林家正蔵のニュース

林家正蔵、“後ろめたさ”を肴にビールをグビッ!

Smartザテレビジョン / 2016年01月14日12時00分

CS放送 旅チャンネルでは、新番組「林家正蔵の今日も四時から飲み」が1月17日(日)より放送される。ナビゲーターとして登場するのは、落語家の林家正蔵。自分へのご褒美として、午後4時頃からお酒を飲む“四時から飲み”で通った、選りすぐりのお店を紹介する。昨年12月に開かれた番組記者会見に出席した林家正蔵は、“四時から飲み”に対する思いや、番組の魅力について語っ [全文を読む]

日本の伝統芸能が気軽に楽しめる、 林家正蔵さん、林家木久蔵さん共演 第ニ回 落語「二人会」 2014年2月5日(水)開催!

PR TIMES / 2014年01月23日16時57分

=========================日本の伝統芸能が気軽に楽しめる、林家正蔵さん、林家木久蔵さん共演第ニ回 落語「二人会」 2014年2月5日(水)開催!========================= 養老乃瀧株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:野村 幹雄)が運営するYRイベントホール(養老乃瀧池袋ビル4F)にて、林家正蔵さんと [全文を読む]

日本の伝統芸能が気軽に楽しめる、林家正蔵さん、林家木久蔵さん初共演 落語「二人会」 2013年10月16日(水)開催!

PR TIMES / 2013年10月15日17時45分

========================================日本の伝統芸能が気軽に楽しめる、林家正蔵さん、林家木久蔵さん初共演落語「二人会」 2013年10月16日(水)開催!http://www.yoronotaki.co.jp/events/2013/09/post_214.html========================= [全文を読む]

林家正蔵が市川海老蔵主演ドラマで“夢の”徳川家康に

Smartザテレビジョン / 2016年08月26日13時37分

テレビ東京系で10月クールに放送する市川海老蔵主演「金曜8時のドラマ『石川五右衛門』」で、落語家・9代目林家正蔵が徳川家康役で準レギュラーとして出演することが分かった。 本ドラマは、'09年に海老蔵主演で好評を博した新作歌舞伎「石川五右衛門」に潤色を加え、映像化したもの。石川五右衛門(海老蔵)と、豊臣秀吉(國村隼)との対決を主軸に、秀吉の側室・茶々(比嘉愛 [全文を読む]

林家正蔵 所ジョージが100万円の刀の鍔を無価値にして衝撃

NEWSポストセブン / 2015年11月25日07時00分

落語家の林家正蔵氏(52)が、そんな恩師へ感謝の言葉を語る。 * * * 父の(林家)三平が亡くなってから、噺家、古典芸能など、あまたの世界の人に良くしていただきました。落語とは全く違う世界にいるのに、兄であり、父であり、哲学者であり、友人であり、師匠になってくれたのが所ジョージさんです。 所さんと出会ったのは、前座の修業が終わって、二つ目に昇進した頃でし [全文を読む]

おいし過ぎて林家正蔵が泣いた! 四ツ谷にあるたん料理店の「ゆでたん」

ぐるなび / 2015年05月12日14時10分

4月25日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)では「GWオススメ春グルメ祭! 林家正蔵&勝俣州和行きつけ(秘)店」と題し、落語家の林家正蔵さんが「たん焼 忍」(東京都新宿区)を紹介した。 同店は、JR四ツ谷駅から徒歩7分の所にあるたん料理店。古木を基調とした店内は昔懐かしい雰囲気を醸し出している。おいし過ぎて正蔵さんが泣いたというメ [全文を読む]

餃子専門店巡り3000軒 林家正蔵に一番うまいと言わせた「黒豚餃子」

ぐるなび / 2015年05月01日15時10分

4月25日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)では「GWオススメ春グルメ祭! 林家正蔵&勝俣州和行きつけ(秘)店」と題し、落語家の林家正蔵さんが「神田餃子屋 本店」(東京都千代田区)を紹介した。 同店は神田神保町に創業して五十数年になる餃子専門店。季節の餃子や料理が自慢だ。今まで3000軒の餃子専門店を食べ歩いてきた正蔵さんが、ナン [全文を読む]

林家正蔵が「淡雪のように溶ける」と称賛! 秘伝のソースで作る「タンシチュー」

ぐるなび / 2015年04月30日16時10分

4月25日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)では「GWオススメ春グルメ祭! 林家正蔵&勝俣州和行きつけ(秘)店」と題し、落語家の林家正蔵さんが「グリル 佐久良」(東京都台東区)を訪れた。 浅草の裏通りにある1967年創業の同店は、正蔵さん行きつけの洋食の名店だ。コロッケをはじめ、定番の洋食メニューが楽しめる。中でもとろけるような牛 [全文を読む]

林家正蔵のイチオシ 野菜と麺が絶妙のバランス 老舗中華料理店の「タンメン」

ぐるなび / 2015年04月30日16時10分

4月25日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)では「GWオススメ春グルメ祭! 林家正蔵&勝俣州和行きつけ(秘)店」と題し、落語家の林家正蔵さんが「餃子の王さま」(東京都台東区)を訪れた。 東京メトロ浅草駅から程近い同店は、1954(昭和29)年創業の老舗中華料理店。正蔵さんは寄席の帰りにたびたび足を運ぶという。名物の「王さまの餃子」 [全文を読む]

「ピカイチの肉料理を出す」と林家正蔵が激賞 池袋の老舗洋食店

ぐるなび / 2015年04月30日16時10分

4月25日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)では「GWオススメ春グルメ祭! 林家正蔵&勝俣州和行きつけ(秘)店」と題し、落語家の林家正蔵さんが「キッチン チェック」(東京都豊島区)を紹介した。 池袋駅から徒歩5分の場所にある同店は、カウンターのみの雰囲気のある洋食店。正蔵さんは、池袋演芸場の近くにあり、ピカイチの肉料理を出す洋食屋 [全文を読む]

林家正蔵イチオシ! とんかつの老舗が作る肉ゴロゴロの「カツカレー」

ぐるなび / 2015年04月28日17時10分

4月25日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)では「GWオススメ春グルメ祭! 林家正蔵&勝俣州和行きつけ(秘)店」と題し、落語家の林家正蔵さんが「気賀亭(きがてい)」(東京都台東区)を紹介した。 東京メトロ稲荷町駅の近くにある同店は、歴史あるとんかつ専門店だ。正蔵さんイチオシの「気賀亭カツカレーライス」(1300円 税込み)は、実は [全文を読む]

林家正蔵、リアル家族はつらいよ…年5月会見

NewsCafe / 2017年05月31日11時15分

知らなかったから驚いた」 記者「落語家の林家正蔵(54)は『家族は楽しいし、つらいもの。実生活もそんな感じ』と。実姉で歌手の泰葉(56)を真っ先に思い起こしました」 デスク「泰葉…。この人、またいろいろお騒がせの動きがあるみたいだから6月は要注意よ。ということで6月もよろしくね」 記者「へーい」NewsCafeゲイノウ [全文を読む]

ミスiDにも選ばれた美人落語家・林家つる子「師匠がパンツ一丁の時は、どーもスイマセン!」

週プレNEWS / 2016年10月12日11時00分

2010年9月に九代目林家正蔵師匠に弟子入りし、2015年11月に二ツ目昇進。落語家でありながらアイドルオーディション「ミスiD2016」では特別賞を受賞するという美貌の持ち主だ。 古典芸能を愛しながら、新しいことへの挑戦に意欲的な落語界のアイドルの素顔とは…! ―現在、二ツ目の林家つる子さん。そもそも落語を始めたきっかけは? つる子 大学の頃、落研(落語 [全文を読む]

林家正蔵『家族はつらいよ』出演に「おふくろが『海老名家のほうがつらい』と」

WEB女性自身 / 2016年03月13日06時00分

今年の暮れには、自らもその年齢になる落語家の九代目林家正蔵(53)。 昭和の爆笑王 として人気を博した故・三平師匠といえば、指をすぼめた手を額に当てて「どーもすいません」とトホホな表情で言うしぐさが懐かしい。父親のそのポーズを正蔵は山田洋次監督作品『家族はつらいよ』(3月12日全国ロードショー)で披露している。先代の三平師匠の芸を知る世代なら和むに違いない [全文を読む]

野菜をたっぷり使った餃子と胡椒を使わないタンメン

ぐるなび / 2016年03月09日15時10分

3月8日放送の「バイキング」(フジテレビ系、午前11時55分~)では、早くてウマいお店を特集したコーナーで橋爪功さん、林家正蔵さん、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん、富澤たけしさんが「餃子の王さま」(東京都台東区)を訪れた。 東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩3分ほどにある同店では、1954年創業から守り続ける伝統の味が楽しめる中華料理店だ。 [全文を読む]

林家正蔵が真保裕一の新作を絶賛「まさに寝食を忘れる1冊」

NEWSポストセブン / 2014年07月31日07時00分

落語家の林家正蔵が独自の視点で同作について語る。 * * * 先日、富山に仕事で行ったのですが、運悪く台風直撃という時でして、早めに現地に入りました。仕事まで時間ができたので、それじゃあと『アンダーカバー』を手に取ったんですが、これがもう止まらない。面白い小説を読んでいると、寝食を忘れるって言うじゃないですか。『アンダーカバー』はまさにそんな1冊でした。 [全文を読む]

【ウラ芸能】林家正蔵、ケンカ売った相手

NewsCafe / 2014年07月09日15時00分

でも、実は新しくなった歌舞伎座にも行ってないから、この夏はぜひ行きたいと思ってるんだ」記者「その歌舞伎界に落語家の林家正蔵(51)がかみついたと評判になっています」デスク「落語家が歌舞伎にあれこれ言うって…、どういうこと?」記者「一部女性誌が大げさに書いてますが、要は歌舞伎を見に行った正蔵がその客から『安そうな背広着てる』とか『落語家なら3階席にでも行け』 [全文を読む]

林家正蔵「海老蔵はただの暴れん坊!」歌舞伎批判に波紋

WEB女性自身 / 2014年07月08日00時00分

落語家の林家正蔵(51)が、東京・新宿末廣亭の高座で連日、痛烈な歌舞伎批判を展開していた。6月下席の昼の部。正蔵は突然、演目を中断して、こうブチはじめた。「この前、仁左衛門さんが復活なさいましてね。お袋を連れて早い時間に見ていたら、まぁ嫌な気分でした。そばに座っていたおばさんが(略)、私がこう座っていたら、『あら、奥さん、ほらほら正蔵よ。落語家だったら3 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「三遊亭好楽」(1)「笑点」と芸歴が共に50周年です!

アサ芸プラス / 2017年01月10日12時57分

66年4月、八代目林家正蔵(のちの彦六)に入門。林家九蔵を名乗る。71年、二つ目昇進。79年、「笑点」メンバー入り。81年、真打昇進。82年、彦六の死去により、三遊亭円楽一門に移籍、「好楽」に改名。83年、「笑点」からいったん卒業するも、88年に復帰。2010年、初の落語集CD「三遊亭好楽 落語集 好日楽語(よきひにらくご)」をリリース。12年、初の自叙伝 [全文を読む]

林家正蔵が劇団KAKUTA最新作「愚図」に出演!

Smartザテレビジョン / 2016年11月09日19時25分

劇団KAKUTAの20周年記念公演の最後を飾る「愚図」が11月10日(木)から上演される。記念公演第1弾の「痕跡<あとあと>」は鶴屋南北戯曲賞を受賞、その後初の新作となり、周囲の期待も高まるところ。今回の作品について、作・演出・出演の桑原裕子に語ってもらった。「『愚図』という作品は、立ち入り禁止の山にある工場跡地に2人の女の子が足を踏み入れ、“あるモノ”を [全文を読む]

フォーカス