小渕優子のニュース

小渕優子氏にエンマ大王から「射殺する」と脅迫文が届く

秒刊SUNDAY / 2014年11月28日22時34分

小渕優子前経済産業相の事務所に28日、「私はエンマ大王だ。立候補を取り消さなければ射殺する」との内容の脅迫文が届いたことを明らかにした。事務所は群馬県警に脅迫容疑で被害届を出し、これが受理された。小渕優子氏は群馬5区で来月の衆議院選挙に出馬予定だ。―脅迫文の内容脅迫文の内容は以下の通りである(抜粋)私は地獄の閻魔大王である。小渕優子が今回の選挙立候補を取り [全文を読む]

「女の涙を武器にするなら小渕優子レベル必要」と倉田真由美

NEWSポストセブン / 2015年03月18日07時00分

昨年は多数の記者会見があったが、その中でも「涙」を見せた代表格が小渕優子氏と小保方晴子氏だ。二人の「涙」にはいかなる違いがあったのか。漫画家の倉田真由美氏が比較した。 * * * このご時世「涙は女の武器」なんて考え方は古い。今の若いコの多くはそれで世の中を渡れるとは考えておらず、職場でそう簡単に泣かなくなっている。にもかかわらず職場で泣く女は今も存在する [全文を読む]

謝罪会見でも後援会任せの発言連発! 小渕優子はやっぱり何も考えていない“お姫さま“だった!

リテラ / 2015年10月21日09時00分

小渕優子・元経済産業相の政治資金規正法違反事件に関し、19日に小渕サイドが設置した第三者委員会が調査結果を報告、それを受けて、昨日、小渕自身が謝罪会見を行った。 もっとも、その内容はなんともお粗末なものだった。第三者委員会の報告では、小渕自身は「不正処理に関与したり、事実関係を認識したりしていたことは認められず、会計責任者の選任・監督の責任も認められない」 [全文を読む]

小渕優子氏本人の「法的責任」はどうなるのか――資金管理団体の「架空寄付」疑惑

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月28日13時27分

小渕優子・前経済産業大臣の関連政治団体が東京で開いた「観劇会」をめぐる政治資金規正法違反事件の捜査が、大詰めを迎えている。読売新聞の報道によると、東京地検特捜部の調べに対し、元秘書の折田謙一郎・前群馬県中之条町長が「各団体の簿外支出を穴埋めするため、観劇会の収支を操作するなどして虚偽記入した」と供述しているという。東京地検特捜部は、政治資金規正法違反として [全文を読む]

「ドリルで穴」証拠隠滅を図った小渕優子議員が墓穴

デイリーニュースオンライン / 2014年12月24日12時50分

総選挙で大勝し、「禊は済んだ」といわんばかりだった小渕優子・前経産相に、とんでもない証拠隠しが発覚した。東京地検特捜部が2013年10月、後援会の小渕優子事務所などを家宅捜索した際、会計書類などが入ったパソコンのハードディスクが破壊されていたことが判明。手口は、ハードディスクにドリルで穴を開けるという乱暴なものだった。 地方議員へ資金流出!? もっと危ない [全文を読む]

小渕優子氏 パーティでQUOカード配布は公選法違反の可能性

NEWSポストセブン / 2014年11月03日07時00分

クオカード配布の手口は野田氏を「政界の姉」と慕う小渕優子・前経産相にも受け継がれていた。 今年6月17日、小渕氏は東京プリンスホテルで盛大なパーティー「小渕優子君を励ます会」を開いた。地元の後援会連合会会長が乾杯の音頭を取り、来賓の挨拶を終えると、小渕氏は「3代目」となる2人の息子を演壇でお披露目した。 閉会の時、出席者には挨拶状と、小渕氏と2人の息子を [全文を読む]

「政界“怪”人プロファイリング」 -小渕優子-

アサ芸プラス / 2014年11月02日09時56分

◆今週のキーマン:小渕優子〈おぶち・ゆうこ〉(経済産業相)●73年生まれ。TBS「はなまるマーケット」ADなどを経て、父・恵三氏の秘書に。00年、父の急逝で衆院選に出馬、初当選。麻生内閣では少子化担当相だった。 「土井たか子の胆力」なければアダ花も 安倍晋三総理が、経済行政に精通しているとは言い難い小渕優子氏をあえて経産相のポストにつけた狙いは3つある。【 [全文を読む]

小渕優子にSMバー…議員秘書はなぜ不祥事起こすのか

デイリーニュースオンライン / 2014年11月02日08時00分

【朝倉秀雄の永田町炎上】 小渕優子氏の政治資金をめぐる問題で、東京地検特捜部は10月30日、小渕氏の元秘書で群馬県中之条町の前町長・折田謙一郎氏の自宅などの家宅捜索に入った。議員たちはなぜ、秘書に足を取られるのか。 実はろくな人材が集まらない「議員秘書」 地元秘書に捜索の手が伸びるなど、小渕優子前経産相の「政治とカネ」の問題へ追及が続いている。先週には、後 [全文を読む]

日本初の女性首相は小渕優子氏? 海外メディアの間でも注目度高まる

NewSphere / 2014年10月03日18時32分

高市早苗総務相、松島みどり法務相(初)、小渕優子経産相、山谷えり子国家公安・拉致問題担当相(初)、有村治子女性活躍担当相(初)だ。 なかでも海外メディアが注目しているのは、小渕優子氏だ。小渕氏は、東京放送(TBS)に勤務していたが、1999年、当時首相であった父、小渕恵三氏の秘書に転身。直後の2000年急死した父の跡を継ぎ、衆議院議員選挙群馬5区より出馬し [全文を読む]

自民党“女たちの戦い”最前線、女性登用ノルマ3割の「9月内閣改造」で笑うのは?

週プレNEWS / 2014年08月21日06時00分

しかも『国会公務員制度改革』という比較的重い法案を通す実績も挙げたので当確でしょう」 ■リードしているのは小渕優子氏 もうひとりの現役女性大臣である森まさこ大臣はどうか。 「森さんは脱落しそうな気配です。重量級の法案である『特定秘密保護法』を通した実績はありますが、この法案を通すために必要以上の手間をかけてしまった。彼女は目立ちたがり屋でパフォーマンスが大 [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース