョングが、自身を金日成だと信じている人物を誠実に演じるかがカギだ。映画「私の独裁者」は大韓民国の中心、自分を金日成だと固く信じている男と、そんな父親によって人生が狂ってしまった息子を描いている。初となる南北首脳会談のリハーサル [全文を読む]

正恩氏に異変…消えた「金日成バッジ」 祖父&父離れか、韓国メディアは「独り立ちアピール」

夕刊フジ / 2017年05月08日17時12分

祖父、金日成(キム・イルソン)主席らの肖像が描かれたバッジを付けずに式典などに出席しているのだ。韓国メディアでは独り立ちしようとする姿勢を示しているのではとの見方が出ている。祖父と父の計「十四光」で最高指導者となった正恩氏だが、祖父、父離れをしようとしているのか。 朝鮮中央通信は5日、正恩氏が南北境界線に近い長在島(チャンジェド)と茂島(ムド)を視察したと [全文を読む]

自分の兄まで「公開処刑」…正恩氏が「その瞬間」を見たかった理由

デイリーNKジャパン / 2017年03月16日06時30分

金正恩氏は、後継者として公式登場した直後から建国の父であり祖父の金日成主席を模倣してきた。北朝鮮で依然として人気の高い祖父の威光にあやかろうとした。ここで興味深いエピソードがある。金正恩氏が目指すべき人物である金日成氏がもっとも可愛がったのは実は初孫である金正男氏だった。金日成氏は金正男氏を目に入れても痛くないほど可愛がった。 しかし、金日成氏は金正恩氏 [全文を読む]

ロシア紙が北朝鮮「礼賛記事」を出す訳

デイリーNKジャパン / 2017年05月01日12時29分

金日成同志の労作をロシアインターネットが掲載 【平壌4月20日発朝鮮中央通信】偉大なる首領金日成同志の労作「祖国統一の3大原則について」を太陽節に際して7日ロシアのインターネット・ホームページ「イルクーツクブログスポット.ル」が掲載した。チュチェ61(1972)年5月3日、11月3日に発表された労作には自主、民族大団結、平和統一の祖国統一3大原則と、朝鮮 [全文を読む]

中朝同盟は「血の絆」ではない。日本の根本的勘違い

ニューズウィーク日本版 / 2017年04月25日18時43分

朝鮮戦争は如何にして始まったのかそもそも1950年6月25日に始まった朝鮮戦争は、北朝鮮の最高指導者だった金日成(キム・イルソン)が旧ソ連のスターリンと策謀して起こしたものだ。1949年3月、金日成はスターリンに朝鮮半島の軍事統一を呼び掛けるが、スターリンは拒否。ところが1949年3月にアメリカのマッカーサー(当時、連合国軍最高司令官)が、そして1950年 [全文を読む]

金日成の「笑える」長生き大作戦

ニューズウィーク日本版 / 2013年12月04日18時47分

北朝鮮では建国の父として「永遠の主席」とあがめられる故金日成(キム・イルソン)。その彼は生前、120歳まで生き永らえようと躍起になっていたらしい。 韓国紙の朝鮮日報によると、金は主治医の1人だった金素妍(キム・ソヨン)に長寿の方法を探し出すよう命じていた。素妍は79年に「偉大なる首領様」の長寿を達成するための研究機関のトップに昇格したと、自身の新著で述べて [全文を読む]

金正日氏の遺体と対面した北朝鮮庶民「涙が出ず冷や汗をかいた」

デイリーNKジャパン / 2017年03月05日07時45分

そして、故金日成主席と金正日氏の遺体が安置された錦繍山太陽宮殿を見学。金日成氏の永生ホール(遺体が安置された部屋)に入り、亡骸を見た際には自然と涙が出てきたという。 一方、金正日氏の永生ホールでは涙が出なかったと述べた。周りの人々は、周囲の視線を気にして泣くふりをしていたが、この情報筋は涙が出ず、後で当局者から注意を受けたとのことだ。政治犯扱いされるのでは [全文を読む]

フォーカス