久保康友のニュース

DeNA・久保康友の準備力

ベースボールキング / 2017年05月01日10時00分

◆ 野球にかける時間が増えた二軍生活 ベテランのDeNA・久保康友は、今季初登板となった4月30日の広島戦で、5回を7安打3失点に抑え、初勝利を手にした。 試合前まで通算93勝を挙げていたベテラン右腕は、今季は開幕投手の石田健大、2年目の今永昇太をはじめ、若手投手の奮闘もあり開幕は二軍スタートとなった。二軍では「基本的には自分の更新だと思っています。自分の [全文を読む]

DeNAの勝ち頭といえば…最近10年の年度別最多勝利を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月25日10時00分

それでも14年は阪神からFAで加入した久保康友がチーム最多の12勝をマーク。井納も11勝を挙げるなど、07年以来7年ぶりに複数投手が2ケタ勝利投手が生まれた。ラミレス監督が就任した16年は、“エース”に指名した山口俊が自身初となる2ケタ11勝を挙げ、チーム最多勝。 オフに昨季チーム最多勝の山口がFAで巨人へ移籍したが、期待の若手投手が多い。この10年間のチ [全文を読む]

阪神からDeNAへFA移籍の久保康友 先発起用に疑問のデータ

NEWSポストセブン / 2014年01月13日16時00分

阪神から横浜DeNAへFA移籍を果たした久保康友投手(33)。人気球団・阪神を飛び出した理由の1つに、2013年シーズンのリリーフ起用が挙げられている。2005年のロッテ入団時から、先発として活躍。2009年の阪神移籍後も、先発の柱として投げ続け、2010年にはリーグ最多の29試合に先発し、14勝を挙げた。 だが、2012年限りで長年にわたり、阪神の抑えを [全文を読む]

DeNA・久保が抹消 7日にはヤクルトを相手に敗北…8日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月08日15時07分

DeNAは8日、久保康友の登録を抹消した。 久保は4月30日に行われた広島戦で5回3失点の投球を見せ、シーズン初勝利を挙げたが、5月7日のヤクルト戦では5回8失点(自責点7)と炎上。 ヤクルトは昨季、3試合登板して2敗と苦手にしているチームだっただけにリベンジしたかったが、挽回できなかった。 また、この試合では走者を出した際に持ち前の高速クイックを見せるも [全文を読む]

DeNA久保が今季初先発!昨日4発の強力広島打線を封じることができるか 30日のセ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年04月30日10時30分

2カード連続広島戦勝ち越しを目指し、ベテラン久保康友が今季初登板初先発する。 移籍3年目の昨季は、シーズン序盤はローテーション入りも、8月に3連敗。9月以降は二軍暮らしが続き、移籍後自己ワーストの15試合登板で、5勝8敗に沈んだ。 今季もキャンプから二軍調整が続いたが、イースタン・リーグでは4試合に登板し、1勝1敗、防御率2.37と安定した投球を披露してい [全文を読む]

楽天は前回登板回避の岸が先発 DeNA・久保が今季初登板!30日の予告先発

ベースボールキング / 2017年04月29日18時05分

また、DeNAはベテラン久保康友が今季初登板初先発する。 昨季は終盤、ローテーションを外れFA移籍3年目で自己ワーストの15試合の登板で5勝8敗に終わった。 二軍で調整を続けていた今季は、イースタン・リーグで4試合に登板し、1勝1敗、防御率2.37という成績を残している。 29日は首位・広島に敗れて借金が「2」に膨らんだDeNA。上位追撃へ、ベテランの投 [全文を読む]

DeNAの最近10年の開幕投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月27日10時00分

DeNAの最近10年の開幕投手をみると、三浦大輔が2度、寺原隼人、ランドルフ、山本省吾、高崎健太郎、藤井秀悟、三嶋一輝、久保康友、井納翔一と毎年のように変わっている。 また、この間に白星を挙げた投手は、昨年開幕投手を務めた井納だけ。残りの投手は、敗戦投手、もしくは勝ち負けがつかなかったということになる。 長年、エースと呼べる投手が不在となっていたが、今季は [全文を読む]

NPBでプレーする“松坂世代”は何人いる?

ベースボールキング / 2017年03月17日11時30分

DeNAの久保康友、G.後藤武敏、西武の渡辺、上本、木村、オリックスの小谷野栄一はチーム最年長となる。ロッテは12球団で唯一“松坂世代”の選手がいない。 生え抜きの選手はというと、西武・上本、広島・梵と永川、ヤクルト・館山昌平の4人のみ。上本と梵が社会人、永川と館山が大卒でプロ入りしたこともあり、高卒出身の選手で、プロ入りから同じ球団でプレーする選手はいな [全文を読む]

阪神の勝ち頭といえば…最近10年の最多勝を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月03日10時00分

◆ メッセが5度、年度別最多勝利 近年阪神の先発といえば、能見篤史、メッセンジャー、藤浪晋太郎、それより少し前でいえば現在中継ぎの安藤優也、現役を引退した下柳剛、DeNAでプレーする久保康友、ロッテのスタンリッジなどがいた。 2007年以降の10年間で年度別のシーズン最多勝利を振り返ると、07年が下柳の10勝、08年が安藤の13勝、09年が能見の13勝、1 [全文を読む]

社会人出身、1年目に2ケタ勝利は難しい?

ベースボールキング / 2017年02月25日18時00分

久保康友 10勝(05年)石川 歩 10勝(14年) 1年目から2ケタ勝利を挙げた投手をみると、05年の久保康友、14年の石川歩と共に、ロッテから指名を受けて入団した投手だ。 高校、社会人を経てプロ入りした久保は、“松坂世代”のひとり。既に多くの“松坂世代”の投手がプロで活躍していたこともあり、彼らに比べると遅いプロ入りとなったが、その実力は本物だった。プ [全文を読む]

三浦大輔、久保康友は防御率8点台…DeNA再浮上にはリーグ最多の初回失点を防げ

ソーシャルトレンドニュース / 2015年08月05日16時00分

(文:シエ藤) [全文を読む]

【阪神】西岡剛から伊良部秀輝、村田兆治、たけし軍団まで? 阪神とロッテの妙な縁

文春オンライン / 2017年05月31日11時00分

近年では西岡剛や小林宏之、久保康友(現DeNA)といった、なにかとキャラの濃い面々が印象的で、もっと遡ると2003年の阪神リーグ優勝に大きく貢献した伊良部秀輝が思い浮かぶ。 あのとき、メジャー帰りの伊良部はとにかく衝撃的だった。なにしろ1990年代のロッテで一時代を築いた剛速球投手が、速球派が極めて少なかった阪神投手陣に加わったのである。全盛期とピッチング [全文を読む]

投手陣崩壊の広島、阪神戦好投の九里が先発 7日のセ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月07日11時59分

【7日の試合予定】 DeNA(久保康友)- ヤクルト(星知弥) <横浜 13時00分> ・最近5試合の成績 De(4位):●●○○○ ※3連勝中! ヤ(5位):○●●●● ※4連敗中… 中日(ジョーダン)- 巨人(内海哲也) <ナゴヤドーム 14時00分> ・最近5試合の成績 中(6位):●●●●● ※6連敗中… 巨(3位):○○●○○ 阪神(能見篤史) [全文を読む]

楽天・岸が所沢に帰還…7日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月06日18時00分

【パ・リーグ】 西武(ウルフ)-楽天(岸孝之) <メットライフ 13時00分> ロッテ(唐川侑己)-ソフトバンク(寺原隼人) <ZOZOマリン 13時00分> オリックス(山岡泰輔)-日本ハム(メンドーサ) <京セラドーム大阪 13時00分> 【セ・リーグ】 DeNA(久保康友)-ヤクルト(星知弥) <横浜 13時00分> 中日(ジョーダン)-巨人(内海 [全文を読む]

阪神・青柳、楽天・細川らが抹消 30日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月30日13時21分

<4月30日の公示情報>13時時点 ※再登録=5月10日以降 ■東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 48 伊志嶺忠/捕手 29 中川大志/内野手 =抹消= 68 細川 亨/捕手 ■オリックス・バファローズ -登録- 29 ウエスト/投手 =抹消= 18 岸田 護/投手 ■横浜DeNAベイスターズ -登録- 27 久保康友/投手 =抹消= 34 平田真 [全文を読む]

DeNA・久保、今季初先発!ラミレス監督「いいタイミング」

ベースボールキング / 2017年04月30日12時30分

DeNAの久保康友が13時30分から本拠地・横浜スタジアムで行われる広島戦で、今季初先発する。 DeNAのラミレス監督は「経験のあるベテランのピッチャー。カープはスピードのあるチーム。久保はクイックが非常に速いですし、そういうのを防げる。二軍でも球のスピードがありましたので、久保という選択にしました」と先発を託した意図を説明。 続けてラミレス監督は「若い先 [全文を読む]

新たな戦力の台頭、厚みを増すDeNAの中継ぎ陣

ベースボールキング / 2017年04月12日18時49分

◆ 新たな継投カタチ!? 昨シーズン、ベイスターズの先発投手で9回を投げ抜いたのは、山口俊(5度)、井納翔一(2度)、久保康友(1度)、G.モスコーソ(1度)の4人だったが、そこから山口とモスコーソがチームを離れた。開幕ローテに入ったのは井納だけだ。完投経験の豊富な先発投手が減った今シーズン、ブルペン陣の負担はさらに重くなることが予想される。 だからこそ [全文を読む]

OP戦、防御率1位の投手はシーズンで活躍できた?

ベースボールキング / 2017年03月27日09時00分

◆ 最近10年のオープン戦防御率1位投手 07年 1.42 姜建銘 公式戦:17試 2勝4敗 防5.18 08年 0.00 岩田稔 公式戦:27試 10勝10敗 防3.28 09年 2.57 清水直行 公式戦:23試 6勝7敗 防4.42 10年 0.43 石川雅規 公式戦:28試 13勝8敗 防3.53 11年 0.00 久保康友 公式戦:20試 8勝 [全文を読む]

長いブランクを経て開幕マウンドに立った投手たち

ベースボールキング / 2017年03月03日16時30分

他にも久保康友(現DeNA)、桑田真澄(元巨人ほか)の9年、斉藤明夫(元大洋、横浜)、高橋一三(元巨人、日本ハム)、西口文也(元西武)の7年と枚挙にいとまがない。◆ 伝説の川崎憲次郎・開幕投手抜擢の裏に隠された落合監督のしたたかさ なかでも、野球ファンに強烈な印象を残したのは川崎憲次郎(元ヤクルト、中日)だろう。2000年オフにFA権を行使してヤクルトから [全文を読む]

“外様”から“生え抜き”へ変わりゆく阪神の捕手事情

ベースボールキング / 2017年02月22日11時15分

97年オフにトレードで加入した矢野燿大が長年正捕手を務めて以降、09年オフに入団した城島健司、10年オフにFAで藤井彰人、12年オフにFAで日高剛、13年オフにDeNAにFA移籍した久保康友の人的補償で鶴岡一成と、多くの外様捕手を獲得してきた阪神。ここ数年は自前での正捕手育成に励んでいる。 昨季もスタメンマスクは原口文仁(68試合)、梅野隆太郎(29試合 [全文を読む]

フォーカス