植村直己のニュース

【ムービープラス】人気オリジナル番組「この映画が観たい」3月はアルピニストの野口健さんが登場

PR TIMES / 2016年03月01日10時37分

彼がセレクトした映画「ニュー・シネマ・パラダイス」「植村直己物語」「八甲田山」「レイジング・ブル」「エベレスト3D」について、番組で熱く語っていただきました。[画像: http://prtimes.jp/i/7517/94/resize/d7517-94-446437-1.jpg ]海外生活で日本語ができなかったこともあり、映画の原体験は「銀河鉄道999」 [全文を読む]

企画展 「冒険家・植村直己 単独行」明治大学博物館特別展示室にて開催中

@Press / 2016年04月13日16時45分

明治大学博物館特別展示室で3月26日(土)~4月24日(日)、企画展「冒険家・植村直己 単独行」を開催しています。入場無料。 冒険家・植村直己は1964年5月、明治大学卒業とともに外国放浪に出発し、世界の山々に登りました。1970年にはエベレスト日本人初登頂、続いてマッキンリー(現・デナリ)に登頂し、世界初の五大陸最高峰登頂を達成します。その後、冒険の舞台 [全文を読む]

若き頃の植村直己を知る編集者が植村の知られざる姿綴った本

NEWSポストセブン / 2014年02月13日16時00分

【書籍紹介】『植村直己・夢の軌跡』湯川豊/文藝春秋/1575円 エベレスト登頂をはじめ、数々の偉業をなしとげた冒険家がアラスカの雪山に消えて30年。互いに20代の頃、雑誌の編集者として植村と出会った著者が、ひとりの人間としての植村直己を振り返り記す。 植村は度々「夢」という言葉を使っていたが、〈それは実現の可能性が小さいから夢という言葉にするのではなく、前 [全文を読む]

長渕剛、哀川翔、植村直己……著名人による“鳥肌モノ”の名言集

週プレNEWS / 2013年06月11日06時00分

そんなとき、植村直己さんの『あきらめないこと。どんな事態に直面してもあきらめないこと。結局、私のしたことは、それだけだったのかもしれない』という言葉に背中を押されたんです。短い言葉が持つダイナミックなパワーを感じたんですね。言い換えれば『がんばれ』と同義かもしれない。でも震災後の今は、単純に『がんばれ』と言われても響かないし、言い難い時代です。だからこそ短 [全文を読む]

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年6月号2017年5月30日(火)発売

@Press / 2017年05月18日14時30分

【歴史的に有名なナショナル ジオグラフィック協会支援の探検・調査活動】 「インカの空中都市マチュピチュの発見」「探検家ロバート・ピアリ、初の北極点到達」「アポロ11号の月面着陸」「ジェーン・グドールの野生チンパンジー研究」「植村直己の北極点単独行」「大西洋に沈む豪華客船タイタニック号の発見」など、128年間で1万件以上になります。 ナショナルジオグラフィ [全文を読む]

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年5月号4月28日(金)発売!

@Press / 2017年04月21日15時00分

■歴史的に有名なナショナル ジオグラフィック協会支援の探検・調査活動 「インカの空中都市マチュピチュの発見」「探検家ロバート・ピアリ、初の北極点到達」「アポロ11号の月面着陸」「ジェーン・グドールの野生チンパンジー研究」「植村直己の北極点単独行」「大西洋に沈む豪華客船タイタニック号の発見」など、128年間で1万件以上になります。 ナショナルジオグラフィッ [全文を読む]

ナショナル ジオグラフィック日本版2017年4月号3月30日(木)発売!

@Press / 2017年03月17日15時00分

■歴史的に有名なナショナル ジオグラフィック協会支援の探検・調査活動 「インカの空中都市マチュピチュの発見」「探検家ロバート・ピアリ、初の北極点到達」「アポロ11号の月面着陸」「ジェーン・グドールの野生チンパンジー研究」「植村直己の北極点単独行」「大西洋に沈む豪華客船タイタニック号の発見」など、128年間で1万件以上になります。 ナショナルジオグラフィッ [全文を読む]

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年3月号 発売!

@Press / 2017年02月27日17時00分

■歴史的に有名なナショナル ジオグラフィック協会支援の探検・調査活動 「インカの空中都市マチュピチュの発見」「探検家ロバート・ピアリ、初の北極点到達」「アポロ11号の月面着陸」「ジェーン・グドールの野生チンパンジー研究」「植村直己の北極点単独行」「大西洋に沈む豪華客船タイタニック号の発見」など、128年間で1万件以上になります。 詳細はこちら プレスリリ [全文を読む]

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年2月号1月30日(月)発売

@Press / 2017年01月30日19時00分

■歴史的に有名なナショナル ジオグラフィック協会支援の探検・調査活動 「インカの空中都市マチュピチュの発見」「探検家ロバート・ピアリ、初の北極点到達」「アポロ11号の月面着陸」「ジェーン・グドールの野生チンパンジー研究」「植村直己の北極点単独行」「大西洋に沈む豪華客船タイタニック号の発見」など、128年間で1万件以上になります。 詳細はこちら プレスリリ [全文を読む]

私達が憧れる偉人ってやっぱりすごい『世界が称賛!「すごい日本人」―――もっと知りたい!こんなにもいる「代表的日本人」 (知的生きかた文庫)』著者「ニッポン再発見」倶楽部をキンドル電子書籍でリリース

DreamNews / 2016年03月02日18時00分

コンパクトな解説と豊富な図版や写真で、 人物事典としても、読みものとしても楽しめる一冊です! ★キンドル電子書籍『世界が称賛!「すごい日本人」―――もっと知りたい!こんなにもいる「代表的日本人」 (知的生きかた文庫)』著者「ニッポン再発見」倶楽部 http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01C3RYW9C ★アマゾン書籍 ht [全文を読む]

127年の歴史を誇る世界最大級のNPO団体が母体の専門チャンネル ナショナル ジオグラフィック チャンネル 4K映像での本格ドキュメンタリー番組を続々展開

PR TIMES / 2015年12月18日13時40分

設立以来、7500以上の探検や調査を支援し、「植村直己、北極点単独踏破」、「インカの空中都市“マチュピチュ”の発見」、「タイタニック号の発見」、「アポロ11号の月面着陸」をはじめ、野生動物の生息調査や保護活動など、多くの成果を上げてきました。現在も毎年500以上の探検や調査を行い、250以上のプロジェクトを支援し、世界各地で調査活動を行っています。 ナショ [全文を読む]

断崖絶壁を登る登山家は、どこで休憩や睡眠をとっているの?

マイナビ進学U17 / 2015年11月27日12時04分

日本には、エベレストの日本人初登頂を果たした故・植村直己さんや、80歳にしてエベレスト登頂を実現した三浦雄一郎さんなど、たくさんの偉大な登山家たちがいます。将来登山家を目指している人は、まずは身近な山でたくさんの経験を積んでから、徐々にハードルの高い山を目指してみてはいかがでしょうか。そうしたら、いつか空中でキャンプをする機会も訪れるかもしれませんね。 [全文を読む]

価値[2] ~価値をはかる「ものさし」/村山 昇

INSIGHT NOW! / 2015年11月21日22時27分

―――植村直己(冒険家)『青春を山に賭けて』より[文:村山 昇/イラスト:サカイシヤスシ] [全文を読む]

自分自身の評価眼を持て /村山 昇

INSIGHT NOW! / 2015年08月03日08時02分

―――植村直己『青春を山に賭けて』現代は「個性が多様化する時代」だと言われる。だが、見方によっては、逆に「没個性化がどんどん進む時代」でもある。もっと正確に表現するなら、個々人の趣味は多様化しているが、各々が趣味のものを評価する眼は一様化している。他人の受け売りでしかものをみられない場合が多いからだ。たとえば、「あの本はベストセラーだから、きっと面白いん [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】“現役東大生が尊敬する偉人BEST50”を発表。それに対する満島真之介の尊敬する人が素敵。

TechinsightJapan / 2015年03月31日19時55分

ノーベル平和賞受賞)・42位 18代目 中村勘三郎 (享年57/歌舞伎役者)・41位 植村直己 (消息不明時43/冒険家。世界初の五大陸最高峰登頂者)・40位 美空ひばり (享年52/歌手)・39位 シャルル・ペロー (享年75/フランスの童話作家。「赤ずきん」、「長靴をはいた猫」、「シンデレラ」などが有名)・38位 チャップリン (享年88/イギリスの映 [全文を読む]

苦悶の表情? 半世紀前に雪山で遭難した登山者のミイラが2体発見される=メキシコ

tocana / 2015年03月20日07時00分

日本屈指の登山家・冒険家である植村直己さんも1984年に米アラスカ州マッキンリー登頂中に消息不明となり、現在に至るまで遺体は未発見である。 日本国内でも最近は登山人気が上昇し、身近に楽しめるレジャーになってきたが、ニュースでも頻繁に耳にするように、ブームと比例して遭難事故も多発している。警察庁が発表した、昨年1年間で起きた遭難事故は過去最多の2,713人。 [全文を読む]

人間魚雷回天に乗り込んだ慶大生の涙を誘う弟への手紙を紹介

NEWSポストセブン / 2013年02月21日07時00分

マッキンリー単独登頂を果たした植村直己は、妻公子あてに、自分を「バカな人間」「悪人」と卑下しながら、「一生を棒にふってしまったとあきらめて下さい」と爽やかな手紙を書いている。 他方、谷川徹三夫人の多喜子は、夫の心がどうも他の女性に移ったことを知りつつも夫を愛し続け、「こんなに年をとっても、二十代の娘のやうにあなたを恋ふることの出来たこと」を喜ぶ切々たる文 [全文を読む]

芸人・マキタスポーツが説く“閉塞感を打ち破るヒント”「空気なんか読まずにボケまくれ!」

週プレNEWS / 2013年02月11日06時00分

植村直己なんて完全なボケですよ。友達も連れずにひとりで北極行って、犬ゾリで未踏の地を目指す。そこに何があんのって話じゃないですか、何もないですよ。でも、無我夢中で熱く生きた結果をわれわれはスゴいとたたえるほかないし、チャーミングでしょ。 ―確かに(笑)。 マキタ 最近、長井秀和が自分がある宗教法人の熱心な信徒として育ってきたことをネタにしてるんですね。生ま [全文を読む]

SNSで大物追悼 自己アピールするよりひとり噛みしめよと識者

NEWSポストセブン / 2013年02月02日16時00分

【関連ニュース】水嶋ヒロの小説 複数の書き手がかかりきりで突貫手直し遺書 白洲次郎「葬式無用」、植村直己「マッキンリー、登るぞ」有名投信会社会長「大手金融機関だからと信用してはいけない」【ジョーク】ウォール街を占拠するデモ隊とオバマのやりとりAKB大島「前田はルックス担当、自分はサービス担当」と語る [全文を読む]

NHK「特攻隊員の遺書1000通新発見」に遺族が大困惑

NEWSポストセブン / 2012年10月05日16時00分

※週刊ポスト2012年10月12日号 【関連ニュース】石原裕次郎 手術直前の遺書「あらゆる物件を妻・まき子に譲る」遺書 白洲次郎「葬式無用」、植村直己「マッキンリー、登るぞ」尾崎豊の遺書公開に実父 「本当の遺書?」「自殺じゃない」イラクで活躍「ヒゲの隊長」 震災後の自衛隊の活躍を報告吉田茂懐刀の白洲次郎 戒名不用の遺言で棺の前で酒盛りのみ [全文を読む]

フォーカス