岸博幸のニュース

TOKYO FM×オールアバウト×テレビ東京×大日本印刷 4社共同で就活生応援イベント「就活ホンネ塾」を11月6日開催

PR TIMES / 2013年10月22日14時12分

~TV・ラジオ・WEB・書籍、4つのメディアを通じ、“みる、きく、ふれるシューカツ”を提案 ~大橋未歩・伊藤洋一・岸博幸・常見陽平が就活生に秘策を伝授!!株式会社エフエム東京(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 千代勝美)、株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡哲也)、株式会社テレビ東京(本社:東京都江東区、代表取締 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】カンニング竹山 『ビビット』出演後、押し寄せるクレームにうんざり

TechinsightJapan / 2016年12月13日11時00分

12月12日放送の『白熱ライブ ビビット』では「クレームなどに過剰に反応する風潮」をテーマにジャーナリストの津田大介氏をゲストに迎え、MCの国分太一(TOKIO)と真矢ミキ、そして月曜パーソナリティーの岸博幸氏、カンニング竹山、雪野智世アナが討論を行った。 師走の“餅つき”イベントや大晦日の“除夜の鐘”など、日本の年中行事であっても苦情を受けて中止となる [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『君の名は。』は「大人のドラえもん」 『バイキング』で賛否飛び交う

TechinsightJapan / 2016年10月06日18時00分

さらには新海誠監督の作品に詳しい慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんも持論を話して興味深い展開となる。 10月6日にフジテレビ系で放送された『バイキング』にて映画『君の名は。』の興業収入が130億円を超えた話題に触れたところ、ゲストの泰葉とレギュラーの横澤夏子は映画館で観ていかに感動したかを熱く訴えた。一方、漫画家でタレントの江川達也は「売れる要素をぶち込ん [全文を読む]

優木まおみ、岸博幸も...復活した原発広告に文化人や芸能人がまたぞろ登場! 500万円の高額ギャラも

リテラ / 2016年03月11日11時35分

3.11から5年──。安倍政権による原発再稼働政策と連動するように、電力関連会社による"原発広告"が完全に大復活している。 たとえば最近、読売新聞16年2月28日付朝刊に、「資源なき経済大国 どうする? どうなる? 日本のエネルギー」なるタイトルの全面記事広告がうたれた。 表向きは、経済評論家の勝間和代、元総務大臣で現野村総研顧問の増田寛也、最近は"ママタ [全文を読む]

格闘技好きのタレント・著名人が光浦靖子・ラブリに格闘技プレゼン合戦!「3時間生放送!究極格闘技をなめんなよ!」 を無料生放送!

PR TIMES / 2015年09月23日10時21分

パネリストには、MC・徳井の相方の福田充徳をはじめ、松尾諭、石垣佑磨、脊山麻理子、岸博幸と各界の格闘技好きがずらりと並ぶ。さらに、その存在がまだ明かされていない「謎の超人」がプレゼンターを務める。 そして気になるゲストに、光浦靖子、ラブリらを招いて、格闘技好きプレゼンターがそれぞれプレゼン合戦を行う。 果たしてプレゼンターたちの熱いトークは格闘技には縁遠い [全文を読む]

今週の加計学園まとめ 飛び交う「ご意向」「忖度」「印象操作」を整理する

文春オンライン / 2017年06月10日07時00分

慶応大学大学院教授の岸博幸氏は「国会の答弁としてはあまりに雑」と切り捨て、「加計学園の答弁にしろ、国連への感情的な反論にしろ、残念ながら長期政権で、かつ野党が弱いということもあって奢りが生まれ、適当に答弁していればいいという感じになっちゃっている」と指摘した(TOKYO FM「クロノス」6月7日)。 北海道新聞の社説は「追及を『印象操作』とはぐらかし、議 [全文を読む]

坂上忍、指原莉乃を大絶賛!?「さすが指原!これぞ指原!!だから指原!!!」

ザテレビジョン / 2017年06月09日16時31分

また、専門家として岸博幸も出演する。 [全文を読む]

“移民”が地方創生を支える――2020年「日本の姿」

文春オンライン / 2017年05月04日17時00分

今回は、総務大臣秘書官などを歴任した岸博幸氏が、日本の移民政策の在り方、外国人労働者の急増について予測する。 (出典:文藝春秋2016年7月号) 「外国人技能実習制度」を利用する外国人労働者が急増 日本を訪れる外国人観光客はこの4年間で3倍以上に増えましたが、同じような現象が、2020年に向けて、移民や外国人労働者でも起こる可能性はあります。 国連では1 [全文を読む]

「資産形成フェスティバル2017年春」開催のお知らせ

PR TIMES / 2017年03月17日18時05分

講演者には、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸氏や芥川賞受賞の羽田圭介氏をはじめとした各著名人をお招きし、資産形成にまつわる情報をお伝えします。また、当日は運用会社のプロによる講演・セミナーもあり、個人型確定拠出年金(iDeCo)やロボアド、FinTechなど最新の話題もお届けいたします。[画像1: https://prtimes.jp/i/11088/146 [全文を読む]

【試写室】「平成教育委員会」で元日から家族でお勉強!

Smartザテレビジョン / 2017年01月01日06時00分

気になるスペシャルの生徒は、岡副麻希、岡田結実、ガタルカナル・タカ、加藤一二三、岸博幸、鬼龍院翔、小島瑠璃子、澤部佑(ハライチ)、新川優愛、関根勤、出川哲朗、中川翔子、中村橋之助、ビートきよし、堀田茜、松井玲奈(50音順)。先生はもちろん北野武(ビートたけし)、助手は高島彩が務める。ちなみにどんな問題が出るのかというと、例えば“清少納言”などの言葉は、どこ [全文を読む]

事務所は“優香の後釜”用意も……ドラマ初出演中の小島瑠璃子は「女優より政治家向き?」

日刊サイゾー / 2016年11月20日12時00分

「今は政治や経済にも興味があるようで、控室では、バラエティでよく共演する岸博幸教授や八代英輝弁護士、森永卓郎さんらと話し込んでいますよ。見た目と違って、かなり勉強熱心です。MC以外で、そんな話をする人はほとんどいませんからね。周囲の先生方にもかわいがられていますし、女優よりも政治家の素質があるかもしれませんよ」(番組スタッフ) ドラマがダメなら、永田町か [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ピコ太郎『PPAP』 広告収入は古坂大魔王に“全額”入らず 今後は楽曲配信、グッズ販売を主軸に

TechinsightJapan / 2016年10月22日19時58分

また、ピコ太郎に扮する古坂大魔王が所属しているエイベックスと深い関わりがある慶應義塾大学院教授の岸博幸氏がより詳しい内情を明かす。岸氏は現在、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問、 エイベックス・マーケティング取締役を務めている人物だ。 この動画に関しては衣装代とスタジオ代しかかかっておらず低コストで制作されているが、広告は途中から入れた [全文を読む]

“壊し屋”ホリケンも白旗! 『全力!脱力タイムズ』がぶっ壊す、バラエティ番組のルール

日刊サイゾー / 2016年07月19日19時00分

報道番組らしく、経済学者の岸博幸、アルピニスト・野口健、犯罪心理学者の出口保行といった3人の「解説員」が並び、ゲストと対峙する。 そのゲストのうち1~2人は俳優やアイドルなどで、彼らはたいてい普段はしないメガネなどをかけ、報道番組仕様になっている。今回(15日)はHey! Say! JUMPの中島裕翔だった。そしてもう一人のゲストとして、必ず芸人が呼ばれる [全文を読む]

ゆうたろうはなぜテレビから愛されるのか? フジテレビ系『人気者から学べ そこホメ!? 2時間SP』(5月31日放送)を徹底検証!

日刊サイゾー / 2016年06月06日15時00分

あるいは、最近若者の間で話題の写真で顔を入れ替えるアプリが紹介され、岸博幸とゆうたろうの顔が入れ替わった写真は単純に面白いし、ゆうたろうがトシをコーディネートした姿はワクワクさんにそっくりだ。ここでは、ゆうたろうはすでに主役ではない。ゆうたろうが持ってきた材料を使って、共演者が生かされている。 [全文を読む]

天野ひろゆきが“スタッフとの戦い”を明かす!?

Smartザテレビジョン / 2016年04月12日14時55分

MCを谷原章介と天野ひろゆきが務め、ゲストとして鈴木福、岸博幸、佐々木健介、おのののかが出演する。 同番組は、日常生活では気に留めないような日本の“当たり前の物”や“あまり知られていない物”が、世界のある国では重宝されているという事例にスポットを当てるバラエティー。 第4弾となる今回は、大久保佳代子がタイ、バービーがスイスでロケを敢行。また、日本の観光地に [全文を読む]

作家・浅田次郎氏、メディア幹部の安倍首相との会食に苦言「“わいせつ感”がある」=総務相の「電波停止」発言、識者4人が批判―日本記者クラブ

Record China / 2016年04月03日08時50分

2016年4月1日、高市早苗総務相の「電波停止」発言で注目された「放送とジャーナリズムのあり方」について、浅田次郎日本ペンクラブ会長(作家)、岸博幸慶応大教授、西土彰一郎成城大教授、山田健太専修大教授・日本ペンクラブ常務理事の識者4人が、日本記者クラブで議論した。同相が、政治的に公平でない放送局に対して電波停止を命じる可能性がある、と発言したことを「報道の [全文を読む]

脊山麻理子の美脚に橋本マナミの豊満バスト...衣装もトークも過激な異色ニュース番組

メンズサイゾー / 2016年03月29日10時00分

彼を中心に、コラムニストの勝谷誠彦氏や経済産業相の元官僚でバラエティ番組などでも活躍する慶応義塾大学大学院教授・岸博幸氏などがコメンテーターとして出演し、アツいトークで社会問題をぶった斬っている。 ただ、扱うテーマは堅いもののスタジオは華やかな雰囲気。というのも、番組テーマには"大人の社交場"があり、聞き役として多くの美女たちが出演しているのだ。 毎回変わ [全文を読む]

西川史子は神奈川県警にマークされていた!?元刑事が明かした驚きの真相とは?

アサ芸プラス / 2016年03月05日17時58分

この日番組に出演したのは、医師でタレントの西川史子をはじめ、吉木りさ、脊山麻理子のほか、コメンテーターとしてジャーナリストで東海大学教授の末延吉正、元経済産業省官僚の岸博幸、元刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平、弁護士で俳優の本村健太郎といったそうそうたる面々。 そんななか、番組で取り上げたテーマの1つ「警察の不祥事」について話題が及ぶと、西川が「私、自 [全文を読む]

草なぎ剛がインフルエンザのスペシャリストに!?

Smartザテレビジョン / 2016年01月05日05時00分

どれくらい答えられるのか、一度試してみては? その他、「岸博幸が厳選&大胆予想! 知っておかないと損する…! 2016年!意外と知らない「家計に直結するお金ニュース」講座、「冬休み特別講座 さかなクンが教えたい! 意外と知らない日本にいる本当にスゴい魚」講座を放送する。 全く異なる分野の3つの講座が受けられる今回のスペシャルで、年末年始になまってしまった頭 [全文を読む]

人気ヘアメークアーティストが爆笑必至の変顔披露

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日10時51分

一方で、有吉、反省見届け人の友近、岸博幸、バカリズムを巻き込んでの変顔をお披露目する。 ほか、20歳を迎えた元子役の須賀は「ジャスティン・ビーバーみたいになってしまったこと」を反省する。 [全文を読む]

フォーカス