左甚五郎のニュース

「それ誰?」「びっくり」地元民も知らなかった謎多き大河ドラマの主人公『直虎』の故郷・井伊谷に行ってみた

ガジェット通信 / 2017年02月11日16時00分

左甚五郎作の龍。”井の国=水の国“、をまもる龍神です。静岡の静岡浅間神社でも左甚五郎作品を見ましたが、やはりここにもありました。 井伊家の歴代当主の御霊が祀られている御霊屋。千年の歴史をもつ井伊家、40代の当主が祀られています。像があるのは初代の共保、直盛(おとわ=直虎の父)と直政(亀之丞の子)。ちょっとネタバレですが、おとわの父はこのあと桶狭間で無念の [全文を読む]

直虎眠る、浜松・龍潭寺の美しい庭園

NEWSポストセブン / 2017年01月07日16時00分

忍びを知らせる仕掛けで、日光東照宮の眠り猫を作った彫刻家・左甚五郎作と伝えられる。 ※女性セブン2017年1月19日号 [全文を読む]

ケンミン8万人調査!栃木県民は朝が弱くて「縛られる」のが好き?

しらべぇ / 2016年10月07日10時30分

「見ざる言わざる聞かざる」の三猿や眠り猫など、江戸初期の名職人、左甚五郎の作品と伝わるレリーフもよく知られる。県庁所在地の宇都宮は、「餃子の街」として、消費量日本一の座を静岡県浜松市として争っている。そんな栃木県民には、どのような特徴があるのだろうか?しらべぇ編集部が全国の男女88,321名に調査した中から、栃木県に住む1,035名を抽出。カイ二乗検定をか [全文を読む]

桂歌丸、深刻な病状…体はガリガリ、顔色は青白く身動き不自由、口が動きにくい場面も

Business Journal / 2016年08月04日07時00分

左甚五郎を主人公にした十八番「竹の水仙」を思う存分演じ、客席からは拍手喝采を浴びた。落語家としてまだまだ現役でがんばってほしいものだ。 (文=編集部) [全文を読む]

真田家ゆかりの武器も。知恩院の「七不思議」が現代に伝えるもの

まぐまぐニュース! / 2016年05月26日12時00分

名工、左甚五郎が完璧なお堂を造ると神様が嫉妬すると魔除けのために置いたという説。このあたりに住んでいた白狐が、自分の棲居を他の場所に確保してくれたお礼にこの傘を置いて知恩院を守ることを約束したという説。 傘は雨が降る時に使う道具で、水から身を守るものです。忘れ傘は火災から御影堂を守るものとして信じられています。禅寺の法堂(はっとう)の天井に水の守り神でもあ [全文を読む]

日本が誇る伝統芸能 "浪曲"…「聞いたことがない」6割

NewsCafe / 2015年08月07日12時00分

京山幸枝若さんの左甚五郎物は何回きいてもワクワク。■広沢虎造の清水の次郎長、CD全部持ってるー。■忠臣蔵の話で面白かった!■父親が好きでよく聞いていた。■大叔母が浪曲歌手だったらしい…。■上手い浪曲師だとその世界に引き込まれてしまうね。【ナシ…60.1%】■生ではないです。■あるけど流れていただけで興味を持って聞いた訳ではないから。■テレビのをチラッと見た [全文を読む]

【時代劇】『水戸黄門』の水戸光圀役は、5代中3代が“ニセ黄門”経験者

しらべぇ / 2014年12月26日21時00分

光圀は日光で出会った左甚五郎とともに、先に江戸へ向かい、悪退治を助さん格さんに任せた。その後、堪忍袋の緒が切れた助さん格さんは印籠を出してしまい、ニセ黄門を“ホンモノ”に仕立ててしまう。さらに日光奉行まで登場し、助さん格さんが窮地に追い込まれるが、なんとか乗り切った。 (文/しらべぇ編集部・岸田法眼 http://sirabee.com/author/h [全文を読む]

ギャグ連発の三遊亭歌之介 鹿児島訛りの語り口で爆笑獲得

NEWSポストセブン / 2012年01月20日07時00分

爆笑漫談で売り出した歌之介だが、左甚五郎の逸話『竹の水仙』のような「ちゃんとした古典」を演ることも増えた。とりわけ、自身が子供の頃に両親が離婚して母に引き取られた体験を踏まえて演じる『子別れ』は実に感動的で、歌之介の別の一面を見ることが出来る。 最近では、中学から高校まで大阪に住んだ経歴を活かした流暢な関西弁による上方落語も武器に加え始めているという。ど [全文を読む]

フォーカス