宮崎敏郎のニュース

DeNA、ウィーランドが今季2勝目…戦列復帰の宮崎敏郎が先制弾

3 / 2017年05月04日17時11分

DNAは2回表、戦列に復帰し5番に入った宮崎敏郎内野手が2点本塁打を放ち幸先よく先制。3回表には、梶谷隆幸外野手に2点本塁打が飛び出し、4-0。続く4回表には無死一塁の場面で、戸柱恭孝捕手が適時二塁打を放って5-0とリードを広げた。 投げては、先発のウィーランドが6回7奪三振2失点の好投を見せ、勝利に貢献。対する巨人の反撃は、坂本勇人内野手の2点本塁打の [全文を読む]

4番・筒香の後ろが重要 DeNAの5番打者候補は?

3 / 2017年04月06日11時00分

【開幕からの5番打者】 3月31日 シリアコ 4月1日 シリアコ 4月2日 シリアコ 4月4日 宮崎敏郎 4月5日 宮崎敏郎 開幕からのDeNAの5番打者をみると、ヤクルトとの開幕3連戦はOP戦で打率1位に輝いたシリアコが務めていたが、9打数1安打、3三振と結果を残せず、4月4日の巨人戦から昨季も5番で打つことが多かった宮崎敏郎が座っている。 同球団のO [全文を読む]

【6月15日プロ野球全試合結果】広島が3連勝で貯金は今季最多17、阪神・原口文仁がサヨナラ打、巨人は3連勝ならず

2 / 2017年06月15日22時42分

■DeNA、宮崎敏郎が値千金の逆転満塁弾…ロッテはパラデスの2発実らずDeNAは6月15日、横浜スタジアムでロッテと対戦。宮崎敏郎内野手が逆転の満塁弾を放ち、6-2で勝利した。DeNAは1-2と1点ビハインドで迎えた5回裏、1死満塁の好機を作ると、宮崎がレフトスタンドへ起死回生の満塁本塁打をたたき込み、5-2と逆転に成功。7回裏には、ロペス内野手がこの日2 [全文を読む]

DeNA、宮崎敏郎が値千金の逆転満塁弾…ロッテはパラデスが2発も実らず

2 / 2017年06月15日21時21分

宮崎敏郎内野手が逆転の満塁弾を放ち、6-2で勝利した。 DeNAは1-2と1点ビハインドで迎えた5回裏、1死満塁の好機を作ると、宮崎がレフトスタンドへ起死回生の満塁本塁打をたたき込み、5-2と逆転に成功。7回裏には、ロペス内野手がこの日2本目となるソロ本塁打を放ち、6-2とリードを広げた。 投げては、先発の熊原健人投手が5回7奪三振2失点の好投を見せて今季 [全文を読む]

勝負強さが光るDeNAの5番打者・宮崎敏郎

2 / 2017年06月10日11時00分

◆ 貴重な逆転2ラン 侍ジャパンで4番を打った筒香嘉智の後ろを任されるDeNAの5番打者・宮崎敏郎が、9日の西武戦で大仕事をやってのけた。 1点を追う9回無死一塁で回ってきた第4打席、ファウルで粘りに粘って西武の守護神・増田達至が投じた9球目を振り抜いた。打球はレフトスタンド中段に突き刺す第4号の逆転2ラン。 この本塁打にラミレス監督は「粘りに粘っていたか [全文を読む]

【5月4日プロ野球全試合結果】楽天、ルーキー・菅原秀が3球でプロ初勝利、広島・新井貴浩が決勝打

2 / 2017年05月04日18時01分

■DeNA、ウィーランドが今季2勝目…戦列復帰の宮崎敏郎が先制弾DeNAは5月4日、東京ドームで巨人と対戦。先発のウィーランド投手が好投を見せるなど投打がかみ合い、5-2で勝利した。DNAは2回表、戦列に復帰し5番に入った宮崎敏郎内野手が2点本塁打を放ち幸先よく先制。3回表には、梶谷隆幸外野手に2点本塁打が飛び出し、4-0。続く4回表には無死一塁の場面で、 [全文を読む]

ドラ9・佐野が存在感 DeNA過去5年のドラフト最下位指名の選手は?

2 / 2017年02月21日07時45分

【2013年】宮崎敏郎1年目成績:33試 率.250 本2 点5通算成績:197試 率.283 本14 点51 現在、レギュラー争いに参戦している2012年は宮崎敏郎(セガサミー)が6位指名で最下位だ。社会人出身ということもあり、1年目から33試合に出場。4年目の昨季は自身初となる100試合以上出場し、打率.291、11本塁打、36打点と主力として活躍。初 [全文を読む]

“強制終了”の過去あり セ首位打者ベイ宮崎は「練習の虫」

1 / 2017年06月20日11時52分

昨19日のオリックス戦でも3打数2安打2打点と活躍し、打率.342で首位打者をキープしたDeNAの宮崎敏郎(28)だ。昨年までの入団4年間の通算打率が.283だった男がバットマンレースを牽引しているのだ。 小川打撃コーチがこう言う。 「変化球の見極めができるようになった。もともと、手首の柔らかさとヒジをうまくたためる器用さはあったんです。だから、ボールを手 [全文を読む]

谷繁氏、二軍落ちのロッテ・吉田に「キャッチャーは記憶力が必要」

1 / 2017年06月17日15時46分

吉田は15日のDeNA戦に『8番・捕手』でスタメン出場したが、宮崎敏郎に満塁弾を許すなど先発の唐川侑己を上手くリードすることができなかった。田口昌徳バッテリーコーチは、16日の巨人戦を前に「同じ失敗を繰り返しているんです。15日も満塁ホームランを打たれるまでの経過がよくなかった」と二軍落ちした理由を説明。 谷繁氏も若い頃に「僕も(同じミスを繰り返すことが [全文を読む]

満塁弾のベイ宮崎 成長ぶりはラミレス監督の“注文”以上

1 / 2017年06月16日11時53分

DeNAの宮崎敏郎(28)のバットが、昨15日のロッテ戦で火を噴いた。「5番・三塁」で出場したこの日、1点ビハインドの五回1死満塁の場面で、逆転となる5号満塁弾を左翼スタンドに放り込んだ。 15日現在、打率.339でセの首位打者を走る宮崎だが、DeNAファン以外には馴染みが薄いだろう。昨季は主に5番打者として、11本塁打、36打点、打率.291。12年ド [全文を読む]

フォーカス