松中信彦のニュース

【ソフトバンク】今の私がいるのはニィニィ(松中信彦)のおかげです

文春オンライン / 2017年03月11日11時00分

東京でタレントをやっています☆ 松中みなみです! “松中”って苗字を聞くと、ほとんどの野球ファンの方は“松中信彦”を連想するようで 「松中信彦っていう三冠王がいるんだけど知ってる?? すげーゴツい選手なんだけど……苗字一緒じゃん!」 「……はい、知ってます。その人、私の親戚の兄です……。」 すごく誇らしい気持ちと同時に、それを聞いた瞬間からひるむ? 距離 [全文を読む]

最後の三冠王・松中信彦が振り返る19年の現役生活 「あの頃はバッティングを極めたと思いました」

週プレNEWS / 2016年05月26日06時00分

現在では最後の三冠王となった、元ソフトバンクホークス・松中信彦が今春の現役引退後、ここまで語り尽くした! ホークス黄金時代の礎(いしずえ)を築いた4番打者であり、“ラストサムライ”ともいえる野武士プレイヤーが、打撃を極めた栄光と怪我からの苦闘を激白した対談インタビュー第2回!(聞き手/野球評論家・橋本清) ●前編参照→「『三冠王のプライドは全部もう消えてま [全文を読む]

松中信彦が明かした現役引退の心情 「三冠王のプライドは全部もう消えてました」

週プレNEWS / 2016年05月18日06時00分

現在では最後の三冠王となった、元ソフトバンクホークス・松中信彦が今春の現役引退後、ここまで語り尽くした! ホークス黄金時代の礎(いしずえ)を築いた4番打者であり、“ラストサムライ”ともいえる野武士プレイヤーが、打撃を極めた栄光と怪我からの苦闘を激白!(聞き手/野球評論家・橋本清) * * * 橋本 松ちゅん(松中の愛称)、長い間、ご苦労さまでした! 自分も [全文を読む]

【プロ野球】次なる”中年の星”は誰?マサに続く今年の40歳選手

デイリーニュースオンライン / 2016年02月06日16時00分

(年齢は昨年末時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■2015年度プロ野球選手年齢ランキング(降順) 1位:山本昌 50歳(投手/中日→引退) 2位:中嶋聡 46歳(捕手/日本ハム→引退) 3位:斎藤隆 45歳(投手/楽天→引退) 4位:谷繁元信 45歳(捕手/中日→引退) 5位:和田一浩 43歳(外野手/中日→引退) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松中信彦選手をホークス公式ツイッターが激励「用行舎蔵は世の雑音」

TechinsightJapan / 2015年10月02日14時30分

福岡ソフトバンクホークスからの退団を決意した松中信彦選手が10月1日、ヤフオクドームにてホークスでの最後の試合を終えた。今後も他球団から声がかかれば現役を続けたいと望む松中選手にホークスの公式ツイッターが熱いメッセージを送り、ファンの反響を呼んでいる。 松中信彦選手は、9月29日に自由契約により福岡ソフトバンクホークスからの退団とともに現役続行の意志を示し [全文を読む]

侍ジャパン歴代4番打者を襲う、あるジンクスとは…?

ベースボールキング / 2017年03月01日11時15分

そんな中、4番を打ったのは松中信彦だった。主軸打者ながら繋ぎ役に徹し「優勝の影の立役者」とも言われた背番号3の活躍。今回は松中を始めとしたWBC歴代侍ジャパン4番打者を大会直前の前年シーズン成績とともに振り返ってみよう。◆ 第1回大会の4番は平成唯一の三冠王松中信彦(当時32歳 / ソフトバンク)05年 132試 率.315 46本 121点 OPS.1, [全文を読む]

【侍ジャパン】過去3大会の4番打者といえば…

ベースボールキング / 2017年03月01日06時45分

今大会は筒香が4番に座ることが予想されるが、過去3大会は誰が務めたのだろうか… ◆ 第1回大会は松中が全試合で4番 第1回大会は松中信彦が全8試合で、4番で出場した。 松中といえば、2004年、05年のプレーオフでブレーキに陥り、チームを日本シリーズ進出に導くことができなかった。短期決戦での勝負弱さが目立った松中だったが、第2ラウンドのアメリカ戦を除いた [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

前年まで工藤を師匠と慕った城島や松中信彦が恩返しの一発を放って勝利すると、続く第2戦もダイエーが連勝して優位に立つ。 ところが、いつもと勝手の違う「移動日なし」で行なわれた福岡ドームの第3戦で風向きが変わる。この変則日程は、ダイエー側の手違いで、日本脳神経外科学会の日程とダブルブッキングしたことで生じたものだ。 慌ただしく移動しながら、長嶋監督は打線を組み [全文を読む]

【プロ野球】《ホークス背番号列伝・第3回》個性的&骨太。何かと話題を振りまいた「背番号3」の選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年09月29日17時05分

佐々木誠(1989年~1993年) 松永浩美(1994年~1997年) 吉永幸一郎(1998年) 松中信彦(2000年~2015年) (※カッコ内は背番号3を背負っていた年) 「ほぉ……」と感じた方も多いのでは? 何かと個性的だったり、お騒がせだったりと、ホークスファンの印象に残る選手達ばかりである。そんな背番号3を背負った選手たちの共通点を見てみよう。 [全文を読む]

19年間の現役生活で松中信彦が語った松坂とダルビッシュ 「大輔は常に真っすぐ勝負、力と力の勝負をしてくれた」

週プレNEWS / 2016年06月03日06時00分

現在では最後の三冠王となった、元ソフトバンクホークス・松中信彦が今春の現役引退後、ここまで語り尽くした! ホークス黄金時代の礎(いしずえ)を築いた4番打者であり、“ラストサムライ”ともいえる野武士プレイヤーが、打撃を極めた栄光と怪我からの苦闘を激白した対談インタビュー第3回! 前回は三冠王獲得時を振り返り、そのプレッシャーと苦悩も明かしたが…。(聞き手/野 [全文を読む]

フォーカス