西村雅彦のニュース

未経験者の演劇プロデュースする西村雅彦 きっかけは母の言葉

NEWSポストセブン / 2017年01月17日07時00分

12月10日、富山市民プラザで開催された「西村雅彦コミュニケーションwith富山 芝居を創る4」。約1か月の練習を経て、小学生から80歳まで男女40人の市民が初舞台を踏んだ。 総合プロデューサーを務めたのは西村雅彦(56)。舞台は満場の拍手に包まれ、幕を閉じた。 西村は5年前から、石川、富山、千葉、福岡など、各地で初心者が参加する芝居やラジオドラマといった [全文を読む]

西村雅彦が「西村まさ彦」に改名 過去に改名で話題になった芸能人まとめ

しらべぇ / 2017年06月01日15時30分

(画像はTwitterのスクリーンショット)俳優・西村まさ彦が1日までに「西村雅彦」から「西村まさ彦」に改名したことと、その理由について自身のHPで報告。31日に改名したと報道された時点で、占い師の存在やスピリチュアルな理由なのではという疑惑が噂されていたため、「真実をお伝えします」とその経緯について語った。■俳優として生きていく覚悟ことしで俳優30周年を [全文を読む]

西村雅彦 「俳優の地位なんて今でもあると思っていません」

NEWSポストセブン / 2017年01月22日07時00分

12月10日、富山市民プラザで開催された「西村雅彦コミュニケーションwith富山 芝居を創る4」。約1か月の練習を経て、小学生から80歳まで男女40人の市民が初舞台を踏んだ。ほぼ全員が演劇の経験はない。 総合プロデューサーを務めたのは西村雅彦(56)。5年前から、石川、富山、千葉、福岡など、各地で初心者が参加する芝居やラジオドラマといったワークショップを開 [全文を読む]

放映間近! 横溝正史ミステリ大賞作家の『事故調』が待望のテレビドラマ化!!

PR TIMES / 2015年03月24日17時32分

他、主人公の過去を知りながら市役所に迎え入れた市役所市民局長の佐川誠役に西村雅彦、事故により市長選の再選が危ぶまれることから黒木を利用し真相を究明しようとする市長役に岸部一徳、黒木とともに広報課を支える同僚役に平山あやと、実力派揃いのヒューマンドラマに仕上がっています。ぜひ原作、ドラマともにご期待ください!番組名:「水曜ミステリー9 春の特選サスペンス 事 [全文を読む]

西村雅彦が「西村まさ彦」に改名!その最大のメリットとは?

アサジョ / 2017年06月05日11時55分

それが西村の場合は『長年なじんだ本名から大幅に変えるのも勇気がいるので、ちょっとだけ変えてみました』なのですから、改名するメリットがさっぱりわかりません」 こうしてニュースになることがメリットだったりして? [全文を読む]

西村まさ彦はどうなる? 改名で沈んだ「細木数子軍団」と上がった「ウンナン軍団」

messy / 2017年06月01日18時10分

2017年の5月より、西村雅彦(56)は芸名を「西村まさ彦」に改名し、「週刊女性」(主婦と生活社)はスピリチュアルな理由での改名だと報道。関係者によると、西村は霊的な思想に傾倒していて、親しい霊媒師もいるらしい。だが今回は誰かの助言などではなく自らの意思で改名を決意したという。一方で西村の所属事務所は改名に関して「あえてコメントを出すとしたら、“特に意味は [全文を読む]

『美女と野獣』が公開から6週連続首位で“アナ雪”超えの記録を樹立!

Movie Walker / 2017年05月30日15時31分

橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優ら一家を演じた豪華な顔ぶれが再集結し、土日2日間で動員11万7000人、興収1億3300万円をあげた。公開初日の27日に行われた舞台挨拶では、パート3の制作を希望する声が観客席から沸いたのに対して、橋爪さんからは「パート2がヒットすれば、パート3があります」とのコメントも飛び出したよ [全文を読む]

【映画コラム】やっかいだけどいとおしい家族の姿を描いた『家族はつらいよ2』

エンタメOVO / 2017年05月27日15時18分

その中で、まるで寅さんのような、分からず屋の周造じいさん(橋爪功)と、妻(吉行和子)、長男夫婦(西村雅彦、夏川結衣)、長女夫婦(中島朋子、林家正蔵)、次男夫婦(妻夫木聡、蒼井優)が織り成す家族模様が傑作だ。観客は、彼らを見ながら「こういうことってあるよな」という親近感を抱くことになる。 この8人の主要キャストは、『東京家族』(13)と前作(16)に引き続 [全文を読む]

妻夫木聡、蒼井優とは「結婚も今回で2回目」 多数共演も「1回もキスシーンがない」

エンタメOVO / 2017年05月27日13時38分

映画『家族はつらいよ2』の公開初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者の橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、中村鷹之資、徳永ゆうき、山田洋次監督が登壇した。 本作は、熟年離婚を巡る家族の騒動を描いた山田監督の喜劇映画『家族はつらいよ』(2016年)の続編。 この日は“ご縁を感じたこと”についてのト [全文を読む]

妻夫木聡、蒼井優とは「不思議な関係」。恋人・夫婦役重ねても「1回もキスシーンがない」

Movie Walker / 2017年05月27日12時55分

山田洋次監督による喜劇の第2弾『家族はつらいよ2』の初日舞台挨拶が5月27日に丸の内ピカデリーで開催され、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、中村鷹之資、徳永ゆうき、山田洋次監督が登壇。妻夫木が蒼井との深い縁を語り、「結婚(する役)も今回で2回目。なのに1回もキスシーンがない」と告白。二人の間柄を「不思議な [全文を読む]

妻夫木聡と蒼井優「カップル役はもはや新鮮ではない」

Movie Walker / 2017年05月26日16時00分

『東京家族』(13)、『家族はつらいよ』の2作に続き、妻夫木と蒼井は、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵らと共に絶妙なアンサンブル演技を見せている。妻夫木は周造の次男・平田庄太を、蒼井は庄太の妻となった憲子を演じたが、晴れて夫婦になったことで、以前は見えなかった一面が顔を出すようになった。蒼井が「今回の庄太は、若干こずるいところが出た [全文を読む]

山田洋次監督 「入場料1800円で夢をお売りしますよ」

NEWSポストセブン / 2017年05月21日07時00分

『家族はつらいよ』2作では、橋爪功・吉行和子夫妻の長男夫婦として西村雅彦・夏川結衣、長女夫婦を中嶋朋子・林家正蔵、次男夫婦を妻夫木聡・蒼井優が演じている。一見ばらばらな家族だが、トラブルにぶつかるたびに幸せに気づき、絆を深めていくのである。 山田の中では、シリーズ3作目の構想がすでに膨らんでいるのだろうか。「そうね、またつくりたいという気持ちはあるね。寅さ [全文を読む]

映画「家族はつらいよ2」風吹ジュン演じる女将・かよの最新シーンSHOTを独占先行公開!

Smartザテレビジョン / 2017年05月19日18時00分

前作で熟年離婚の危機を乗り越えた周造(橋爪)・富子(吉行和子)夫婦に加え、長男・幸之助(西村雅彦)とその妻・史枝(夏川結衣)、長女・成子(中嶋朋子)とその夫・泰造(林家正蔵)、次男・庄太(妻夫木聡)とその妻・憲子(蒼井優)が、“高齢ドライバー”である周造の運転免許返上を議題に、全員顔をそろえて家族会議という名のバトルを展開する。だが会議は一転し、事態は思わ [全文を読む]

妻夫木聡「これから戦いが始まる感じ」“家族会議”の裏側明かす

Smartザテレビジョン / 2017年05月16日05時00分

満員の会場の中、平田周造役の橋爪功を筆頭に、周造の妻・富子役の吉行和子、長男・幸之助役の西村雅彦、幸之助の妻・史枝役夏川結衣、長女・成子役の中嶋朋子、成子の夫・泰蔵役の林家正蔵、次男・庄太役の妻夫木聡、庄太の妻・ 憲子役の蒼井優、そして本作を手掛けた山田監督の計9人が、撮影以来初めて全員集結し、観客も交えて笑いあふれる舞台あいさつとなった。 出演者が勢ぞ [全文を読む]

妻夫木聡らの説得むなしく…あの“頑固オヤジ”が激怒!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月04日21時47分

熟年離婚の危機を乗り越えた夫婦には橋爪功・吉行和子、長男夫婦を西村雅彦・夏川結衣、長女夫婦を中嶋朋子・林家正蔵、次男夫婦を妻夫木聡・蒼井優が最高のアンサンブルで演じる。 さらに周造(橋爪)の高校時代の友人・丸田役で小林稔侍、居酒屋のおかみ・かよ役を風吹ジュンが演じる他、劇団ひとり、笑福亭鶴瓶ら豪華キャストも加わり、前作にも増して笑いのボルテージは最高潮に。 [全文を読む]

“悪魔”と呼ばれた蒼井優の夫・妻夫木聡が謝罪「うちの嫁が迷惑をかけしました」

Movie Walker / 2017年04月26日20時02分

橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、山田監督が舞台挨拶に登壇した。『東京家族』(13)から家族を演じるのが3作目となったキャスト陣が、和気あいあいと絶妙な掛け合いを繰り広げた。 林家が「はっきり言えば、山田監督より怖いのが蒼井優さんだなと。何となく悪魔に近いような。人のNGを笑うし、勝手に打ち上げの場所を私の家に決めてしまった [全文を読む]

「平成ガメラシリーズ」「デスノート前後編」を手掛けた金子修介監督の最新作「リンキング・ラブ」がクランクアップ!

@Press / 2017年03月14日12時00分

そのほかに、女優・ファッションモデルとしての活動だけでなく『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)でコントにも挑戦するなど幅広い才能を見せる石橋杏奈、ミュージカル『テニスの王子様』でデビューして以来、注目度上昇中のイケメン俳優・白洲迅ら、今話題のフレッシュな俳優や、中尾明慶、落合モトキ、加藤諒、木下隆行、大倉孝二、渡辺徹、西村雅彦ら個性豊かな実力派俳 [全文を読む]

『半沢直樹』他、日本ドラマが海外で人気に!?

日刊大衆 / 2017年02月27日12時05分

三谷幸喜(55)が脚本を手がけ、人気俳優の堺雅人(43)が主人公の真田幸村を演じたこの作品は、西村雅彦(56)演じる室賀正武の「黙れ小童(こわっぱ)!」というセリフや、有働由美子アナウンサー(47)が、登場人物の死を淡々と読み上げる「ナレ死」といった用語が話題になったのも記憶に新しい。これらが海外でどのような受け止められ方をするのかも、気になるところだ。 [全文を読む]

今年の大河『おんな城主直虎』の「真の主役」は今川義元か

しらべぇ / 2017年01月08日10時00分

■絶大な大河ドラマ効果去年の大河ドラマ『真田丸』では、西村雅彦演じる室賀正武が一躍有名に。彼は信濃小県郡の国人で、『真田丸』以前の知名度はゼロに等しかった。それが「黙れ小童!」効果もあり、一転して全国のスターになってしまったのだ。また、2009年の大河ドラマ『天地人』の主役は直江兼続だったが、この人物もそれまではマイナーキャラの域を出なかった。上杉の地元で [全文を読む]

「祝!黙れ小童」「超高速!本能寺」 NHK『真田丸』回顧録が楽しすぎ

しらべぇ / 2016年12月20日09時00分

室賀正武(演・西村雅彦)の名言も、「祝! 『黙れ、小童!』初登場」とユーモラスに紹介。(画像はNHK『真田丸』公式サイトのスクリーンショット)■ナレ死の雰囲気は「超高速!」と表現今回の大河ドラマは、徹底して「真田家の視点」から描かれており、彼らが実際に目にすることがなかった本能寺の変や関が原の戦いが、ほぼナレーションのみで飛ばされているのも特徴。それを「超 [全文を読む]

フォーカス