司馬遼太郎のニュース

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』遂に電子化決定 没後20年となる2016年元旦から配信開始

@Press / 2015年11月30日10時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、2016年元旦から、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』全8巻を電子書籍化して配信します。『坂の上の雲』は、総発行部数2,000万部を超える司馬文学の金字塔です。一部書店では、2015年11月30日に電子版の予約も始まります。 俳句改革に命をかけた正岡子規、日露戦争を勝利に導いた秋山好古・真 [全文を読む]

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』電子版 もうすぐ配信開始 ポイントバックなど期間限定施策で、より手に入れやすく!

@Press / 2015年12月24日16時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、2016年元旦から、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』全8巻、合本版を電子書籍化して配信します。『坂の上の雲』は、総発行部数2,000万部を超える司馬文学の金字塔です。 発売を記念して、各電子書店で、ポイントバック還元等の施策を行います。三ヶ日のみ、1週間など、方法、期間は、書店により異な [全文を読む]

司馬遼太郎氏の不朽の名作 『この国のかたち』遂に電子書籍化 12月9日から主要電子書店で発売開始!

@Press / 2016年12月08日09時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は12月9日(金)、司馬遼太郎氏の『この国のかたち』の電子書籍版を発売いたします。 『竜馬がゆく』『坂の上の雲』など、多くの国民的人気小説を生み出し、この国と日本人を思索したエッセイ、評論を残し、日本社会に多大な影響を残した司馬遼太郎氏。 中でも『この国のかたち』は、月刊文藝春秋に十年にわ [全文を読む]

没後20周年 特別増刊号「司馬遼太郎の真髄 『この国のかたち』」電子版を2月5日(金)に発売!

@Press / 2016年02月03日10時00分

株式会社文藝春秋・電子書籍編集部では、特別増刊「司馬遼太郎の真髄 『この国のかたち』」の電子版を2月5日に発売いたします。 『竜馬がゆく』『坂の上の雲』など、多くの国民的ベストセラー小説を生み出し、歴史的視座からこの国と日本人を思索したエッセイ、評論を残し、日本社会に多大な影響を残した司馬遼太郎氏。今年は没後20周年ということで、TV番組など、その業績を再 [全文を読む]

「武士の家計簿」の磯田道史が、司馬遼太郎作品を語る

Smartザテレビジョン / 2016年02月23日06時00分

3月2日(水)から始まる「100分de名著 司馬遼太郎スペシャル」(NHK Eテレ)の放送を記念し、番組の指南役である歴史学者の磯田道史氏と番組プロデューサーの秋満吉彦氏が取材に応じた。 古今東西の名著を25分×4回の計100分で紹介する「100分de名著」。'11年の放送開始から取り扱ってきた名著は50冊を超え、3月には没後20年のタイミングで作家・司馬 [全文を読む]

絶筆となった自筆原稿や文机も登場 「没後20年 司馬遼太郎展」

太田出版ケトルニュース / 2017年06月02日10時04分

6月2日(金)より、神奈川県横浜市の「そごう美術館」にて、今年で没後20年となる司馬遼太郎の回顧展『没後20年 司馬遼太郎展-21世紀“未来の街角”で』が開催される。 司馬遼太郎は、産経新聞に勤めていた1960年に『梟の城』で直木賞を受賞し、文筆活動の道へ。『竜馬がゆく』『坂の上の雲』といった歴史小説や、『この国のかたち』『街道をゆく』などの紀行・エッセー [全文を読む]

武田鉄矢「読書に実用性だけ求めても空しい」 世の中は確信に至る材料を集めすぎている

東洋経済オンライン / 2017年05月10日09時04分

皆さんも想像つくかもしれないけど、私の読書歴の始まりは司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』です。18歳。高校3年の夏、非常にダイナミックなタイトルが目について本屋の書棚のその本を手に取ったのが何もかもの始まり。読んでみて、龍馬のでかさに驚いた。売れてるとか評論家が褒めてるとかは関係ない。「この本は俺のために書かれたんじゃないか!?」とうぬぼれた。司馬遼太郎という [全文を読む]

没後20年 司馬遼太郎回顧展を開催

PR TIMES / 2017年05月08日08時10分

6月3日から横浜そごう 自筆原稿や初刊本などを展示 産経新聞社と公益財団法人司馬遼太郎記念財団は、6月2日(金)~7月9日(日)に横浜市のそごう横浜店6階「そごう美術館」で、回顧展「没後20年 司馬遼太郎展―21世紀“未来の街角”で」を開催します。国民的作家の自筆原稿などを展示し、司馬遼太郎の世界を紹介します。貴メディアで開催の告知をお願いいたします。 [ [全文を読む]

<漫画「日露戦争物語」の真相(2)>明治元年・松山生まれの秋山真之が主人公では「日露戦争」は描けない

メディアゴン / 2015年06月03日07時20分

そして、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」を読むことを薦めた。筆者は司馬遼太郎さんの小説は好きではない。坂本龍馬も特に好きでもない。司馬さんの体験談や歴史エッセイはかなり好きだが、小説はどうも売れ筋を意識しすぎてるところが鼻について嫌いなのである。エンターテイメントし過ぎなのがダメなのだ。歴史をおもちゃにして快感を得させる演出がエンターテイメントと教育を研究し [全文を読む]

<漫画「日露戦争物語」の真相(3)>司馬遼太郎財団からきた苦情が漫画の方針を変節させた

メディアゴン / 2015年06月05日07時00分

(前々々回|前々回|前回の記事)秋山真之を主人公にして史実をある程度トレスすると「坂の上の雲」(司馬遼太郎)に似てしまうという一抹の不安があった。司馬遼太郎さんが下敷きにした史実とおなじ文献を参考にすれば、同じ話を描かざるを得ない。実際、司馬さんがかなりまんま文献を引用してる箇所も描いていて発見した。もちろん、小説と漫画なので、かなり違うものにはなるが、人 [全文を読む]

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第四十六回

ITライフハック / 2015年04月02日09時00分

別のキーワード(「司馬遼太郎」)を入れてみたところ、今度はリアルタイム候補でピックアップされた書籍のタイトルに、キーワードが含まれていました。そのかわり、Enterキーを押下して表示された検索結果はよく分からないものでした。司馬遼太郎が著者である作品がヒットして欲しかったのですが、どうも期待通りにはいきません。なぜか2冊(「街道をゆく」の36巻と37巻)の [全文を読む]

司馬遼太郎のサラリーマンへの応援歌

プレジデントオンライン / 2017年01月21日11時15分

■人の一生は重荷を負ふて遠き道を行くが如し 60年余り前、産経新聞の記者だった司馬遼太郎氏は、本名・福田定一の名で1冊の著作を世に問うた。それが、没後20年、文春新書で復刊された『ビジネスエリートの新論語』である。ただし、孔子の教えだけでなく、旧題の『名言随筆サラリーマン』が示す通りゲーテや夏目漱石など古今東西の名言を引用しつつ、会社で生きるサラリーマンた [全文を読む]

まだGWの予定が決まっていないアナタに! 「国内紀行・旅行記ランキング」トップ10

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月17日09時00分

司馬遼太郎急逝により25年で途絶えたが、国内外の街道を順番に巡ってみてはいかがだろうか。 著:司馬遼太郎 出版社:朝日新聞出版 第4位:『人生下り坂最高! NHKにっぽん縦断こころ旅』 著:火野正平 出版社:ポプラ社 第5位:『日本百名山 改版』 著:深田久弥 出版社:新潮社 第6位:『日本奥地紀行』 著:イザベラ・バード 出版社:平凡社 第7位:『後ろ歩 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説 『2016年honto 3月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2016年04月06日11時47分

小説・文学ランキングは、歴史小説の国民的作家を取り上げた『司馬遼太郎スペシャル 二十一世紀に生きる君たちへ』が4位に登場。 没後20年となり司馬遼太郎になじみがない人が増えていく中、数々の名作の他に小学校教科書に子供向けの随筆も書き下ろしている司馬遼太郎の作品をこの機会に読んでみてはいかがでしょう。(honto広報担当:土佐 勝彦)[画像: http:// [全文を読む]

NHKが反体制思想を助長?報道番組の”偏向ぶり”を中国人が指摘

デイリーニュースオンライン / 2016年03月19日12時10分

また、2016年2月13、14日に放送された「司馬遼太郎思索紀行−この国のかたち」では、日本を「辺境の島国」と呼称し、神道、神仏習合など日本の宗教観を中国、朝鮮など大陸伝来の宗教の影響とし、他国の文化を吸収し誕生した日本文化の特性を「無思想の思想」と呼ぶなど、日本人は想像力が欠如した民族のように印象付けていました。 確かに日本の文化や宗教が他国の影響を受 [全文を読む]

司馬遼太郎作品新たに200編発掘!ファンからは「書籍化されたら是非購入したい」との声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月11日15時00分

『梟の城』や『竜馬がゆく』といった歴史小説をはじめ、数々の名作を生み出してきた作家・司馬遼太郎氏のエッセイが、新たに約200編発掘された。その事実を知ったファンは、「新たな作品が刊行されるのでは」と期待を寄せている。 司馬氏は1956年、「第8回 講談倶楽部賞」を受賞した、モンゴルの将軍とその命を狙うペルシャ人との暗闘を描いた『ペルシャの幻術師』で文壇デビ [全文を読む]

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第六十二回

ITライフハック / 2015年12月11日09時00分

ちょっと話が逸れますが、試しにオーディオブックを購入しようと物色していたところ、司馬遼太郎氏の著作のいくつかがオーディオブックで販売されていました。そこそこの年配の方にとっては司馬遼太郎氏の著作は馴染み深いものがあるのではないでしょうか。私も学生の頃から司馬遼太郎氏の作品をよく読んでいたので、氏の作品のどれかを買おうと決めて物色していました。すると、情報に [全文を読む]

【読書の秋】旅好きライターが選ぶ!これだけはおさえておくべき旅の本3選

TABIZINE / 2015年10月04日07時30分

1:司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズ 最初は司馬遼太郎「街道をゆく」シリーズです。このシリーズは「坂の上の雲」「竜馬がゆく」で有名な司馬遼太郎が週刊朝日に25年にわたって連載した紀行文です。 日本人や日本の歴史に極めて深い造詣を持つ著者が、日本や海外の街道を歩きながら感じたあれこれを土地の歴史に絡めながら語ってくれます。 例えば「沖縄に行きたいけど行け [全文を読む]

司馬遼太郎の『国盗り物語』はデタラメだった?史実と違う主人公の生涯

Business Journal / 2015年08月13日06時00分

道三は、テレビドラマにもなった作家・司馬遼太郎のベストセラー『国盗り物語』(新潮社)の影響で、一躍有名になりました。私も、学生時代に同書を読んで道三の魅力にとりつかれた1人です。 しかし、ある時ふと思いました。よく、歴史上の人物について「徳川家康が好き」「宮本武蔵が好き」「織田信長が好き」などと言いますが、誰も実際の家康や武蔵のことは知りません。それは、「 [全文を読む]

<坂本龍馬と坂本竜馬?>「物語の邪魔になるときは史実を切る」ことは司馬遼太郎の時代小説の作法

メディアゴン / 2015年07月22日06時50分

柴川淳一[郷土史家]* * *司馬遼太郎が「竜馬が行く」を産経新聞に連載する前には、 「神田の古本屋街から龍馬関連本が消えた。」とか、 「司馬さんは資料集めに当時二千万円の金を使った。」などと言われた事がある。これはあくまで噂、というよりデマに近い。もっとお上品に言うなら「司馬遼太郎の都市伝説」である。誰も司馬さんの家計を調べたわけではないし、神田の古書店 [全文を読む]

フォーカス