浅丘ルリ子のニュース

今、日本で最もヤバいコンテンツは昼ドラ『やすらぎの郷』だ

文春オンライン / 2017年04月17日11時00分

当時はそういうのよくあったんだ」 ミッキー・カーチスがある映画会社幹部にまつわる昔話を身振りや手振りや隠語を交えてそう話し始めると、浅丘ルリ子が平然とこう言い放つ。 「今だって(枕営業は)あるわよ」 そんな浅丘ルリ子の隣に座って、目を白黒させながらたたずんでいるのは石坂浩二である。えー、ちなみにカッコ内の注釈は筆者によるもの、役名だとわかりにくいので演者の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】JOY、堺正章&浅丘ルリ子と肩組み3ショット “顔の大きさ”で大御所を圧倒

TechinsightJapan / 2016年10月11日11時15分

タレントのJOYが堺正章、浅丘ルリ子との豪華なスリーショットを公開した。芸能界の大先輩と肩を組んでの写真に、「すごいメンバー!」「JOYさんの人柄、可愛がってもらってるのですね」とファンも大喜びだ。 “優しくて面白い”ベテラン司会者といったイメージとは異なり、かつては共演するお笑い芸人やタレントから「怖い」「厳しい」と恐れられていた堺正章。先日もラジオ番組 [全文を読む]

浅丘ルリ子が今語る元夫・石坂浩二との離婚の裏側

WEB女性自身 / 2013年12月02日07時00分

女優の浅丘ルリ子さんは先日、初の自伝『女優 浅丘ルリ子 咲きつづける』(主婦の友社刊)を出版。その中には、石坂浩二(72)との結婚、離婚についてもつづられている。 浅丘さんは、'71年、テレビドラマ『2丁目3番地』で共演した石坂浩二と結婚した。だが、実はドラマで共演する前に、友人の加賀まりこ(69)から、「ルリ子さん、石坂ちゃんが大ファンだって。一度デート [全文を読む]

浅丘ルリ子73歳「お付き合いしている人が3~4人」

WEB女性自身 / 2013年12月02日07時00分

浅丘ルリ子さん(73)は満州国新京市(現中国・長春市)で生まれた。父は大蔵省(現財務省)の高級官僚で、浅丘さんは4人姉妹の次女。’55年、14歳のときに『緑はるかに』で映画デビュー。以来、映画、ドラマに数多く出演し、現在は舞台を中心に活躍している。「私はこれまで158本の映画に出演してきましたけど、(小林)旭さんとは42本もご一緒しているんです。共演が多か [全文を読む]

『やすらぎの郷』元夫婦共演だからこその浅丘ルリ子のNG場面

WEB女性自身 / 2017年05月14日06時00分

ドラマでの浅丘ルリ子(76)との共演も話題になっている。16年ぶりの再会の印象を石坂は次のように語る。 「あの人(浅丘)は舞台を経験したことでお芝居が変わりましたね。より大胆に成長しましたね」(石坂) 浅丘にも、石坂の演技や現場エピソードについて聞いてみた。 「すべて自然な演技で、長い間蓄積されてきたことが、演技に発揮されているのよね。本当に素敵です。これ [全文を読む]

石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ 今だから共演も楽しめる

NEWSポストセブン / 2017年05月11日07時00分

ドラマは浅丘ルリ子、八千草薫、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、野際陽子など往年の名女優がこぞって出演することでも大きな話題となっている。とりわけ注目を集めるのは、石坂と元妻・浅丘との31年ぶりとなる顔合わせ。今作が離婚後“初”共演となる。 ふたりは1971年にドラマ『2丁目3番地』での共演をきっかけに恋に落ち、結ばれた。ドラマで脚本を手がけた倉本は、い [全文を読む]

浅丘ルリ子 結婚時代の思い出と『やすらぎの郷』撮影裏

WEB女性自身 / 2017年04月14日06時00分

リアクションがよいので、共演の場面での かけあい もうまくいっています」 そう撮影現場での様子を明かすのは、ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系・毎週月〜金 12時30分〜)で共演の石坂浩二(75)と16年ぶりに再会した浅丘ルリ子(76)。彼女は、石坂との思い出話や、彼への感謝の思いを本誌にこう打ち明けた。 「結婚しているころは、おうちにいつもお客さんを連 [全文を読む]

倉本聰「元夫婦共演」は知らせず浅丘ルリ子に直々オファー

NEWSポストセブン / 2017年04月06日16時00分

私自身と石坂浩二さんは16年ぶりに会います」とコメントし、会場を沸かせたのは浅丘ルリ子(76才)。そう、今作『やすらぎの郷』は2000年に離婚した浅丘と石坂の共演も大きな話題となり注目を集めている。 「最初はどういう顔をしていいものかという気持ちもありましたけど(笑い)、久しぶりにお会いして嬉しかったですし、いい年の重ね方をして、とてもいい顔になられました [全文を読む]

浅丘ルリ子と女の戦い!柴咲コウ「おんな城主 直虎」第10回は下落10.5%

デイリーニュースオンライン / 2017年03月14日21時00分

今川義元の母・寿桂尼(浅丘ルリ子)はこれをあっさり拒否。「瀬名のことは聞き入れぬ。できぬ。いね」と、取りつく島もありません。 でも、ここであきらめないのが次郎法師。瀬名の手紙を証拠に、元康はともかく瀬名は今川への忠義にあふれた女だから救ってくれと食い下がります。相手のスタミナが切れるまでしつこくけまり勝負を挑んだ幼い日が思い出されます。 寿桂尼はこれを受け [全文を読む]

「やすらぎの郷」浅丘ルリ子ら女優たちが喪服姿を披露

Smartザテレビジョン / 2017年02月01日05時00分

浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、野際陽子、八千草薫ら大物女優たちが“黒の喪服”を身にまとった姿はインパクト絶大。撮影現場は不思議な雰囲気に包まれ、スタッフも圧倒されていたそう。“お嬢”のニックネームを持つ女優・白川冴子役の浅丘は「いまどき、これほどの役者がそろう作品はめったにないでしょう。年齢的に考えても最後のチャンスかもしれません。『1カッ [全文を読む]

フォーカス