一色恭志のニュース

箱根駅伝から東京五輪へ…青学大・一色恭志が24時間すべてをマラソン中心の生活に

週プレNEWS / 2017年01月10日06時00分

今年も正月の風物詩である箱根駅伝が幕を閉じ、青山学院大学、そして学生陸上長距離界のエースとして活躍してきた一色恭志(いっしき・ただし)も間もなく卒業。春からは実業団のGMOアスリーツに加わり、2020年東京五輪に向けた取り組みを本格化させる。 「今まで多くの選手を見てきましたが、一色はスタミナとスピードともに間違いなくトップレベル。楽しみです」 そう語るの [全文を読む]

GMOインターネット:陸上(長距離)一色恭志選手、GMOアスリーツ所属内定のお知らせ

PR TIMES / 2016年07月05日12時27分

2016年7月5日報道関係各位GMOインターネット株式会社===============================================================陸上(長距離)一色恭志選手GMOアスリーツ所属内定のお知らせ========================================================= [全文を読む]

青山学院大学 駅伝好調もスポーツ新聞「青スポ」は存続危機

NEWSポストセブン / 2017年03月12日16時00分

1面は駅伝だけでなくマラソン挑戦もしている一色恭志が走る姿に、大きく「3連覇」「3冠」の文字が躍っている。陸上だけでなく野球、バレーボール、レスリング、ラグビーなどの活躍も各面で伝え、4面は印象的なアディダスの全面広告だ。このときの発行部数は5000部で、定期購読者への送付とキャンパスでの無料配布だけでなく、1月2日、3日に箱根駅伝の沿道でも配布された。 [全文を読む]

青学大圧勝!箱根駅伝の明暗を分けた「もう一つの要因」

プレジデントオンライン / 2017年01月07日11時15分

彼らとセットになるのは2区一色恭志(4年)、4区森田歩希(2年)、6区小野田勇次(2年)。一色は押しも押されもせぬ青学大のエース、今季ブレイクした森田は全日本大学駅伝MVP、小野田は前回同区間2位のスペシャリスト。異なる特長を持つランナーが、不安要素が残る区間の“アンカー役”として控えていた。 フタを開ければ、1区梶谷は4位で発進し、トップの東洋大・服部 [全文を読む]

箱根3連覇の青学大を倒すライバル校は現れる? 意外な新勢力図とは…

週プレNEWS / 2017年01月07日10時00分

青学大はエースの一色恭志を含め、今回走った4人の4年生が卒業するが、田村和希と下田裕太(ともに3年)の2本柱に加え、山下りのスペシャリストである小野田勇次(2年)を有し、今回1区4位の梶谷瑠哉(2年)や4区2位の森田歩希(2年)、5区8位の貞永隆佑(3年)他、1区に起用予定だった鈴木塁人(1年)もいる。 さらに4月からは5000mで2016年高校日本人ラ [全文を読む]

今回の「箱根駅伝」は荒れる!? 青学・原監督を直撃!

日刊大衆 / 2017年01月01日13時00分

事実、青学は今期も絶好調でエースの一色恭志を核として陣営は、出雲大学選抜駅伝と全日本大学駅伝を制しており、箱根で勝てば3連覇に加え、大学駅伝三冠の偉業となる。 箱根駅伝の特徴であり最大の難所は、往路のラストを飾る山登りの5区。長い上り坂を走らなければならない箱根独特の過酷なコースは例年感動のドラマを生み出してきた。 特に23.2キロという距離が採用された0 [全文を読む]

青学大V3の可能性は80%! 元エースが予想する箱根駅伝

週プレNEWS / 2017年01月01日06時00分

──そんな青学大のキーマンは? 大谷 一色恭志選手(4年)でしょうね。彼は日本学生長距離界のエースですから。 ──大谷さんから見て、一色選手の“強さ”はどこに? 大谷 入れ違いで入学しているので、彼のことは詳しく知りません。ただ、練習からタイムが速いと聞いています。僕らの代にも出岐雄大というスゴい選手がいたんですけど(※3年時に箱根の2区で区間賞、マラソ [全文を読む]

箱根駅伝、2区・権太坂は「給水」の名所

NEWSポストセブン / 2016年12月26日16時00分

バランスボールに乗って「青トレ」中の青学大・一色恭志(4年)の姿が見られるかも? 【1月2日9時30分頃】オムワンバが倒れた「野々山歯科医院」前 エース区間だけにアクシデントが起きれば衝撃は大きい。2014年、山学大のオムワンバ(現・三菱日立PS長崎)は序盤に5人抜きを見せた後、横浜駅付近から足を引きずり始め10km手前で倒れた。今回、当時の映像から棄権ポ [全文を読む]

箱根駅伝直前 駒沢大・中谷圭佑が「復活のジャンプ」

NEWSポストセブン / 2016年12月15日07時00分

今季も5月の関東インカレ2部1万mで青学大エースの一色恭志(4年)を振り切り優勝(28分43秒)。ただ、その後は故障で出雲・全日本駅伝をともに欠場し、世田谷246ハーフ(11月13日)や上尾ハーフ(同20日)も出場しなかった。世田谷246の後に、「中谷は戻ってくる」と語った大八木弘明・監督の言葉を“他校に揺さぶりをかけているだけでは?”と勘ぐる人もいたが、 [全文を読む]

箱根名選手も「エゲツない」と唸る青学・富津合宿の猛練習

NEWSポストセブン / 2016年12月06日16時00分

昨年の四天王で唯一残った一色恭志(4年)は自己ベスト更新とはならなかったが、むしろ青学大が走力を増すのはここからだ。 「青学の富津合宿はエゲツないですよ」 八王子の会場でそう証言したのは2011年に国学院大で10区を走った寺田夏生(JR東日本)だ。大手町のゴール目前で直進するはずの交差点を中継車につられ右折した逸話から、私たちが「寺田交差点の寺田」と呼ぶ [全文を読む]

ベストセラー・トレーニング本『青トレ』第2弾が発売! その刊行を記念し「文化放送ウェンズデープレミアム 青学駅伝チームの強さに迫る!~青トレ~三冠に挑む最強のカラダ作り」が本日21:00から放送!!

PR TIMES / 2016年11月30日21時50分

今年も4年生の一色恭志選手、安藤悠哉主将、3年生の下田裕太選手、田村和希選手といった選手たちといっしょにできる53分のDVD付きです!また、神野大地選手や渡邉利典選手といったOBたちのインタビューも掲載しています。青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニング原晋/中野ジェームズ修一著発売日:2016年11月26日ISBN:978- [全文を読む]

箱根前哨戦の世田谷ハーフ 青学vs駒澤のガチバトル

NEWSポストセブン / 2016年11月24日07時00分

隠した視線の先には、青学大エースの一色恭志(4年)と田村和希(3年)がいた。白の練習用ユニフォームでペース走に終始した一色たちを、藤田はピタリと追走したのだ。一色たちのフォームや息遣いから「付け入る隙はあるか」と探っていたに違いない。やはり「ストップ青学」の執念は尋常でない。 駒澤陣営からはレース後、「箱根には中谷(圭佑・4年)が戻ってくる」という発言があ [全文を読む]

箱根駅伝の見所 「大八木監督の新しい檄」「原監督の誤算」

NEWSポストセブン / 2016年11月18日16時00分

近年、優勝争いから遠ざかっていた早稲田大がトップに立ち、青学大を揺さぶるも大エース・一色恭志(4年)が逆転──例年以上のドラマがあった11月6日の全日本大学駅伝。その現場で「箱根の楽しみが増えた」と明かしたのは、駅伝情報満載のサイト・「EKIDEN NEWS」の“博士”こと西本武司氏だ。 ●原監督の“誤算”と大八木監督の“新しい檄” 監督たちのキャラが全日 [全文を読む]

箱根の山に笑いの神降臨? 早稲田の「神ってる鈴木」

NEWSポストセブン / 2016年11月15日07時00分

近年、優勝争いから遠ざかっていた早稲田大がトップに立ち、青学大を揺さぶるも大エース・一色恭志(4年)が逆転──例年以上のドラマがあった11月6日の全日本大学駅伝。その現場で「箱根の楽しみが増えた」と明かしたのは、駅伝情報満載のサイト・「EKIDEN NEWS」の“博士”こと西本武司氏だ。 * * * 早大3区の鈴木洋平(4年)がトップに1秒差の2位で襷を受 [全文を読む]

箱根占う全日本大学駅伝 駒沢と早稲田の勝利のカギ

NEWSポストセブン / 2016年11月04日07時00分

●「花田の青学情報」 今年4月、青学大から渡邉利典(前回箱根10区)ら3人が花田監督のGMOを進路に選び、今季のエース一色恭志(4年)も来春からの進路先に決めている。駅伝マニアの間でGMOは“青学大の大学院”の愛称が定着しつつある。花田監督が青学のディープ情報を知っているのは間違いない。 ●増田さんと「一色の実家」 実況に割って入るのは、マラソン中継の詳 [全文を読む]

箱根駅伝、ダントツ3連覇予想の青学に脅威浮上か!大番狂わせの目は駒澤大?東洋大は苦戦?

Business Journal / 2016年11月01日06時00分

もうひとつは2年連続でアンカーに起用されたエース、一色恭志にタスキを渡す前にトップを奪ったことだ。 今年のチームは一色を除くと、卒業した神野大地、久保田和真ほど攻撃力のある選手はいない。エースの力を借りなくともトップに立ったことは、青学大にとって大きな自信になったはずだ。 10月1日の世田谷陸上競技会5000mで小野田勇次が13分46秒93をマークするなど [全文を読む]

箱根絶対王者青学大に迫る東海大の“史上最強の新戦力”

NEWSポストセブン / 2016年10月17日07時00分

他の主力らはエース・一色恭志(4年)を先頭に集団走、4人が14分7秒で同着した。好調でも出し切らずに設定タイムを守り、ピークは駅伝に――本番から逆算した王者の調整法が垣間見えた。 1月から見てきた現場は嘘をつかなかった。出雲駅伝では東海大が5区途中までトップに立ち、優勝した青学大を追い詰めた。両校の激突が熱い。熱すぎるのだ。 文■西本武司/1971年福岡県 [全文を読む]

箱根のガルパニストが公約通り“あんこう踊り”を踊る! なぜか『弱ペダ』ファンも大興奮した「箱根駅伝」をオタク的に振り返る

おたぽる / 2016年01月04日21時00分

その一方で、今年の「箱根駅伝」では、箱根の山を“下る”6区に青学1年の小野田勇次選手が登場! これに先輩の一色恭志選手もTwitterで『弱ペダ』の小野田くんのブロマイドの写メと共に「がんばれおのだくん!」とエールを送っていたが、ネットでも多くの『弱ペダ』ファンが「箱根の舞台で、小野田くんだと!」と反応することとなった。 [全文を読む]

特別インタビュー“青山学院大・原晋監督”「ハッピー指数大作戦で箱根を連覇する!」(4)エース不安視も強い理由とは?

アサ芸プラス / 2016年01月03日17時56分

7月に韓国で行われた学生のオリンピックとも言われるユニバーシアードでは、ハーフマラソンで小椋裕介(4年)と一色恭志(3年)が日本代表に選出され、小椋が金、一色が銀と青学勢が世界の舞台でワンツーフィニッシュを果たした。 学生長距離界において一流選手の証しとも言える1万メートル28分台の選手を11人も擁するのも、青学大の強さを物語る。28分台の選手といえば、 [全文を読む]

2020東京五輪でメダルを狙う、箱根駅伝で見ておくべき5人のランナー

週プレNEWS / 2016年01月01日06時00分

原晋(すすむ)監督が「学生史上最強軍団」と自負するチームには、主将の神野、久保田和真(かずま)、小椋(おぐら)裕介という強力な4年生トリオとともに「青学四天王」と呼ばれる3年生の一色恭志(いっしき・ただし)がいる。 前回は2年生ながら花の2区に抜擢(ばってき)され、一時はトップ争いから引き離されたものの、終盤に盛り返して区間3位と好走した。2015年は7月 [全文を読む]

フォーカス