中曽根康弘のニュース

【書評】「言」と「行」の狭間から浮かぶ中曽根康弘氏の実像

NEWSポストセブン / 2016年03月01日07時00分

【書評】『中曽根康弘 「大統領的首相」の軌跡』/服部龍二・著/中公新書/900円+税 【評者】平山周吉(雑文家) 『私何だか死なないような気がするんですよ』とは九十八歳まで生きた宇野千代最後の本のタイトルだが、九十七歳の「風見鶏」、いや「大勲位」の鼻息は、いまだ現役政治家である。“高論卓説”が節目節目に、新聞や雑誌を飾ることおびただしい。 「棺を蓋いて事定 [全文を読む]

安倍首相に聞かせたい「中曽根康弘の“外交4原則”」

WEB女性自身 / 2014年05月30日14時00分

安倍総理と同じ「保守政治家」にして「改憲論者」であった中曽根康弘元総理大臣(96)。 82年、中曽根政権がスタートしたとき、日韓、日米関係は戦後最悪といっていい状況だった。同氏の秘書を20年以上務めた、田中茂みんなの党参議院議員(56)は次のように話す。 「前政権の鈴木善幸内閣で、園田直外相が円借款を求める韓国に対し、 韓国では嫌いな相手からカネを借りたり [全文を読む]

98歳中曽根康弘氏 官邸の机にバナナでカリウム摂取した

NEWSポストセブン / 2016年11月03日16時00分

さらにヨーグルトもたくさん摂ることで、血圧を正常に保つカリウム、骨を作るカルシウム、抗炎症作用を持つマグネシウムをたくさん摂ることができ、脳卒中を予防できるのです」 元参議院議員の村上正邦氏が、現在98歳になる中曽根康弘元総理について、こんな話を明かした。 「官邸の執務室の机のひきだしやカバンにバナナをしのばせて、いつもバナナを食っていたな」 バナナはカリ [全文を読む]

人気対談番組、待望の書籍化!!昭和の名総理が賢人たちと「日本」を熱く語り合った至高の対談集『なかそね荘』本日発売

PR TIMES / 2015年01月23日11時52分

「まえがき」「むすびにかえて」を中曽根康弘氏、「あとがき」を渡邉恒雄氏が特別寄稿!!2004~2014年にかけて日本テレビで放送された人気対談番組「本音激論! なかそね荘」を書籍化した『なかそね荘』を、本日、発売いたします。中曽根康弘元首相が発起人になり、ゲストに渡邉恒雄氏、石原慎太郎氏、寺島実郎氏を迎え、政治・経済・外交などについて熱く語り合った対談集で [全文を読む]

中曽根康弘 初サミット経てレーガンやサッチャーに負けぬ自信

NEWSポストセブン / 2012年10月18日07時00分

4年11か月に及ぶ長期政権を担った中曽根康弘元首相が“総理大臣の資質”について語る。 ――頻繁に総理大臣が変わることが政治の漂流の一因だ。自身の経験を踏まえて、総理の覚悟とはどのようなものか。 中曽根:総理大臣になった途端に官僚や新聞記者から冷たい目で見られる。彼らは能力が高く、今までの歴史を熟知し、歴代総理の在り方を研究したうえで現役総理を眺めている。そ [全文を読む]

岸信介、池田勇人、中曽根康弘 3人の宰相が権力誇示した館

NEWSポストセブン / 2012年09月11日07時00分

中曽根康弘・日の出山荘 権力への嗅覚が鋭く、「政界の風見鶏」と揶揄されることもあった中曽根の館といえば奥多摩の日の出山荘だろう。1983年11月、レーガン大統領夫妻をこのひなびた古民家に招いて「ロン・ヤス会談」をアピールした。 それまでの日の出山荘は一人沈思黙考するための場所に過ぎなかったが、これを機に権力の館に変貌した。1987年には宮澤喜一蔵相、竹 [全文を読む]

法務大臣経験者は総理になれないというジンクスあり

NEWSポストセブン / 2016年11月27日16時00分

◆法務大臣は総理になれない 「防衛大臣(防衛庁長官)経験者は総理になれない」というのは永田町ではよく知られたジンクスだが、これには中曽根康弘、宇野宗佑・元首相という例外がある。それに対して、現在まで歴代99人の法務大臣の中で総理になった人物は1人もいない。法相経験者には谷垣禎一・前総裁や高村正彦・現副総裁など自民党総裁選に出た実力者が少なくないが、それで [全文を読む]

安倍首相 衆参W選挙と憲法改正で大勲位・中曽根氏超えも?

NEWSポストセブン / 2016年01月28日16時00分

それが意味するのは「大勲位」中曽根康弘・元首相超えである。 1月10日、NHKの『日曜討論』に登場した安倍首相は夏の参院選について、「自公だけでなく、改憲を考えている責任感の強い人たちと3分の2を構成していきたい」と、それまでの「与党で過半数」との“低すぎる目標”を大幅に上方修正してみせた。 国会答弁でも、「来るべき選挙で政権構想の中で憲法改正を示す」(1 [全文を読む]

内政問題だったはずの「靖国問題」を中韓に焚きつけたのは誰か?

まぐまぐニュース! / 2015年12月08日20時00分

次ページ>>中国に「靖国問題」を焚き付けた人物 話は少し脱線したが、そんな三木首相の靖国参拝報道以降も福田赳夫首相をはじめ、大平正芳首相、鈴木善幸首相、中曽根康弘首相と歴代の首相は靖国神社への参拝を続けた(大平正芳首相以外は、この8月15日に参拝をしている)。ただし、この時まで中国はまだ何も言ってきていない。しかし、昭和60年になり、状況は大きく変わる。 [全文を読む]

中国 ソ連の脅威消滅で靖国利用し日本に圧力と櫻井よしこ氏

NEWSポストセブン / 2013年08月14日07時00分

その翌年、靖国参拝で知られていた中曽根康弘氏が訪中した際には、中国人民解放軍副参謀長の伍修権氏が、日本の軍事費の倍増を求めました。つまり、中国は靖国参拝をまったく気にも留めておらず、まして日本の軍国主義と結びつけて考えてはいなかったのです。それは韓国も同様です。 その後も、日本の首相は靖国神社を参拝し続けました。中国が方針を換えたのはA級戦犯の合祀が明ら [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース