馬淵澄夫のニュース

~ 一人ひとりの声を政策に ~ 民進党 あなたと進むワークショップを開催 馬淵議員「この国の介護リテラシーを高めたい」

PR TIMES / 2016年06月22日09時45分

6月18日(土)16:00~ テーマ「介護」 馬淵澄夫議員×40~50代 介護の不安を抱える皆さん民進党は18日、有権者自らが暮らしを良くするアクションアイデアを考える自発型のワークショップ「~ 一人ひとりの声を政策に ~ 民進党あなたと進むワークショップ」を党本部で開催しました。ワークショップは全3回構成で、最終回となる今回は、民進党筆頭副幹事長を務める [全文を読む]

蓮舫体制は限界…でも、支持率ダダ下がりで民進党は瀕死の人材不足!

週プレNEWS / 2017年03月22日06時00分

「政策論争を仕掛けられる人物となると馬淵澄夫氏や枝野幸男氏あたりでしょうが、あまりに新鮮味がなさすぎですね」(民進党関係者) 人材不足すぎる民進党。もはや党勢は風前のともしびだ。 [全文を読む]

天皇退位は「一代限り」か。新聞各紙の報道を比較してわかった温度差

まぐまぐニュース! / 2017年01月25日04時30分

3面の解説記事「クローズアップ」は見出しに「結論ありき」と掲げ、「特別立法での退位実現に重点を置いているのは明らかだ」として、民進党皇位検討委員会の馬淵澄夫事務局長が「結論ありきで強引に進めた」と批判していることを紹介している。《毎日》自身が、この「結論ありき」に批判的であることも明らかだ。 ただ、特例法については、自民、公明の与党だけでなく、維新も一致し [全文を読む]

【蓮舫代表初めての選挙】裏切りと欲望渦巻いた衆院補選東京都第10区

東京ブレイキングニュース / 2016年10月26日15時01分

しかも20日に市民団体や共産党、社民党、自由党などによる大掛かりな街宣が池袋駅前で企画されたのに、馬淵澄夫選対委員長と一緒になって鈴木氏に「行くな」と止めたでしょ。おかげで鈴木氏は顔写真付きの街宣車だけの参加という間抜けさでしたわ。 そうそう、人が集まるはずの池袋の街宣には参加させなかったけど、その日の夜に行われた小学校の演説会には鈴木氏を参加させました [全文を読む]

蓮舫民進党、早くも激ヤバ「党内抗争」

日刊大衆 / 2016年10月05日19時00分

馬淵澄夫氏が選対委員長と、野田カラーが色濃い“トモダチ人事”なのである。「ただの“飲みトモ執行部”ですよ。蓮舫と野田さんが飲み友達で、その延長で決まっただけ」と淡々と語るのは、別の野党関係者。 「だからでしょう。代表選時は蓮舫を支持していた赤松広隆元農相も“この人事はないだろ”と、顧問就任の要請を拒否。そして、代表選では対抗していた前原誠司元外相も当然のよ [全文を読む]

台風で福島原発の“凍土壁“が溶けている!「効果なし」と指摘された汚染水対策を強引に推し進めた安倍政権と東電の罪

リテラ / 2016年09月22日23時30分

事故直後の2011年3月、汚染水対策の「中長期対策プロジェクト」のリーダーに起用された民主党の馬淵澄夫首相補佐官(当時)が中心になり、4つの遮水壁の工法が検討された。その結果、採用されたのがチェルノブイリでも実績のある「鉛直バリア方式」だった。これは鉱物が入った粘土を使って遮水壁をつくるもので、当時の菅直人首相の承認に加えアメリカ原子力規制委員会(NRC) [全文を読む]

~ 一人ひとりの声を政策に ~ 民進党 あなたと進むワークショップを開催 玉木議員「若者への投資、全力で取り組む」

PR TIMES / 2016年06月20日19時03分

初回の16日は、「子育て」をテーマに、山尾志桜里議員と子育て中の母親、最終回の18日は「介護」をテーマに馬淵澄夫議員と40~50代男女が同様のワークショップを実施しました。 冒頭、香川県出身の玉木議員が幼い頃の教育環境を紹介し、「どの人でも地域に誇りがあって、どの地域に生まれた人でも自分の持っている能力を最大限発揮出来るような社会を作りたいと思った」と政治 [全文を読む]

~ 一人ひとりの声を政策に ~ 民進党 あなたと進むワークショップを開催 山尾政調会長「国政にママの声を届けたい」と語る

PR TIMES / 2016年06月17日13時28分

次回の17日には「教育」をテーマに玉木雄一郎議員と大学生が、最終回の18日は「介護」をテーマに馬淵澄夫議員と40~50代男女が同様のワークショップを開催する予定です。 冒頭、1児の母であり、仕事と子育ての両立に励む山尾議員は、国会で「保育園落ちた、日本死ね」問題を取り上げた経緯を説明。「政治は、それぞれの人が、できることを、できる時に、できる限りやることで [全文を読む]

「上杉隆君の名誉回復を祝う会」取材のお願い

DreamNews / 2016年05月18日18時00分

《発起人》鳩山邦夫 ハワード・フレンチ 田原総一朗 中尾ミエ 加瀬英明 西川伸一 小沢一郎 鳩山友紀夫 松井清人 三枝成彰 宮城泰年 佐藤栄佐久 大宅映子 吹浦忠正 坂本正弘 團紀彦 波頭亮 徳原榮輔 奥田瑛二 玉木正之 ピオ・デミリア ケント・ギルバート 田中康夫 蟹瀬誠一 猪瀬直樹 井沢元彦 和田秀樹 重村智計 古賀茂明 吉田照美 下村満子 勝俣伸 中 [全文を読む]

「消費税5%に戻す!」民主幹部が明かす“まさかのシナリオ”

WEB女性自身 / 2016年03月11日06時00分

8%据え置きなんて生ぬるいんです」本誌記者にそう明言したのは、民主党で筆頭副幹事長を務める馬淵澄夫議員(55)。民主党政権時には国土交通相も務めた馬淵議員は、民主党内での政策決定において今なお大きな影響力を持つ。来年4月に10%に引き上げられる消費税。しかし馬淵議員は今月1日、自身のブログでこれに待ったをかけ、「消費増税を5%に戻します!」という政策をぶち [全文を読む]

民主党解党を画策の前原、細野、長島の本音は安保法制推進! 背後に米国ジャパンハンドラーとの癒着が

リテラ / 2015年11月22日20時00分

主催は今回の騒動の黒幕といわれる長島昭久元防衛副大臣で、ゲストには細野氏のほか馬淵澄夫元国交相が顔を揃えた。 その詳報が翌日の「産経ニュース」で配信された。これを読むと、解党騒動の背景がよくわかる。この3人(とくに細野氏と長島氏)が強く主張しているのが、要するに安全保障政策については「現実的対応」をすべきだ(つまり集団的自衛権行使容認)ということと、共産党 [全文を読む]

「ポスト安倍晋三」に名乗りを挙げた野田聖子の内情

東京ブレイキングニュース / 2015年09月03日15時20分

あの菅直人氏がやっとのこと、本当にようやく代表を辞任してくれて、前原誠司氏、馬淵澄夫氏、海江田万里氏、野田佳彦氏、そして鹿野道彦氏が出馬しました。当初は野田氏に協力するはずだった前原氏が「お前では勝てないからオレが出る」と宣言したり(で、負けましたけどね)、小沢一郎氏が率いるグループの推薦候補として海江田氏と小沢鋭仁氏が争ったりで、とても"楽しい"代表選で [全文を読む]

内閣参与・飯島勲が「自民党300議席」予測! 野党切り崩しでさらに肥大化も

リテラ / 2014年12月01日22時00分

返す刀で、民主党の枝野幸男、馬淵澄夫、生活の党の小沢一郎、次世代の党の平沼赳夫ら、大物野党議員が当落線上にいることまで指摘したのだ。 [全文を読む]

原発作業員が綴る現場のリアルと、二極化する報道へのアンチテーゼ『福島第一原発収束作業日記』

日刊サイゾー / 2013年11月18日19時00分

実は震災直後、内閣総理大臣補佐官に任命された民主党の馬淵澄夫氏は、福島第一原発の汚染水を懸念し、すぐに対策を練っていた。「当時、東京電力の経営者は(遮水壁を作ることによる)1000億円の新しい債務がのしかかることについて、たいへん債務超過の懸念を示して、これに対して反対する立場を取っておられました。しかしながら海洋流出を止めないといけません。海への汚染を [全文を読む]

海江田党首続投の流れを作ったのは輿石氏ら“民主党の古狸”

NEWSポストセブン / 2013年08月06日07時00分

また、中間派と見られる長妻昭・元厚労相、馬淵澄夫・元国交相らも「党三役就任の打診を断わった」(同前)とされ、露骨に海江田体制と距離を置いている。 ※週刊ポスト2013年8月16・23日号 [全文を読む]

野田首相 深酒のせいで呂律回らずとの噂あると民主職員証言

NEWSポストセブン / 2012年11月12日07時00分

「党の資金が余っているので最後に何かできないかと、馬淵澄夫・政調会長代理らと広告代理店で発案したが、本当の狙いは野田首相らを戦犯として吊し上げることで、選挙で討ち死にする数を少しでも減らそうという魂胆。党は首相を捨て石にするつもりなんです」(代理店関係者) 部下に敗戦処理を押しつけられた首相がヤケを起こして酒に溺れた……かどうかは定かではないが、もちろん [全文を読む]

フォーカス