田島慎二のニュース

巨人、阿部慎之助の逆転サヨナラ3ランで劇的勝利…中日は田島慎二が誤算

サイクルスタイル / 2017年04月01日17時57分

その後、中日は最終回に守護神・田島慎二をマウンドに送ったが、巨人は代打・村田修一の安打を皮切りに走者一、二塁の好機を作ると、阿部がレフトスタンドへ3点本塁打を放って試合を決めた。 中日は先発のバルデス投手が6回1/3を1失点に抑える好投を見せるも、リリーフ陣が巨人打線につかまり、今季初勝利を逃した。 [全文を読む]

“Wシンジ”がCLでゴール 野球界で活躍した“シンジ”は誰?

ベースボールキング / 2016年11月23日11時15分

シーズンオフに入った野球界の“シンジ”を見てみると、今季は田島慎二(中日)の活躍が光った。田島は今季初登板となった3月26日の阪神戦で1回を無失点に抑えると、5月20日の巨人戦で開幕からの連続無失点のプロ野球記録に並ぶ。今季初セーブを記録した翌21日の巨人戦で、開幕から27試合連続無失点のプロ野球記録を樹立した。その後も記録を伸ばしていき、6月7日のオリ [全文を読む]

中日のセットアッパーといえば…最近10年の最多HPを振り返る

ベースボールキング / 2017年02月27日10時00分

12年以降は12年に田島慎二が35HP、14年に福谷浩司が34HP、15年と16年に又吉克樹がチーム最多ホールドポイントとなったが、絶対的セットアッパーとは言いにくかった。 森繁和監督が就任した今季、2年連続でチーム最多ホールドポイントの又吉が先発に配置転換となる。勝ち試合の“8回”は誰が務めることになるのか非常に注目だ。 ◆ 中日の最近10年間の年度別 [全文を読む]

地元出身の選手が多い球団は?

ベースボールキング / 2017年02月25日17時00分

日本通算歴代最多となる402セーブをマークする岩瀬仁紀を始め、11年リーグMVPの浅尾拓也、昨季開幕から31試合連続無失点の日本新記録を樹立した田島慎二、今季から3年契約を結んだ大島洋平といったチームの中心選手が愛知県出身。 昨年10月に行われたドラフトでも5位の藤嶋健人、6位の丸山泰資が愛知県出身の選手と、ドラフトで地元の選手を獲得する傾向がある。浅尾、 [全文を読む]

【プロ野球】《中日&オリックス敢闘賞》セ、パの最下位球団、投打で奮闘したのは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月28日17時05分

(成績は9月25日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■中日ドラゴンズ 田島慎二 58試合:3勝3敗/18ホールド/17セーブ/防御率1.83 投手陣の調子が軒並み上がらないなか、ひとり気を吐いたのが田島慎二だ。昨季は防御率2.28の数字を残していたが、登板数が64試合に及び、越年の疲労が心配された。しかし、今季もフ [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

中日・吉見、今季初勝利なるか?田尾氏「打撃陣に頑張ってもらいたい」

ベースボールキング / 2017年05月14日09時00分

このリードを田島慎二が守り切り、大事な初戦をモノにした。 連勝を懸けて中日は、吉見一起が先発する。吉見は今季開幕から先発ローテーションの一員として5試合に登板しているが、0勝4敗、防御率4.70と白星がない。ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める田尾安志氏は「吉見投手に早く勝ち星をつけてあげてほしい。打撃陣に頑張ってもらいたいと思います」と話す。 [全文を読む]

田尾氏、中日の逆転勝ちに「素晴らしい」

ベースボールキング / 2017年05月13日17時05分

ビシエドの一発で逆転した中日はその裏、守護神の田島慎二がヤクルトをきっちりと抑え勝利した。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める田尾安志氏は「中日ファンは負けを覚悟していたと思いますよ。素晴らしい勝ちゲームになった。一発を持っているバッターの威力をまざまざと見せつけたゲームでしたね」と振り返った。 続けて田尾氏は「ビシエド、ゲレーロの調子があがっ [全文を読む]

大矢氏、逆転負け12度の中日に「本当に苦しい」

ベースボールキング / 2017年05月06日11時00分

守護神・田島慎二の前を投げる“8回の男”を1日も早く固定したいところだ。 中日は外国人とリリーフ陣だけでなく、若手の育成、先発投手など課題が多い。1つ1つ課題をクリアし、なんとかAクラス入りを果たしたいところだ。 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

先祖に菅原道真 中日・三ツ間卓也は雑草右腕で天然キャラ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年04月26日09時26分

何度か一緒に焼き肉に行った田島慎二は「たまに会話が噛み合わない。焼き肉に行くたび、何度言っても交換したばかりの冷たい網の上に肉を置く。そういう抜けたところや考え過ぎないところもピッチャーには必要な要素かなとは思うんですけど」と苦笑する。 本人に目標を聞くと、「東京五輪に出ること」と即答した。思わず笑うと、「いや、これは結構ガチで狙っているんです。2020年 [全文を読む]

フォーカス