岸信介のニュース

安倍首相を形成した母・洋子の執念。マザコンを作り上げた一般人に理解できない血脈の濃さとは

週プレNEWS / 2015年04月14日12時40分

その源泉を祖父・岸信介から始まる「名門の血脈」に求めたのが『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』だ。著者の松田賢弥(まつだ・けんや)氏に聞いた。 ―安倍首相といえば、自由民主党初代幹事長にして“昭和の妖怪”の異名を取る岸信介元首相が祖父である「政界のプリンス」。この本を読んで、彼を取り巻く「華麗なる一族」の解像度が一段とアップしました。 [全文を読む]

母親に弟より愛されたい! 安倍首相の岸信介、改憲への拘りは「マザコン」の現れ!?

リテラ / 2015年04月01日18時00分

祖父・岸信介、父・安倍晋太郎、伯父・西村正雄、異父弟(晋太郎の隠し子とされる人物)、妻・昭恵、そして母親・洋子......。 この6人と安倍首相の関係性を追いかけることで、内田、白井、田中らも指摘していた、安倍首相のメンタリティの正体が実証的に解き明かされていく。 その最大のものが安倍首相の母方の祖父・岸信介への異常なまでの思い入れだ。安倍が憲法改正に突き [全文を読む]

安倍晋三首相のもうひとつの系譜

プレジデントオンライン / 2017年02月18日11時15分

■現政権とは真逆の地平に立つ政治家 安倍三代――こう書けば、誰もが岸信介氏、安倍晋太郎氏、そして現首相・晋三氏を思い浮かべるだろう。だが、著者でジャーナリストの青木理氏が取り上げる初代は母方の祖父・信介氏ではなく、父方の祖父である寛氏である。やはり政治家で、一般になじみは薄いが戦前から戦後にかけて二期連続で衆議院議員を務めた。 特筆すべきは、彼が筋金入りの [全文を読む]

安倍首相が心酔するおじいちゃん・岸信介の戦争犯罪! アヘン取引でブラックマネーを集め戦争を遂行

リテラ / 2015年08月16日12時00分

そう、今さら説明するまでもないが、安倍首相の母方の祖父は、昭和の妖怪と呼ばれた岸信介元首相だ。安倍首相は日ごろからこの祖父について、敬愛の思いを隠さず、"おじいちゃんコンプレックス"ともいえるほどの心酔ぶりを示している。 安倍首相が集団的自衛権行使と改憲に向かってひた走っているのも、激しい反対の中、日米安保条約改定を断行したおじいちゃんを見習い、そしてお [全文を読む]

麻生太郎に罪はなかった!? 「ナチス発言」の裏に潜む、意外な真実とは?

ハピズム / 2013年08月13日21時00分

――陰謀社会学研究科家の聖橋乱丸が、日本の政治の裏を暴く! 以前書いた記事で、安倍首相の悲願である「憲法改正」は、その祖父の岸信介元首相の幽霊が囁いた遺恨であることを紹介した。 実際に、この内容は永田町で非常に話題になっているのだが、岸首相の意向ということで、抵抗感を強めた勢力があるのをご存じだろうか。■なぜ、岸信介元首相は「憲法改正」にこだわるのか? 岸 [全文を読む]

ご存知ですか? 2月25日は第1次岸信介内閣発足の日です

文春オンライン / 2017年02月25日07時00分

いまからちょうど60年前のきょう、1957年2月25日、第1次岸信介内閣が発足した。前任の石橋湛山はその1月に病床に就き、31日には外相だった岸を首相臨時代理に指名すると、公務に戻らないまま、2月23日、在任わずか2カ月で総辞職を決めた。岸内閣は、石橋内閣の閣僚を全員留任させて発足する。このとき岸は60歳だった。 岸の孫である安倍首相が今月渡米し、フロリダ [全文を読む]

いまもっとも人気の高い評伝作家がおくる最新刊『叛骨の宰相 岸信介』。「昭和の妖怪」とよばれた岸信介の知られざる実像と多大な功績に迫る!

PR TIMES / 2014年01月20日12時08分

中経出版ブランドカンパニー 株式会社KADOKAWA中経出版(東京都千代田区)は、『白洲次郎 占領を背負った男』(山本七平賞受賞)の北康利さんの新刊『叛骨の宰相 岸信介』を1月21日に刊行します。安保改定だけでは語れない岸の業績を通じて、この国にとってのあるべき宰相の姿を問いかける、現代日本人に向けた渾身の宰相論です。 まだ日本人は、この政治家の大きさに気 [全文を読む]

鳩山・安倍…戦後の歴代総理大臣 33人中13人が親戚だった

NEWSポストセブン / 2016年07月12日11時00分

安倍家と麻生家の両家を軸に系図を辿ると、吉田茂、鳩山一郎をはじめ、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、三木武夫、鈴木善幸、宮沢喜一、細川護煕、橋本龍太郎、鳩山由紀夫と、戦後の総理大臣のうち13人が繋がり、まさに日本政界のエスタブリッシュメント(支配階級)を構成する閨閥が構成されている。 この閨閥は皇室ともつながり、住友財閥、森コンツェルン(昭和電工)、日産コンツ [全文を読む]

参院選で「戦後」が終る。憲法改正草案を読んでわかった危険性

まぐまぐニュース! / 2016年07月07日19時30分

A級戦犯だった祖父・岸信介の意志を継ぐ安倍首相の野望 憲法改正が祖父、岸信介から引き継いだ安倍晋三の悲願であることはよく知られているが、そもそも彼の憲法観は、根本から間違っている。 平成26年2月3日の衆議院予算委員会で畑浩治議員(当時)の「憲法とはどういう性格のものだとお考えでしょうか」という質問に安倍首相はこう答えた。 「いわば国家権力を縛るものだと [全文を読む]

安倍首相の「安保法制」妄執の背景に、敬愛する祖父・岸信介がA級戦犯を逃れるため米国と交わした裏取引きが!

リテラ / 2015年08月17日21時12分

安倍晋三首相が愛してやまない祖父、岸信介は1945(昭和20)年9月15日にA級戦犯容疑で逮捕される。当時は誰もが岸は有罪とみていた。それはそうだろう。 満州官僚時代に軍部と結託してアヘン取引に手を染め、アヘンを求めて中国領土を侵す軍をバックアップし続けた。取引で得た巨額の利益を戦費に回し、一部を政治資金として活用して軍国主義者の象徴といえる東条英機を首相 [全文を読む]

フォーカス