山崎武司のニュース

中日復帰の山崎武司43歳のつぶやき「まだ、3年、いけるな」

NEWSポストセブン / 2012年03月18日16時00分

「4番、DH・山崎武司」 さっきの拍手が「喝采」に変わる。名古屋は彼の「帰郷」を待っていた。43歳の再出発。山崎武司はその地を自身のルーツ・名古屋に定めた。力んで左方向へのファウルが続いた6球目。カシッと乾いた音が残る。 二塁手・荒木雅博がジャンプした頭上を伸びたライナーは右中間へさらに伸び、そのままスタンドに突き刺さった。ため息と驚嘆の拍手。スーパール [全文を読む]

山崎武司 流血沙汰回避のために星野監督に嘘をつき状況好転

NEWSポストセブン / 2012年03月16日07時00分

オフシーズンにオンエアされる『ガンバレ日本プロ野球!?』(J SPORTS)では、野球選手にまつわる爆笑エピソードが多々紹介されるが、2009年11月28日、2011年11月26日OAの回では、今年から中日ドラゴンズに出戻った山崎武司が以前中日にいた頃の「山崎武司伝説」が披露された。ここではそのうちの2つを紹介しよう。 ■山崎武司伝説:1 2000年、たま [全文を読む]

中日コーチ ノック時に年上の山崎武司に「すみません」連発

NEWSポストセブン / 2012年04月11日07時00分

中日でいえば、現役最年長の山本昌(46)は近藤真一投手コーチ(43)よりも3歳年上だし、楽天から移籍してきた山崎武司(43)も井上一樹打撃コーチ(40)の関係も同様である。 この場合、コーチはどう接しているのだろうか? スポーツ紙記者が語る。 「これほどの大ベテランともなれば、コーチがとやかくいうこともないですし、自分からアドバイスを求めない限りは、特に指 [全文を読む]

中日・山崎武司 霊感強かった同僚の予言に従い本塁打量産

NEWSポストセブン / 2012年03月18日07時00分

オフシーズンにオンエアされる『ガンバレ日本プロ野球!?』(J SPORTS)では、野球選手にまつわる爆笑エピソードが多々紹介されるが、2009年11月28日、2011年11月26日OAの回では、今年から中日ドラゴンズに出戻った山崎武司が以前中日にいた頃の「山崎武司伝説」が披露された。なかでもとびきりのエピソードが、当時のチームメート・落合英二の“特殊能力” [全文を読む]

テリー伊藤対談「山崎武司」(1)各監督との確執のホントのところ

アサ芸プラス / 2014年03月04日09時57分

●ゲスト:山崎武司(やまさき・たけし) 1968年生まれ。愛知県出身。元・プロ野球選手。87年中日に入団、03年にオリックスへ移籍後、05年より東北楽天の創設メンバーとして活躍。12年、再度中日へ復帰し、13年10月に現役を引退。07年に39歳で43本塁打(本塁打・打点の二冠)、09年の41歳で39本塁打を記録。35歳以降に生涯通算本塁打403本の約半分を [全文を読む]

【プロ野球】牧田明久引退……。覚えてる? 2005年、楽天創設年の開幕スタメン&メンバー

デイリーニュースオンライン / 2016年11月19日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■楽天初年度・開幕スタメン (左)関川浩一:12試合/打率.000/0本塁打/0打点/0盗塁(中日) (二)高須洋介:93試合/打率.163/0本塁打/12打点/0盗塁(近鉄) (一)川口憲史:86試合/打率.201/3本塁打/28打点/1盗塁(近鉄) (三)ロペス:11試合/打率.154 [全文を読む]

【プロ野球】来日3年目へさらなる期待! 「2年目の対応力」で積み重ねた楽天・ウィーラーの27本塁打

デイリーニュースオンライン / 2016年10月05日17時05分

右手指で小刻みにリズムを取る打撃スタイルは、威圧感ではかつての楽天の主力打者・山崎武司やジョーンズに及ばない。しかし、チームを波に乗せるパワフルな打撃ではまったく引けを取らない。一発を放った試合でチームは18勝7敗と大きく勝ち越したことも、それを証明している。 そして何より、前年の14本塁打を上回る27本塁打は何「2年目の対応力」をよく表している。 ■試 [全文を読む]

『バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30th アニバーサリー デラックス・エディション』リリース記念 劇中で描かれた未来2015年10月21日16時29分がやってくる!!ごみで走る“デロリアン”が実現!『バック・トゥ・ザ・フューチャー』30周年アニバーサリーFUKU-FUKU×BTTF GO!デロリアン走行イベント 開催のお知らせ

@Press / 2015年10月14日18時00分

世界中で愛されているこの伝説的映画のアニバーサリーイベントに、“「BTTF Part1」の公開年、そして劇中の設定年でもある1985年”からプロ野球選手であり、“30年後の遠い未来として「Part2」で描かれた2015年”まで現役でご活躍された球界のレジェンド元中日ドラゴンズの山本昌さんと、大親友であり、同じくプロ野球界のレジェンド 山崎武司さんがゲストと [全文を読む]

プロ野球「今季で引退」大物選手サヨナラ場外スクープ!(2) 山崎武司

アサ芸プラス / 2013年10月15日09時59分

27年という現役生活を終えたのは、中日の山崎武司(44)。野村克也、星野仙一といった名将の下でプレーし、卓越した野球理論を身につけた。さらに人望の厚さが球団から高く評価されており、早くも中日の将来的な監督候補としてあがっている。 そんな山崎も、かつては監督とたびたび衝突した。中日では山田久志監督時代、出場機会の少なさに不満を募らせ、険悪な関係に。ついにはト [全文を読む]

“本物の野球好き”がうなる、大人気漫画のオリジナルアニメ化を記念した特別番組を製作

PR TIMES / 2017年03月29日19時20分

プロ野球界の「おカネ」にまつわる事情を、「グラゼニ」好き芸人ザブングルをMCに、元プロ野球選手の山崎武司、岡島秀樹、スポーツ経営学者の小林至、そして原作者の森高夕次をゲストとしてトークを繰り広げます。 [画像1: https://prtimes.jp/i/23998/3/resize/d23998-3-155669-0.jpg ] [画像2: https: [全文を読む]

フォーカス