押井守のニュース

「Howling in the Night 2017―押井守、戦争を語る―」開催記念 「押井 守 電子書籍フェア」

PR TIMES / 2017年04月20日13時09分

対象書籍15作品を20%OFF&限定特典小冊子も![画像1: https://prtimes.jp/i/1227/811/resize/d1227-811-785353-0.jpg ]株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)では、2017年4月29日(土・祝)から電子書籍総合ストアBOOK☆WALKERにて、映画監督・押井 [全文を読む]

「友だちはいらない。(TV Bros.新書) 押井守/著」、新書サイズにて、4月30日(木)発売

PR TIMES / 2015年04月22日13時50分

(TV Bros.新書) 押井守/著」を発行します。 本書は、雑誌「TV Bros.」において、特集やインタビューなど、幾度となく誌面に登場している映画監督・押井守が、本当に大切な人間関係とは何かを改めて問う―― 、その内容を対談形式で読みやすくまとめた一冊です。 [画像1: http://prtimes.jp/i/6568/33/resize/d6568 [全文を読む]

『攻殻機動隊』押井守監督が5月7日に大阪でトークショー&サイン会を開催! 参加券ゲットを急げ!

おたぽる / 2017年04月27日18時30分

ハリウッド映画として実写化された『ゴースト・イン・ザ・シェル』が賛否両論を巻き起こしているなか、95年に公開され、世界的に高い評価を受けたアニメ版『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の監督である押井守が、アニメイト大阪日本橋でトークショー&サイン会を開催決定! 完全ノータブーで語り下ろした著書『押井言論 2012-2015』(サイゾー刊)の [全文を読む]

友だちって本当に必要ですか? 鬼才・押井守が語る『友だちはいらない。』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月23日17時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 「マトリックス」のウォシャウスキー姉弟をはじめ、「キルビル」のクエンティン・タランティーノ、「アバター」のジェームス・キャメロンといった、多くの映像クリエイターに強烈な影響を与えた日本が誇る監督といえば、そう押井守である。彼が2015年4月30日(木)に発売する書籍、『友だちはいらない。』(東京ニュース通信社)が [全文を読む]

WOWOW 映画とノンフィクションで観る!鬼才・押井守の世界

PR TIMES / 2015年02月26日12時46分

[画像: http://prtimes.jp/i/1355/2596/resize/d1355-2596-436104-0.jpg ] 今月28日はWOWOWプライムにてアニメ・実写の枠を超えた映像センスで世界の注目を浴びる押井守を特集する。2012年10月より密着取材を開始した、最新作映画「『GARM WARS The Last Druid(ガルム・ウォ [全文を読む]

押井守氏らが登壇 ~世界はもはや「1984」の世界に突入している!ホロス2050未来会議「第1章 ホロス2050とは?/BECOMING(なっていく)」レポート

PR TIMES / 2017年06月01日13時02分

ゲストに映画監督の押井守氏、『WIRED』日本版編集長の若林恵氏を迎え、ケヴィン・ケリー氏が著書『<インターネット>の次に来るもの』の第1章 BECOMING(なっていく)で述べている「ディストピアは無法地帯というよりも息が詰まる官僚主義が支配している」という言葉を手掛かりに、我々はどうすれば明るい未来社会を築いていくことができるのか、ディスカッションが行 [全文を読む]

【超朗報】押井守版の声優陣が『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』日本語吹替えキャストに決定!

ガジェット通信 / 2017年03月10日05時00分

押井守監督版「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の声優陣、田中敦子さん(草薙素子役)、大塚明夫さん(バトー役)、山寺宏一さん(トグサ役)が日本語吹替えを担当する事が明らかになりました。 日本で生まれた漫画やライトノベル、小説などを原作とし、ハリウッドで実写映画化されてきた作品の中で、アニメーション作品で声優を務めたキャストがハリウッド作品の [全文を読む]

清野菜名 初主演!押井守の実写最新作 「東京無国籍少女」とのコラボレーションTシャツを発売!

@Press / 2015年07月27日10時30分

有限会社ハードコアチョコレート(本社:東京都中野区、取締役:宗方雅也、以下 ハードコアチョコレート)は、東映ビデオ株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:間宮登良松)と、2015年7月25日(土)より新宿バルト9ほかでロードショーされる、押井守監督の最新実写映画、女子校を舞台にしたサスペンススリラー『東京無国籍少女』とのコラボレーションTシャツを発 [全文を読む]

鬼才・押井守総監督が明かすその裏側「今、なぜ実写でパトレイバーなのか?」

週プレNEWS / 2014年04月13日06時00分

『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』として実写版映画が4月5日から上映開始、新しい歴史が紡がれ始めることとなった『機動警察パトレイバー』シリーズ! 完全新作実写版『パトレイバー』シリーズの総監督として陣頭指揮する鬼才、押井守氏に直撃取材を敢行! ■巨大ロボット不要論から始まった! ――まずは直球勝負! なんで今、実写版を手掛けたんで [全文を読む]

押井守がたどり着いた「未来論=幸福論」という結論

lifehacker / 2017年05月23日10時00分

2017年5月11日に開催された未来・予測・創造イベント「ホロス2050」に、近未来SFアニメ映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『イノセンス』などで知られる押井守監督が登壇、「未来」に関するトークを披露しました。押井守(おしい・まもる) 映画監督、ゲームクリエーター。1995年公開の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻 [全文を読む]

P.IDL EXPO!2017と押井守氏の原作・総監修 作品「ちまみれマイ・らぶ」がコラボレーション!

PR TIMES / 2017年03月17日14時38分

「ちまみれマイ・らぶ」のプロジェクトを記念したスタンドアップソングをP.IDLのプロデューサーのDaisuke”DAIS”Miyachiがプロデュース!決定! [画像1: https://prtimes.jp/i/8674/18/resize/d8674-18-906475-0.jpg ] アニメ界のカリスマ 押井守氏が10年間温めてきた作品「ちまみれマイ [全文を読む]

『ゴースト・イン・ザ・シェル』監督・キャストが来日 「世界中が士郎正宗や押井守の素晴らしさを知るだろう」

ガジェット通信 / 2017年03月16日15時00分

この実写版を通じて世界の人々が士郎正宗や押井守が生み出した素晴らしい作品を知ることになる。非常に嬉しく思うよ」と、世界中で愛される日本のコンテンツに敬意を示した。 少佐役のヨハンソンは、「アニメーションを観た時には実写化が全くイメージできなかったの。詩的で幻想的な世界観をどのように表現して、自分がどう役に息を吹き込むのか、感情的にも肉体的にも大変な作業だっ [全文を読む]

押井守氏、水口哲也氏らがテックとアートの未来占う:TOAイベントリポート

DIGIDAY[日本版] / 2017年03月03日09時50分

映画監督の押井守氏、ゲームクリエイター/大学教授の水口哲也氏、写真共有アプリ大手EyeEm CEOのゲン・サダカネ氏、東京大学素粒子物理国際研究センター 特任教授 山下 了氏など各界の有力者がテクノロジーとアートの未来を占った。 ゲン・サダカネ氏:一般人に画像の売り買いを 写真共有アプリのEyeEmクリエイティブ・ディレクター 兼 共同創業者のゲン・サダカ [全文を読む]

新作『ガルム・ウォーズ』でタッグを組んだ押井守とジブリ・鈴木敏夫が明かす製作秘話「ここまで危ない橋を渡ったのは初めてです」

週プレNEWS / 2016年05月25日15時00分

1997年に撮影が開始されるも諸般の事情で製作が凍結された幻の実写映画『G.R.M.(ガルム戦記)』が『ガルム・ウォーズ』となって、ついに日本で公開! 原作・脚本・監督は押井守。“惑星アンヌン”を舞台に、戦うことでしか存在できないクローン戦士“ガルム”を描いた、押井ワールド全開のファンタジー作品だ。 全編英語で撮影された本作の日本公開にあたり、日本語版プロ [全文を読む]

押井守“幻の最新作”『ガルム・ウォーズ』でジブリ・鈴木敏夫とタッグ。日本語版を監督が見せてもらえなかった!?

週プレNEWS / 2016年05月24日11時00分

1997年に撮影が開始されるも諸般の事情で製作が凍結された幻の実写映画『G.R.M.(ガルム戦記)』が『ガルム・ウォーズ』となって、ついに日本で公開! 原作・脚本・監督はもちろん押井守。“惑星アンヌン”という異世界を舞台に、戦うことでしか存在できないクローン戦士“ガルム”を描いた、押井ワールド全開のファンタジー作品だ。 全編英語で撮影された本作の日本公開に [全文を読む]

押井守監督待望の最新作 世界が認めるハイブリッ トアニメーション 『ガルム・ ウォーズ』

NeoL / 2016年04月21日06時11分

押井守、監督デビューから30余年。彼が構想15年をかけて異国の地・カナダで全身全霊を捧げて撮影した『ガルム・ウォーズ』。 かねてより「実写とアニメーションは融合して区別がつかなくなる」と提唱してきた押井は、『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など数々の作品を共にしてきた世界的アニメーション製作会社Production I.Gと [全文を読む]

政治、軍事、アニメの話…世界のあらゆることに物申す! 映画監督・押井守が世相をぶった斬る!!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月12日11時30分

そしてこの作品で名前を知ったのが「押井守」という監督だ。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 押井監督を一躍有名にしたのは、この『うる星やつら』の劇場版第2作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』である。中国の古典「胡蝶の夢」を題材に、作品の世界観を損なうことなく巧みに融合させたストーリーは出色で、今でも名作の呼び声は高い。さらに押井監督は『機 [全文を読む]

押井守が映画「バイオハザード」を語る! ネタバレありトークショー開催

ザテレビジョン / 2017年06月06日17時00分

そのヒットを記念し、6月13日(火) に辻本貴則監督(※辻は一点しんにょう)と押井守によるスペシャル・トークショーが行われることが決定した。 「バイオハザード:ヴェンデッタ」は、ゲーム「バイオハザード」シリーズの世界観を基に描かれるフルCG長編アニメ映画。ゲームシリーズでもおなじみのキャラクター・クリスとレオンが、バイオテロをもくろむ国際指名手配犯に立ち向 [全文を読む]

押井守、フルCG『バイオハザード』マニア納得のウソがイイ!弟子の成功願い発破

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年05月06日10時16分

人気ゲーム「バイオハザード」をもとにしたフルCG長編アニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』の5月27日公開に先駆け、監督の辻本貴則と、彼を見出した師匠ともいえる存在である押井守が対談。「映画として成立しているし、アクションは誰が観ても納得する」と出来に太鼓判を押した押井だが、話が進むにつれて、あるシーンが「凡庸」とまさかのダメ出しをする場面も… [全文を読む]

ドゥニ・ヴィルヌーヴ最新作を、樋口真嗣監督、前田真宏監督、押井守監督が大絶賛!

Movie Walker / 2017年04月14日15時48分

最初にヴィルヌーヴ監督の表現する世界観に惚れ込んだという樋口監督たちと、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95)、『イノセンス』(04)の押井守監督ら3人の絶賛コメントが収録されたスペシャル“メッセージ”動画が上映された。 ドゥニ監督はその動画を観て「とても深く感動しました。3人が映像作家であることに加え、映画で国境や文化を超えて何か [全文を読む]

フォーカス