石川佳純のニュース

【これは可愛い】韓国の石川佳純「ソ ヒョウオン」が無茶苦茶可愛いと話題に

3 / 2016年12月03日21時25分

そしてかつてから、可愛いと話題となっていた石川佳純、そして福原愛は相変わらず熱狂的なファンが熱い視線を送っていたわけだが、実は日本のみならず海外でも卓球少女は可愛い部類とされている。こちらの少女は、韓国の卓球少女「ソ ヒョウオン」さんだ。代表選手ということで当然ながら腕前は抜群ということにはなるが、それよりも注目したいのが、その顔である。なんともアイドル的 [全文を読む]

愛ちゃんに続け!石川佳純が中国版ツイッターアカウント開設、たった2日でフォロワー9万人に迫る!―中国メディア

3 / 2016年09月01日12時00分

2016年8月31日、騰訊体育によると、卓球の石川佳純が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントを開設し、あっという間に8万のフォロワーを獲得した。 中国で福原愛が絶大な人気を誇ることはよく知られているが、実は石川佳純も中国人に好意的に見られている。石川も福原同様、中国語が話せることや、中国選手と良好な関係を築いていることなどが理由だろう。石川が男 [全文を読む]

金メダル獲得で石川佳純のテレビ局評価が浅田真央や宮里藍を超えた!

2 / 2017年06月07日10時15分

卓球日本代表の石川佳純が歴史的快挙! ドイツで開催された世界選手権の混合ダブルス決勝にて6月3日、石川・吉村真晴組が3セット連取で大逆転優勝を果たし、同種目で48年ぶりとなる金メダルをゲットした。この快挙により一気に石川争奪戦がヒートアップしたという。テレビ局関係者が熱を込めて語る。「これまでは福原愛が卓球界をリードしていたのですが、今回の優勝により石川が [全文を読む]

石川佳純の中国語に中国人ビックリ「愛ちゃんに教わった?」「中国人選手よりメンタルが強い」

2 / 2017年06月05日18時20分

2017年6月4日、中国版ツイッター・微博上で、女子卓球選手・石川佳純が流ちょうな中国語で中国メディアからインタビューを受けている動画が紹介され、中国のネットユーザーから驚きの声が出ている。 紹介された動画では、ドイツで開催中の世界卓球で石川がインタビューを受けている様子が映っている。石川は今大会の組み合わせ抽選におけるくじ運や、平野美宇が注目を集めている [全文を読む]

世界卓球の日本快進撃を海外メディアも報道「平野を中国は最も恐れていた」

2 / 2017年06月04日14時57分

ドイツのデュッセルドルフで5日まで開催されている卓球の世界選手権個人戦の第6日が3日行われ、混合ダブルスの吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)が決勝で台湾の陳建安、鄭怡静組に4-3で逆転勝ちし金メダルを獲得。1969年ミュンヘン大会の長谷川信彦、今野安子組以来48年ぶりの日本勢による金メダルとなった。 同結果を受けて、国際卓球連盟(ITTF)の公式ホ [全文を読む]

警戒心や焦りの表れ? 平野美宇のプレーに中国ファン「福原や石川みたいに品がない」

2 / 2017年06月02日10時12分

ドイツ・デュッセルドルフで開催中の世界卓球女子ダブルス3回戦で、日本の石川佳純・平野美宇組は中国の丁寧・劉詩ブン組に0-4と圧倒され敗退した。ダブルスとはいえ因縁の相手である平野を圧倒した中国の人びとは大いに溜飲を下げたことだろう。一方、中国のネット上では平野に対して「プレーに品がない」という批判が出ている。中国メディア・今日頭条が1日伝えた。 記事は、平 [全文を読む]

平野美宇の指導コーチが語る 日本と中国選手の「大きな差」

2 / 2017年06月02日09時26分

石川佳純(24)と組む女子ダブルス2回戦はドイツのペアをストレートで下して3回戦に進出した。 平野は4月のアジア選手権で当時世界ランキング1位の丁寧をはじめ、中国のトップ選手を次々に破り、金メダルに輝いた。この世界卓球でも快進撃が期待されるが、15年10月から平野を指導する中澤鋭コーチ(38)は中国と日本選手との実力差はまだ、思った以上に大きいという。 [全文を読む]

1年半で頂点に 平野美宇の“進化の秘密”指導コーチに聞く

2 / 2017年05月30日18時51分

今年1月の全日本卓球で日本のエース、石川佳純(24)を破って史上最年少優勝(16歳9カ月)を果たすと、4月のアジア選手権では中国勢を連破して日本人21年ぶりの頂点に。平野を指導するようになってわずか1年半で世界トップクラスに押し上げた、JOCエリートアカデミー女子監督の中澤鋭コーチ(38)を直撃した。 ■「何が変わるの? なんでやるの?」 2015年10月 [全文を読む]

卓球・平野美宇をアジア王者に導いた「スタイル」と「性格」の変化

2 / 2017年04月23日11時00分

今年1月の全日本選手権では、3連覇中だった石川佳純を破って、史上最年少優勝を飾った。飛躍の転機となったのは、ペアを組む伊藤の存在だったという。 「伊藤はリオ五輪に出場し、団体戦で銅メダル。一方の平野は代表に選ばれなかった。控えとしてリオには行きましたが、試合を観戦して、さらに悔しさが募ったそうです。その経験がバネになった」(スポーツ紙デスク) 五輪代表から [全文を読む]

石川佳純が安定の地味姿を披露、ファンの本心は「高梨沙羅にならないで」!?

2 / 2017年02月23日05時59分

福原愛が去った後の女子卓球界を背負う石川佳純が2月19日、カタールのドーハで行われる国際大会に向けて日本を出発。フライト前に羽田空港で取材を行った。 石川は1月に行われた全日本選手権の女子シングルス決勝で平野美宇に破れ、4連覇を逃したことに触れ、「負けて勉強になった。新しい自分になりたい」と決意を語った。「全日本選手権で敗れた後、『何が起こったのかわからな [全文を読む]

フォーカス