内海哲也のニュース

巨人の勝ち頭といえば…最近10年の最多勝を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月07日10時00分

最近10年間の巨人の年度別最多勝を振り返ると、内海哲也の活躍ぶりが光る。07年(14勝)、11年(18勝)、12年(15勝)、13年(13勝)と4度チーム最多勝利投手に輝いた。07年、12年、13年はリーグ優勝を達成しており、内海もチームの勝利に大きく貢献した。 また、WBC日本代表に選出され、現在巨人のエース・菅野智之は新人の13年(13勝)と14年( [全文を読む]

巨人の最近10年の開幕投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月17日10時00分

巨人の最近10年の開幕投手をみると、菅野智之と内海哲也が3度、高橋尚成、グライシンガー、東野峻、宮国椋丞は1度任された。 その中でも、14年から3年連続開幕投手を務めるエース・菅野は、14年の阪神との開幕戦に7回4失点も、打線の援護に恵まれ勝利投手となると、翌15年のDeNA戦は7回を1失点に抑え勝利。16年のヤクルト戦も、7回を無失点に抑え勝利を挙げるな [全文を読む]

アディダスとベネッセが、スポーツも勉強も全力で頑張るお子様へ応援するマストバイキャンペーンを実施!!

PR TIMES / 2013年04月15日19時26分

香川真司、内田篤人、鮫島彩、村上佳菜子、内海哲也、坂本勇人あこがれの選手サイングッツをプレゼント! マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役:ポール・ハーディスティ)と、通信講座「進研ゼミ」などでお子さまの学びを支援する株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市南区、代表取締役社長:明田 英治)は、共同で [全文を読む]

中日のドラ1・柳が昇格!大野が登録抹消に 21日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月21日13時14分

その他、巨人は昨日先発して敗れた内海哲也を、ロッテは福浦和也を抹消している。 13時現在のプロ野球公示は以下の通り。 <5月21日の公示情報> ※再登録=5月31日以降 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 61 三家和真/投手 =抹消= 9 福浦和也/内野手 ■ オリックス・バファローズ -登録- 24 宮崎祐樹/外野手 =抹消= 30 岩崎恭平/内野手 [全文を読む]

【5月20日プロ野球全試合結果】楽天のルーキー・田中和基のプロ初本塁打が決勝弾、中日が今季初の3連勝

サイクルスタイル / 2017年05月20日22時47分

■DeNA、桑原将志が値千金の決勝打…巨人は内海哲也が6回途中6失点と誤算DeNAは5月20日、横浜スタジアムで巨人と対戦。桑原将志外野手が値千金の決勝打を放ち、6-4で勝利した。DeNAは2-4と2点ビハインドで迎えた5回裏、梶谷隆幸外野手の内野ゴロの間に走者が生還して1点を返すと、続く走者一、三塁の好機でロペスが適時打を放ち同点とする。6回裏には2死二 [全文を読む]

巨人・内海&相川が昇格!DeNAは須田とエリアンを抹消 20日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月20日13時30分

◆ ベテランコンビが昇格 巨人は20日、内海哲也と相川亮二を一軍登録した。 このあと行われるDeNA戦に先発する内海は、今季ここまで5試合の登板で1勝3敗、防御率5.54と精彩を欠いていた。3連敗で二軍落ちとなり、約2週間ぶりのマウンドで自らの価値を証明することができるだろうか。 また、その内海とともにベテラン捕手の相川亮二も一軍に昇格。経験豊富なベテラン [全文を読む]

最近10年で開幕戦に白星が多い投手は誰?

ベースボールキング / 2017年03月29日11時00分

石川雅規、岩隈久志、内海哲也、則本昂大、金子千尋の4投手は開幕戦で2勝を記録している。 【最近10年の開幕戦に白星が多い投手】 5勝 涌井秀章 内訳:09年、10年、11年、15年、16年 3勝 安藤優也 内訳:08年、09年、10年 3勝 菅野智之 内訳:14年、15年、16年 3勝 摂津正 内訳:12年、13年、14年 2勝 石川雅規 内訳:08年、 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:3人 宮西尚生(日本ハム)/松井裕樹(楽天)/岡田俊哉(中日) ■2013WBC:6人 能見篤史(阪神)/杉内俊哉(巨人)/森福允彦(ソフトバンク)/内海哲也(巨人)/大隣憲司(ソフトバンク)/山口鉄也(巨人) ■2009WBC:4人 内海哲也(巨人)/岩田稔(阪神)/山口鉄也(巨人)/杉内俊哉(ソフトバンク) ■2006WBC:4人 [全文を読む]

侍ジャパン戦士が多かった球団はシーズンどうだった?

ベースボールキング / 2017年01月29日07時45分

2009年 巨人(5人) 89勝46敗9分 1位 ☆日本一 投 手:内海哲也、山口鉄也 捕 手:阿部慎之助 内野手:小笠原道大 外野手:亀井義行 ◆ 13年の代表最多選出は巨人 第3回大会も巨人が阿部、坂本、長野など12球団最多の7人の選手を代表に送り込んだ。 巨人は、2位阪神に12.5ゲーム差をつけてリーグ3連覇を達成した。WBC組は坂本が打率.265 [全文を読む]

巨人 内海哲也が契約最終年で岸孝之や山口俊に触手か

NEWSポストセブン / 2016年09月27日07時00分

球団最高となる年俸4億円の内海哲也(34)は、初勝利を挙げたのが6月に入ってからという体たらく。4年契約の最終年なのでトレードの可能性まである。FA市場には内海の代わりとなりそうな投手はいるのか。 「今年ケガで約1か月の離脱があったことが気になりますが、西武の岸孝之(31)は狙っているでしょう。仙台出身で地元の東北学院大で活躍したことから楽天移籍も囁かれ [全文を読む]

アディダスとベネッセが、スポーツも勉強も全力で頑張るお子様を応援するマストバイ キャンペーンを実施!!

PR TIMES / 2014年03月17日17時16分

また、抽選で45名様に香川真司、内田篤人、清武弘嗣、酒井高徳、田中陽子、村上佳菜子、太田雄貴、内海哲也、坂本勇人といった国内外で活躍するアディダス契約選手の直筆サイングッズをプレゼントします。さらに、WEB(パソコン・携帯)で応募した人の中から抽選で10名様に人気のアディダス エナメルバッグもプレゼントします。 アディダスでは「みらいのヒーロー、ヒロインへ [全文を読む]

アディダスとベネッセが、スポーツも勉強も全力で頑張る お子様を応援するマストバイ キャンペーンを実施!!

PR TIMES / 2014年03月17日15時01分

アディダス キッズ商品を購入し、キャンペーンに応募すると全員にアディダス6色ボールペンをプレゼント! さらに、香川真司、内田篤人、清武弘嗣、酒井高徳、田中陽子、村上佳菜子、太田雄貴、 内海哲也、坂本勇人の、あこがれの選手の直筆のサイングッズが45名様に当たる! マルチスポーツブランドのアディダスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール・ハーデ [全文を読む]

CS出場チームのバッテリー直近成績からポストシーズン予測

NEWSポストセブン / 2013年10月15日07時00分

(左から今シーズンの登板数、勝敗、防御率/9・10月の勝敗、防御率、調子の浮沈)内海哲也(巨人) 24試合 13勝6敗 3.28/2勝1敗 4.61 ▼メッセンジャー(阪神) 30試合 12勝8敗 2.89/1勝1敗 1.37 △前田健太(広島) 26試合 15勝7敗 2.10/4勝2敗 2.37田中将大(楽天) 27試合 23勝 1S 1.27/0勝1S [全文を読む]

裏契約金7億円もらった巨人・野間口 7年間で通算13勝

NEWSポストセブン / 2012年03月28日07時00分

■上原浩治(1999年ドラフト1位、実働10年) 年俸+契約金=28億1350万円 1勝あたり:2512万円 ■内海哲也(2004年自由獲得枠、実働8年) 年俸+契約金=8億1800万円 1勝あたり:1023万円 ■野間口貴(2005年自由獲得枠、実働7年) 年俸+契約金=8億1500万円 1勝あたり:6269万円 (以上は、「上限超え契約金」を受け取っ [全文を読む]

究極のライバル対決「生き残るのはどっち」だ(3) 巨人エース 杉内俊哉×内海哲也

アサ芸プラス / 2012年01月16日11時00分

昨シーズン18勝5敗で名実ともにエースとなった巨人の内海哲也(29)。ところが、FAでソフトバンクの昨年日本一の立て役者である杉内俊哉(31)が移籍。その座を脅かされているのだ。 「内海というすばらしいエースがいるので、彼に負けないようにやっていきたい」 昨年12月の巨人入団記者会見で、杉内は殊勝なセリフを残した。しかし、球団の期待は「エースナンバー18」 [全文を読む]

巨人、一軍は12連敗も二軍は5連勝! 6月7日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年06月08日07時45分

先発した内海哲也は、毎回のように走者を背負うも得点は許さず。6回を投げ5安打無失点に抑えた。 3点リードの7回からは土田、中川と繋ぎ、最終回はカミネロが三者凡退に抑え3-0で勝利した。 ◆ 6月7日のイースタン・リーグ試合結果 ▼ 楽天 2 - 5 DeNA(泉) 楽|021 000 020|5 De|200 000 000|2 [勝] 飯塚(2勝1敗) [全文を読む]

【プロ野球】楽天に喜怒哀楽をもたらした男・ウィーラーが復活。昨季交流戦リーグ本塁打王の一発が交流戦を制す!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月31日16時05分

昨年は能見篤史(阪神)、内海哲也(巨人)、山口俊(当時DeNA)らから合計7本塁打を放ち、レアード(日本ハム)、メヒア(西武)、松田宣浩(ソフトバンク)らを抑えて「パ・リーグの交流戦本塁打王」に輝いた。7本塁打のうち、先制弾3本、逆転弾1本、同点弾1本と、要所で放った価値の高い一発だった。 あの活躍を今シーズンの交流戦でも披露してくれるはずだ。 柴川友次N [全文を読む]

【巨人】因縁の地・仙台で「挑戦者」として再出発する由伸巨人

文春オンライン / 2017年05月30日11時00分

内海哲也は15勝で2年連続の最多勝に輝き左腕エースとして君臨。2年連続二桁勝利の澤村拓一はマウンド上で阿部先輩から小突かれるおまけ付き。ブルペンでは山口鉄也が72試合に登板し防御率0.84という驚異的な安定感を見せ、西村健太朗も32セーブを記録した。 翌13年もルーキー菅野智之がいきなり13勝を挙げ、貯金31という圧巻の強さで2位阪神に12.5ゲーム差をつ [全文を読む]

二塁は若手に? 不振の中井は由伸監督の“恋人”になれるか

NEWSポストセブン / 2017年05月28日07時00分

原監督時代から期待されながらも結果を残せなかった中井がブレイクすれば、由伸色を出せますからね」 たしかに、FA制度導入以降、巨人の大型補強はオフの風物詩となってきたが、振り返ると、長嶋茂雄監督は松井秀喜を、原辰徳監督は坂本勇人を、堀内恒夫監督は内海哲也という球界を代表する選手を育てた。自分自身が見出し、育て上げた、監督にとっての“恋人”と言っていいだろう。 [全文を読む]

【巨人】江川、斎藤、上原……古すぎて新しい男・菅野智之は過去の大エースを超えていく

文春オンライン / 2017年05月23日11時00分

菅野がドラ1指名された2012年も内海哲也や杉内俊哉がまだ健在だった。 あれから5年。思えば、プロ入り当時のあの頃の菅野には常に“原辰徳の甥っ子”という肩書きがついて回っていた。NHKで放送された特番タイトルも『きっと越えてみせる』。実際に自分がインタビューした時も、「学生時代はどんなにいいピッチングをしても必ず新聞には原監督の甥っ子って出てて、ちっちゃく [全文を読む]

フォーカス