青木功のニュース

24歳・今平周吾が首位キープ 青木功、尾崎将司は予選落ち

ParOn.(パーオン) / 2017年04月28日19時58分

5年ぶりの“AO”同組となった青木功と尾崎将司は、それぞれトータル22オーバー104位、トータル21オーバー103位でフィニッシュ。決勝ラウンド進出とはならなかった。また、青木、尾崎と同組で回った20歳・星野陸也は2オーバー50位タイで予選ラウンドを突破。昨年覇者のキム・キョンテ(韓国)は1ストローク伸ばしたものの、初日の出遅れが響きトータル4オーバー65 [全文を読む]

しのいでしのいで首位を堅守!今平周吾が自身初のトップで予選通過

ParOn.(パーオン) / 2017年04月28日19時58分

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)ALBA.Net関連記事・ジャンボ尾崎、青木功と同組は「最後にしてもらいたね」・青木功は予選落ちも「老体にムチ打って36ホール回れて良かった」・最終ホールで意地のバーディ!星野陸也は“試練”を乗越える・苦渋の決断でクラブ変更、時松隆光の新しい“相棒”は? [全文を読む]

青木功、尾崎将司はノーバーディで下位低迷 今平周吾が首位Tの好発進

ParOn.(パーオン) / 2017年04月27日19時58分

5年ぶりに同組でプレーしている青木功、尾崎将司は共に1つのバーディも奪えず大苦戦。それぞれ15オーバー104位、13オーバー103位と下位に沈んでいる。同組の20歳・星野陸也は1バーディ・3ボギーとイマイチな滑り出しで2オーバー48位タイとしている。また、青木はこの日、昨年大会で自身が記録したツアー史上最年長記録(73歳7か月28日)を更新し、74歳7か月 [全文を読む]

ゴルフのプロアマ大会に参加して感じた「海外で成功する条件」

Forbes JAPAN / 2016年11月27日15時00分

その川村プロに青木功や海老原誠司と同じ匂いを感じた筆者が語る、海外で成功する条件とは。2016年7月26日から31日の6日間にわたり、北海道で開催された「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチ プレー選手権 レクサス杯」。私も今大会の協賛社の一社、セールスフォース・ドットコム社からご招待をいただき、サンデープロアマ大会に参加してきた。場所は恵庭カン [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<ゴルフ篇/強烈「ライバル争い」>(1)尾崎将司が青木功にテレビ放送でケンカを売った

アサ芸プラス / 2016年10月20日05時55分

そんな尾崎の登場で出現したライバルが青木功(74)、中嶋常幸(61)のいわゆる「AON」である。尾崎と青木の真向対決の場は72年、神奈川県の磯子CCでの関東プロ選手権だった。 この大会、同スコアで並んだ2人はプレーオフに突入。そして迎えた打ち下ろしの17番(553ヤード、パー5)で、青木が7番アイアンで2メートルに、尾崎は8番アイアンで3.5メートルに2 [全文を読む]

青木功氏 帝王J.ニクラウスに「帝王切開で生まれたのか?」

NEWSポストセブン / 2016年01月21日07時00分

400勝投手として野球界を代表する金田正一氏(82)と、日本人初の米国PGAツアー優勝などゴルフ界を代表する実績を持つ青木功氏(73)、レジェンド同士の奇跡の対談が実現した。公に対談をするのは今回が初めてだという2人が、圧倒的な強さで史上最高のプロゴルファーと呼ばれたジャック・ニクラウスと互角に戦った1980年のことを振り返った。 ──青木さんは1980年 [全文を読む]

金田正一氏 「長嶋人気」で闘争心高まり100倍練習100倍節制

NEWSポストセブン / 2016年01月19日07時00分

400勝投手として野球界を代表する金田正一氏(82)と、日本人初の米国PGAツアー優勝などゴルフ界を代表する実績を持つ青木功氏(73)。公に対談をするのは今回が初めてだという2人が、野球のONK(王貞治、長嶋茂雄、金田正一)、ゴルフのAON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)に代表される、ライバルとの戦いについて振り返った。 青木:ライバルの存在は大事だよ。でも [全文を読む]

青木功氏 負けて「楽しめました」なんてぶん殴りたくなる

NEWSポストセブン / 2016年01月18日07時00分

400勝投手として野球界を代表する金田正一氏(82)と、日本人初の米国PGAツアー優勝などゴルフ界を代表する実績を持つ青木功氏(73)、レジェンド同士の奇跡の対談が実現した。公に対談をするのは今回が初めてだという2人が、お互いのプレーについて、そして最近の選手の闘争心について語りあった。 金田:青木のゴルフは素晴らしかったよ。(スイングに)しっかりした壁が [全文を読む]

李京勲が首位をキープ、手嶋多一が2位に浮上

ParOn.(パーオン) / 2015年05月01日17時50分

レジェンドAONの中嶋常幸は3オーバーの45位タイで予選を通過したが、青木功は通算11オーバー、尾崎将司は通算12オーバーで予選落ちとなった。 単独首位でスタートした李京勲は1番でバーディが先行すると、2番で連続バーディ、9番のバーディで前半3つ伸ばし、後半はすべてパーをセーブして3バーディ、ノーボギーの67。通算8アンダーで首位をキープした。 8位タイで [全文を読む]

青木功、大記録を逃すも「また明日やってみるよ」

ParOn.(パーオン) / 2015年04月30日19時43分

中日クラウンズ(4月30日~5月3日、愛知県・名古屋GC和合C、6545ヤード、パー70) 中日クラウンズの第1ラウンドが行われ、青木功は1バーディ、2ボギー、2ダブルボギーの75で5オーバー、75位タイ発進ながらも、最終ホールまでエージシュート達成の可能性を残すプレーを見せた。 一昨年のつるやオープンで当時66歳の尾崎将司が62をマークして、レギュラーツ [全文を読む]

フォーカス