中村淳彦のニュース

社会からも女性からも排除された「生き地獄」を描く『漫画ルポ 中年童貞』刊行のお知らせ

@Press / 2016年09月27日10時45分

彼らの実態を緻密なインタビュー取材と著者の実体験をもとに描いた問題作が、ついに単行本化! 日本に200万人以上いると推定される中年童貞を可視化し、日本社会の問題点が集約したかのよう存在である彼らの、いったい何が問題なのか、そこに解決策はあるのかを大胆に問いかける! ■『漫画ルポ 中年童貞』概要 『名前のない女たち』(宝島社・シリーズ累計30万部)、『職業と [全文を読む]

藤沢数希ら28名が時代にモノ申す!電子限定書籍『時代の動かし方』発売

PR TIMES / 2016年01月29日14時08分

株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城徹)は、会田誠、沖田×華、開沼博、國分功一郎、清水ミチコ、辛酸なめ子、中村淳彦、橋本治、藤沢数希ら総勢28名の著者による電子オリジナル書籍『時代の動かし方 日本を読みなおす28の論点』を2016年1月29日に発売しました。[画像: http://prtimes.jp/i/7254/163/resize [全文を読む]

中村淳彦『ルポ 中年童貞』が描く、社会問題としての“中年童貞”とは

日刊サイゾー / 2015年02月27日18時00分

この20年間、増え続ける存在に何かを感じ取ったノンフィクションライターの中村淳彦氏は、最近、『ルポ 中年童貞』(幻冬舎新書)を上梓した。中年童貞たちの実態が克明に描かれた本書。中年童貞の増加は何を意味するのか?――中村さんがこの本を書こうと思ったきっかけは何ですか?中村 7年前、2008年に文筆業を辞めて介護の仕事を始めました。出版不況で自分の役割は終わっ [全文を読む]

ギャラは3万から250万!? 成人向けビデオの女優の労働実態とギャラ格差

Business Journal / 2014年04月04日16時00分

そんな実態を切り取っているのが2012年5月に出版された『職業としてのA○女優』(中村淳彦/著、幻冬舎/刊)だ。著者は『名前のない女たち』シリーズで著名なフリーライター・中村淳彦氏。 ここでは本書から抜粋して、成人向けビデオの女優の労働条件を紹介したい。 ■3つのランク分け 成人向けビデオの女優には「単体」「企画単体」「企画」という3つのランク分けがある。 [全文を読む]

介護業界の生き地獄 貧困現場と豪遊上層部の絶望的な格差

NEWSポストセブン / 2017年06月10日07時00分

『絶望の超高齢社会 介護業界の生き地獄』(小学館新書)を上梓したノンフィクションライターの中村淳彦氏に現代の問題点と、未来像について話を聞いた。 * * *──介護というと低賃金・重労働というイメージが染みついている。「2000年に介護保険制度ができて、民間企業がどっと介護業界に参入するようになってからおかしくなりました。それまでは公務員や準公務員らの仕事 [全文を読む]

異彩漫画家・桜壱バーゲンが語る“あの頃の”塚本幼稚園

ガジェット通信 / 2017年03月23日07時10分

中村淳彦原作の『漫画ルポ 中年童貞』(リイド社)、櫻井稔文名義の『絶望の犯島-100人のブリーフ男と1人の改造ギャル-』(双葉社)が好評発売中。 ―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』 (執筆者: 大坪ケムタ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか [全文を読む]

Renta! 2016年電子書籍売り上げランキングを発表!

PR TIMES / 2016年12月08日11時35分

[画像1: http://prtimes.jp/i/22475/8/resize/d22475-8-340097-0.jpg ]URL : http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/page/topics/c_2016best.htm■「Renta!」2016年ジャンル別売り上げランキング(一部抜粋)●少女漫画売り上げランキ [全文を読む]

女子大生風俗嬢を生み出す「奨学金制度」の弊害

NEWSポストセブン / 2016年10月10日16時00分

性産業を取材するノンフィクションライター・中村淳彦氏は、貧困問題を追い続けるルポライター・鈴木大介氏との対談集『貧困とセックス』(イースト新書)の中で、この問題の元凶は「奨学金制度」だと指摘している。中村氏はこう解説する。 「親の援助が少ない自宅外通学や私立大学の女子大生は、風俗産業に身を投じざるを得ない環境と条件が揃っているといえます。その背景にあるの [全文を読む]

売春少女を保護して親元に返すと地獄を見る――セックスワークさえできない最底辺を生きる女性たち

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月17日06時30分

しかし『貧困とセックス』(中村淳彦、鈴木大介/イースト・プレス)を読めば、そんな偏見も変わるに違いない。セックスワークが、どうしようもない状況と貧困に追い込まれ、さまよう女性の受け皿となっていたら、同じことが言えるだろうか。本書は、途方もない日本の現実を知り尽くした二人が対談形式で「身も蓋もない話」をしている。最底辺を生きる女性の暗く解決策の見えない連鎖が [全文を読む]

女性の11人に1人が「同性も恋愛対象」 最近バイセクシャルが増えているって本当?

ウートピ / 2016年08月12日15時00分

最近では作家の中村淳彦さんが「中年童貞」の問題を取り上げたり、若者の童貞率の増加を憂う記事の見出しが踊るなど、日本の「セックス離れ」の現状が頻繁に伝えられています。さみしすぎてレズ風俗に?そんななか、あるマンガが注目を集めているのをご存知でしょうか?それは永田カビさんによる『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)。異性との性経験がいっさ [全文を読む]

「もう、カラダを売っても生きられない」“熟女”風俗嬢の売春格差 『熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実』

日刊サイゾー / 2016年03月20日19時00分

著者である中村淳彦は、これまで性産業に切り込んだ数多くの著書で知られる人物。本書は、中村に「お惣菜も買うお金もない」という53歳の風俗嬢から電話が入ることからはじまる。 中村は、その風俗嬢にインタビューをする。風俗系求人誌をめくって、手当たり次第に風俗店に応募する毎日だという女性。50代になってしまったら、新たに受け入れてくれる店舗などあるはずもないが、 [全文を読む]

ローン返済、2人の子供のため……「売春格差」に直面する熟年風俗嬢たちの酷すぎる現実

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月17日11時00分

そんな熟女たちの「売春格差」を描くのが『熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実』(中村淳彦/ミリオン出版)。 50代のベテラン風俗嬢は、加齢とともに30年続けた風俗仕事に翳りが見えはじめた。若い頃の月収は50万円ほどもあったが、もう雇ってくれる風俗店もないという。現在は「かつての常連客」を相手にセックスを売って得る月10万円未満の収入で、蒲田の安アパートに一 [全文を読む]

【みんなの介護】ノンフィクション作家・中村淳彦氏による対談企画がスタート!介護現場の“リアル”に迫るクロストーク!

PR TIMES / 2016年01月21日17時29分

介護や高齢者の健康関連における話題のニュースを毎日配信するなど、介護情報のポータルサイトとしてもユーザーから厚い支持を得る「みんなの介護」に、介護現場をリアルに伝える対談連載がスタート!『中年童貞』『崩壊する介護現場』など、介護に注目した著書も多いノンフィクション作家・中村淳彦氏がホスト役を務め、介護の現場で今、問題となっている事柄に鋭く斬り込みます。 [ [全文を読む]

授業料は「風俗」で稼ぐ…親の低収入、奨学金問題も絡む「貧困女子大生」の現実

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月30日06時30分

ノンフィクションライター・中村淳彦の新著が、10月末に発売された。タイトルは『女子大生風俗嬢 若者貧困大国・日本のリアル』(朝日新聞出版)。最近ニュースでも“貧困女子”という言葉がよく取り上げられているが、今若者の貧困率がヤバイところまで来ているらしい。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 2014年の文科省の調査によると、大学や短大、高専を中途退学し [全文を読む]

学費のためにソープで働く慶大生、売り専に走る男子学生も...カラダを売るしかない「貧困大学生」が急増中

リテラ / 2015年11月04日12時00分

そんな学生たちの実態をルポした『女子大生風俗嬢 若者貧困大国・日本のリアル』(朝日新書/中村淳彦)は衝撃的だ。「今の女の子たちは昔みたいに遊ぶためじゃなくて、生活するため、学費を払うために、自分の意志でカラダを売っている」 高齢の祖父母と統合失調症を患った母親を介護しながらデリヘルで学費を稼ぐ中堅大3年生。父親の稼ぎは介護や通院で精一杯なためだ。また父親が [全文を読む]

川崎の老人ホーム転落事件 男性職員による窃盗や虐待も判明

NEWSポストセブン / 2015年09月14日07時00分

かつて介護施設を運営していたノンフィクションライターの中村淳彦氏がいう。 「施設は地域の評判を気にして不祥事を隠そうとするし、自治体側もおざなりな対応しかしないケースが多く、介護施設はブラックボックスになりやすい。さらに家族が無関心なことも多いので、まさに“姥捨山”と化す施設が増えています」 ※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号 [全文を読む]

元アイドル・小室友里が被害にあった「薄消し作」騒動の顛末

NEWSポストセブン / 2015年08月11日16時00分

AV業界のビジネスモデルの転換をルポした新刊『AVビジネスの衝撃』(小学館新書)でこの騒動に触れたノンフィクションライターの中村淳彦氏が語る。 「発売当時、私もこのビデオを見ましたが、完全に性器が見えるほどモザイクが薄かった。有名アイドルが出演し、即物的なセックス表現で、モザイクが薄いという要素は、300円でレンタルするのではなく、数千円払っても購入したい [全文を読む]

単体女優は東大合格より難関 ギャラ300万円でも手取りは半額

NEWSポストセブン / 2015年08月04日16時01分

綿密な取材でAV産業の内幕を抉った『AVビジネスの衝撃』(小学館新書)を上梓したノンフィクションライターの中村淳彦氏に話を聞いた。 * * *中村:そもそもAV業界は知名度のわりに、経済規模は大きくない。レンタルビデオ時代に業界を牛耳っていたビデオ倫理協会が解散して、流通の寡占化が進んだ。現在の市場規模は超大手流通の2社(DMMグループ、ソフト・オン・デマ [全文を読む]

AV業界もビックリの“地獄“が広がる介護業界の実態を暴露! ノンフィクション作家が語る“ポエム問題“とは?

tocana / 2015年08月03日07時30分

企画AV女優のインタビュー集『名前のない女たち』シリーズ(宝島社)や『ワタミ・渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』(コア新書)、『崩壊する介護現場』(ベスト新書)などの著書を持つノンフィクション作家の中村淳彦。この度、新刊『AVビジネスの衝撃』(小学館新書)が7月31日に上梓された。彼が社会を見る目は冷徹で、社会の底辺であえぐ取材対象を常識とは別 [全文を読む]

タコ部屋で死に物狂いで働いても、手元に残る金はほぼゼロ……『日本人が知らない韓国売春婦の真実』

日刊サイゾー / 2015年08月02日17時00分

『名前のない女たち』(宝島社新書)や『職業としてのAV女優』(幻冬舎新書)、そして『日本の風俗嬢』(新潮新書)などを手がけるノンフィクションライター・中村淳彦氏の著書『日本人が知らない韓国売春婦の真実』(宝島社)は、これまでほとんど可視化されることのなかった日本における韓国デリヘルや、韓国における売春事情を取材した一冊。そして、本書の記述からは、日本とは [全文を読む]

フォーカス