本郷理華のニュース

女性のスポーツライフスタイルを提案する「DANSKIN」、フィギュアスケーター本郷理華選手とアドバイザリー契約

PR TIMES / 2016年07月21日14時35分

2016年秋冬からダンスキン・プロモーションのビジュアルとして登場/本郷選手の提案により開発した商品も発表株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)が展開するアスレチックウエアブランド「DANSKIN(ダンスキン)」は、日本を代表するフィギュアスケーターの本郷理華選手(邦和スポーツランド)と、2016年7月よ [全文を読む]

フィギュアスケーター本郷理華選手の提案により開発したバックパックを新発売

PR TIMES / 2017年01月31日11時46分

ダンスキンでは、本郷理華選手と2016年7月より2年間、アドバイザリースタッフ契約を締結しています。 本郷選手へ「DANSKIN」のトレーニングウエアを提供することで、さらなる高みを目指す「フィギュアスケーター」としての活動をサポートしています。 今回発売となったダンスキン バックパックは、本郷選手ならではの「女性アスリート」視点でのフィードバックを元に [全文を読む]

羽生結弦、宮原知子、本郷理華らが世界に挑む「世界フィギュアスケート選手権2015」開幕

Entame Plex / 2015年03月27日00時01分

女子シングルは村上佳菜子、宮原知子、本郷理華。そしてアイスダンスにクリス・リード&キャシー・リード組。ペアには木原龍一&髙橋成美組が出場。ソチオリンピックとはまた異なる、フレッシュな面々の活躍に期待がかかる。 すでにアイスダンスとペアのショートプログラムは行われ、残念ながら日本勢はフリー進出ならなかったが、まだまだ勝負はこれから。なかでも注目は、やはり男子 [全文を読む]

本郷理華、失意で大会後パーティに欠席か? フィギュアファンから心配の声

アサジョ / 2017年04月05日18時15分

宮原知子選手の欠場を受けて急遽出場した本郷理華選手だったが、今回の結果をどう受け止めているのだろうか。「SPで12位、FSの『リバーダンス』は、ミスをするも諦めずに頑張っていましたが、結果は16位。今大会は急な出場でピークへの持っていき方が難しかったうえに、五輪の枠獲りというプレッシャーもあったはず。世界選手権初出場で、シニアデビューの三原舞依選手が5位、 [全文を読む]

本郷理華も苦戦!女子フィギュア「平昌五輪出場」への熾烈な代表争い

アサジョ / 2017年03月09日10時15分

「四大陸フィギュアスケート選手権2017」で欠場となった宮原知子に代わり、急遽出場したものの10位と成績が奮わなかった本郷理華。汚名返上の機会でもあったアジア大会でも思うような結果を残せず、日本の女子フィギュアスケート界の勢力図に動きがありそうだ。「本郷は16‐17シーズンを通して不調でした。GPシリーズも含めて表彰台はゼロ。四大陸選手権は急に舞い込んでき [全文を読む]

本郷理華、本田真凜…若手女子選手のCM出演でフィギュア界に新時代到来?

アサジョ / 2016年10月07日09時58分

本郷理華は、ヘアケアブランド『h&s』の新CMに出演しています。鈴木明子選手を育てた長久保裕コーチの秘蔵っ子の1人で、シニアデビュー2年目の昨年は鈴木の振り付けや指導でめきめきと腕を上げ、四大陸選手権では2年連続3位、GP中国杯でも2位となった有望選手です。本郷は英国人の父と日本人の母を持ち、彫りの深い顔立ちで意志の強そうなイメージがあるのですが、実はシ [全文を読む]

「四大陸選手権」本郷理華の“リバーダンス”ステップを生んだ2人の元選手

アサジョ / 2016年02月23日17時59分

男子は惜しくも表彰台には届かなかったが、女子は1位、3位に宮原知子、本郷理華の2人が上がり、日本選手の層の厚さを世界に示した。特に本郷の上達ぶりが著しいと関係者の間で話題になっているという。「今季は鈴木明子に振り付けと指導を受けて滑らかな演技と表現力に磨きがかかり、大きな成果が出ています。同じ長久保裕コーチのもとで練習を積み、本郷のことを幼い頃からよく知っ [全文を読む]

宇野昌磨らが出場!フィギュアのインターハイ開催

Walkerplus / 2015年01月22日11時08分

3月の世界選手権に出場する宮原知子と本郷理華が出場を辞退したのは残念だが、その他の有力選手はほぼ全員が出場する。男子は成長著しい宇野昌磨が出場予定だ。 まずは女子の展望から。本郷理華の欠場、そして永井優香が大会直前に棄権したことにより、加藤利緒菜に本命は絞られた。とはいえ、NHK杯でのフリー演技では会場を熱狂させたものの、続く全日本選手権では迫力に欠ける演 [全文を読む]

宮原知子が世界選手権欠場!「平昌五輪3枠」の可能性をランキングから分析

アサジョ / 2017年03月24日10時14分

「今季、若手を引っ張る立場のはずの本郷理華選手が不調で期待された成績を残していません。しかもロシア勢が強力で、世界ランキングでみると1位メドベージェワ、2位宮原知子、3位ポゴリラヤ、4位トゥクタミシェワ、6位ラジオノワとロシア勢ばかり。5位にアシュリー・ワグナー、7位に長洲未来(ともにアメリカ)がいて、本郷理華が8位。三原舞依は21位、樋口新葉が22位です [全文を読む]

新世紀の王者・女王は誰に?シーズンラストを飾る世界最高峰の氷上決戦スタート!

Woman Insight / 2015年03月26日18時00分

一方、女子は昨年末の全日本選手権で新女王となった宮原知子選手、今季大躍進のシンデレラガール本郷理華選手が初の世界最高峰の舞台に立ちます。 宮原知子選手、本郷理華選手と共に強豪ロシアに立ち向かうのは、今シーズンジャンプに悩まされている村上佳菜子選手。 向かうは欧州選手権で13年ぶりに表彰台を独占したトゥクラミシェワ、ラジオノワ、ポゴリラヤの最強ロシア勢。実 [全文を読む]

フォーカス