三浦弘行のニュース

棋戦をプロ棋士とチャットで楽しめるチャットアプリ“ニコルン”に将棋ラウンジ開設

ITライフハック / 2015年11月17日15時00分

■準決勝には三浦弘行九段が登場予定なお、準決勝が行われる17日は、解説の三浦弘行九段が登場予定。こうした取り組みを通じ、ネットとスマホを活用した、これまでにない将棋の新たな楽しみ方を提供できればと考えているという。■「第1期叡王戦」ニコルン公式ラウンジ対応詳細日時:11月17日(火)、17:00~番組名:準決勝-山崎隆之八段vs.村山慈明七段視聴ページ: [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】やくみつる、山田美保子を今も許せず! 羽生善治夫人を怒らせた「玉の輿狙いの女」発言

TechinsightJapan / 2017年01月30日13時57分

羽生善治3冠の妻であり元女優の理恵さんが、不正使用疑惑が晴れた将棋の三浦弘行九段との復帰戦(2月13日)となる夫との竜王戦の予選を前に、「メディア、ネットでの情報拡散の恐ろしさと、イメージ先行の怖さ」について大量のツイートでその思いをぶちまけている。昨年10月の一部週刊誌による羽生3冠が「秘密会合で三浦弘行九段の処分を相談した」という記事を否定し、また理恵 [全文を読む]

将棋界が直面する未曾有の危機とは何か? 将棋ソフトに右往左往、三浦九段は完全シロ

東洋経済オンライン / 2017年01月04日08時00分

疑惑をかけられた三浦弘行九段と家族のスマートフォンやパソコンからは、不正の証拠は何一つ出てこなかった。よく調べもせずにプロ棋士を出場停止処分にした将棋連盟の面目は丸つぶれだ。連盟は幹部の減俸(1〜3割を3カ月減給)で事態収拾を図るが、これで収まりそうもない。出場停止で数千万円の対局料(挑戦が決まっていた竜王戦でタイトルを奪取すれば4320万円、奪取しなくて [全文を読む]

三浦九段のスマホ不正問題は濡れ衣?第三者委員会が「証拠なし」の判断

しらべぇ / 2016年12月27日11時00分

(画像は日本将棋連盟のスクリーンショット)26日、日本将棋連盟が設置した三浦弘行九段のスマートフォン不正使用疑惑に関する第三者調査委員会が都内で記者会見を開き、「不正行為に及んだと認めるに足りる証拠はない」と発表した。■疑惑とされた事項を検証するも証拠能力なし一連の不正疑惑では、三浦九段が対局中に不自然な離席を繰り返していたこと、そして戻ったあとの着手がソ [全文を読む]

将棋棋士・三浦弘行九段に「スマホ不正」疑惑!ファンは困惑

しらべぇ / 2016年10月15日08時00分

※画像は竜王戦中継ブログのスクリーンショット12日、日本将棋連盟が15日から開催予定の将棋竜王戦に挑戦者として対局予定だった三浦弘行九段が出場せず、挑決で敗れた丸山九段が出ることになったと発表。前代未聞の事態に、ファンは戸惑いを隠せない状況だ。■対局時にスマホで検討か将棋連盟の発表によると、三浦九段が対局の終盤に離席を繰り返していたこと、戻ってきた後に指し [全文を読む]

第1期 叡王戦本戦観戦記 三浦弘行九段 対 行方尚史八段 (岩田大介)

ニコニコニュース / 2015年11月05日18時00分

■同学年 三浦と行方は1973年度の生まれで同学年。奨励会入会は行方が先輩、四段昇段は三浦が先輩。修業時代をともに過ごした仲である。対戦成績は三浦7勝、行方8勝と拮抗している。対局日は10月31日、寒さを吹き飛ばすような熱戦が展開された。■角換わり 本局の戦型は角換わり。ここ数年の角換わりは後手が工夫を凝らすことが多い。第1図の9三歩型も注目されている工夫 [全文を読む]

NHK杯戦出場棋士名鑑の「5年で1勝5敗」に発奮──佐藤康光九段、優勝の原動力

NHKテキストビュー / 2017年06月03日00時00分

三浦弘行九段の名誉回復や将棋界の信頼回復を一歩一歩進めないといけません。プレーヤーとしては実績を積み重ねたい。NHK杯優勝やタイトル挑戦の気持ちを持ち続けたいですね。両立は大変と思いますが、会長としては47歳でまだ若いです。それを武器に戦います。インタビュー:君島俊介■『NHK将棋講座』2017年5月号より [全文を読む]

三浦九段と将棋連盟が和解も「慰謝料は誰が払う」問題発生

NEWSポストセブン / 2017年05月31日16時00分

対局中のコンピューターソフト不正使用を疑われた三浦弘行九段が昨年10月に竜王戦への出場停止処分を受けた問題で、5月24日、将棋連盟は三浦九段に慰謝料を支払うことで合意したと発表。 第三者委による検証で不正が確認されなかったことを受けての合意であり、同日、連盟の佐藤康光会長と三浦九段は記者会見で顔を揃え、笑顔で握手。“和解”をアピールした。ただ、第三者委が結 [全文を読む]

将棋界に救世主が登場 14歳の天才児11連勝

J-CASTニュース / 2017年04月09日16時00分

三浦弘行棋士が疑われ、出場停止処分を受ける騒動になったのだが、結局「えん罪」で落着。連盟の幹部が役職を辞任するなど、イメージを大きく損ねる結果となった。 将棋界というと、あの独特の雰囲気から真面目な世界と見られている。しかし、振り返ってみると、みっともない出来事はかなりある。 対局では「遅刻で不戦敗」「二歩で反則負け」など。 プライベートでは、大物棋士と女 [全文を読む]

将棋界の裏側…三浦九段「スマホ不正」疑惑のおざなり決着

日刊大衆 / 2017年03月19日14時05分

「早く将棋界が正常な状態に戻ることを願っています」 疑惑をかけられた三浦弘行九段は、こう語った。 1月17日の渡辺明竜王の謝罪、その翌日の谷川浩司九段の将棋連盟会長職辞任表明により、一応の幕引きを見せたスマホ不正使用疑惑問題。「昨年の夏頃から疑惑が囁かれ、久保利明九段と渡辺竜王という東西のトップ棋士が声を上げたことで問題が表面化しました。2人は重要な対局で [全文を読む]

フォーカス