谷内亮太のニュース

江本氏、ヤクルトの“1、2番コンビ”に喝

ベースボールキング / 2017年04月20日11時00分

19日の試合では山崎晃太朗、谷内亮太の2人が“1、2番コンビ”を組んだが、『1番・中堅』で出場した山崎は3回の第2打席に四球で出塁したが、2打数0安打。8回に鵜久森淳志に代打を送られた。『2番・三塁』で出場した谷内も3打数0安打。8回の打席で、大松尚逸に代打が送られ途中交代となった。結局この日、山崎、谷内の2人は揃って無安打に終わり、チャンスをつくること [全文を読む]

【プロ野球】各球団が警戒? 荒れ球・藤浪晋太郎のこれまでの“デッドボール”を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年04月08日17時05分

■ヤクルト・谷内亮太は骨折 2016年4月19日のヤクルト戦。肩口へのボールを避けようとした谷内亮太だが、運悪く左手首に直撃。尺骨骨折で約4カ月の離脱を余儀なくされた。藤浪の謝罪を受けた谷内は「避けられなくてごめんな」と男前な対応を見せた。 ■WBCでも中国のレジェンドに一撃 2017年3月10日、WBCの中国戦。中国のレジェンド・王偉のあばらにデッドボ [全文を読む]

【プロ野球】「いじられ役」から「スベリ芸人」まで! ヤクルトが誇るユーティリティープレーヤーはこの選手だ!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月17日16時05分

■独特な名前コールの“マルチプレーヤー”谷内亮太 今シーズンのヤクルトで唯一、内野の全ポジションを守ったのが谷内亮太だ。谷内は大引啓次が離脱した4月上旬から遊撃を務め、ヒットを量産。打率5割を記録し、救世主となった。 しかし、4月下旬に死球を受け、左尺骨を骨折。わずか9試合のみのスタメン出場で無念の登録抹消に。全治3カ月の重症に、今季は絶望という噂も流れ [全文を読む]

【阪神本店】ものづくりの背景を知り、すてきな商品を選ぶ「グッド チョイス マルシェ by モノをツクルというコト」

PR TIMES / 2016年10月25日19時46分

[画像: http://prtimes.jp/i/14431/135/resize/d14431-135-403794-0.jpg ] CATING 「365cotton」「RBTXCO」「rihei」「ennhut.」「Hama Daijiro」「KNOT YET!」「some-zome」「terihaeru」「Portaille」「16」「Nouv. [全文を読む]

【プロ野球】セ球団のレギュラーが決まらないポジションを徹底解剖

デイリーニュースオンライン / 2016年04月18日16時04分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ヤクルト ≪ファースト≫ 森岡良介 先発2 荒木貴裕 先発1 (畠山和洋 先発14) ≪ショート≫ 谷内亮太 先発6 西浦直亨 先発3 今浪隆博 先発3 (大引啓次 先発4) 開幕当初はバレンティンが出遅れ、レフト・坂口智隆、センター・上田剛史の布陣だったが、バレンティンの復帰でセンター [全文を読む]

石井一久氏、2回パーフェクトの巨人・桜井に「投げっぷりがいい」

ベースボールキング / 2017年05月17日22時20分

2イニング目となった9回も武内晋一、谷内亮太から三振を奪うなど三者凡退に抑え、2回を無安打3奪三振無失点と完璧なリリーフを見せた。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた石井一久氏は「投げっぷりがいいですね。チームにとってこれから大きい存在になりうるピッチングをしてくれました」と評価。つづけて「負けゲームの中での登板になりましたけど、もう1個上の [全文を読む]

山本昌氏、広島・高橋樹に「私の2年目に比べたら何十倍もいい」

ベースボールキング / 2017年05月12日11時15分

続く谷内亮太に送られると、山田哲人を敬遠気味の四球。ここをなんとか封じたい高橋樹だったが、雄平に2点タイムリー二塁打、さらに二死後、武内晋一、大引にタイムリーを浴び、この回5点を失った。 山本昌氏は「一軍の怖さというのは、こういうところですよね。甘いボールをヒットにされる確率が全然違いますからね。しっかり勉強して頑張ってほしい」とエールを送った。 厳しい [全文を読む]

阪神・藤浪、与四球7も3勝目 金本監督「野手の事を考えると…」

ベースボールキング / 2017年05月04日17時30分

7点リードとなった5回は、先頭の中村悠平、谷内亮太を連続四球。代打・大松尚逸を内野ゴロに仕留めたが、続く坂口智隆の内野ゴロの間に三塁走者の生還を許し1点を失った。 藤浪は6回以降も毎回のように走者を背負う苦しい投球となったが、ホームには走者を還さず、8回途中1失点でマウンドを降りた。 金本知憲監督は「らしいといえばらしい。野手の事を考えると、四球7つはち [全文を読む]

山崎氏、敗れた巨人に「初歩的なミスで勝てなかった」

ベースボールキング / 2017年04月30日21時10分

先頭の中村悠平に四球で出塁を許すと、続く谷内亮太の犠打で一死二塁とされる。ここで巨人ベンチは、セットアッパーのマシソンにスイッチ。マシソンは武内晋一にライト前に運ばれ一、三塁。ここを抑えたいマシソンは、坂口智隆を二塁・中井大介の前に打たせるも、中井が一塁走者・武内にタッチするも空振り。慌てて一塁へ送球するもセーフ。その間に三塁走者の生還を許し、勝ち越しを許 [全文を読む]

巨人・篠原が初登板・初勝利!支配下登録からわずか2日…緊急登板も3回無失点

ベースボールキング / 2017年04月19日20時39分

思わぬ形でプロ初登板を迎えた3年目・26歳右腕だったが、一死一・三塁のピンチを招きながらも谷内亮太を併殺に打ち取り無失点。なんとか最初のイニングを切り抜けると、4回・5回と安打を浴びながらも無失点でしのぎ、3回4安打無失点の力投でリリーフ陣にバトンを託す。 6回はルーキーの池田駿が三者凡退で切り抜け、7回はマシソンがピンチを招きながらもリードを死守。8回 [全文を読む]

近年稀に見る大乱闘 “伏線”は昨年から…?

ベースボールキング / 2017年04月05日13時00分

まず、昨年4月19日の阪神-ヤクルト戦で藤浪から死球を受けた谷内亮太が骨折。全治3カ月の重傷を負った。この時は藤浪が谷内に謝罪し、谷内も「避けられなくて悪かった」と両者が和解。事態は一旦解決した。 しかし、4日の試合で再び険悪なムードが漂い始める。まず1回表、山田哲人への3球目が左肩にぶつかりかける。さらに続くバレンティンの打席でも、3球目のすっぽ抜けた [全文を読む]

【プロ野球】意外な発見!? 甲子園経験者がセ・リーグの開幕オーダーにどれだけいたのか調べてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日16時05分

主力で甲子園未出場は谷内亮太(金沢西)くらい。ドラフトで甲子園出場しているか否かで、何らかのフィルターがあるのかもしれない。 ■阪神:5人 (左)◎高山俊(日大三) (中)×横田慎太郎(鹿児島実) (三)ヘイグ (右)◎福留孝介(PL学園) (一)ゴメス (遊)◎鳥谷敬(聖望学園) (二)◎西岡剛(大阪桐蔭) (捕)◎岡崎太一(智辯学園) (投)メッセン [全文を読む]

【プロ野球】ぎっくり腰にインフル感染…今季の”ヤ戦病院”を調べてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年05月02日16時05分

4月19日の阪神戦で死球を受けた谷内亮太は左尺骨骨折で一発アウト。大引不在の間に打率5割をマークしていた矢先の出来事だった。 4月21日には終盤の代走、守備固めで存在感を発揮していた上田剛史も死球で右足小指剥離骨折となり一発KO。なぜ、ヤクルトの選手たちばかり不幸が襲うのだろうか……。 ネガティブな話題が続いてしまったが、ヤクルトにはケガと無縁の選手がいる [全文を読む]

フォーカス