寺島成輝のニュース

【プロ野球】毎年恒例の人気企画! 野球太郎が開催した「極私的ドラフト」で9球団重複指名の新記録が!!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月14日17時05分

総合力で寺島成輝(履正社高)に3球団くらい指名が集まるのではないか、松本桃太郎(仙台大)はホームランを打っているがスラッガーというより本質的にはアベレージ系だろう、といった注目選手に関する話題で盛り上がり、極私的ドラフト会議へと移っていった。 ■史上初! 9球団競合はあの男!! 「極私的ドラフト」は12球団の担当を2、3名で受け持ち、実際のドラフトのように [全文を読む]

【プロ野球】田中正義は推理小説!? ドラ1選手たちが続々入寮! 彼らが“持参”した一品をチェックしてみた!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月11日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ドラ1選手“持参”したものはこれだ! 堀瑞輝(日本ハム) 手の平ダルマ 田中正義(ソフトバンク) 推理小説『シャーロック・ホームズ』シリーズ(コナン・ドイル) 佐々木千隼(ロッテ) マットレス(エアウィーブ) 今井達也(西武) 金色のダルマ 藤平尚真(楽天) マットレス(東京西川) 横浜 [全文を読む]

【2016ドラフト】田中正義はソフトバンク、佐々木千隼はロッテが5球団の抽選の末、交渉権獲得。楽天は藤平尚真の交渉権獲得。

インフォシーク / 2016年10月20日15時00分

【10巡目指名】 オリックス 選択終了 東北楽天 西口直人(投手・甲賀医療専門学校) 横浜DeNA 選択終了 日本ハム 選択終了 【9巡目指名】 日本ハム 今井順之助(内野手・中京) 横浜DeNA 佐野恵太(内野手・明大) 東北楽天 高梨雄平(投手・JX-ENEOS) オリックス 根本薫(投手・霞ケ浦) 【8巡目指名】 オリックス 澤田圭佑(投手・立大) [全文を読む]

フレッシュ球宴の推薦選手発表!ドラ1ルーキーは9人

ベースボールキング / 2017年05月15日15時34分

昨年のドラフト1位では巨人・吉川尚輝内野手、楽天・藤平尚真投手、西武・今井達也投手、ロッテ・佐々木千隼投手、日本ハム・堀瑞輝投手、ヤクルト・寺島成輝投手、阪神・大山悠輔内野手、広島・加藤拓也投手、オリックス・山岡泰輔投手の9選手が推薦された。 なお、推薦選手は「出場資格、出場の可能性がある」選手の中から球団が推薦した選手となり、出場が決定しているものでは [全文を読む]

【プロ野球】キャンプで見えたドラ1たちの現在地。一足早く“開幕1軍”の可能性をズバッと診断

デイリーニュースオンライン / 2017年02月15日17時05分

■ヤクルト:寺島成輝開幕1軍可能性:0% 1軍スタートで評価が高騰していた寺島成輝(ヤクルト)だったが、左内転筋筋膜炎で離脱。開幕1軍は絶望的と見られている。 文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

ヤクルト・寺島、プロ“初”ブルペンの点数は?

ベースボールキング / 2017年02月06日20時50分

◆ 初ブルペンの寺島「50点」 ヤクルトのドラフト1位・寺島成輝、ドラフト2位の星知弥が6日、プロ入り後初めてブルペンに入り、両投手ともにキャッチャーを立たせて30球を投げた。 途中からセットポジションでも投球を行った寺島は、今日のピッチングについて「特に点数をつけるほどではないので、50点かなと思います」と自己評価。 昨年11月に行われた明治神宮大会決勝 [全文を読む]

投手陣立て直しへ外国人獲得 ヤクルトの新加入選手は?

ベースボールキング / 2017年01月29日10時00分

このオフはギルメット、オーレンドルフ、ブキャナンの外国人投手を3人獲得し、ドラフトでも1位の寺島成輝(履正社)を始め、6人中5人の投手を指名した。 野手は15年の打点王も昨季故障に泣いた畠山和洋が守る一塁に、グリーンを獲得。今季はグリーンと畠山が一塁を争うことになる。 【IN】 ギルメット(投手/3A・トレド) オーレンドルフ(投手/レッズ) ブキャナン( [全文を読む]

【プロ野球】レジェンド左腕・今中慎二が語った、高校No.1左腕・寺島成輝の可能性と球速ウラ話

デイリーニュースオンライン / 2016年10月31日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■今中の“推しメン”は寺島成輝 選手・コーチを含め、中日ひと筋の今中だが、出身は大阪府。それだけに、今年のドラフト1位でも注目するのは、ヤクルトが単独1位指名した大阪・履正社の左腕・寺島成輝だという。 「甲子園で見て、一番伸びしろがあると思ったのが彼。体が大きくて、ボールに角度があるのが魅 [全文を読む]

【プロ野球】《2016ドラフト注目選手・投手編》運命の1一日、近づく。ドラフト目玉投手5人をピックアップ!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月06日16時05分

■類まれなゲームメーカーがいざプロへ 寺島成輝(履正社高) 今井と異なり、甲子園開幕前から話題になっていたのが“高校生ビッグ3”。そのなかから、ここでは履正社高の寺島成輝を推したい。中学時代から「ボーイズに寺島あり」と将来を嘱望されていた投手が、ラストチャンスで甲子園切符をつかみ、今度はプロへの切符もつかもうとしている。 そんな寺島の持ち味は、140キロ [全文を読む]

【ヤクルト】伊藤智仁のここだけの話 近藤一樹の活躍の陰にルーキあり

文春オンライン / 2017年06月05日11時00分

――チーム成績が上向かないときに、若手を起爆剤として起用するという考えはありませんか? たとえば、寺島成輝、中尾輝、高橋奎二など……。 伊藤 中尾に関しては、ファームでの評価は非常に高いです。でも、梅野(雄吾)、寺島、高橋という辺りは、まだきちんと投げ切れていないので、しっかりファームで投げられるようになってからですね。彼らには将来があります。フィジカル [全文を読む]

【プロ野球】北のドクターK・古谷優人(ソフトバンク)が3軍でなで斬り中。九鬼隆平との若鷹バッテリー台頭は近い

デイリーニュースオンライン / 2017年06月01日16時05分

秀岳館高3年時に春夏甲子園でベスト4入りを果たし、主将として臨んだBFA U-18アジア選手権では今井達也(西武)、堀瑞輝(日本ハム)、寺島成輝(ヤクルト)らとのバッテリーでチームを優勝へと導いた。 3軍の舞台でバッテリーを組むこの高卒ルーキーコンビが、将来のソフトバンクを支える存在となってほしいと、ソフトバンクファンの筆者は熱望している。 ■未来は先発? [全文を読む]

「守備は即戦力」から目指すルーキー最多安打

ベースボールキング / 2017年05月28日11時00分

この2人の大卒右腕を筆頭に、高卒では夏の甲子園優勝投手・今井達也(作新学院→西武)や寺島成輝(履正社→ヤクルト)、藤平尚真(横浜→楽天)に高橋昂也(花咲徳栄→広島)の“高校BIG4”といった投手たちが注目を集めたドラフトであった。 ところが、あれから7カ月が経った現在...。上述した選手たちのなかで一軍デビューを果たしているのはロッテの佐々木千隼のみ。「 [全文を読む]

早くも清宮争奪戦、燕ドラ1有力 父は「すぐにでも大リーグで」

J-CASTトレンド / 2017年05月02日18時33分

ヤクルトは、10年のドラフト1位で山田哲人内野手を、16年のドラ1で寺島成輝投手を指名と、履正社とは縁が深い。 前述の番組にゲストで登場した元レッドソックスのマニー・ラミレス外野手(44)は、清宮を「松井の後継者になるくらい力強い選手」とたたえた。大学、プロ野球、メジャー...引く手あまたの清宮はどこに進むのか、今年のドラフトは目が離せない。 [全文を読む]

【プロ野球】豊作のはずが不作? ドラ1ルーキーたちの現在地 開幕1軍に残るのは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月28日17時05分

■故障中 ■今井達也(西武)/寺島成輝(ヤクルト)/柳裕也(中日) 上記の3選手は故障で調整中。特に想定外だったのは、即戦力投手の呼び声高かった柳裕也(中日)。3月2日のオープン戦で1回を投げ終わったところで緊急登板すると、容態不明のまま2軍落ち。右ヒジ周辺の炎症と発表された。キャンプ明けから投球内容にも疲れが見えており、心配されていたものの、意外に早く [全文を読む]

センバツ大阪2強・大阪桐蔭と履正社、それぞれの強さの秘密

NEWSポストセブン / 2017年03月15日11時00分

2年連続トリプルスリーを達成した山田哲人(ヤクルト)や、今年ドラフト1位でヤクルトに入団した寺島成輝を輩出した履正社だ。 寺島がいた昨年のチームは、夏の甲子園でベスト16、国体では初優勝を果たした。新チームとなった昨秋、神宮大会では清宮幸太郎のいる早稲田実業に打ち勝ち、日本一に輝いた。1987年から指揮をとる監督の岡田龍生(55)は謙遜しながらこの2年の [全文を読む]

ヤクルトは『ドラフト2位』がアツい!?

ベースボールキング / 2017年02月26日13時00分

◆ キャンプで輝いた“一番星” ヤクルトの浦添キャンプで注目を集めた存在と言えば、ドラフト1位の寺島成輝。球団8年ぶりとなる高卒新人のキャンプ一軍抜擢とあって大きな注目を集めたが、2週間もたずに『左内転筋筋膜炎』を発症して一軍から離脱。開幕絶望となってしまった。 期待も大きかった分、そのショックも大きいものとなったが、寺島に向けられていた視線を奪うかのよう [全文を読む]

また新たな“ビッグ3”がプロへ…

ベースボールキング / 2017年02月15日11時00分

高卒のビッグ3といえば、藤平尚真(横浜→楽天)、寺島成輝(履正社→ヤクルト)、高橋昂也(花咲徳栄→広島)。昨夏の甲子園では、この3人が“夏の主役”として大きく取り上げられた。 そして、大卒のビッグ3は田中正義(創価大→ソフトバンク)、佐々木千隼(桜美林大→ロッテ)、柳裕也(明治大→中日)の3人である。彼らはドラフト2位の高橋を除く5人がドラフト1位指名。 [全文を読む]

ひそかな楽しみ『キャンプ休日』なにをした?【セ・リーグ編】

ベースボールキング / 2017年02月07日14時00分

▼ ヤクルト ・寺島成輝、星知弥、中尾輝、菊沢竜佑 『アイス作り体験』 ヤクルトの新人4名は、浦添市で特産品づくりを体験した。 沖縄で有名な「ブルーシールアイス」の牧港本店では、アイスの手作りを体験。トッピングを全員で行い、できあがった特大アイスを試食した。 ほかにも特産の絹織物「うらそえ織」の生産施設で機織りを教わるなど、ふだん触れることのない文化を体 [全文を読む]

高卒ドラ1左腕のプロ1年目はどうだった?

ベースボールキング / 2017年02月07日11時30分

◆ 松井裕が4勝、小笠原が2勝 ヤクルトのドラフト1位ルーキー・寺島成輝(履正社高)が、プロ入り後初のブルペンで、捕手を立たせたまま30球を投げ込んだ。昨年夏に行われた『第11回 BFA U-18アジア選手権』のチャイニーズタイペイ戦では、5回を0安打12奪三振無失点と好投するなど、“高校BIG3”と呼ばれた左腕。本格派の左腕ということもあり、注目度はかな [全文を読む]

今年こそ一軍で活躍を!ヤクルトの2014年ドラフト組

ベースボールキング / 2017年02月06日07時15分

◆ ブレイク候補多数の2015、2016年ドラフト組 2016年のドラフトでは高校ビッグ3の一角である寺島成輝(履正社高)を一本釣り。春季キャンプでは一軍スタートさせるなど期待の高さを表している。ドラフト2位の星知弥(明治大)、4位の中尾輝(名古屋経済大)、6位の菊沢竜佑(相双リテック)ら大卒、社会人からの指名選手も寺島同様にキャンプ一軍スタートを切ってお [全文を読む]

フォーカス