金日成のニュース

北朝鮮「核実験」と「ミサイル乱射」は金正恩の弱さの証明

文春オンライン / 2017年05月07日11時00分

金日成への回帰」は金正日が計画した 二〇一六年五月、朝鮮労働党は三十六年ぶりに党大会を開催した。つまり金正日時代には一度も党大会は開かれなかったのである。この第七回党大会で、金正恩は、労働党委員長、党中央委員会委員、政治局常務委員兼政治局委員、秘書局第一秘書、軍事委員会委員長に選ばれた。これは党大会という制度的手続きによって、金正恩が党の最高指導者に選 [全文を読む]

「金正恩とISが手を組んだ」? 今、情報筋から流れる“すごく怖い情報”とは…

週プレNEWS / 2016年06月16日06時00分

佐藤 今回の党大会で一番注目すべきは、北朝鮮が「金日成(キムイルソン)主義」から「金日成・金正日(キムジョンイル)主義」に変わったことです。どういうことか? 北朝鮮という国は今まで、建国の祖・金日成が決めたことを絶対に変えてはいけないという「遺訓政治」で動いていたんです。だから2代目・金正日も、この範囲の中でしか政策を作ってこなかった。 しかし、実際問題 [全文を読む]

北朝鮮の若者「金日成主席ではなく、資本主義こそが我が首領様」

デイリーNKジャパン / 2017年04月10日06時09分

4月15日は金日成主席の105回目の生誕記念日(太陽節)だ。北朝鮮では「民族最大の名節」として様々なイベントが行われる。そして、この日は単なるお祝いにとどまらず、政治的にも非常に重要な意味を持つ。 金正恩党委員長は、北朝鮮の人々が金日成主席に対して持つ「懐かしみ」を利用して、自らを白頭の血統の正式な継承者としての立場をより強固なものにしようとしている。とこ [全文を読む]

ロシア紙が北朝鮮「礼賛記事」を出す訳

デイリーNKジャパン / 2017年05月01日12時29分

金日成同志の労作をロシアインターネットが掲載 【平壌4月20日発朝鮮中央通信】偉大なる首領金日成同志の労作「祖国統一の3大原則について」を太陽節に際して7日ロシアのインターネット・ホームページ「イルクーツクブログスポット.ル」が掲載した。チュチェ61(1972)年5月3日、11月3日に発表された労作には自主、民族大団結、平和統一の祖国統一3大原則と、朝鮮 [全文を読む]

中朝同盟は「血の絆」ではない。日本の根本的勘違い

ニューズウィーク日本版 / 2017年04月25日18時43分

朝鮮戦争は如何にして始まったのかそもそも1950年6月25日に始まった朝鮮戦争は、北朝鮮の最高指導者だった金日成(キム・イルソン)が旧ソ連のスターリンと策謀して起こしたものだ。1949年3月、金日成はスターリンに朝鮮半島の軍事統一を呼び掛けるが、スターリンは拒否。ところが1949年3月にアメリカのマッカーサー(当時、連合国軍最高司令官)が、そして1950年 [全文を読む]

金日成の「笑える」長生き大作戦

ニューズウィーク日本版 / 2013年12月04日18時47分

北朝鮮では建国の父として「永遠の主席」とあがめられる故金日成(キム・イルソン)。その彼は生前、120歳まで生き永らえようと躍起になっていたらしい。 韓国紙の朝鮮日報によると、金は主治医の1人だった金素妍(キム・ソヨン)に長寿の方法を探し出すよう命じていた。素妍は79年に「偉大なる首領様」の長寿を達成するための研究機関のトップに昇格したと、自身の新著で述べて [全文を読む]

北朝鮮成立の裏に潜む、大日本帝国の策略と満州ユダヤ国家建設計画とは?

tocana / 2014年05月06日16時30分

金日成一族が踏襲した日本の習慣 北朝鮮を建国したのは金日成である。彼は抗日パルチザンの英雄だ。旧日本軍の支配下にあった朝鮮半島を共産主義の名のもとに独立させるために戦った。いうなれば、大日本帝国は北朝鮮にとって宿敵であるのだが、ここに不可解な謎がひとつある。 瀬戸際外交を繰り返し、世界から孤立しているように見える北朝鮮だが、その状況を見るにつけ、年配の方 [全文を読む]

維新・猪木議員が北朝鮮へ何度も行く理由...プチ鹿島の世相コラム『余計な下世話!』連載17

東京ブレイキングニュース / 2013年11月12日12時00分

え? 昔から「金日成に似た少年」がいるという噂が北朝鮮のロイヤル・ファミリーにあったという。『「金日成に似た少年」は金正日総書記の妹の金敬姫女史と張成沢(チャン・ソンテク)夫妻が自分たちの戸籍に入れ、養育してきた人物である。この金日成に似た「隠し子」が、金正恩として登場したと指摘する人たちがいる。』 このあと詳しく書かれているが、金正恩の正体は、張成沢夫 [全文を読む]

中国は北にどこまで経済制裁をするか?

ニューズウィーク日本版 / 2017年05月01日20時50分

文革期における紅衛兵による金日成罵倒――罪状20項目朝鮮戦争(1950年~53年)以降における中朝関係が非常に険悪なものだったことは4月25日付の本コラム<中朝同盟は「血の絆」ではない――日本の根本的勘違い>に書いたが、その後の文革期(1966年~76年)における北朝鮮の存在は、「敵国」さながらのものとなっていった。毛沢東を崇拝する紅衛兵たちが、金日成(キ [全文を読む]

公開処刑を「見学」に行かされる北朝鮮の小学生たち

デイリーNKジャパン / 2017年04月15日19時17分

収容所送りになるほどの罪、例えば「最高尊厳(金日成一族)の冒とく」、「ポルノ拡散などの反革命罪(社会主義革命建設の阻害)」、「韓国や外国への情報漏えい」、「人身売買」、「国家財産の横領」など犯した場合、その家族、親類までが収容所に送られるのである。 ―18号収容所の規模は? 「正確には分かりませんが、地区は10に分かれ、人民班(町内会)は私のいた班には44 [全文を読む]

フォーカス