源頼朝のニュース

頼朝、尊氏、信玄 肖像画が別人だった理由を教科書会社解説

NEWSポストセブン / 2014年11月23日07時00分

言わずもがな小中学校の授業で、鎌倉幕府を開いた〈源頼朝〉だと教えられた人物である。しかし、今ではこの男は“頼朝になりすました別人”との説が有力視され、教科書からも姿を消しつつある。 その理由について教科書出版社・東京書籍の社会編集部の編集者に解説してもらった。 「以前使用されていた源頼朝の肖像画は、京都の神護寺所蔵の源頼朝だと伝えられてきたものです。ところ [全文を読む]

【京都】絶世の美女・常盤御前の生涯と、義経が剣を磨いた鞍馬寺

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日16時12分

常盤御前は武士の源義朝(鎌倉幕府を開いた源頼朝の父)の側室となり3人の子を産んでいます。この頃武士は、棟梁を中心とした武士団を組織し、天皇や上皇に仕え、護衛や紛争の鎮圧に努めていました。代表的なのは、清和天皇系の源氏と桓武天皇系の平家です。 憎き夫の敵「平清盛」の妾として生きる道を選ぶ 平治の乱で源氏の棟梁だった義朝が敗れます。義朝一族は平氏によって殺さ [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

源頼朝(1147年5月9日-1199年2月9日) 源頼朝の40歳は1187年。イイクニ作ろう鎌倉幕府の少し前で、イイハコ作ろう鎌倉幕府の少し後です。国内の平定を進めている時期であり、奥州の藤原秀衡が没したのが1187年。 義経が平泉に落ち延びた年の暮れのことで、二人の息子国衡、泰衡と義経に、義経を主君として結束するよう遺言したそうです。 頼朝の圧力に屈 [全文を読む]

幕岩の岩肌から巨大な“源頼朝”が現れる!?湯河原に伝わる逸話を“ドローン×プロジェクションマッピング”で上映「頼朝の窟~2017~」開催決定

PR TIMES / 2017年03月03日19時20分

LEDとフラッシュライトを積んだドローンが生み出す立体的な光のパフォーマンスと共に、源頼朝のゆかりの地・湯河原に伝わる逸話をお楽しみいただけます。■『頼朝の窟~2017~ 』概要 源頼朝のゆかりの地「湯河原」そこに伝わる逸話を、ドローンを使った立体的な光の演出、立体音響を使った臨場感のある音響システム、そして幕山の岩肌へのプロジェクションマッピングという、 [全文を読む]

この仇討ちで日本の歴史が動いた 「日本3大仇討ち」紹介

NEWSポストセブン / 2016年12月14日07時00分

【仇討ち1】「曾我兄弟の仇討ち」(1193年) 鎌倉時代の武士、曾我祐成(そがすけなり)と曾我時致(そがときむね)の兄弟が、父親の仇である源頼朝配下の御家人、工藤祐経を(くどうすけつね)討った事件。仇討ちは、頼朝が富士で行った巻狩り(大規模な狩猟)の際に行われた。「赤穂浪士の討ち入り」「伊賀越えの仇討ち」に並ぶ“日本三大仇討ち”の一つ。「17年の年月をかけ [全文を読む]

視界も心も清く美しく!「運気が上がる紅葉狩り」スポット3選

BizLady / 2016年11月18日20時00分

源頼朝、徳川家康も参拝したという“箱根神社”は、心願成就の神さま。勝負の神としても名高いですが、安産祈願、家内安全など、多くの人が訪れるパワースポットです。境内九頭龍神社新宮にある“龍神水舎”の水は、口をすすぐと、不浄を洗い清めてくれるといわれています。ペットボトルに入れて持ち帰れば、さらなる運気アップが期待できるかも!?木々に囲まれた九頭龍神社本宮は、縁 [全文を読む]

平安時代「絶世の美女」にまつわる、京都・恋塚寺の悲しすぎる物語

まぐまぐニュース! / 2016年10月10日04時45分

平清盛率いる平氏に流刑にされ、挙兵する気のなかった源頼朝を配流先の伊豆に出向いて説得した話は有名です。 文覚は遠藤盛遠という北面の武士でした。この時代は歴史上初めて武士が台頭してきた頃で、鳥羽上皇を守護する北面の武士はエリートとされていました。 同僚には平清盛や源渡(わたる)がいました。盛遠はこの渡の新妻に恋い焦がれていました。それが袈裟御前です。袈裟は気 [全文を読む]

落馬事故で死んだと言われる源頼朝 暗殺説や糖尿病説も存在

NEWSポストセブン / 2016年05月16日16時00分

源頼朝(1147~1199年。享年51)の死因は何だったのか? 平家を討ち滅ぼし、鎌倉幕府を創設した源頼朝の死因と言われているのが1198年12月27日に発生した落馬事故。頼朝は事故から約2週間後の1199年1月13日に死去し、落馬は脳卒中によるものと類推されている。 ただし、鎌倉時代に編纂された歴史書『吾妻鏡』に頼朝の死因についての記述はなく、執権である [全文を読む]

第57回CBCクラブ文化賞(くちなし章)に古典模写制作者・加藤純子さんを選出

PR TIMES / 2016年01月20日13時40分

その後も「国宝 源頼朝像」、「重要文化財・松島瑞巌寺(まつしま・ずいがんじ)障壁画」の復元模写、さらにこの地方にあって、「重要文化財・名古屋城本丸御殿障壁画 竹林豹虎図(ちくりんひょうこず)」の復元模写、また、先頃徳川美術館で公開され大きな話題となった「国宝 源氏物語絵巻」の復元模写を行うなど、長年にわたり、古典模写制作者として一業、一芸に黙々と従事し、 [全文を読む]

安田靫彦(やすだ・ゆきひこ)展、東京国立近代美術館で40年ぶり開催/お得なペア前売り券など12月1日に発売

PR TIMES / 2015年11月20日14時05分

源平合戦での源頼朝・義経兄弟の対面を描いた《黄瀬川陣(きせがわのじん)》(重要文化財、東京国立近代美術館蔵)や女性人物画の傑作として名高い《飛鳥の春の額田王(ぬかたのおおきみ)》など歴史画の名作で知られる巨匠日本画家、安田靫彦[やすだ・ゆきひこ 1884(明治17)-1978(昭和53)年]。東京国立近代美術館では、1976(昭和51)年以来、ちょうど4 [全文を読む]

フォーカス