久保康友のニュース

DeNA・久保康友の準備力

ベースボールキング / 2017年05月01日10時00分

◆ 野球にかける時間が増えた二軍生活 ベテランのDeNA・久保康友は、今季初登板となった4月30日の広島戦で、5回を7安打3失点に抑え、初勝利を手にした。 試合前まで通算93勝を挙げていたベテラン右腕は、今季は開幕投手の石田健大、2年目の今永昇太をはじめ、若手投手の奮闘もあり開幕は二軍スタートとなった。二軍では「基本的には自分の更新だと思っています。自分の [全文を読む]

阪神からDeNAへFA移籍の久保康友 先発起用に疑問のデータ

NEWSポストセブン / 2014年01月13日16時00分

阪神から横浜DeNAへFA移籍を果たした久保康友投手(33)。人気球団・阪神を飛び出した理由の1つに、2013年シーズンのリリーフ起用が挙げられている。2005年のロッテ入団時から、先発として活躍。2009年の阪神移籍後も、先発の柱として投げ続け、2010年にはリーグ最多の29試合に先発し、14勝を挙げた。 だが、2012年限りで長年にわたり、阪神の抑えを [全文を読む]

DeNA・久保が抹消 7日にはヤクルトを相手に敗北…8日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月08日15時07分

DeNAは8日、久保康友の登録を抹消した。 久保は4月30日に行われた広島戦で5回3失点の投球を見せ、シーズン初勝利を挙げたが、5月7日のヤクルト戦では5回8失点(自責点7)と炎上。 ヤクルトは昨季、3試合登板して2敗と苦手にしているチームだっただけにリベンジしたかったが、挽回できなかった。 また、この試合では走者を出した際に持ち前の高速クイックを見せるも [全文を読む]

DeNA久保が今季初先発!昨日4発の強力広島打線を封じることができるか 30日のセ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年04月30日10時30分

2カード連続広島戦勝ち越しを目指し、ベテラン久保康友が今季初登板初先発する。 移籍3年目の昨季は、シーズン序盤はローテーション入りも、8月に3連敗。9月以降は二軍暮らしが続き、移籍後自己ワーストの15試合登板で、5勝8敗に沈んだ。 今季もキャンプから二軍調整が続いたが、イースタン・リーグでは4試合に登板し、1勝1敗、防御率2.37と安定した投球を披露してい [全文を読む]

楽天は前回登板回避の岸が先発 DeNA・久保が今季初登板!30日の予告先発

ベースボールキング / 2017年04月29日18時05分

また、DeNAはベテラン久保康友が今季初登板初先発する。 昨季は終盤、ローテーションを外れFA移籍3年目で自己ワーストの15試合の登板で5勝8敗に終わった。 二軍で調整を続けていた今季は、イースタン・リーグで4試合に登板し、1勝1敗、防御率2.37という成績を残している。 29日は首位・広島に敗れて借金が「2」に膨らんだDeNA。上位追撃へ、ベテランの投 [全文を読む]

三浦大輔、久保康友は防御率8点台…DeNA再浮上にはリーグ最多の初回失点を防げ

ソーシャルトレンドニュース / 2015年08月05日16時00分

(文:シエ藤) [全文を読む]

“王手”は連覇だけじゃない?広島投手陣にかかる大記録とは…

ベースボールキング / 2017年09月15日19時00分

◆ 生まれ変わった先発陣 広島がセ・リーグ連覇に王手をかけた。 14日にマツダスタジアムで行われたDeNAとの一戦に5-4で勝利し、優勝マジックはあと「1」。37年ぶりのリーグ連覇と26年ぶりの本拠地胴上げはもう目前に迫っている。 今季も圧倒的な力でセ界を席巻している広島。その原動力のひとつとなっているのが、若手投手たちの躍動だ。 先発3本柱の一角であり、 [全文を読む]

投手陣崩壊の広島、阪神戦好投の九里が先発 7日のセ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月07日11時59分

【7日の試合予定】 DeNA(久保康友)- ヤクルト(星知弥) <横浜 13時00分> ・最近5試合の成績 De(4位):●●○○○ ※3連勝中! ヤ(5位):○●●●● ※4連敗中… 中日(ジョーダン)- 巨人(内海哲也) <ナゴヤドーム 14時00分> ・最近5試合の成績 中(6位):●●●●● ※6連敗中… 巨(3位):○○●○○ 阪神(能見篤史) [全文を読む]

楽天・岸が所沢に帰還…7日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月06日18時00分

【パ・リーグ】 西武(ウルフ)-楽天(岸孝之) <メットライフ 13時00分> ロッテ(唐川侑己)-ソフトバンク(寺原隼人) <ZOZOマリン 13時00分> オリックス(山岡泰輔)-日本ハム(メンドーサ) <京セラドーム大阪 13時00分> 【セ・リーグ】 DeNA(久保康友)-ヤクルト(星知弥) <横浜 13時00分> 中日(ジョーダン)-巨人(内海 [全文を読む]

阪神・青柳、楽天・細川らが抹消 30日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月30日13時21分

<4月30日の公示情報>13時時点 ※再登録=5月10日以降 ■東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 48 伊志嶺忠/捕手 29 中川大志/内野手 =抹消= 68 細川 亨/捕手 ■オリックス・バファローズ -登録- 29 ウエスト/投手 =抹消= 18 岸田 護/投手 ■横浜DeNAベイスターズ -登録- 27 久保康友/投手 =抹消= 34 平田真 [全文を読む]

DeNA・久保、今季初先発!ラミレス監督「いいタイミング」

ベースボールキング / 2017年04月30日12時30分

DeNAの久保康友が13時30分から本拠地・横浜スタジアムで行われる広島戦で、今季初先発する。 DeNAのラミレス監督は「経験のあるベテランのピッチャー。カープはスピードのあるチーム。久保はクイックが非常に速いですし、そういうのを防げる。二軍でも球のスピードがありましたので、久保という選択にしました」と先発を託した意図を説明。 続けてラミレス監督は「若い先 [全文を読む]

【プロ野球】同期の絆よ、永遠なれ! 「28会」の会長は中畑清。プロ野球界の主な同期会をピックアップ(昭和編)

デイリーニュースオンライン / 2017年02月14日16時05分

同期の選手は藤川球児(阪神)、館山昌平(ヤクルト)、小谷野栄一(オリックス)、久保康友(DeNA)、梵英心(広島)など、数え上げるだけでキリがない。 年代の象徴として単独個人名が前面にくるのは、この「松坂世代」が最初にして現時点では最高峰といえる。もっとも、その呼び名に含められることに抵抗がある選手もなかにはいるだろうが……。 田中将大(ヤンキース)や大谷 [全文を読む]

【プロ野球】新天地・DeNAで好素材が覚醒するか!? 山口俊の人的補償は21歳の右腕・平良拳太郎に!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月13日16時05分

残された投手陣で過去に2ケタ勝利の経験があるのは、ベテランの久保康友、2014年に11勝をマークした井納翔一の2人のみ。 それでも、先発陣はそれなりに揃っているのがDeNAだ。すでに開幕投手に指名されている石田健大を筆頭に、前述の井納や久保、昨季、ルーキーながら8勝を挙げた今永昇太、2016年は振るわなかったが地力を秘める高崎健太郎や三嶋一輝も今季は先発の [全文を読む]

【プロ野球】来日3年目へさらなる期待! 「2年目の対応力」で積み重ねた楽天・ウィーラーの27本塁打

デイリーニュースオンライン / 2016年10月05日17時05分

ほかにはDeNA・久保康友が定評のあるクイックで投げてきた113キロスライダーも崩されることなくとらえた。 ■2007年の山崎武司以来、球団2人目の本塁打王を目指せ! そのウィーラーは「来年もイクワヨ」。来季も楽天への残留が濃厚と報道されている。 3年目となる2017年は、レアード、メヒアとともに激しい争いを繰り広げ、2007年の山崎武司以来となる球団2人 [全文を読む]

【プロ野球】“火の玉ストレート”を武器に、藤川球児(阪神)が600試合登板達成!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月02日16時05分

ほかでは、15試合に登板し5勝8敗の久保康友(DeNA)、内野のスーパーサブとして貴重な働きを見せている渡辺直人(西武)、右の代打として常にベンチで待機する矢野謙次あたりが目につく。この世代の現役日本人選手は25人となったが、多くは故障がちだったり、若手の台頭などで出番が激減しているのが現実だ。 そんな周囲の動向を踏まえれば、先発、中継ぎ、抑えだけでなく [全文を読む]

プロ野球より面白い?選抜高校野球の魅力をスター5人から検証

しらべぇ / 2016年03月21日21時00分

東福岡の村田修一、PL学園高校の上重聡、関大一の久保康友らそうそうたるメンバーと投げあい、チームを優勝に導く。この年の横浜は無敵を誇り、春夏連覇を達成。(4)ダルビッシュ有(東北)平成16年の選抜高校野球大会1回戦熊本工業戦で史上12度目のノーヒットノーランを達成。その投球は見るものに強いインパクトを与えた。(5)中田翔(大阪桐蔭)1年生からスラッガーとし [全文を読む]

「横浜DeNAベイスターズファンフェスティバル2015」CS放送・TBSチャンネル2で、11/28(土)午前11時から生中継!!

PR TIMES / 2015年11月27日11時12分

果たして、どんなコメントが飛び出すのか!?お見逃しなく! さらに!生中継をご覧の方だけに、選手のサイン入りユニフォームが抽選で当たるプレゼント企画を実施します!放送の中で発表されるキーワードを、TBSチャンネルホームページ内の専用応募フォームに記入のうえ、ご応募ください!! ----------------------------------------- [全文を読む]

松坂世代の火はまだ消せない! 不死鳥・館山ほか諦めない男たち

週プレNEWS / 2015年09月27日06時00分

昨年FAで阪神からDeNAに移籍した久保康友は、今季、開幕投手を務めるなど、ここまでチーム最多の8勝とエース級の活躍で特に序盤は牽引した。同僚の長田(おさだ)秀一郎も気がつけば勝ちパターンのリリーフとして重用されている。 広島の梵英心(そよぎ・えいしん)は、この世代の野手としては数少ない主力として今季もスタメンに名を連ねている。 巨人で代打の切り札的存在 [全文を読む]

権藤博氏 横浜の抑え・山崎康晃は1998年の佐々木主浩に匹敵

NEWSポストセブン / 2015年06月09日16時00分

今年は久保康友、山口俊、井納翔一、三嶋一輝の先発4本柱が固まり、5番手に三浦大輔が収まりそうです。143試合換算(6月3日現在の成績をもとに換算。以下データは同様)では久保と山口が8勝、井納と三嶋が10勝、三浦が8勝になります」(広尾氏) 先発の力はようやく他球団に追いついたといったところだが、ブルペン陣は他を圧倒している。信頼感抜群のセットアッパー・田中 [全文を読む]

適材適所の采配的中のDeNA中畑監督が井納翔一に厳しい理由

NEWSポストセブン / 2015年05月09日16時00分

先発陣も、昨年リーグ2位となる12勝を挙げた久保康友、リリーフから転向した山口俊、3年目の井納翔一、開幕から安定した投球を続けるモスコーソと駒が揃っている。 投手陣を見渡しても、山口の先発転向、山崎康の抑え大抜擢と中畑監督の適材適所の采配が的中しているのだ。 「中畑監督は試合後のコメントひとつ取っても、選手の性格を見抜き、言葉を選んでいます。たとえば、エー [全文を読む]

フォーカス