坂東玉三郎のニュース

<必要なものだけ残した無駄のない芸術>歌舞伎役者・坂東玉三郎が演出するダンス舞台「バラーレ」で目指したもの

メディアゴン / 2015年03月14日02時26分

熊谷信也[新赤坂BLITZ初代支配人]* * *歌舞伎役者・坂東玉三郎が演出するダンス舞台「バラーレ」を見た。赤坂ACTシアターに登場したダンサーは日本を代表する「DAZZLE」(ダズル)というストリートダンス・パフォマーの若い男性9名。彼らは1996年の結成以来、成長を続け、その姿勢が坂東玉三郎氏の目にとまったわけだ。ストリートダンス、コンテンポラリーダ [全文を読む]

北近畿を走る人気の観光列車がコラボレーション!特別列車「ぐるっと北近畿」に乗るツアー商品 第1弾 坂東玉三郎さんの京丹後特別舞踊公演を観劇するツアーを発売!

PR TIMES / 2017年05月26日15時00分

[画像: https://prtimes.jp/i/4858/328/resize/d4858-328-415295-0.jpg ] (株)日本旅行(本社:東京都中央区、社長:堀坂明弘)は、特別列車「ぐるっと北近畿」に乗るツアー商品の第1弾として、6月24日(土)に出発する「坂東玉三郎 京丹後特別舞踊公演 観劇ツアー」を発売いたしました。 当社は、西日本旅 [全文を読む]

重要無形文化財保持者(人間国宝) 坂東玉三郎氏 トーク&ディナーショー 3月21日(木) 大阪新阪急ホテルにて開催

PR TIMES / 2013年01月28日14時54分

大阪新阪急ホテル(大阪市北区芝田一丁目1番35号 総支配人 遊川 剛正)では、2012年7月に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された坂東玉三郎氏と、作家 真山仁氏を聞き手に迎えたトーク&ディナーショーを開催いたします。 重要無形文化財保持者(人間国宝)認定後、関西初のディナーショーです。 また当日、打掛け衣装の展示もございます。 【タイトル】 坂東玉 [全文を読む]

歌舞伎役者・坂東玉三郎さん起用の新たなTV-CMを2月25日(土)から全国で放映「65歳過ぎたら、あなたもわたしも、肺炎予防」

@Press / 2017年02月23日11時00分

MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン、以下MSD)は、「肺炎予防」啓発活動の一環として、歌舞伎役者の坂東玉三郎さんを起用した新たなTV-CM「65歳過ぎたら、あなたもわたしも、肺炎予防」を、2017年2月25日(土)から全国で放映を開始します。肺炎は、悪性新生物(がん)、心疾患(心不全など)に続き、日本人の死因の第3位で、肺 [全文を読む]

明治大学 公開講座坂東玉三郎講演会~演じるということ2016~

@Press / 2016年07月11日18時00分

明治大学リバティアカデミーは、7月25日(月)18時より駿河台キャンパスアカデミーホールにて「坂東玉三郎講演会~演じるということ2016~」を開催いたします。 本講演会の第一部では、歌舞伎俳優で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されている坂東玉三郎氏が本学学長の土屋恵一郎と「演じること」について様々な角度から対談を行い、第二部では「語り&デモ演奏」とし [全文を読む]

大和撫子必須の条件!坂東玉三郎が教える日本の美3つ

Woman Insight / 2013年11月12日21時00分

重要無形文化財保持者で、歌舞伎役者の坂東玉三郎さん。その彼が考える日本の美とは、「日本人の心」でした。歌舞伎の女形として数々の古典の大役を務めている坂東玉三郎さんに日本の美について語っていただいた『和樂』12月号の特集から、日本人女性として恥ずかしくない、凛とした大和撫子になるために覚えておきたい、「日本の美」の中から3つご紹介します! ■「繊細さ」 歌舞 [全文を読む]

坂東玉三郎 芸術監督の和太鼓芸能集団『鼓童』が12月8日・愛知県小牧市にて奉納演奏 年に1度の“加持祈祷や火渡り”など一般参加可能な『福厳寺秋葉大祭』開催

@Press / 2013年10月03日10時30分

■時代に合わせて変わっていく“新しい試み”<人間国宝 坂東玉三郎氏がプロデュースする和太鼓芸能集団「鼓童」>今年の『福厳寺秋葉大祭』では、人間国宝の坂東玉三郎氏が芸術監督をつとめるプロの和太鼓芸能集団「鼓童」が、特設ステージで演奏を行います。太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能を、現代へ向けて再創造した「鼓童」は、ノーベル平和賞コンサートや、ワールドカップのオ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】<鼓童インタビュー>鼓童×坂東玉三郎 作って壊す新しい日本伝統芸能・和太鼓が熱い!

TechinsightJapan / 2015年09月29日21時25分

歌舞伎俳優・坂東玉三郎芸術監督のもと、和太鼓を中心に笛・踊り・唄・鳴り物などを使い日本の伝統芸能を現代に再創造、その新しい舞台表現が世界でも高い評価を得る。秋から始まる『鼓童ワン・アース・ツアー2015~混沌』の前に副代表・船橋裕一郎氏と若手奏者・漆久保晃佑氏の2人に“鼓童”の魅力を聞いた。“鼓童”の舞台の中心でもある和太鼓は100から200年育った木と動 [全文を読む]

「滝」がつないだ「出会い」と「気づき」そこから見えた大切なこと-TOKYO FMサンデースペシャル『ザ・フォールズ 千住博×中村七之助 滝が教えてくれたもの』

PR TIMES / 2015年03月05日12時51分

幼い頃から、大先輩・坂東玉三郎の部屋に飾られていた千住博の「滝」の作品に親しんでいた中村七之助。昨年ニューヨーク公演の際、彼は思い立ってニューヨーク郊外にある千住博のアトリエを訪ねました。大きな滝の絵を前に、初対面ながらすっかり意気投合した2人。そこには「滝」がつないだ「出会い」と「気づき」がありました。そして、千住博が描く「滝」と「歌舞伎」の共通項が浮 [全文を読む]

【スターウッドホテル】スターウッド プリファード ゲスト(R) アメリカン・エキスプレス(R)・カード発行1周年記念 新規入会&ご利用感謝』キャンペーンを実施

PR TIMES / 2014年09月29日12時18分

タレント部門では、歌舞伎役者で人間国宝に認定された坂東玉三郎さんが受賞いたしました。また、当日行われた坂東玉三郎さんと経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上さんによるトークショーでは、ホテルと旅行へのこだわりについてお話しいただきました。さらに、ビジネスマンならびにトラベラー待望のクレジットカードとして、発行当初より高い評価を得ている本カードの活用 [全文を読む]

日本美術が大ブーム!和樂編集長が振り返る2013年「和」のニュース総まとめ

Woman Insight / 2013年12月29日17時00分

『和樂』では、フランス芸術文化勲章コマンドゥール章をはじめ、各種文化賞を受賞している人間国宝、坂東玉三郎さんに歌舞伎座を案内していただいた記事を2013年6月号に掲載したところ、大反響をいただきました。大人の女性に歌舞伎ブームが広がっていきました。 【4】富士山が世界文化遺産に登録! 2013年は、富士山が世界文化遺産に登録され、さらに「和食」が世界無形文 [全文を読む]

新CMタレント 片岡 京子さん 起用のご案内

PR TIMES / 2017年03月25日10時35分

・1992年 TBS創立40周年ドラマ「源氏物語」雲居の雁役にてデビュー ・1993年 坂東玉三郎監督映画「夢の女」 ・1994年 「樅ノ木は残った」宇乃役にて初舞台 ・以後、舞台を中心に活動 ◆新CMについて 【あさげ「わが家の朝」篇】 [画像1: https://prtimes.jp/i/20257/36/resize/d20257-36-65654 [全文を読む]

“ご意見番”梅沢富美男が35年前にもみ消した、ワイドショーでも扱えない「爆弾スキャンダル」

日刊サイゾー / 2017年03月20日12時00分

大衆演劇全盛の1970年代後半、「梅沢劇団」を主宰していた梅沢は、女形としておばさんたちから脚光を浴び、歌舞伎界の坂東玉三郎にあやかって、“下町の玉三郎”と呼ばれていたが、世間一般の知名度は低かった。その梅沢がメジャータレントとして頭角を現したのが、82年に西田敏行と木の実ナナが主演したドラマ『淋しいのはお前だけじゃない』(TBS系)に出演し、同年にリリ [全文を読む]

生田斗真、トランスジェンダー役で女らしさを追求!

Movie Walker / 2017年02月24日15時36分

精神性などいろいろと学ぶところはあったのですが、結局、取り入れていったのは坂東玉三郎さんなど歌舞伎の女形や日本舞踊、マナーなどです」。 また、トランスジェンダーの友人からもいろんなヒントを得たようだ。「彼女たちはどうやったら女性らしく見えるかを日々研究しています。ある種、女性に対して憧れを抱いているし、心血を注いでいるからとても洗練されているんです。僕もそ [全文を読む]

第58回CBCクラブ文化賞(くちなし章)に生川久次さんを選出

PR TIMES / 2017年01月19日11時09分

【これまでの業績】「中京五流舞踊公演」、「長寿の會(西川長寿)公演」、「NHK名古屋青少年交響楽団公演」、「名古屋市文化振興事業団自主公演」、「民謡・川崎会公演」、「演劇 劇座公演 やっとかめ探偵団」、「坂東玉三郎写真集 ひかりの中で」、「古川為三郎自伝」、「説教師 祖父江省念 自伝」など多数。【授賞理由】 宣伝美術は、チラシ、ポスター、パンフレットなどで [全文を読む]

松平健 暴れん坊将軍はなぜ斬らずに「峰打ち」なのか

NEWSポストセブン / 2016年12月02日16時00分

「『天守物語』という舞台で坂東玉三郎さんの相手役のオーディションがありまして。最後の三人まで残ったんですが、落ちたんですよ。その時の新聞をテレビ朝日のプロデューサーが見ていて、面接を受けることになったんです。 撮影は東映京都で、大変怖いイメージがありました。ただ、当時僕の所属していた勝プロには川谷拓三さんがいたんですよ。それで勝先生が『おい、拓。頼むぞ』と [全文を読む]

中国京劇界の名優、梅葆玖氏死去、82歳=梅蘭芳氏の末子―中国

Record China / 2016年04月25日15時20分

2010年には歌舞伎俳優の坂東玉三郎氏、能楽の関根祥六氏と一つの舞台に集い、楊貴妃の物語を演じた。 梅氏は先月31日、食事中に気管支喘息を起こし脳が酸欠状態となり、北京の協和医院で治療を受けていた。(翻訳・編集/柳川) [全文を読む]

幻惑のダンスカンパニー「DAZZLE (ダズル)」10月に結成20周年記念公演決定!

PR TIMES / 2016年04月22日09時45分

ここ数年は、「大友克洋GENGA展」(2012)への特別出演、日本を代表するストリートタダンサー100名以上を集結した進化形ダンス・エンタテイメント「ASTERISK(アスタリスク)」(2013/2014・東京国際フォーラム)の脚本・演出・主演、津軽三味線や和太鼓など日本の伝統音楽との共演、坂東玉三郎演出による舞台「バラーレ」(2014)なと゛、ますます越 [全文を読む]

香川照之が悩む家族問題 妻は梨園妻拒否、父は家を飛び出す

WEB女性自身 / 2015年12月11日06時00分

「市川中車(香川)は、坂東玉三郎から勧められ、今回初めて女形に挑戦しました。また同じく夜の部には、彼の長男である市川團子(11)が丁稚役で登場し、場内は拍手と掛け声で湧きました」(歌舞伎座関係者) 12年6月、市川中車・團子の襲名披露公演が行われたから、すでに3年半。12月7日に50歳の誕生日を迎えた香川だが、最近、新居に引っ越していた。都心の高級マンシ [全文を読む]

日本雑誌広告賞の審査員に壇蜜 「消費者に一番近い目線で」

NEWSポストセブン / 2015年11月20日16時00分

雑誌『和樂』に掲載された広告で、歌舞伎という伝統芸を真摯に追求し続ける坂東玉三郎に製品イメージを重ねた。 撮影■渡辺利博 ※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号 [全文を読む]

フォーカス